池端俊策のニュース

時代劇が初の受賞! 第34回向田邦子賞はNHK木曜時代劇「ちかえもん」に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月08日17時30分

また、選考委員会の池端俊策は「今回は『ちかえもん』が抜群に面白く、対抗馬が見当たらないほどだった」と絶賛。また、藤本について「非常に力のある人。脚本に力がみなぎっている。選考委員の全員一致で決まった」と語っており、今年の選考作品の中で、ダントツの評価での受賞となったようだ。 藤本有紀(ふじもと ゆき) 1967年兵庫県出身。テレビドラマの主な脚本は、「ラ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】日曜劇場「おやじの背中」7月15日(火)よる10:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2014年07月15日15時02分

10人の脚本家には池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一(五十音順)。数々の名作で時代を切り取ってきたドラマの達人たちが顔を揃えます。また、父・田村正和&娘・松たか子、父・役所広司&娘・満島ひかり、父・渡瀬恒彦&息子・中村勘九郎など、毎話異なる豪華俳優陣たちが親子の物語を熱演していきます。見逃した方 [全文を読む]

前田敦子らキャスト陣も祝福!第35回(2016年度)向田邦子賞贈賞式にて、受賞作『毒島ゆり子のせきらら日記』の脚本家・矢島弘一氏が喜びを語る。

PR TIMES / 2017年05月31日09時28分

池端俊策選考委員>まろやかで安定した作品よりも尖って緊張感のある作品を選ぶのが向田邦子賞であるならば、この作品こそが相応しいと感じた。相対的な価値観の狭間で揺れながら、本当は絶対的な愛を求めている現代の女性をユーモラスに描いている。それこそが矢島さんの才気だろう。[画像2: https://prtimes.jp/i/6568/216/resize/d65 [全文を読む]

たけし久々の主演ドラマに「ちょっと荷が重かった」

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日21時54分

同ドラマは、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。 たけしは“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進役、山田は浦田と対決する脱獄犯・佐久間清太郎役、また吉田は浦田の娘・美代子を演じる。さらに、吉田は作品のナレーションも担当する。 3年ぶりのドラマ出演となるたけしは「ドラマは『赤 [全文を読む]

矢島弘一氏が第35回(2016年度)向田邦子賞に決定!

PR TIMES / 2017年04月04日15時57分

選考委員は池端俊策氏、冨川元文氏、大石静氏、岡田惠和氏、井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

たけし久々の主演ドラマ「破獄」追加キャストに吉田羊&満島ひかり

Smartザテレビジョン / 2017年03月24日06時00分

同ドラマは、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。すでに“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進をビートたけしが、また浦田と対決する脱獄犯・佐久間清太郎を山田孝之が演じる。 今回発表されたのは、ドラマを彩る2人の女優陣。看守・浦田(ビートたけし)の娘・浦田美代子役 [全文を読む]

中村蒼、看守役でビートたけし、山田孝之らと共演

Entame Plex / 2017年03月03日18時00分

同作は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説を、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋で32年ぶりにドラマ化。脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(ビートたけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚・佐久間清太郎(山田孝之)との奇妙な共生関係を描く。 「命 [全文を読む]

たけし主演ドラマ「破獄」に橋爪功、松重豊ら追加キャスト決定

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日06時00分

同ドラマは、は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。すでに“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進役をビートたけしが、また浦田と対決する、脱獄犯・佐久間清太郎役を山田孝之が演じることが決まっている。今回発表されたのは、小菅刑務所長・大田坂洋役に松重豊、札幌刑務所長 [全文を読む]

山田孝之「破獄」でビートたけしと初共演!

Smartザテレビジョン / 2017年02月20日06時00分

「破獄」は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。山田は、たけし演じる“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進と対決する、脱獄犯・佐久間清太郎役に挑戦する。 犯罪史上未曽有の脱獄を繰り返した佐久間について、山田は「佐久間はとても素直な人だと思います。その素直さから [全文を読む]

ビートたけし主演で「破獄」が30年ぶりにドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日06時00分

「破獄」は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化される。たけしがテレビ東京のドラマに出演するのは今作が初めてとなる。 脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(たけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に犯罪史上未曽有の [全文を読む]

時代劇研究家が選ぶ大河ドラマBEST10 6位~10位

NEWSポストセブン / 2016年08月20日16時00分

【6位『太平記』(1991年)】主演/真田広之(足利尊氏)、原作/吉川英治、脚本/池端俊策・仲倉重郎 激動の南北朝時代を生きた室町幕府初代将軍・足利尊氏の活躍と苦悩を描く。大河初のふるさとコーナーが人気に。「日本史上でも屈指の混沌とした時代が、情熱的に描かれている。歴史の端境期のどさくさに現れた英雄から悪党まで、野心を抱えた有象無象が歴史の表舞台に現れては [全文を読む]

第34回(2015年度)向田邦子賞贈賞式が行われる!

PR TIMES / 2016年05月31日22時17分

池端俊策選考委員>明らかに藤本さんの作品が優れていると明白でしたので、この作品でいこうと全員一致で選びました。向田さんの作品と同質のものを感じさせてくれました、本当におめでとうございます。[画像2: http://prtimes.jp/i/6568/65/resize/d6568-65-929157-2.jpg ]【「ちかえもん」出演の方たちのコメント】 [全文を読む]

TVドラマ「夏目漱石の妻」で長谷川博己・尾野真千子が夫婦役に! 文豪・夏目漱石のユニークな夫婦生活を描く

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月09日15時00分

脚本は、1984年に「私を深く埋めて」「羽田浦地図」「危険な年ごろ」の3作品で向田邦子賞、芸術選奨新人賞を受賞し、2009年には紫綬褒章を受章するなど、名実ともに評価の高い池端俊策が担当。そして俳優陣には、尾野真千子・長谷川博己・黒島結菜・満島真之介・竹中直人・舘ひろしと、実力派ぞろいの豪華な面々が顔をそろえる。 特に夏目漱石を演じることになった長谷川博己 [全文を読む]

藤本有紀氏が第34回(2015年度)向田邦子賞に決定

PR TIMES / 2016年04月05日17時06分

選考委員は池端俊策氏、冨川元文氏、大石静氏、岡田惠和氏、井上由美子氏(向田邦子賞受賞順)。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

戦後、復興のために国と「一世一代のケンカ」をした老人がいた!NHK放送90年ドラマ 経世済民の男「鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門」9月19日(土)夜9時、いよいよ放送!

@Press / 2015年09月18日14時30分

【番組概要】放送予定:2015年9月19日(土) NHK総合 午後9:00~10:00(全国放送)作 :池端俊策(映画「復讐するは我にあり」、「楢山節考」、NHK大河ドラマ「太平記」、古代史ドラマスペシャル「聖徳太子」、土曜ドラマ「足尾から来た女」ほか)音楽 :清水靖晃(土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」ほか)題字 :金澤翔子(大河ドラマ「平清盛」題字 [全文を読む]

吉田鋼太郎「クソジジイ」発言に大笑い!

Smartザテレビジョン / 2015年08月19日22時33分

吉田鋼太郎が主演を務める放送90年ドラマ「『経世済民の男』鬼と呼ばれた男~松永安左ェ門」(NHK総合)の完成披露試写会が行われ、吉田の他、國村隼、萩原聖人、脚本の池端俊策、音楽を担当した清水靖晃らが登壇した。 「―松永安左ェ門」は、NHKの放送開始90年(ラジオ放送開始から)を記念して、近代日本の礎を築いた経済人を取り上げるドラマシリーズの最終回。戦後、7 [全文を読む]

おやじの背中 ボクサー満島ひかりの運動神経に女性作家驚愕

NEWSポストセブン / 2014年08月03日16時00分

脚本家のラインナップは池端俊策、井上由美子、岡田恵和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一。10名の書き手の世界観を見比べることができるのです。その意味で、ユニークなエンタテインメント。 すでに放送された3本のドラマをちょっと比較してみると……。 役者から新しい身体力を引き出した、という意味で最もスリリングだったのが、第2話の「 [全文を読む]

第32回(2013年度)向田邦子賞贈賞式に 「ごちそうさん」キャストが集結して森下氏を祝福!

PR TIMES / 2014年05月29日19時29分

贈賞式では池端俊策選考委員から選考経過説明ののち、大石静選考委員から賞状が授与されました。続いて本賞の特製万年筆と、副賞の300万円が当社代表取締役社長・奥山卓から贈られました。 受賞作の「連続テレビ小説『ごちそうさん』」は、大正・昭和時代を舞台に、両親が切り盛りする東京の洋食屋でおいしいものを目いっぱい食べて育った卯野め以子(杏)が主人公。め以子は大阪 [全文を読む]

“見世物”女優・沢尻エリカの悲劇、ヒューマンドラマ『時計屋の娘』の違和感

サイゾーウーマン / 2013年11月23日15時30分

プロデューサーは八木康夫、脚本は映画『復讐するは我にあり』や『楢山節考』の脚本で知られる池端俊策。2人は1年前(2012年)に沢尻エリカ主演で2時間ドラマ『悪女について』(TBS系)を制作し、平成24年度の芸術選奨文部科学大臣賞(放送部門)を受賞している。前作の成功を引き継ぐ形で作られた本作もまた、平成25年度文化庁芸術祭参加作品となっている。 本作は、池 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「時計屋の娘」11月22日(金)よる9:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月23日10時38分

見逃した方も、もういちど見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください!時計屋の娘【出演】沢尻エリカ、國村隼、桐谷健太、中村勘九郎、木村文乃、小林稔侍【脚本】池端俊策【演出】山室大輔【制作】TBS/BS-TBS【あらすじ】とある町で時計店を営む時計職人・秋山守一(國村隼)の前に、若い女性・宮原リョウ(沢尻エリカ)が現れた。石巻で津波に襲われた母親の形 [全文を読む]

フォーカス