田坂広志のニュース

潜在意識のマネジメント[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2017年05月02日08時30分

田坂広志の連載「深き思索、静かな気づき」過去記事はこちら>> [全文を読む]

才能の開花を妨げる「迷信」[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2016年11月04日15時00分

田坂広志◎東京大学卒業。工学博士。米国バテル記念研究所研究員、日本総合研究所取締役を経て、現在、多摩大学大学院教授。世界経済フォーラム(ダボス会議)GACメンバー。世界賢人会議Club of Budapest日本代表。著書に『人間を磨くー人間関係が好転する「こころの技法」』他 tasaka@hiroshitasaka.jp [全文を読む]

「明日、死ぬ」という修行[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2016年10月12日15時01分

田坂広志◎東京大学卒業。工学博士。米国バテル記念研究所研究員、日本総合研究所取締役を経て、現在、多摩大学大学院教授。世界経済フォーラム(ダボス会議)GACメンバー。世界賢人会議Club of Budapest日本代表。著書に『人間を磨くー人間関係が好転する「こころの技法」』他 tasaka@hiroshitasaka.jp [全文を読む]

プロフェッショナルの「奥義」とは何か[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2016年08月15日17時00分

田坂広志◎東京大学卒業。工学博士。米国バテル記念研究所研究員、日本総合研究所取締役を経て、現在、多摩大学大学院教授。世界経済フォーラム(ダボス会議)GACメンバー。世界賢人会議Club of Budapest日本代表。近著に『人間を磨く』『人生で起こること すべて良きこと』 tasaka@hiroshitasaka.jp [全文を読む]

「共生」という思想を超えて[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2017年03月11日15時00分

1977年にノーベル化学賞を受賞した、イリヤ・プリゴジン博士が、かつて、その著作の中で、次の言葉を述べている。我々人間は、自然から生まれて、なお、自然の一部である。この思想は、21世紀において、極めて重要な思想となっていくだろう。なぜなら、我々は、永く続いた欧米文化の影響で、「自然」と「人工」というものが対立的な概念であると教えられてきたからである。しかし [全文を読む]

「美しさ」という基準[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2017年02月05日17時00分

1987年、映画『アンタッチャブル』で、アカデミー賞・助演男優賞を受賞した俳優、ショーン・コネリーが、かつて、その人生の転機において、次の言葉を語っている。「決められた道を歩むことは、美しくない」これは、大ヒットしたアクション映画、「007シリーズ」のヒーロー、ジェームズ・ボンド役を降り、一人の演技派俳優として道を歩むことを決めたときの言葉である。将来の成 [全文を読む]

トランプとプーチン「敵が多いのに愛される理由」

プレジデントオンライン / 2017年01月13日09時15分

内閣官房参与も務め、ダボス会議で数多くの世界の指導者と接してきた田坂広志さんにうかがった。 「大切なことは、カリスマ的なリーダーになるほど、言葉を超えたメッセージを発する力が重要だということです。トランプは身振り手振りが大きく派手ですが、あれは力強さを演出する基本的なスタイル。加えて、彼は言葉の<ため>がとてもうまい。スピーチは<ため>を覚えるだけで、相当 [全文を読む]

人生で起こること、すべて良きこと[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2017年01月10日15時00分

「人生で起こること、すべて良きこと」 [全文を読む]

『人間を磨く――人間関係が好転する「こころの技法」』田坂広志著

プレジデントオンライン / 2016年12月17日11時15分

(岡村繁雄=文 永井 浩=撮影) [全文を読む]

「成功者」の不思議な偶然[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

Forbes JAPAN / 2016年12月05日08時00分

人生において優れた仕事を成し遂げ、世の中から「成功者」と呼ばれる政治家や経営者、学者や文化人について、興味深い調査結果が報告されている。その調査とは、これら「人生の成功者」が書いた自叙伝や回想録を読み、その中で、最も良く使われている言葉、最も多く出てくる言葉を調べたものであるが、その結果は、全く意外なものであった。当初、最も良く使われているであろうと予想さ [全文を読む]

フォーカス