安部龍太郎のニュース

【著者に訊け】安部龍太郎氏の意欲作『半島をゆく』

NEWSポストセブン / 2017年01月06日16時00分

【著者に訊け】安部龍太郎氏/『半島をゆく』/小学館/1500円+税 三重県津市のとある居酒屋。名産の鰻で一杯やりながら、〈司馬(遼太郎)さんは偉大なお仕事をなされたけど、もうそろそろあの史観を越えないと〉と、あえて直木賞作家・安部龍太郎氏は〈大胆な口火〉を切った。 メンバーは安部氏と地元三重大学の藤田達生教授、そして西のぼる画伯の3人。2009年の『下天を [全文を読む]

「葉隠物語」第1巻 作画/藤原芳秀 原作/安部龍太郎 5月25日発売

@Press / 2015年05月21日09時45分

http://www.leed.co.jp/magazine/rantwins/ ■『葉隠物語』第1巻(作画/藤原芳秀 原作/安部龍太郎)の特徴・詳細 【『葉隠物語』とは】 「葉隠」とは、山本常朝なる江戸時代初期から中期の人物が弟子の田代陣基に語って聞かせた、肥前(佐賀県)鍋島藩の過去の出来事、教訓などを、後にまとめて新藩主に贈った、武士道の代名詞とも呼 [全文を読む]

【著者に訊け】安部龍太郎 戦国史描いた『五峰の鷹』を語る

NEWSポストセブン / 2014年01月08日16時00分

【著者に訊け】安部龍太郎/『五峰の鷹』/小学館/1890円 肝心なのは使い方や戦い方。火薬や鉛を手に入れる「ルート」の構築にあった。「1543年 鉄砲伝来」と、教科書なら一行で済まされる歴史的転換点が、安部龍太郎氏の直木賞受賞第一作『五峰の鷹』では、手に汗握る人間ドラマとして描かれる。なぜそのポルトガル人は種子島に漂着し、なぜ信長は鉄砲隊を効果的に使って戦 [全文を読む]

安部龍太郎が書きたかった「徳川家康」という男

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

(作家 安部龍太郎 構成=岡村繁雄) [全文を読む]

『等伯』で直木賞の安部龍太郎氏 家狭く便所で執筆した過去

NEWSポストセブン / 2013年01月22日16時00分

「歪んで伝えられている日本の歴史を少しでも是正できるような仕事ができたら、というのが小説を書く大きなモチベーションです」 “史上最年長”と“戦後最年少”が話題になった第148回芥川賞・直木賞の合同会見で、最後に登壇した安部龍太郎氏(57歳)は、ベテラン作家らしく貫禄十分に語った。 しかし、前回直木賞候補になったのは第111回というから実に19年前。なので「 [全文を読む]

歴史漫画「葉隠物語」作画者・藤原芳秀先生のトークショー&サイン会を佐賀城本丸歴史館で開催!

PR TIMES / 2016年12月06日10時28分

[画像1: http://prtimes.jp/i/18574/24/resize/d18574-24-394663-0.jpg ]月刊誌「コミック乱ツインズ」(リイド社)にて連載されていた漫画「葉隠物語」は、直木賞受賞作家の安部龍太郎氏原作の同名小説をコミカライズしたもので、佐賀藩士・山本常朝(やまもと じょうちょう)の談話を田代陣基(たしろ つらもと) [全文を読む]

細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行~半島をゆく】 歴史解説編 丹後半島③

サライ.jp / 2016年06月30日17時00分

写真提供/宮津市観光交流課[/caption] 歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」では本誌と連動した歴史解説編を、歴史学者・藤田達生先生(三重大学教授)がお届けしています。今回は丹後半島編の3回目、共に丹後に拠りつつ本能寺変後に明暗が分かれた細川・一色両氏と、後にガラシャとなる細川忠興夫人・ [全文を読む]

なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行~半島をゆく】第8話(歴史解説編2)

サライ.jp / 2016年06月23日17時00分

[/caption] 歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」では本誌と連動した歴史解説編を、歴史学者・藤田達生先生(三重大学教授)がお届けしています。今回は、「丹後古代王国」の隆盛ぶりを今に伝える半島内の巨大古墳の謎に迫ります。 古代の丹後は強国だった。日本で一番古い―弥生中期後半(2世紀後半) [全文を読む]

中島裕翔が「信長燃ゆ」出演!京都レポ&コメント全文

Smartザテレビジョン / 2015年12月05日08時02分

本ドラマは直木賞受賞作家・安部龍太郎の同名小説を原作に、天下統一を志した織田信長(東山紀之)の「本能寺の変」までの1年半と朝廷の対立を描く。今回新たに、信長に仕えた森蘭丸を中島が、その弟で「本能寺の変」唯一の生き残り・森坊丸を神山が演じることが決定。中島は時代劇初挑戦となる。 蘭丸は信長に仕え、時に信長の代弁者として重臣たちや朝廷に対してその意思を伝える人 [全文を読む]

東山紀之が中島裕翔&神山智洋と共演でむちゃぶり!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月05日06時00分

本番組は、毎年1月2日に放送される「新春時代劇」シリーズで、38作品目となる'16年は、安部龍太郎の同名小説をドラマ化。織田信長(東山)の「本能寺の変」までの1年半を、史実とフィクションを織り交ぜスリリングに描く。信長を初めて演じることについて「時代劇を続けていく上で、やりたい役、そしてやらなければならない役の一つ。運命的な縁があって今回演じることができ、 [全文を読む]

フォーカス