青山真治のニュース

蘭華メジャーデビュー曲MV 巨匠青山真治監督プロデュース

dwango.jp news / 2015年06月16日12時04分

今回、そんな蘭華の歌声に惚れ込んだ映画界の巨匠 青山真治監督が、この楽曲のミュージックビデオを監修、プロデュース。その依頼を受け、先日のドイツ・フランクフルトで開催された世界最大規模の日本映画専門映画祭「第15回ニッポン・コネクション」で将来の映画界を背負うと称された新進気鋭の甫木元空氏が監督を務めた。また撮影監督には、その撮影技術や映像美に定評のある鈴木 [全文を読む]

三上博史が醸し出す狂気じみた色気!青山真治監督とのタッグ作「贖罪の奏鳴曲」での圧倒的な存在感に魅せられる

Movie Walker / 2014年12月26日14時23分

中山七里の小説を青山真治監督が映像化した法廷ミステリー「贖罪の奏鳴曲」が2015年1月24日(土)よりスタートするが、主演を務める三上博史の“大人”にしか出せない狂気じみた色気に注目してほしい。 三上が演じるのは、少年時代に殺人を犯した過去を持つ弁護士の御子柴。勝訴のためならどんな手段でも使い、報酬も法外で悪名も高い。そんな御子柴が保険金目的で夫を殺害した [全文を読む]

甲斐バンドの名曲を日本を代表する5人の映画監督が映像化した短編映画の劇場公開が決定

okmusic UP's / 2014年12月25日17時00分

【その他の画像】甲斐バンド『破れたハートを売り物に』は甲斐バンドの楽曲をモチーフに新たなストーリーで誕生する短編映画集で、青山真治、榊英雄、長澤雅彦、橋本一、三島有紀子がメガホンをとる。さらにこのほど、大森南朋、船越英一郎、マキタスポーツ、松田美由紀、光石研、山田瑛瑠(50音順)ら、豪華キャストが出演することも発表された。2015年3月18には、これらの短 [全文を読む]

日本を代表する5人の映画監督の手によって、甲斐バンドの楽曲をモチーフにした新たな5つの物語が誕生!短編映画集『破れたハートを売り物に』2015年春、劇場公開決定!!

PR TIMES / 2014年12月25日13時37分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 日本を代表する5人の映画監督「青山真治」「榊英雄」「長澤雅彦」「橋本一」「三島有紀子」の手によって、甲斐バンドの楽曲をモチーフに新たなストーリーで誕生する短編映画集『破れたハートを売り物に』が、2015年春に劇場公開されることが決定した。また、大森南朋、船越英一郎、マキタスポーツ、松田美由紀、光石研、山田瑛瑠(50 [全文を読む]

5人の映画監督と 甲斐バンドによる短編映画制作がスタート!DVD発売も決定!

PR TIMES / 2014年11月16日10時17分

メディアファクトリー ブランドカンパニー 5人の映画監督《青山真治、榊英雄、長澤雅彦、橋本一、三島有紀子(50音順)》が甲斐バンドの楽曲をモチーフに、それぞれの視点で短編映画を制作することが発表された。この映像はKADOKAWAメディアファクトリーからDVD BOXセットして発売されることも決定し、予約受付も開始された。 青山真治(『EUREKA (ユリイ [全文を読む]

WOWOW連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲」主演の三上博史からコメント到着

Entame Plex / 2014年11月03日19時03分

監督には、WOWOWドラマで初めてメガホンを執る青山真治。主演を務めるのは、昨年6月に同局で放送された「震える牛」での熱演が記憶に新しい三上博史。ドラマは、どんな罪名で起訴されても必ず執行猶予を勝ち取るという不敗の弁護士・御子柴礼司(三上)が国選弁護士を買って出た保険金殺人事件の容疑者の息子・幹也役に染谷将太、事件の真相を追う刑事・渡瀬役にWOWOWドラマ [全文を読む]

アーティストやクリエーターの魅力あふれる住処を紹介 “LIFECYCLING interview & photo” 最新インタビュー ~俳優 光石 研さん『名脇役たちに囲まれた、俳優の素顔の暮らし』~

PR TIMES / 2013年02月22日10時27分

主な代表作は、『Helpless』(96年・青山真治監督)、『紀子の食卓』(06年・園子温監督)『あぜ道のダンディ』(11年・石井裕也監督)など。2012年には、園子温監督の『ヒミズ』(第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)、北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』(第69回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)などの話題作に出 [全文を読む]

"男たち"から愛される映画界最注目のイケメン俳優・高良健吾に飛び交う"ゲイ"説

日刊サイゾー / 2012年09月29日08時00分

なんでも、07年に公開された青山真治監督の『サッド ヴァケイション』のときから高良に目をつけていたという浅田は、壇上でも「ナイフのような存在感」とベタ褒め。しかし、若松に対しては「『千年の愉楽』は洗練されすぎている」「もっと若者の無軌道な情動を描いてほしかった」といった具合に手厳しい評価。挙げ句は「高良さんだけいい」「高良さんはよかったけど、青山真治のほ [全文を読む]

【本日発売】いま大注目の菅田将暉を1冊まるごと総力特集!『キネマ旬報 featuring 菅田将暉』(キネマ旬報増刊)

PR TIMES / 2017年09月26日16時32分

~対談&インタビュー計2万7千字超、写真もたっぷり掲載!さらに又吉直樹/二階堂ふみ/伊賀大介/岸善幸/港岳彦/松浦慎一郎/木村多江/塚田英明/青山真治らが寄せるエッセイ&インタビューも!~映画雑誌『キネマ旬報』の増刊号として初めて1冊まるごと1人の俳優について特集した『キネマ旬報 featuring 菅田将暉』が本日発売となりました!オールカラーの永久保存 [全文を読む]

カンヌ映画祭における河瀬直美監督の使命とは?

Movie Walker / 2017年05月30日14時16分

しばしば人道的な行動を示す作品や宗教的な作品に授与され、日本の作品でも青山真治監督が『ユリイカ』で受賞したのがこの賞である。映画祭が出す賞ではないので、エキュメニック賞を獲っても他の公式な賞、例えばパルムドオルを受賞する妨げにはならない。今回のカンヌ映画祭はパレやリュミエール劇場、ドビュッシー劇場の改装が終わったためもあるが、バリアフリー化が進められていた [全文を読む]

Mining ~ジム・オルーク × 石橋英子 × 日高理樹~

NeoL / 2017年04月20日01時13分

映像作家とのコラボレーションも多くWerner Herzog、Olivier Assayas、青山真治、若松考二などの監督作品のサウンドトラックを担当。 ●石橋英子 茂原市出身の音楽家。いくつかのバンドで活動後、映画音楽の制作をきっかけとして数年前よりソロとしての作品を作り始める。その後、6枚のソロアルバムをリリース。各アルバムが音楽雑誌の年間ベストに選ば [全文を読む]

坂本龍一、過去の音への探求と現在の作曲プロセスをスクリーン上で

NeoL / 2017年04月03日14時18分

1990年代後半には、プロデューサー代理として、主要映画祭で注目される日本映画のマーケティングやファイナンス業務を行い、青山真治監督『ユリイカ』、河瀬直美監督『火垂』等、海外窓口を務めた。諏訪敦彦監督作品、マルグリット・デュラス原作『H Story』にも関わり、日本で撮影される国際共同製作の制作管理にも関わる。2002年、2003年には、全編日本で撮影され [全文を読む]

菅田将暉さん、早見あかりさんが蒼の世界を全力疾走! BUMP OF CHICKENの楽曲『GO』が印象的な、『グランブルーファンタジー』新CMが12月4日(日)より全国で放送開始!

PR TIMES / 2016年12月04日13時14分

2013年、映画「共喰い」(監督:青山真治)で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。近年の主な出演作に、「何者」(監督:三浦大輔)、「デスノートLight up the NEW world」(監督:佐藤信介)、「溺れるナイフ」(監督:山戸結希)、NTV10月期水曜ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」など。2017年の公開待機作として、「キセキ-あの日のソ [全文を読む]

猫はルームシェア仲間!? 癒やされながらハプニングに強くなる!5匹の保護猫と暮らすとよた真帆の「もふもふ生活」のルール【画像あり】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月03日11時00分

映画監督で小説家の夫、青山真治さんも猫まみれ。それまでは猫を飼ったことがなく、特に猫好きでもなかったが、とよたさんと付き合うようになって「こんなにかわいい生き物がいるのか!」と猫の魅力を知ったのだそう。 [全文を読む]

『害虫』の塩田明彦監督初ロマンポルノ作品『風に濡れた女』が国際映画祭へ出品!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年07月13日18時30分

【ロカルノ国際映画祭/日本映画の主な受賞歴(※長編映画)】1954年 (第7回)『地獄門』(衣笠貞之助監督)金豹賞を受賞1961年(第14回)『野火』(市川崑監督) 金豹賞を受賞1970年(第23回)『無常』(実相寺昭雄監督)金豹賞を受賞1987年(第40回)『ロビンソンの庭』(山本政志監督)新鋭監督コンペティション部門審査員特別賞を受賞2004年(第57 [全文を読む]

菅田将暉、もうママとは呼ばない?人気CMでキリッ

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日00時00分

菅田は'13年公開の主演映画「共喰い」で出会った、監督の青山真治、プロデューサーの甲斐真樹の名を挙げ「ちょうどデビューして3、4年くらいだったんですけど、正直よく分からずこの世界にいて」「そんな中、俳優という職はこういうことだ、みたいなものを教えてもらった現場でした。いまだに頭が上がらない師匠的な人ですね」と振り返った。 吉田はさまざまな場で話しているエ [全文を読む]

須賀貴匡&津田寛治が振り返る「2002年の仮面ライダー龍騎」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月19日12時00分

そういう人が、実際にこの世界に入ってきて一緒に仕事をしているというのは嬉しいですよね」津田「須賀っちの仕事を見て、憧れてこの世界に入ってきてくれたんだ……」※編集部注:『ヒーローと正義』 (寺子屋新書) 白倉伸一郎(著)――ちなみに当時はどんな映画の話をされていたんですか?津田「ジム・ジャームッシュのこととか」須賀「青山真治さんの話とか」津田「したねー。俺 [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第23号 3月5日(土)発売! 特集テーマは「映画と本の意外な関係」

DreamNews / 2016年03月04日12時00分

【特集構成】巻頭言町山智浩 映画の本棚内田 樹 僕のハリウッド映画鑑賞法Part1 映画と本 川本三郎 メルヴィルの『白鯨』、ジョイスの『ユリシーズ』藤原帰一 映画と本にまつわる四つの原則荒木飛呂彦 映画のような漫画を描きたい四方田犬彦 ゴダールと書物の引用中条省平 フランス映画における本と映画の逆説的な関係町山智浩 アメリカ映画の詩が聴こえるPart2 [全文を読む]

『グランブルーファンタジー』新CM「グラブってる?屋上」篇、「グラブってる?食卓」篇放送開始と記念ログインキャンペーン開催!

PR TIMES / 2015年12月11日14時00分

主な出演作として「そこのみにて光輝く」(監督:呉美保)、「ピンクとグレー」(監督:行定勲)、「共喰い」(監督:青山真治)、「男子高校生の日常」(監督:松居大悟)、テレビドラマでは、NHK「ちゃんぽん食べたか」、EX金曜ナイトドラマ「民王」など。[画像3: http://prtimes.jp/i/5593/331/resize/d5593-331-61056 [全文を読む]

『GAMBA』白組スーパーバイザー・公野勉氏「アニメ、オワコン化が進むのは声優に依存するため」に賛否!!

おたぽる / 2015年12月03日14時00分

これまでに、青山真治監督『冷たい血』、石井克人監督『鮫肌男と桃尻女』、深作欣二・深作健太監督『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』など、多くの作品に携わってきた敏腕だ。 また実写映画だけでなく、『STAND BY ME ドラえもん』や『GAMBA ガンバと仲間たち』などのアニメ作品を制作した白組のコンテンツ・スーパーバイザーを務める公野氏は、当然のことながら、 [全文を読む]

フォーカス