奈良美智のニュース

奈良美智が選んだ作品約60点を展示。MOMATコレクションの企画展開催中

NeoL / 2016年06月11日18時30分

榎本千花俊《銀嶺》1942年 東京国立近代美術館蔵 絹本彩色 68.7×73.1cm 『奈良美智がえらぶMOMATコレクション 近代風景~人と景色、そのまにまに~』が、竹橋・東京国立近代美術館ギャラリー4にて開催中。 本展は、京国立近代美術館の所蔵品ギャラリーで、会期ごとに展示作品を替えながら開催されている所蔵作品展『MOMATコレクション』の特別企画。奈 [全文を読む]

石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」開催 旅の写真はじめ日常品や創作に使う道具なども展示

NeoL / 2015年01月17日21時02分

石川直樹「サハリン島」2014 photo:Naoki Ishikawa (C)Naoki Ishikawa 写真家の石川直樹と現代美術家の奈良美智による展覧会「ここより北へ 石川直樹+奈良美智」が、1月25日よりワタリウム美術館で開催される。 今回が初となる二人の展覧会では、青森、北海道、サハリンをともに旅した中で撮った写真を中心に展示される。 2014 [全文を読む]

「奈良美智展×田中茉裕ミニライブ」横浜美術館にて無料招待イベントを開催!

PR TIMES / 2012年08月15日15時51分

2010年、EMI ミュージック・ジャパン50周年記念オーディション「REVOLUTION ROCK」でファイナリストに選ばれ、今年3月にEMI EntertainmentのAVOCADO recordsより1stミニアルバム『小さなリンジー』をリリースし、亀田誠治氏、箭内道彦氏、佐野史郎氏等からも絶賛されているシンガーソングライター田中茉裕(たなかまひろ [全文を読む]

石川直樹+奈良美智の旅の記録を紹介する展覧会 ワタリウム美術館にて

太田出版ケトルニュース / 2015年01月22日13時49分

1月24日(土)より、東京・外苑の「ワタリウム美術館」にて、写真家の石川直樹と美術家の奈良美智の展覧会『「ここより北へ」 石川直樹+奈良美智展』が開催される。 この展覧会は、石川と奈良が、青森~北海道~サハリンまで、北へ向かって旅をした記録を、関連資料とともに紹介するもの。写真家として世界各国の都市から8000メートル峰まであらゆる場所を旅する石川と、精力 [全文を読む]

ブッチャーズ 、トリビュートアルバム2枚同時リリース決定

okmusic UP's / 2013年11月22日13時00分

ジャケットはバンドとも縁深い、奈良美智氏が担当する。 【その他の画像】bloodthirsty butchers1986年の結成以来、国内外のアーティストはもとより、ジャンルを超えた様々なクリエイター達に多大な影響を与え続けてきた、日本ロック史に燦然とその名を刻むバンド・bloodthirsty butchers。 その偉大なバンドのリーダーであり、フロン [全文を読む]

奈良美智、村田森らの約300点が揃う、『村上隆のスーパーフラット現代陶芸考』

NeoL / 2017年02月28日23時45分

出品作家は、奈良美智、青島千穂、大谷工作室、青木亮、安藤雅信、村田森、小嶋亜創、小出ナオキ、ガブリエル・オロスコ、ローズマリー・トロッケル、クララ・クリスタローヴァら25組となる予定だ。 初日の3月11日には、出品作家をゲストに迎えたトークイベントが行なわれるほか、会期中にはワークショップ『大谷工作室の工作教室(仮)』などを予定。 『村上隆のスーパーフラ [全文を読む]

奈良美智がつくる茂田井武展が開催、「僕の好きな日本の絵本作家は茂田井に源流をみる気がする」

FASHION HEADLINE / 2017年02月04日14時00分

安曇野ちひろ美術館の開館20周年を記念して3月1日から5月9日まで「奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人」が開催される。 茂田井は戦後の混乱期の子どもの本におびただしい数の絵を描きながら、日本の絵本の隆盛期を待たずして早逝してしまったが、その画業は多くの画家に影響を与えるものだった。奈良もそんな茂田井に影響を受け、心ひかれるうちの一人である。 同展では奈 [全文を読む]

女優、のんが表紙を飾る『美術手帖』アウトサイダー・アート特集

PR TIMES / 2017年01月16日19時20分

女優のんと、奈良美智が巻頭で対談。さらに第2特集では映画『この世界の片隅に』を取り上げる。本特集は「アウトサイダー・アート」を、「『描かずには生きられない』という、強い衝動から生まれた表現」ととらえ、従来の「インサイド/アウトサイド」というアートの枠組みを問い直し、アウトサイダー・アートを通してあらゆる創作の原点を探ろうとする試みだ。[画像1: https [全文を読む]

「似ている、の次元を超えていると思う」 奈良美智さんの絵柄をパクった韓国コスメブランドが逆訴訟

ガジェット通信 / 2016年12月23日10時30分

奈良美智さんといえば、睨みつける表情の女の子のドローイングなどが世界で高い評価を受けている日本を代表する画家のひとり。そんな奈良さんの絵柄を模したアイテムを韓国のコスメブランドが発売。これに対して奈良さんは警告文を送ったところ、韓国の裁判所で逆訴訟されたと『Twitter』で明かしています。 韓国のコスメ会社の製品のなのだけれども、あまりにも自分の絵柄っぽ [全文を読む]

草間彌生、村上隆、奈良美智、会田誠、山口晃…抽象的でむずかしい「現代アート」を見極める7つのポイントとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月24日11時00分

芸術の秋。「美術館に絵を観に行こう」と言ったら、どんな作品を思い浮かべるだろう。ダリ、ゴッホ、ミュシャ……。いつか教科書で眺めた絵画とともに、名だたる芸術家の名前がパッと思い浮かぶだろうか。彼らとその作品は、評価されてきた、まぎれもない名作だ。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 一方で、「現代アート」の作品や存命の作家を、同じように知っているだろう [全文を読む]

中田英寿、奈良美智、隈研吾、藤原ヒロシら参加「REVALUE NIPPON PROJECT展」開催中

TABROOM NEWS / 2016年04月14日14時00分

《UFO鍋》 植葉香澄、奈良美智、中田英寿 2010年 茨城県陶芸美術館蔵 (c)植葉香澄、奈良美智、中田英寿 (c)Junichi Takahashi シンポジウム、ワークショップも開催 2015年4月9日(土)から6月5日(日)まで、東京・新橋の「パナソニック汐留ミュージアム」にて「REVALUE NIPPON PROJECT展」が開催されています。 [全文を読む]

中田英寿、工芸家×クリエイターが共同創作する作品展をプロデュース。奈良美智や藤原ヒロシらが参加

FASHION HEADLINE / 2016年03月13日14時00分

陶磁器を素材とした作品では、中田本人と陶芸家の植葉香澄、画家で彫刻家の奈良美智の3人による「UFO鍋」や、陶芸家の新里明士と現代美術家の宮島達男、ファッションデザイナーの藤原ヒロシによる「光器」などを展示。その他、型紙師の内田勲とウェブデザイナーの中村勇吾、テキスタイルデザイナーの須藤玲子、プロダクトデザイナーの喜多俊之による型紙をテーマにした「ぬのもあ [全文を読む]

NMB48・山本彩のおふざけ変顔ショットが話題に 「鬼の形相!」「奈良美智の絵の女の子みたいw」

AOLニュース / 2016年02月22日21時00分

これを見たファンからは「こういう顔もいいね」「こわいwww」「喧嘩売ってるwww」「変顔のせちゃうさや姉の思い切りの良さが好き」「こんな二人が前から来たら道あけちゃいそう(笑)」「鬼の形相www」「奈良美智の絵の女の子みたい」といった様々な声が寄せられている。グループのリーダーをつとめ"優等生キャラ"のイメージ強い山本の"おふざけヤンキーショット"はどう [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】水原希子、また仰天写真を投稿「リアル奈良美智さん」

TechinsightJapan / 2015年11月21日19時37分

またこの日の写真に対しては「奈良美智さんの作品みたい」、「リアル奈良美智さん」と彼の作品に出てくる女の子に似ているという声や、「アバターだな」と同名のアメリカ映画に出てくる先住民族ナヴィを想像している人も少なくなかった。 プライベートのキュートな姿だけではなく、クールな撮影現場での表情。幅広い交友関係が披露されたり、今回のようなユニークな画像が投稿されたり [全文を読む]

奈良美智の「Shallow Puddles」展が開催、丸皿にペイントした全12作品が集結

FASHION HEADLINE / 2015年10月11日08時00分

美術家の奈良美智による展覧会「Shallow Puddles」が、11月14日まで東京・明治神宮前のギャラリー、ブラム・アンド・ポー(BLUM&POE)にて開催されている。 同展では、キャンパス生地がパッチワーク状に貼りつけられた丸皿に描かれたペインティング作品を展示。04年に大阪のgraf media gmで発表された6作品と、06年に青森の吉井酒造煉瓦 [全文を読む]

銀座三越で「草間彌生と現代アート展」開催。村上隆、奈良美智の作品もお目見え!

FASHION HEADLINE / 2015年10月10日18時00分

草間彌生、村上隆、奈良美智の作品が一同に展示される「草間彌生と現代アート展」が三越銀座店7階ギャラリーで、10月21から27日まで開催される。 同展では草間の版画やドローイング、立体作品を中心に展示。同氏の作品は、画面を隙間なく覆う網目模様やドット、ユーモラスなフォルムの果物や花が描かれ、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションや野外芸術祭のオブジェなどでも知ら [全文を読む]

「岡本太郎の言葉とともに」展開催中、カフェで岡本太郎特別メニューも

TABROOM NEWS / 2015年09月18日20時37分

縄文土器や弥生土器、パプアニューギニアの土器、そして、奈良美智の「少女習作」(2011年)やグイド・マリアーニ「逆流」(1990年)など、国や時代、領域を越えた土の芸術が一堂に会します。 また、展覧会期間中、カフェレストラン「UPcafe」では、岡本太郎にちなんだ特別メニューを提供するほか、ミュージアムショップでは、岡本太郎の出品作品や、奈良美智の犬などの [全文を読む]

奈良美智活動30周年を記念した決定版作品集【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年04月09日12時15分

■「YOSHITOMO NARA SELF-SELECTED WORKS PAINTINGS」奈良美智 日本の現代アートシーンを代表する作家・奈良美智は、ファッションや音楽の分野にも影響を与え、現代アートにあまり馴染みがない人も1度はその作品を目にしたことがあるはず。 本書は、作家活動30周年を記念して刊行された愛蔵決定版作品集。『PAINTINGS』の [全文を読む]

村上隆、奈良美智ら所属する西海岸ギャラリー「ブラム・アンド・ポー」が東京に開廊

FASHION HEADLINE / 2014年09月19日22時00分

90年代半ばから日本でも、村上隆、奈良美智を紹介している他、最近活躍している菅木志雄や榎倉康二などが所属してる。 東京で行われる最初の展覧会は、現代美術家マイク・ケリー(Mike Kelley)のもとでアシスタント経験を持つ、LAで活動するアーティスト、デイヴ・ムラー(Dave Muller)の日本初となる個展「Sublime Memory Garden」 [全文を読む]

村上隆や奈良美智に続く!? LAを熱狂させる日本人と米国人のアーティスト「kozyndan」 インタビュー

tocana / 2014年09月17日14時30分

2000年からロサンゼルスで暮らしている筆者はこの盛り上りを目のあたりにしてきたが、とりわけサブカル要素を含んだ現代アートは若い世代のアメリカ人に熱狂を持って受けいられ、日本を代表する現代美術家の村上隆や奈良美智などの個展が成功を収めると日本的センスが"cool"なものとして一般に広く認知されるきっかけとなったのは明らかだろう。 これまで日本発祥のオタク [全文を読む]

フォーカス