駒崎弘樹のニュース

田原総一朗が人気ドラマ「37.5℃の涙」のモデルとなったフローレンスの代表・駒崎弘樹氏と対談社会起業家の旗手にビジネスマンとしての本音を探る

@Press / 2015年08月17日11時00分

ジャーナリストの田原総一朗氏が、現在TBS木曜21:00に放送中の人気ドラマ「37.5℃の涙」(原作、小学館cheese!連載)のモデルとなった認定NPO法人フローレンスの代表を務める駒崎弘樹氏と行った対談が、8/18(火)にニコニコ生放送で配信されます。気鋭の若手経営者に斬り込む対談番組だけに、社会起業家として活躍する駒崎氏の知られざるビジネスマンとして [全文を読む]

フローレンス駒崎弘樹氏「子ども向け番組には守られる女性というステレオタイプしかない」→「『セーラームーン』『プリキュア』は?」の声

ガジェット通信 / 2017年02月26日07時30分

NPO法人フローレンス代表理事で、たびたび保育政策などで鋭い提言を発表している駒崎弘樹氏。ですが、テレビアニメや『ニチアサ』をはじめとするスーパーヒーロー番組に関しての知識不足を露呈して物議を醸しています。 2017年2月24日付の朝日新聞は、3月8日は国際女性デーに向けた企画で駒崎氏の『女の子を拘束する「呪い」、親が解かねば』と題したインタビューを掲載。 [全文を読む]

「清原逮捕」「乙武不倫」「ホラッチョ」「保育園落ちた日本死ね」……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その2

ガジェット通信 / 2016年12月25日07時15分

「保育園落ちた日本死ね!!!」 はてな匿名ダイアリーのエントリーが大反響 http://getnews.jp/archives/1403819 ちなみに、このブログの拡散に大きな役割を果たしていた駒崎弘樹さんはつい先日炎上してました。 「日本死ね」紹介でおなじみ駒崎弘樹さん 家電量販店でAmazonと同じ値段にしてもらったとツイートし炎上 http:// [全文を読む]

Amazonが知育・学習玩具大賞を発表

イクシル / 2016年09月27日10時53分

二次審査で選定にあたったのは、教育心理学者である秋田喜代美(あきた・きよみ)氏、脳科学者である池谷裕二(いけがや・ゆうじ)氏、育児・保育専門家である駒崎弘樹(こまざき・ひろき)氏の3名です。 そして、新商品のためノミネートされなかったが、次世代の知育玩具として期待大の商品をAmazonおもちゃ&ホビー事業部がAmazon特別賞として2点選定しています。 [全文を読む]

修羅場続きの保育園を描いた『戦うハニー』。すべて実話がモデルの小説から見えてくる保育業界の実情と課題とは?【前編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月01日06時30分

この作品に共感したというNPO法人フローレンスの代表理事・駒崎弘樹さん。小説の主人公と同じ男性保育士で小規模認可保育所「おうち保育園」園長の岩崎将吾さんの3人に、現在の保育業界の実情と課題についてそれぞれの立場で語ってもらった。【人気連載マンガ】各界ねこ好き大絶賛! 猫と老人だらけの島でひとりと一匹が繰り広げる、毎日がいとおしくなる四季折々の営み◆男性保育 [全文を読む]

待機児童問題は保育園の数だけが問題じゃない! 激務と薄給で保育士が離職していく苛酷な現実…

週プレNEWS / 2016年04月09日06時00分

小規模保育など子供の社会問題に取り組む「認定NPO法人フローレンス」を立ち上げ、内閣府「子ども・子育て会議」委員にも参加する駒崎弘樹氏に聞いた。 ―週プレまで保育園問題に首を突っ込むのか?ってお思いかもしれませんが(苦笑)、いろいろと伺えればと…。 駒崎「いえいえ、一見すると関係のないようなところで取り上げられることにこそ意義があります。今まで保育園問題 [全文を読む]

大阪市で子どもの貧困6万人大規模調査。ツイッターでの有識者らの反応は?

イクシル / 2016年03月04日10時49分

子どもの貧困調査に対して様々な意見 NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんは、各自治体がスピード感を持って統計を取ることは非常に大事と歓迎。 非常に重要。現在は全国調査しかないので、現場できめ細かい施策が取れない。そのため、各都道府県・基礎自治体が「こどもの貧困統計」をつくり、どんなサポートをどのエリアでどう行なっていくか、スピード感を持って検討し [全文を読む]

1年の養子縁組数は、たった374件 「赤ちゃん縁組事業」で子どもを救う支援策

ウートピ / 2015年12月17日17時00分

代表の駒崎弘樹氏が2004年に設立したフローレンスでは、これまで病児保育、小規模保育、障害児保育などに取り組み、成功事例を積み重ねてきた。虐待の予防のために、来年度から始めるのが「赤ちゃん縁組事業」だ。虐待で死ぬ子どものうち最も多いのが0歳児であることを踏まえ、育てられない親の元から出産後すぐに子どもを育ての親に引き渡すことを想定している。日本では、行政と [全文を読む]

乙武洋匡著『社会不満足』(中央法規出版)の刊行を記念して「乙武洋匡×家入一真トークショー」開催します

DreamNews / 2014年11月12日17時00分

本書は乙武さんと各分野で活躍中の専門家8名との対談集で、駒崎弘樹さん、小室淑恵さん、堀潤さん、東浩紀さん、古市憲寿さん、開沼博さん、津田大介さん、家入一真さんとの対談が収録されています。軽快な語り口で、社会に横たわる多くの課題の“処方箋”、そして未来の社会を考えていく内容となっています。実際に教壇に立つなど「現場主義」の乙武さんですが、社会を相手にはそうは [全文を読む]

堀江貴文さん泣く子に「睡眠薬」を推奨!フォロアーの反論に逆上、炎上!

秒刊SUNDAY / 2014年01月06日11時57分

事の発端は「NPO法人フローレンス代表理事」である駒崎弘樹さんが、新幹線内で子供が泣いておりその親子にとある客がキレて舌打ちをしたという問題だ。堀江氏は舌打ちぐらいいいとはコメントしたものの、問題はその後だった。 そうすりゃいいのにね。なぜか薬が嫌だとかいう奴らが多い RT@touma0218:@takapon_jp禿同。アメリカの知人は子供飛行機乗せる時 [全文を読む]

保育園に入れる=かわいそうって本当に? #保育園に入りたい!を本気で語ろう

Woman.excite / 2017年03月10日14時20分

イベントに登壇したNPOフローレンス代表の駒崎弘樹さんは、海外では幼児教育に力を入れると、30年後その子どもたちは、犯罪率が低い、所得が高い、学力が高まるという成果が出ていることを挙げ、保育園に入れることは未来の日本のためにもなると話しました。また、専業主婦率が2%※、女性が働くのが当たり前の国、スウェーデンを取材した日本総研調査部主任研究員の池本美香さん [全文を読む]

「そのキーホルダーなんでつけてるの?」ママ唖然の常識ギャップ

It Mama / 2017年02月22日22時00分

笑 【参考・画像】 ※ 「邪魔だからベビーカーたためよ」→こども用車椅子なのに・・・ – 駒崎弘樹 ※ ProStockStudio / Shutterstock [全文を読む]

「日本死ね」紹介でおなじみ駒崎弘樹さん 家電量販店でAmazonと同じ値段にしてもらったとツイートし炎上

ガジェット通信 / 2016年12月19日16時30分

12月18日、NPO法人フローレンス代表理事で、多数の著書がある駒崎弘樹さん(@Hiroki_Komazaki)が『Twitter』にて 妻のパソコンを買いに某家電量販店に。amazonより高い値段を、同じ値段にしてもらったのは嬉しいし感謝だけど、「上との相談」やあれやこれやで1時間かかる。これじゃあ量販店じゃなくて、amazonで買物しちゃう。日本企業の [全文を読む]

最新の知育学習玩具をAmazonに取材! 子どもに贈りたいクリスマスギフト

Woman.excite / 2016年12月01日11時00分

■Amazon 知育・学習玩具大賞知育玩具部門大賞 「KAPLA カプラ200/KAPLA」学習玩具部門大賞 「世界の国旗かるた/学研」審査員特別賞(秋田喜代美氏)「アソブロック BASICシリーズ スペシャルパック ドラゴン/マーゼンプロダクツ」審査員特別賞(池谷裕二氏) 「サボテンバランスゲーム/プラントイ」審査員特別賞(駒崎弘樹氏) 「ニューブロック [全文を読む]

年末のサンタさん「Amazon」が選んだ、知育・学習玩具ランキング

まぐまぐニュース! / 2016年10月05日18時07分

育児保育の専門家、NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏が選んだのは、大きなブロックがたくさん入った「ニューブロック たっぷりセット」。子供が扱っても安全で、友だちと一緒に遊ぶことでコミュニケーションのきっかけにもなるとしている。 プレゼントの本当の意味は? 本当に意外な結果になった。今回の「Amazonの知育・学習玩具大賞」で選ばれたおもちゃは、積 [全文を読む]

【コージパパの子育て本連載】#06 何回言っても伝わらない!パパの行動を変える対処法3つ

It Mama / 2016年09月24日21時00分

小室淑恵、駒崎弘樹の共著『ワーキングカップルの人生戦略 – 2人が「最高のチーム」になる』にパパの行動を変えるコツについて説明がありました。筆者の経験やパパ視点も踏まえてコツをご紹介していきます。■パパには全部任せてみるパパが家事や育児をするときは全部任せてみることをオススメします。パパがやっていることに中途半端に関与したり、ダメ出しをするとやる気をなくし [全文を読む]

Amazonが『知育・学習玩具大賞』を発表 育てたい能力や教科からおもちゃを選べる『知育・学習玩具ストア』も開設

ガジェット通信 / 2016年09月23日20時00分

審査員特別賞(秋田喜代美氏):『アソブロック BASIC シリーズ スペシャルパック ドラゴン』(マーゼンプロダクツ) 審査員特別賞(池谷裕二氏):『サボテンバランスゲーム』(プラントイジャパン) 審査員特別賞(駒崎弘樹氏):『ニューブロック たっぷりセット』(学研ステイフル) 審査員特別賞は、各審査員が専門分野の観点から優れていると評価したおもちゃが受 [全文を読む]

Amazon初、「知育・学習玩具大賞」を発表 Amazonのカスタマーレビューと、保育・教育・脳科学の専門家の意見をもとに選定

PR TIMES / 2016年09月20日14時25分

この賞は、Amazonの商品カタログに蓄積された膨大なカスタマーレビューと、専門家(育児・保育専門家:駒崎弘樹氏、教育心理学者:秋田喜代美氏、脳科学者:池谷裕二氏)の意見をもとに、選定されたものです。また、受賞商品だけでなく、海外のAmazonで人気の知育・学習玩具もこの機会に販売を開始し、Amazonならではの品揃えを充実させました。こうした商品群は年齢 [全文を読む]

特別養子縁組の促進へ「こども縁組協会」設立、駒崎氏「虐待死のない社会にしたい」

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月26日18時08分

●「当たり前のものとして受け入れられるよう働きかけたい」 参加団体の1つで、病児保育などに取り組む認定NPO法人「フローレンス」代表理事の駒崎弘樹氏は記者会見で「個々の団体が声を上げるのではなく、団結して政治、行政に声を上げていくために協会を立ち上げた」と設立の趣旨を述べた。 駒崎氏によると、2013年度の特別養子縁組の成立件数474件のうち、約4割が民 [全文を読む]

認定NPO法人フローレンスと提携。まちぐるみの子育て支援コミュニティづくりを開始

PR TIMES / 2016年07月19日09時54分

オンラインとリアルの融合により、孤育てなど都市特有の社会問題を解決 まちのオンラインコミュニティひろば「PIAZZA」を開発・運営するPIAZZA株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役:矢野 晃平、以下弊社)は、認定NPO法人フローレンス(本社:東京都千代田区、代表理事:駒崎弘樹、以下フローレンス)のコミュニティ創出事業との提携を開始します。 フローレ [全文を読む]

フォーカス