森保一のニュース

【ライターコラムfrom広島】逆転残留なるか…17位広島、言葉でサッカーを伝える指揮官とともに改革へ

サッカーキング / 2017年07月28日18時11分

森保一前監督も気づいていたのだが、その変化の過程を彼は漸進主義をとった。過激に、大きく変化させるのではなく、ゆっくりと着実に。だが、時代の流れは想像以上に急進的であり、期待して獲得した選手が結果を出せない、あるいは彼らの能力を生かしきれないという事態も状況の悪化に拍車をかけた。17試合を終わってわずか2勝。もはや指揮官の退任以外に、チームの流れを変える手立 [全文を読む]

【横浜FMvs広島プレビュー】リーグ5連勝と波に乗る横浜FM…広島は監督交代の衝撃を乗り越えられるか

サッカーキング / 2017年07月07日19時04分

文:totoONE編集部 ■サンフレッチェ広島 パス&ゴーやチャレンジ&カバーなどの基本を再徹底 【プラス材料】 森保一監督退任の後、横浜FM戦と天皇杯までの暫定で就任した横内昭展新監督のトレーニングはメリハリに富み、厳しさと緩むところが明確。特にパス&ゴーやチャレンジ&カバーなどの基本をもう1度確認、徹底してやることで、選手全体の動きが活性化してきた。 [全文を読む]

広島の森保一監督が退任…5年で3度のJ1制覇も今季は降格圏に低迷

超ワールドサッカー / 2017年07月04日11時37分

▽サンフレッチェ広島は4日、森保一監督(48)の退任を発表した。4日のトレーニングから、横内昭展ヘッドコーチが監督として暫定的に指揮を執る。▽森保監督は、1987年に前身のマツダに入団。Jリーグ元年からサンフレッチェ広島の一員としてプレーし、途中1シーズン京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)への期限付き移籍を挟むも、2001年まで広島でプレー。200 [全文を読む]

【浦和vs広島プレビュー】連敗を脱したい浦和は復帰のエースに期待…広島は選手の入れ替えが功を奏するか

サッカーキング / 2017年06月30日19時03分

文:totoONE編集部 ■サンフレッチェ広島 森保一監督がチョイスする新布陣が、負の連鎖を断ち切るか 【プラス材料】 リーグ前節の大宮との決戦に0-3で敗れ、ルヴァンカッププレーオフステージ第1戦F東京戦でも0-1で完封負け。試合後、森保一監督はスタメンの変更を示唆し、30日のトレーニングでは主力組を3人、入れ替えた。茶島雄介と森島司、中林洋次は3人と [全文を読む]

「Jリーグの功労者」今西和男はなぜ、不当な仕打ちで排除されたか?

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

昨季、Jリーグ王者のサンフレッチェ広島の森保一(もりやす・はじめ)監督、今季旋風を起こしている川崎フロンターレを率いる風間八宏(やひろ)監督ら多くの指導者や選手を育てた“育将”今西和男さんが、悪意にからめとられていきます。 FC岐阜というクラブのために全身全霊で働き、スタッフの信頼も厚かった今西さんが、なぜこんなひどい目に遭ったのか。クラブライセンス事務局 [全文を読む]

最優秀監督賞受賞の森保監督「みんなの勲章として」《2015 Jリーグアウォーズ》

超ワールドサッカー / 2015年12月21日21時19分

▽「2015 Jリーグアウォーズ」が21日に行われ、広島を年間優勝に導いた森保一監督(47)が最優秀監督賞を受賞した。2012年から広島の指揮を執る森保監督は、就任から4シーズンでチームを3度のリーグ制覇に導いており、最優秀監督賞を受賞するのは今回が3度目となる。6分を越える森保監督の情熱的な受賞スピーチは以下のとおり。◆最優秀監督賞森保一監督(広島)「日 [全文を読む]

世界3位の広島・森保一監督「総合力で結果を出せたことは大きな自信」《クラブW杯2015》

超ワールドサッカー / 2015年12月20日20時40分

▽試合後、3位に輝いた広島の森保一監督が記者会見に出席。今大会を振り返るとともに、世界3位に輝いたこと、また今後のビジョンについてコメントした。──今大会を振り返って「クラブ・ワールドカップは素晴らしい大会ですし、世界の強豪、各大陸の王者が集まるトーナメントに開催国枠、Jリーグを代表して出られたことは幸せなことだと思っています。選手も私も、チームとしてこの [全文を読む]

ベストヤングプレイヤー賞は浅野に決定!!フェアプレー賞など各賞発表

ゲキサカ / 2015年12月08日18時09分

J1優勝クラブ監督に贈られる「最優秀監督賞」は森保一監督(広島)が3回目の受賞。同賞を3回受賞した監督は、鹿島のオズワルド・オリヴェイラ元監督(07~09年)以来2人目となり、日本人監督では初の快挙となった。 なお、「最優秀ゴール賞」「ベストイレブン」および「最優秀選手賞」は21日に行われる「2015Jリーグアウォーズ」で発表される。 この日、発表された各 [全文を読む]

2015Jリーグの各賞が発表!! 広島からはベストヤングプレーヤー賞にFW浅野、最優秀監督賞に森保監督

超ワールドサッカー / 2015年12月08日16時25分

明治安田生命J1リーグを制した広島からFW浅野拓磨(21)がベストヤングプレーヤー賞、森保一監督(47)が最優秀監督賞を受賞した。▽浅野は、今季のJ1で32試合に出場し、8ゴールをマーク。さらに5日に行われた明治安田生命2015 Jリーグチャンピオンシップ決勝第2戦のG大阪戦では貴重な同点ゴールを挙げて、広島の2013年以来となる3度目の優勝に大きく貢献し [全文を読む]

日本サッカー応援本『J.FOOTBALL DAYS 2015 SUMMER』8月8日(土)ぴあ株式会社より発売!

PR TIMES / 2015年08月02日17時04分

また指揮官の“思考”に迫る旅として、サンフレッチェ広島・森保一監督へのインタビューも行った。キャリアのある選手たちからの言葉の重みを、たっぷりと感じて欲しい。 [画像2: http://prtimes.jp/i/11710/92/resize/d11710-92-904059-1.jpg ] 【INTERVIEW】 ●小笠原満男(鹿島アントラーズ) ●中村 [全文を読む]

アギーレ後任候補 長谷川健太、西野朗、森保一、ピクシーら

NEWSポストセブン / 2015年01月27日07時00分

ここへきて後任監督には、Jリーグ三冠を達成したガンバ大阪の長谷川健太監督(49)や、名古屋の西野朗監督(59)、広島の森保一監督(46)のほか、元名古屋のストイコビッチ、元鹿島のオリベイラなど、外国人候補の名も挙がっている。しかし誰に決まっても混乱は必至だ。 代表監督と進退を共にするくらいの覚悟がないのなら、協会幹部はもう偉そうに口を出さないほうがいい。 [全文を読む]

J1監督の年俸 森保一氏やピクシーら優勝しても上昇率低い

NEWSポストセブン / 2013年12月30日07時00分

連覇に導いたのは、「ドーハの悲劇」のメンバーでもある森保一監督だ。森保監督の年俸は3600万円(『Jリーグ全選手名鑑』日刊スポーツグラフ刊より。年俸は推定。以下同)。プロ野球と一概に比較することはできないが、ちなみに今季未勝利に終わった日本ハムの斎藤佑樹投手の年俸は3500万円だった。 そもそも、広島は経営状況悪化のため、前任者であるペドロヴィッチ監督への [全文を読む]

国際サッカー評議会が試合時間60分制に改正の動き

経済界 / 2017年08月05日11時00分

不振の責任をとって森保一監督が辞任したのは周知のとおりだ。 さて、30分ハーフ制を専門家はどう見ているのか。日本サッカー協会審判委員長の小川佳実はこう語る。 「これからのサッカーを公正公平に、そして魅力的なものにするための1つの案。選手も観客も、よりサッカーを楽しめる環境をつくるためIFABはAPTを延ばしたいと考えている。今後どのように検討されるのか注視 [全文を読む]

過去断ち切る広島、4バックで再出発…ヨンソン新監督が目指すサッカーとは

ゲキサカ / 2017年07月27日07時00分

サンフレッチェ広島は森保一前監督からバトンを受けたクラブOBのヤン・ヨンソン新監督が初采配。14日の就任会見で示唆した通り、3-4-2-1をベースに攻守で陣形を変える“可変システム”からの脱却を図り、4-2-3-1の新布陣を採用した。 「攻撃の中でいくつかテーマがある。ひとつは、できるだけ手数をかけずにダイレクトで攻撃を仕掛けていきたいと考えている。それと [全文を読む]

FC東京が2戦連続ウノゼロ勝利で8強進出!!広島はヨンソン新監督初陣飾れず

ゲキサカ / 2017年07月26日21時34分

一方、B組3位の広島は森保一前監督が辞任し、ヤン・ヨンソン新監督の初陣となる一戦。従来の3-4-2-1をベースとした可変システムから4-2-3-1に変更。8日の横浜FM戦(1-1)から2人を入れ替え、G大阪から新加入したDF丹羽大輝が右サイドバックで初先発した。[スタメン&布陣はコチラ] 立ち上がりからFC東京が立て続けにチャンスをつくり、前半4分、MF [全文を読む]

「前線が寂しくなる」「ファンタジーも求めたい」広島ヨンソン新監督が“可変3バック”からの変更示唆

ゲキサカ / 2017年07月15日14時01分

ペトロヴィッチ監督(浦和)がベースを作り、森保一前監督がブラッシュアップすることで、毎年のように主力を引き抜かれながらも黄金時代を築いた。 だが、森崎浩司氏の引退、エースFW佐藤寿人の名古屋移籍で1つの転換期を迎えた今季は開幕から低迷が続き、今月4日に森保前監督の退任を発表。第18節終了時点で残留圏内の15位札幌と勝ち点5差の17位に沈んでいる。 森保前監 [全文を読む]

FC東京退団のFWネイサン・バーンズ、広島へ完全移籍で加入!

ゲキサカ / 2017年07月13日12時07分

今月4日に森保一前監督が辞任し、10日にヤン・ヨンソン新監督が就任したばかりの広島。元オーストラリア代表FWは低迷するチームを救えるか。活躍に期待がかかる。 プロフィールは以下のとおり ●ネイサン・バーンズ (NATHAN JOEL BURNS) ■登録名 ネイサン・バーンズ(NATHAN BURNS) ■本 名 NATHAN JOEL BURNS (ネ [全文を読む]

原因はGK・西川周作の不調? 浦和レッズ「J1前半戦8位転落」の裏に、いったい何が?

日刊サイゾー / 2017年07月11日22時00分

「ペトロビッチ監督の時は優勝できなかったサンフレッチェ広島を3度も優勝に導いた森保一監督が先日、辞任してフリーになりました。森保監督を引き抜けば、守備の問題はすぐに改善されると思います」(同) 浦和が再び常勝街道に乗るためには、西川の復活を待つか、監督を代えるしか手はなさそうだ。 (文=TV Journal編集部) [全文を読む]

【J1クラブ中間評価】過渡期を迎える中、チームバランス崩壊で最悪の前半戦に《サンフレッチェ広島》

超ワールドサッカー / 2017年07月11日16時30分

◆期待外れの新加入組、チームの歯車かみ合わず監督辞任という結末へ勝ち点10/2勝4分け11敗(C)CWS Brains,LTD.▽森保一体制6年目を迎えた今シーズン。MF森崎浩司の現役引退や、バンディエラ・FW佐藤寿人の退団など転換期を迎えている広島は、注目のFW工藤壮人らの新戦力をチームに迎え、覇権奪還に向けてスタートした。▽しかし、チームの重鎮たちが抜 [全文を読む]

広島新監督はOBヤン・ヨンソン氏に決定!初陣は26日のルヴァン杯・FC東京戦

ゲキサカ / 2017年07月10日11時28分

18日からチーム練習に合流し、26日のルヴァン杯プレーオフ第2戦・FC東京戦から指揮を執る 広島は森保一監督が4日に引責辞任し、8日の横浜FM戦は横内昭展ヘッドコーチが暫定的に指揮を執っていた。ヨンソン氏は、1993年にコーチとして広島入りし、選手層の薄さからシーズン途中に選手登録されていた。今シーンはスウェーデンのハルムスタッズ(1部)でテクニカルディレ [全文を読む]

フォーカス