門田博光のニュース

『プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2』 7周年記念キャンペーンPart.2開催のお知らせ

PR TIMES / 2014年08月26日17時55分

今回のキャンペーンでは、歴代3位となる通算567本の本塁打を放ったあの名スラッガーが新たに登場します!【キャンペーン概要】1.野球つくコイン(YC)を購入すると、新登場の"不惑の二冠王"や限定SSスキルなどがまとめてもらえる!○期間2014年8月26日(火)定期メンテナンス終了後~2014年9月9日(火)定期メンテナンス開始時まで○対象期間中に300YC以 [全文を読む]

1980年南海ホークスが蘇る。門田博光氏の直筆サイン入りミニユニフォーム額受注販売開始!

PR TIMES / 2017年04月28日19時27分

[画像1: https://prtimes.jp/i/12156/82/resize/d12156-82-191856-6.jpg ] 京セラドーム大阪で4月30日(日)まで行われている福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズ戦「KANSAI CLASSIC」開催にあたり、南海ホークス1980年当時のデザインのミニユニフォームに南海ホークス門田博 [全文を読む]

【プロ野球】王貞治の本塁打や金田正一の400勝を凌駕する”偉大な記録”とは

デイリーニュースオンライン / 2016年03月10日12時00分

1位 王 貞治 868本 2位 野村克也 657本 3位 門田博光 567本 4位 山本浩二 536本 5位 清原和博 525本 5位までの合計は3153本で、王貞治の868本は27.52%を占めていた。さすがは“世界の王”だ。 本塁打以外にも、王貞治はいくつかの記録保持者だが、特にすごいのが四球数だ。 1位 王 貞治 2390四球 2位 落合博満 14 [全文を読む]

門田博光氏 柳田、中田、森友哉の「フルスイングの壁」指摘

NEWSポストセブン / 2015年08月15日07時00分

通算567本塁打の記録を持つ門田博光氏(67)が大阪桐蔭出身選手によく見られる「フルスイング」について語る。門田氏もフルスイングを心がけ、歴代3位の本塁打数を誇るが、同氏の目にフルスイングをする若手選手はどう映るのか。 * * * 最近は柳田悠岐(ソフトバンク)や中田翔(日本ハム)、森友哉(西武)など、フルスイングをする選手が出てきて話題ですね。ただ彼らの [全文を読む]

イチローが継続する『連続シーズン本塁打』の難しさ

ベースボールキング / 2017年04月23日10時00分

【連続シーズン本塁打ランキング】 1位 27年 谷繁元信 2位 25本 野村克也 3位 23本 張本 勲 3位 23本 門田博光 5位 22本 王 貞治 5位 22本 大島康徳 5位 22本 立浪和義 5位 22本 山崎武司 やはり本塁打を打つパワーや技術もさることながら、一番むずかしいのは継続して活躍するということ。今年で44歳になるイチローはこの記録 [全文を読む]

【プロ野球】《ホークス背番号列伝・第5回》藤本博史、吉本亮、松田宣浩。背番号5は「熱男たちのホットコーナー」

デイリーニュースオンライン / 2016年11月24日17時05分

門田博光に続く和製大砲として期待され、1992年には20本塁打。7年連続2ケタ本塁打をマークした。 1998年のシーズン中にオリックスへ移籍し同年限りで引退。通算成績は打率.235、715安打、105本塁打とやや平凡なものだが、1993年にはリーグトップの得点圏打率.391を記録するなどインパクトのある活躍を見せた。 ■2軍二冠も芽が出なかった5番 藤本 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスを見るならこのルーキー ~贔屓球団が下位に沈むシーズン終盤の楽しみ方~

デイリーニュースオンライン / 2016年09月11日17時05分

左打席から繰り出すそのスイングを見て、かつてオリックスにもいた門田博光を思い出すと言うファンも多い。今は結果を気にせず、ガンガン振って欲しい。 ■安定感抜群の赤間謙 赤間謙はドラフト9位で鷺宮製作所から入団した右腕投手。吉田正とともに開幕1軍を果たしたが、そのデビューは散々だった。3月26日の西武戦に2番手として登板したが、2/3イニングを投げて被安打2 [全文を読む]

【プロ野球】歴代盗塁王と35歳の壁。オリックス・糸井嘉男の史上最年長盗塁王は実現するか!?

デイリーニュースオンライン / 2016年09月05日17時05分

セ・リーグでは39歳、“新井さん”こと新井貴浩(広島)がセ・リーグ史上最年長での打点王獲得に向け、着々と歩を進めている<※史上最年長は門田博光(1988年、当時南海)とタフィ・ローズ(2008年、当時オリックス)の40歳>。8月終了時点で91打点。以下、わずか3差の88打点で筒香嘉智(DeNA)、山田哲人、バレンティン(ヤクルト)が追っている。 一方、パ・ [全文を読む]

江本孟紀氏のエモボール「単なるフォークの投げ損ない」

NEWSポストセブン / 2016年08月25日07時00分

そのことは、歴代3位の567本塁打を誇る門田博光氏も証言する。 「米田さんは最初のうち“若造相手に投げるのはもったいない”と、ノムさん(野村克也)相手にだけフォークを投げていたね。僕が米田さんのストレートを少しずつ打つようになると、僕にも投げてきた」 ちなみに“変わり種”のフォークとして記憶されているのが江本孟紀(南海ほか、1971~1981年、通算113 [全文を読む]

杉下茂氏「本物のフォーク投げたのは村田、野茂、佐々木」

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

今の投手が投げているのはほとんどが握りの浅いスプリットフィンガー・ファストボールといわれるもので、完全な無回転ではないんです」 “不惑の大砲”と呼ばれ歴代3位の567本塁打を誇る門田博光氏も、23年にわたる現役生活で見たフォークのなかでは、村田・野茂が印象に残ったと証言する。 「兆治のフォークは、マサカリ投法もあってタイミングの取り方が分からない。しかも、 [全文を読む]

【プロ野球】阪神・西岡剛は戻れるか?アキレス腱断裂・負傷から復活した男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月25日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■門田博光(南海) 1979年2月、まだ肌寒いキャンプ中の高知・大方球場の芝生の上で準備運動中、突然アキレス腱が切れてしまったのは南海が誇る主砲、当時31歳だった門田博満だ。 担架もなければ、医師もいない状況。救急車が到達するまで25分間、ひとりでうずくまるしかなかった。すぐに手術をし、復 [全文を読む]

【プロ野球】“高校本塁打0本”でもプロで大スラッガーになった選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月14日17時05分

門田博光(元南海ほか) 歴代3位の通算567本塁打。40歳を超えても本塁打をかっ飛ばしまくった「不惑の大砲」も、驚くことに“高校通算本塁打なし組”だ。 奈良の名門・天理高で4番・中堅手を張った門田。当時売りは俊足巧打。それもそのはず、身長170センチと小柄だったからだ。しかし、門田は“研究と練習の鬼”、そして“フルスイング信者”だった。 ノンプロの強豪 [全文を読む]

イチロー「マイアミの自宅からはイルカも見える」超豪邸生活

WEB女性自身 / 2016年07月13日06時00分

気になる今後だが、イチローは長く球界で活躍した門田博光氏を引き合いに出し、こんな発言を。1989年、門田氏は本塁打を放った後、ハイタッチした瞬間に肩を脱臼。このとき41歳。イチローは、「門田さん老けすぎ。でも、そう考えたら(現在42歳の自分は)くそじじいじゃん」と。 だが、稲葉氏はイチローに衰えは感じないという。16日(日本時間)からは、いよいよ後半戦が [全文を読む]

ヤクルト山田哲人の封じ方 山田久志氏と村田兆治氏の秘策

NEWSポストセブン / 2016年06月30日07時00分

「あれだけ大きな弧を描くスイングで低目も上手く打つというのは、現役時代に対戦した門田博光(南海など)に似ているね。そういうバッターは、スライダーのような横に動く球も体を開いて対応する技術を持っている。だから、真っすぐと思ったボールがストンと落ちるようなフォークでないと打ちとれない。横の動きは追えても、縦の動きは無理ですよ」 交流戦で対戦経験の少ないパ6球 [全文を読む]

『80年代パ・リーグ 今だから言えるホントの話』 金村義明/著 3月12日に発売!

PR TIMES / 2016年03月12日10時21分

世界の盗塁王・福本(阪急)や“草魂”鈴木啓示(近鉄)、マサカリ投法・村田兆治(ロッテ)、“不惑の大打者”門田博光(南海)など、野球の職人たちが群雄割拠していた。 そんな熱い時期(81年)に近鉄に入団したのが甲子園の優勝投手で著者の金村義明だ。金村は持ち前のキャラクターで名将・仰木彬など球界の名伯楽たちからは可愛がられ、面倒見のよさから後輩からは“アニキ”と [全文を読む]

【プロ野球】江本孟紀はなぜマスコミ人から好かれるのか?

デイリーニュースオンライン / 2016年02月03日08時00分

他の二人は江夏豊氏と門田博光氏)とされている通り、恩師との関係性が見事である。それゆえ時には上手に批判するし、野村氏も(おそらく)「また言ってやがる」と笑いながら受け止める、そんな人間関係がかいまみえる。ご自身は現役時代に選手会長を務めるほど人望があった言われるが、取材を重ねると納得させられる。 江本氏に品性を感じるのは、野球で批判しても人間性での批判はし [全文を読む]

なぜそんな痛いことに?プロ野球界のあり得ない怪我ベスト5【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2015年08月21日06時30分

(4)ハイタッチに潜む信じられない危険性!©iStock.com/stargatechris南海の強打者として誰もが知っている、門田博光氏。1989年のダイエー戦。ホームランを打ったブーマーをホームで出迎えハイタッチをした瞬間でした! なんと門田さんの肩が脱臼!まさかハイタッチで脱臼するとは...ブーマーのすごい力と、門田さんの手の上げた角度全てが噛み合っ [全文を読む]

門田博光氏 「フルスイングの極意掴むまでに7年かかった」

NEWSポストセブン / 2015年08月17日16時00分

かつて40歳で二冠王に輝き「不惑の大砲」と呼ばれた門田博光氏(67)は、フルスイングが身上とされ、歴代3位となる567本塁打の記録を打ち立てた。最近では、柳田悠岐(ソフトバンク)をはじめとしたフルスイングで活躍する選手が目立つが、「フルスイングする選手」について門田氏は懸念があるという。それは、4、5月は体が元気なものだから本塁打を量産するが、夏場になると [全文を読む]

西武・森友哉になぜ愛すべき昭和のパ・リーグを感じるのか?

週プレNEWS / 2015年07月20日06時00分

今やすっかり死語となった“豆タンク”体形でフルスイングする姿は、元南海の門田博光氏を彷彿(ほうふつ)とさせます。門田、中村ノリ、小笠原と受け継がれ、その後、断絶してしまっていたパ・リーガーの正統後継者の登場に往年のファンがザワついてます」(スポーツライター・村瀬秀信氏) 森といえば以前、ネットに特攻服を着た画像が流出したり、中学時代から飲酒していたとの都市 [全文を読む]

村田兆治氏 門田博光氏にサヨナラHR打たれスライダー封印した

NEWSポストセブン / 2015年02月28日07時00分

南海の門田博光にサヨナラホームランを打たれたのがきっかけだ。完璧と思って投げた内角低めギリギリのスライダーをスタンドに運ばれた。それからスライダーを封印してストレートを磨きに磨いた。負けを素直に受け止めないと成長はないのだ。 もちろん簡単なことではない。サヨナラ負けをするとその日は悔しくて寝られない。そのうえ打たれる球は決まって最高の1球ということが多い。 [全文を読む]

フォーカス