田原総一朗のニュース

「危ない番組を作れ!」久々に登場した「はに丸」と田原総一朗の対談が熱い!

秒刊SUNDAY / 2015年05月05日18時54分

とはいえ、1989年に放送終了した後にちょくちょくテレビに出ていたのでなんとなく見覚えのあるキャラクターだという方も多いが、今回は「はに丸ジャーナル」というなんともきな臭い番組名に登場したのはなんと田原総一朗。現代の報道のあり方に切り込んでいた。番組に登場した「田原総一朗」はお馴染みのテーマソングとともに登場。当然テレビの難しい「大人の事情」に関して切り [全文を読む]

元祖・炎上の達人、ステーキけんの井戸実社長が田原総一朗に衝撃告白「成長という○○は止められない。ビョーキだ」

@Press / 2015年11月17日16時00分

ジャーナリストの田原総一朗氏が、郊外ファミリーレストランの居抜き出店で外食産業に革命をもたらした株式会社エムグラントフードサービスの代表取締役社長・井戸 実氏と対談しました。元祖・炎上の達人として、これまで数々の衝撃発言で話題を振りまいてきた井戸氏は、数年ぶりの再会となる田原氏との対談でもぶっちゃけ発言を連発。対談の模様は11/18(水)にニコニコ生放送で [全文を読む]

田原総一朗氏が自身の介護経験を赤裸々に語った!?業界No.1の介護情報ポータルサイト「みんなの介護」の特別インタビュー企画『賢人論。』の第2回が公開!

PR TIMES / 2015年10月26日18時22分

』第2回は ジャーナリスト・田原総一朗氏の登場!「みんなの介護」がお送りする特別インタビュー企画「賢人論。」。ホリエモンからの忌憚のない意見が大好評だった第1回に続き、第2回は田原総一朗氏にご登場いただきました。愛妻家としても有名だった田原氏ならでは、妻を介護することで至った境地とは?「朝まで生テレビの収録中に死にたい」と語る思いの裏側にあるものとは?ジャ [全文を読む]

児童書を執筆し、トークイベントを開催し――。ジャーナリスト・田原総一朗氏が「戦争体験の語り部」となった夏。

PR TIMES / 2015年08月28日16時42分

小学5年生の夏に敗戦を体験した田原総一朗氏。敗戦から70年目のこの夏は、多くのメディアで「戦争」を語ってきましたが、その掉尾を飾ったのが、児童書『おじいちゃんが孫に語る戦争』の刊行を記念して都内の書店で行われたトークイベントでした。 この日、田原氏は「戦争体験の語り部」となりました。帝国海軍の軍人になるのが夢だったこと、敗戦の日の玉音放送のこと、教科書に墨 [全文を読む]

日本は「人に頼らない社会」であるべきか? 今、民主党は必要か。 田原総一朗が細野豪志に問う!

PR TIMES / 2013年07月03日17時03分

角川書店 田原総一朗(ジャーナリスト) 「自民党・安倍総理は「自己責任」と言っている。日本国民は「人に頼るな」と。 でも自己責任を持てる人と持てない人がいるのでは?」 細野豪志(衆議院議員、民主党幹事長) 「最も恵まれた環境で育ってきた政治家である安倍総理が、国民に対して発すべきメッセージとして「人が人に寄りかかることを捨てることからスタートせよ」というの [全文を読む]

【トークイベント開催】田原総一朗×越智道雄『さらば愛と憎しみのアメリカ 真珠湾攻撃からトランプ大統領まで』刊行記念

PR TIMES / 2017年06月08日11時00分

『さらば愛と憎しみのアメリカ 真珠湾攻撃からトランプ大統領まで』の著者であり、敵国、占領国、同盟国......太平洋戦争から現在まで、日米関係が劇的に変化する時代を生きてきた2人、ジャーナリストの田原総一朗さんとアメリカ学者の越智道雄さんに、情報の洪水に溺れず困難な"いま"をサバイヴするために必要な知恵を語り合っていただきます。[画像1: https:// [全文を読む]

80代からが人生の黄金期だ「田原総一朗」(1)幼い頃から病弱だった

アサ芸プラス / 2017年05月24日12時57分

番組開始から司会を務める田原総一朗氏は、今もジャーナリストとして現役第一線で活躍中だ。大学時代から病気でたびたび入院。「還暦まで生きられれば」と言いながら、すでに御年83歳。その健康の秘訣に迫った。 月1回の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)は、今年放送30周年を迎えました。今でも徹夜で議論するのはヘッチャラです。よく話すことですが、朝生の放送中に「なん [全文を読む]

小林よしのり氏が田原総一朗氏に「ポジショントーク?」

NEWSポストセブン / 2016年04月10日16時00分

向かう先は、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)の司会者として、その道の先頭を走り続けてきた田原総一朗氏だ。同氏はまだまだテレビには力が残されている、と返す。高市早苗総務大臣の「停波発言」の波紋が収まらないなか、2人が激論を交わした。 小林:先日(2月29日)、高市早苗の電波停止発言に対する、ジャーナリストの抗議会見があったでしょう。田原さんも出てたけど。そ [全文を読む]

テレビキャスターは「権力」と対峙できるのか?

まぐまぐニュース! / 2016年03月15日19時30分

〈呼びかけ人〉(五十音順 2月29日現在) 青木理、大谷昭宏、金平茂紀、岸井成格、田勢康弘、田原総一朗、鳥越俊太郎 次ページ>>単なる「電波芸者」では、権力に打ち勝てない キャスターは権力と対峙できるのか Q:テレビキャスターやジャーナリストの会見や声明を、どう思いましたか? 小川:「みんな知っている人たちですが、率直にいって、強い違和感を覚えざるをえま [全文を読む]

田原総一朗、世界を股にかける超若手起業家と初対談!1/13(水)21時よりニコ生で配信!!

@Press / 2016年01月12日17時00分

ジャーナリストの田原総一朗氏が、社会起業家の牧浦土雅(ドガ)氏と初対談を行い、その模様が1/13(水)にニコニコ生放送にて配信されることになりました。 TEDが「世界の12人の若者」に選ばれ、世界中が注目する国際的な社会起業家の牧浦氏は、若き才能とエネルギーを武器に活躍する22歳。13歳で単身渡英してイギリスのボーディングスクールに入学。名門のブリストル大 [全文を読む]

田原総一朗、きゃりーぱみゅぱみゅ育ての親と異色対談!超ベテランジャーナリストはアソビシステムと遊べるのか?

@Press / 2015年10月22日13時00分

ジャーナリストの田原総一朗氏が、きゃりーぱみゅぱみゅ育ての親であるアソビシステムの中川悠介社長と初対談を行い、その模様が10/23(金)にニコニコ生放送にて配信されることになりました。異色の対談は、ネットを中心に話題を集めています。 雑誌の読者モデルだった1人の女子高校生を、原宿という街から「KAWAii(カワイイ)」という新しいカルチャームーヴメントを創 [全文を読む]

田原総一朗が未知の領域、アパレル業界に斬り込む!ポスト・ユニクロの最右翼、クロスカンパニー代表取締役の石川康晴氏と初対談!

@Press / 2015年09月16日13時00分

田原総一朗氏が、長いジャーナリスト人生初の試みとして、アパレル界に斬り込んだ対談番組が、9/17(木)にニコニコ生放送にて配信されます。 アパレル界の革命児に 田原総一朗はいったい何をぶつけるのか! これまで数多くの対談や取材を行ってきた田原氏が、初めて斬り込むアパレル界の対談相手として迎えるのは、株式会社クロスカンパニーの代表取締役社長・石川康晴氏。テレ [全文を読む]

田原総一朗が人気ドラマ「37.5℃の涙」のモデルとなったフローレンスの代表・駒崎弘樹氏と対談社会起業家の旗手にビジネスマンとしての本音を探る

@Press / 2015年08月17日11時00分

ジャーナリストの田原総一朗氏が、現在TBS木曜21:00に放送中の人気ドラマ「37.5℃の涙」(原作、小学館cheese!連載)のモデルとなった認定NPO法人フローレンスの代表を務める駒崎弘樹氏と行った対談が、8/18(火)にニコニコ生放送で配信されます。気鋭の若手経営者に斬り込む対談番組だけに、社会起業家として活躍する駒崎氏の知られざるビジネスマンとして [全文を読む]

田原総一朗氏が、面白法人カヤックCEOの柳澤大輔氏と公開生対談!

@Press / 2015年05月11日16時00分

ニコニコ生放送で、ジャーナリストの田原総一朗氏が、昨年末に上場を果たした面白法人こと株式会社カヤックのCEO・柳澤大輔氏と公開対談を行います。 ユニークなコンテンツと経営手法で注目を浴び 東証マザーズ上場も果たした“面白法人”を牽引する柳澤氏 ニコニコ生放送の新番組「若手経営者に学びまくる生対談!」は、田原氏が気鋭の若手経営者をゲストに迎え、60分一本勝負 [全文を読む]

『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』刊行記念 田原総一朗×鳳蘭 トークショー&サイン会 開催

PR TIMES / 2014年09月12日10時08分

『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』刊行記念 田原総一朗×鳳蘭 トークショー&サイン会 テーマ:“30代の気力”の保ち方 新刊『80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ』を刊行した田原総一朗さん。 80歳を迎えた今でも1日7件のアポをこなし、さらには徹夜で議論する、 その活力の源や体の不調と適切に付き合う「田原流健康法」等々… トークショーでは本書で明かし [全文を読む]

WOWOW×現代ビジネス特別企画「田原総一朗の昼から生トクソウ」無料配信決定

PR TIMES / 2014年04月18日17時58分

そこで、このドラマの放送を記念して、WOWOW×現代ビジネス特別企画「田原総一朗の昼から生トクソウ」を無料配信することが決定しました。 インタビューの巨人・田原総一朗と元検事で本ドラマの検察監修を務めている郷原信郎(弁護士。由良秀之というペンネームで出版した「司法記者」は本ドラマの原作に。)のスペシャル対談が実現します!検察の組織や歴史を学びながら、世間を [全文を読む]

オタク文化輸出するTokyo Otaku Mode

プレジデントオンライン / 2017年05月23日09時15分

■人の心を動かす仕事がしたい 【田原総一朗】生まれはどこですか。 【亀井智英】生まれは愛知県で、育ちは東京です。 【田原】高校を卒業して、家業の空調設備を手伝われたそうですね。大学に行く気はなかった? 【亀井】いずれ家業を継ぐ気で手伝っていました。大勢の従業員がいる会社ではなく、自分が入れば少しでも役に立つかなと思って、高校卒業後すぐ飛び込みました。 【 [全文を読む]

こんな頭のいい人だったの?宇多田ヒカル元夫に「ポスト田原総一朗」の声

アサ芸プラス / 2017年04月01日17時59分

優れた聞き手という意味で、田原総一朗氏のような存在にもなりうる」 意外な側面で賞賛を浴び、突如として「ポスト・田原総一朗」に急浮上したのだった。(白川健一) [全文を読む]

「昔は他の週刊誌だって結構取材してたんだよ」田原総一朗が『週刊文春』一強時代に喝を入れる

ニコニコニュース / 2017年01月30日11時00分

すべての写真付きでニュースを読む 特集にあわせ、ジャーナリストの田原総一朗氏に「私は『週刊文春』をこう思う」というテーマで語っていただいた。 自らもスクープを連発した辣腕ジャーナリストである田原氏。『週刊文春』がスクープを生み出せる体制、勢いがなくなった他メディア、そして昨今のジャーナリズムについてどのように見ているのだろうか。――2016年は『週刊文春』 [全文を読む]

空気を読まない発言で大炎上!評論家・宇野常寛氏に「ポスト田原総一朗」の声

アサ芸プラス / 2017年01月20日17時58分

実はこの傾向、田原総一朗さんとまったく同じなんです。空気を読まずに言いたいことを言う点も似ている。今後、言論番組をまとめる『ポスト田原総一朗』になってほしいと期待しています」(社会問題を扱うジャーナリスト) 熱狂的なAKBファンという点でも田原氏と共通している宇野氏。彼が次世代の“討論番組の顔”になる日も近いかもしれない。 [全文を読む]

フォーカス