小倉隆史のニュース

降格危機の名古屋、小倉GM兼監督の“休養”を発表…後任はアシスタントコーチのジュロヴスキー氏

ゲキサカ / 2016年08月23日23時54分

名古屋グランパスは23日、小倉隆史GM兼監督が同日をもって休養することが決定したと発表した。後任として、アシスタントコーチのボスコ・ジュロヴスキー氏が監督代行を務める。 今季からGM兼任監督に就任したクラブOBの小倉氏だったが、J1第1ステージで4勝5分8敗の14位とつまずくと、第2ステージでは第9節終了時点で2分7敗の最下位。現在、クラブワースト記録を更 [全文を読む]

小倉監督就任の名古屋が新体制&新背番号発表、FWシモビッチが9番、G大阪から加入の明神は17番に

ゲキサカ / 2016年01月14日15時26分

小倉隆史新監督の下、背番号9には新加入のFWシモビッチが決定。ガンバ大阪から加わったMF明神智和はG大阪で着けていたのと同じ17番に決まった。 また明治大から加入したDF高橋諒は24番に、FW和泉竜司は29番に決定している。 新体制および背番号は以下のとおり ▽GK 1 楢崎正剛 16 武田洋平(←大分) 21 西村弘司 28 荻晃太(←甲府) ▽DF 2 [全文を読む]

小倉隆史新体制の名古屋、2016シーズンのチームスローガンが「信頼」に決定!

ゲキサカ / 2016年01月01日10時47分

2016シーズンからクラブOBの小倉隆史監督が指揮する名古屋は、「2016年は名古屋グランパスにとってクラブ発足以来の大きな改革のスタートの年となります。我々はこの改革を必ずやり遂げます」と変化の年となる2016シーズンへ意気込みを綴った。 チームスローガン決定については「皆様と真剣に向き合い、皆様からの『信頼』を勝ち取る為に常に全力を尽くします。一方で [全文を読む]

名古屋、西野朗監督の後任に小倉隆史氏を正式に招へい 来シーズンはGM兼監督に

超ワールドサッカー / 2015年11月24日16時00分

▽名古屋は24日、ゼネラルマネジャー(GM)補佐を務める小倉隆史氏(42)を新指揮官に招へいしたことを正式発表した。なお、代表取締役社長兼GMを務める久米一正氏のGM職退任に伴い、小倉氏はGMの職も兼任する。▽2010年以来となる主要タイトルの獲得を目指した名古屋だったが、今シーズンのリーグ戦では年間9位(1stステージ9位/2ndステージ10位)に低迷。 [全文を読む]

名古屋GM補佐就任の小倉隆史氏が会見で意欲「魅力あるクラブを」

ゲキサカ / 2015年06月03日12時43分

名古屋グランパスのチーム統括部ゼネラルマネージャー(GM)補佐に就任した小倉隆史氏が2日、就任会見を行った。クラブ公式サイトによると、久米一正代表取締役社長とともに会見に臨んだ小倉GM補佐は「僕自身、グランパスをなんとかしたいという気持ちを強くもっています。これからクラブを良い方向へ、そして愛される方向へと持っていけるよう一生懸命努力します」と意気込みを語 [全文を読む]

元日本代表FW小倉隆史氏が名古屋のGM補佐に就任

ゲキサカ / 2015年05月01日17時56分

名古屋グランパスは1日、クラブOBで元日本代表FWの小倉隆史氏がチーム統括部ゼネラルマネジャー(GM)補佐に就任することが決定したと発表した。契約期間は今年6月1日から2017年1月末まで。 小倉氏はクラブを通じて「GM補佐というオファーをいただき、こうして15年ぶりに名古屋に帰ってくることになりました」とコメント。「大変光栄なオファーに感激していると同時 [全文を読む]

アディダスのW杯カフェ、六本木ヒルズに限定オープン。EXILEイメージソング公開

FASHION HEADLINE / 2014年06月02日18時00分

アディダス契約アドバイザーの木村和司、名波浩、小倉隆史、宮本恒靖の監修による、これまでのFIFA ワールドカップにおける名シーンを放映する他、今回のブラジル大会にちなんだ特別メニューを提供する。 またアディダスジャパンのみならず、大会をサポートする企業が最新の商品やテクノロジーを紹介する展示やイベントを実施。「サッカーショップ カモ(KAMO)」では、限定 [全文を読む]

抽選で選ばれた10名の小学生がサッカー日本代表を応援訪問 応援メッセージ入りの旗を ザッケローニ監督と長谷部選手に贈呈

PR TIMES / 2013年05月29日09時33分

小倉隆史さんによるウォーターローディング講座 贈呈式前には、元サッカー日本代表の小倉隆史さんによるウォーターローディング講座が開かれました。 「のどが渇く前にこまめに水分補給をすることの大切さ」を語る小倉さんの言葉に真剣に耳を傾けるキッズたち。 小倉さんの問いかけにも積極的にこたえ、水分が不足すると力が出し切れないことや、運動時は20分おきに水分補給を [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】U-20で厳格化したGK6秒ルールが戦術に及ぼす影響

超ワールドサッカー / 2017年05月25日20時51分

▽問題のシーンを見て、96年アトランタ五輪の合宿中に、FW小倉隆史が右足を傷めたことを思い出した。小倉は右膝後十字靭帯の断裂により五輪出場を断念。その後は復帰したものの、ベストのコンディションに戻ることはなく、代表に復帰することもできなかった。▽JFA(日本サッカー協会)からのリリースによると、小川は左膝前十字靭帯の断裂と左半月板の損傷で、今週末にチームを [全文を読む]

昨季名古屋を指揮したジュロヴスキー氏がレッドスターの暫定監督に就任

超ワールドサッカー / 2017年05月10日23時16分

2016年7月からは再び名古屋のアシスタントコーチを務めると、小倉隆史監督の解任後監督に就任した。 ▽レッドスターは、7日にミオドラグ・ボージョヴィッチ前監督が辞任していた。なお、ジュロヴスキー氏はシーズン終了まで指揮を執る。 [全文を読む]

高校サッカー選手権から平山相太に続く“怪物”はもう生まれない!?

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

Jリーグ誕生前夜の92年に名古屋グランパス入りした小倉隆史は、四日市中央工(三重)時代に左足から放たれる強烈なシュートでゴールを量産し、“レフティモンスター”との異名をとった。 中田英寿(韮崎・山梨)や川口能活(清水市商・静岡)が出場した、Jリーグ元年となる93年度の大会で“怪物”の名を引き継いだのが城彰二(鹿児島実・鹿児島)だ。高校卒業後にジェフ市原( [全文を読む]

名古屋の来季J1復帰は絶望的?『愛されたいクラブ』とは真逆なビジョンなき粛正

週プレNEWS / 2016年11月26日06時00分

指導者経験のない小倉隆史氏を監督に据えたのも、トヨタ側の「知名度がある」という理由で決定したといわれている。監督だけならまだしも、クラブ全体をマネジメントし、現場サイドや監督自身をも評価するGMを兼任させ、クラブの再興を任せたのだ。 “初心者”小倉GMは昨オフ、闘莉王との契約交渉を決裂させる。闘莉王は金額ではなく、理不尽な起用法や条件などクラブ側の態度に [全文を読む]

名古屋が休養中だった小倉氏との契約解除を発表…GM職には横浜FMで指揮を執った下條氏が就任

超ワールドサッカー / 2016年11月20日08時08分

▽クラブ史上初となるJ2降格が決まった名古屋グランパスは19日、小倉隆史GM兼監督との契約で監督職については契約の満了、GM職については双方合意の上で契約を解除すると発表した。 ▽小倉氏は今シーズン、GM兼監督を務める形で名古屋の指揮官に就任。しかしクラブ史上ワーストとなるリーグ戦17試合勝ちなしなどチームは低迷。同氏は8月23日に休養となり、ボスコ・ジュ [全文を読む]

名古屋が休養中の小倉隆史GM兼任監督の契約解除を発表

ゲキサカ / 2016年11月19日21時48分

名古屋グランパスは19日、休養中だった小倉隆史GM兼監督が今季をもって退団すると発表した。監督職は契約満了、GM職は契約解除となる。 小倉氏は昨年6月に名古屋のGMに就任。今季よりGM兼任監督として指揮を執った。しかしチームは前半戦から低迷。クラブワーストのリーグ戦17戦未勝利という不名誉な成績を残すと、8月23日にクラブは事実上の解任となる休養を発表して [全文を読む]

J2降格の名古屋、新監督候補にル・グエン氏と風間八宏氏

ゲキサカ / 2016年11月18日06時30分

名古屋は今季、現場での指導経験がないクラブOBの小倉隆史監督にチームを託したが、シーズン序盤から低迷。残り8節となったタイミングで監督交代を決断し、ジュロヴスキーコーチを昇格させてチームの立て直しを図ったが、急場しのぎは続かず、クラブ史上初となるJ2降格が決まった。今月6日にはジュロヴスキー監督の退任を発表。後任人事に着手している。 [全文を読む]

J2降格の名古屋グランパスに、新たな呪いが……「トヨタの業績が好調だとチームは不調に?」

日刊サイゾー / 2016年11月10日19時00分

各サッカー誌は、GMを兼任していた小倉隆史前監督の能力不足、そして、そんな小倉前監督を指名した久米一正社長の任命責任を糾弾している。一方で、トヨタ自動車・元役員の佐々木真一副会長とサッカー界出身・久米社長の間に、派閥争いがあったとも報じられている。というのも、今年6月、名古屋グランパスはトヨタ自動車の完全子会社となる手続きを完了させている。トヨタ自動車と [全文を読む]

クラブ史上初のJ2降格となった名古屋がジュロヴスキー監督の契約満了を発表…ファン・サポーターには名古屋のサポートをお願い

超ワールドサッカー / 2016年11月06日18時11分

小倉隆史監督の後任として、8月に監督に就任した。 ▽就任後の初戦となった明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節のFC東京戦で引き分けると、続く第11節のアルビレックス新潟戦で19戦ぶりの白星を記録。その後もチームは勝ち点を積み重ねたが、最終節で湘南ベルマーレに敗れ、クラブ史上初のJ2降格となっていた。 ▽ファンやサポーターからは続投の声が挙がってい [全文を読む]

【J1チーム別総括】全ての“決断”が裏目に出たシーズン…粘りを見せるもJ2降格《名古屋グランパス》

超ワールドサッカー / 2016年11月06日17時00分

◆チーム採点 10点(100点満点) ◆チーム成績 ◆シーズン総括 ▽小倉隆史GMが兼任監督として率いた今シーズン。開幕前にDF田中マルクス闘莉王を始め、DF牟田雄祐、DF本多勇喜(ともに京都サンガF.C.)、FWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチ(マリボル)、MFダニルソン(アビスパ福岡)ら主力を大量に放出。FWロビン・シモビッチやDFルドゥウィッグ・オー [全文を読む]

問われる小倉前監督任命責任…J2降格名古屋社長が進退伺「末代までの恥」

ゲキサカ / 2016年11月05日21時19分

中位に低迷したことで、クラブは新監督招へいに舵を切り、GM補佐だったクラブOBの小倉隆史氏を迎え入れた。 しかしチームは第1ステージから出遅れると、夏場はクラブワーストの未勝利記録を更新するなど、全く勝てない状況に陥ってしまった。当初、小倉監督の続投を明言していた久米社長も8月末にようやく重い腰を上げ、監督交代を行った。しかし一度空中分解したチームがわずか [全文を読む]

J2降格名古屋はHPでも謝罪「必ず一年でJ1に戻ってくる」

ゲキサカ / 2016年11月04日20時45分

小倉隆史GM補佐を監督に昇格させて今季に臨んだ名古屋は、第1ステージを14位で終えると、巻き返しを期したはずの夏場以降に大不振。クラブワーストの未勝利記録を更新し続けると、ついには小倉監督の休養を発表。ただ監督交代、DF田中マルクス闘莉王の緊急復帰も焼け石に水で、初のJ2降格が決定した。 「オリジナル10」としてJ2に降格していなかったことをプライドとし [全文を読む]

フォーカス