杉良太郎のニュース

「偽善で売名ですよ」杉良太郎の復興支援インタビューが男前すぎる

まぐまぐニュース! / 2016年03月17日06時30分

81人の養子を支援していることでも話題の俳優・杉良太郎さん。震災直後に行った被災地でのボランティアも、そのスケールの凄さもさることながら、「偽善や売名と言われるのでは?」とインタビューを受けた時の答えが「男前」すぎると話題になっています。NY在住でメルマガ「ニューヨークの遊び方」で詳しく見てみましょう。 杉良太郎さんの「男前」語録 先週、日本では、東日本大 [全文を読む]

杉良太郎が企画・原作・脚本・主演・主題歌のすべてを手掛けた、dTVオリジナル『医師 問題無ノ介2』を12月20日(火)より独占配信!

PR TIMES / 2016年12月14日18時34分

作品数・会員数NO.1の映像配信サービス「dTV」は、杉良太郎が企画・原作・脚本・主演・主題歌の全5役を務め、現代社会における理想の男の生き様を描き出した時代劇ドラマ、dTVオリジナル『医師 問題無ノ介2』を12月20日(火)より独占配信いたします。 [画像1: http://prtimes.jp/i/22141/8/resize/d22141-8-483 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】伍代夏子「発熱や息もできず」肝炎との壮絶闘病語る。夫・杉良太郎「死ぬんじゃないかと思った」。

TechinsightJapan / 2014年07月22日20時00分

杉良太郎を筆頭にそうそうたる面々が集結した。 イベントには、田村憲久厚生労働大臣、本事業、啓発活動における特別参与として活動する杉良太郎、肝炎対策特別大使として杉同様に継続的に活動する伍代夏子、肝炎対策広報大使に就任した徳光和夫、スペシャルサポーターとして、石田純一、高橋みなみ(AKB48)、上原多香子、HIRO、NAOKI(EXILE)、コロッケら杉良太 [全文を読む]

一時は死も覚悟…杉良太郎さん、大動脈弁狭窄症手術を語る

QLife / 2016年11月10日10時00分

体重も15キロ減 杉良太郎さん(左)、東京ベイ・浦安市川医療センターハートセンター長 渡辺弘之先生(右) 2016年の文化功労者に選出された、俳優で歌手の杉良太郎さん。2015年末に、心臓弁膜症のひとつである大動脈弁狭窄症の手術を受けました。日本心臓財団が11月7日に開催したプレスセミナーで、杉さんが自身の治療体験を語りました。 ― 2015年末、話題のド [全文を読む]

杉良太郎の「密室演技指導」 22歳清純派女優が決意の告白

NEWSポストセブン / 2014年05月13日07時00分

来年芸能活動50周年を迎える杉良太郎(69)。自ら座頭として多くの舞台演劇を行ない、社会活動でも広く世間に知られる杉に「演技指導」をめぐるスキャンダルが浮上した。 大手芸能事務所に所属する新人女優の相沢あんな(22=仮名)が、初めて杉良太郎の元を訪れたのは、昨年9月のことだった。相沢は身長163センチ、色白でふんわりとした雰囲気の漂うお嬢様タイプで、顔立ち [全文を読む]

またバーニングの圧力か……「週刊ポスト」が報じた杉良太郎の“セクハラ行為”にマスコミ沈黙中

日刊サイゾー / 2014年05月18日12時00分

来年で芸能生活50周年を迎える歌手で俳優の杉良太郎が、22歳の清純派女優に対し、密室で“セクハラ演技指導”していたことを「週刊ポスト」(小学館、5月23日号)が報じた。 記事によると、女優は昨年9月、杉が主宰する「杉良太郎演劇塾」に入塾。以後、週2~3回のペースで同塾に通っていたが、今年1月に杉のマネジャーから通常の稽古とは別の「個別指導」を行うと連絡が入 [全文を読む]

「お前、処女か?」杉良太郎に迫られた22歳女優が密室の“演技指導”を告白

メンズサイゾー / 2014年05月12日16時30分

芸能界の中でも屈指の大物として知られる、歌手で俳優の杉良太郎。時代劇『文五捕物絵図』(NHK)や『遠山の金さん』(テレビ朝日系)などで人気を築き、座頭として数多くの舞台演劇を行っている。また、昨年2月からは「杉良太郎演劇塾」を開設して後世の人材育成にも尽力している。 しかし、その演劇塾で新人女優に対してセクハラ演技指導があったのではないかと現在発売中の「週 [全文を読む]

杉良太郎 「役者殺すに刃物は要らん」と何を自らに戒めたのか

NEWSポストセブン / 2014年05月07日07時00分

杉良太郎は、テレビや映画の世界だけでなく、商業演劇でも長く活躍してきた。長年の座長経験から培われた杉が語った役者の生死に関わる言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 杉良太郎は長年にわたり商業演劇の第一線で座長公演をしてきた。が、実際に果たした役割は、ただの「主役としての座長」ではなく、その時の一座全体を統括して運営する「座頭(ざが [全文を読む]

杉良太郎 歌手出身で二世でもないためイジメもあったと述懐

NEWSポストセブン / 2014年04月18日07時00分

数多くの作品に主演してきた俳優・歌手の杉良太郎は、厳しい姿勢で作品と取り組むあまり、共演者やスタッフとの軋轢も多かったと言う。しかし、軋轢を生んでもなお、完璧を目指すことをやめなかった杉が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 杉良太郎は1974年にNET(現テレビ朝日)で放送された『右門捕物帖』に主演している。この役は映画で [全文を読む]

杉良太郎 ゴールデン枠2本でもテレビ時代劇を休業した理由

NEWSポストセブン / 2014年04月13日07時00分

俳優、歌手、最近はボランティア活動でも知られている杉良太郎は、数多くの時代劇に主演しながら人気絶頂のタイミングでみずから休業した。1983年に突然、宣言したテレビ時代劇からの休業について杉が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる。 * * * 時代劇スター・杉良太郎の名を一躍世間に轟かせたのは、1967年のNHK時代劇『文五捕物絵図』だった [全文を読む]

フォーカス