松村雄基のニュース

JAM Projectの奥井雅美、今夜放送の特撮ドラマ「牙狼」に出演

okmusic UP's / 2015年06月26日19時00分

【その他の画像】スペシャルゲストとして出演するやべきょうすけ、松村雄基2015年6月26日(金)放送の第11話「罠」では、「牙狼」に毎回楽曲を提供しているJAM Projectの奥井雅美の本編初出演をはじめ、やべきょうすけ、松村雄基らもスペシャルゲストとして出演。やべきょうすけは「悪役とは言え、変身するっていう事で、(撮影時は)非常に嬉しくテンションがあ [全文を読む]

松村雄基が最後まで堪能! とんこつ100%で野菜てんこ盛り「特製ちゃんぽん」

ぐるなび / 2014年11月26日19時10分

11月24日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、毎週月~金曜午前9時50分)で「クチコミ旅in佐賀・武雄 100%とんこつ絶品ちゃんぽん」と題し、俳優の松村雄基さんが「井手ちゃんぽん」(佐賀県武雄市)を訪れた。 同店は創業から地元民に愛されて60年の老舗。漫才師の島田洋七さんは「量と味は完璧日本一かもね。野菜が多い、キクラゲ入りがものすごくうまい!」と [全文を読む]

氷川きよし、恐喝トラブルで明るみになった松村雄基との“継続愛”

メンズサイゾー / 2014年05月01日17時40分

同誌も4月19日に別荘での密会を確認しており、そのお相手は2010年に“お泊り愛”をスクープされたこともあった俳優の松村雄基(50)だという。「今回の告白記事で最も驚きだったのは、氷川がまだ松村と切れていなかったこと。スクープ直後、騒動の影響の大きさを恐れた松村が別れを切り出し、福岡空港にいた氷川が携帯電話で『捨てないで…』と涙ながらにすがっていたという目 [全文を読む]

あのモンスター視聴率ドラマ「伝説の最終回」(5)スクール☆ウォーズ・松村雄基

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時52分

元不良の部員「大木大助」役の松村雄基(50)が、いろいろな意味でハードだった撮影の日々を振り返った。 「『スクール──』の最終回で思い出すのは、最終回の冒頭で使われたシーン。これはドラマそのものの最初のロケで撮影されたシーンだったということですね」 みごと「川浜高校ラグビー部」が全国制覇を果たす試合が始まる直前、すでに同校を卒業しコーチとなっていた大木(松 [全文を読む]

スター子役・間下このみ、難病、出産乗り越えた今を告白

WEB女性自身 / 2017年05月02日06時00分

松村雄基さんは子ども好きで、一緒にお昼を食べたりとかわいがってもらい楽しかった記憶があります。現場では子どもながら、仕事は最後まで責任を持ってやらなくちゃと思っていましたね。ドラマに舞台にと、台本を4冊抱えていたこともあります。でも学校もなるべく休まないように通っていました。どれほど忙しくても、母からは『天狗になるな』とよく言われたことを覚えています」 そ [全文を読む]

「スクール・ウォーズ」同窓会を生中継! 名シーンのマル秘トークも!?

Entame Plex / 2016年09月06日20時11分

山下真司(滝沢賢治役)、松村雄基(大木大助役)、宮田恭男(森田光男役)、高野浩和(イソップ役)という主要メンバーが奇跡的に集結し、30年以上たった今だからこそ話せるマル秘トークや、思い出話、「スクール・ウォーズ」の魅力を時間の限り語り尽くす。 このドラマは、かつて全日本の名フランカーとして鳴らした山口良治氏が、京都伏見工業高校ラグビー部を率いて全国大会優 [全文を読む]

人気歌手に歌舞伎役者まで!あの人もライダーだった

Movie Walker / 2016年07月20日11時50分

2人以外にも、14年公開の『劇場版 仮面ライダー鎧武(ガイム) サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』では歌舞伎役者の片岡愛之助が仮面ライダーマルスに、08年公開の『劇場版さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』では、松村雄基が仮面ライダー幽汽を演じている。 最新作の沢村を含め、ここまで紹介したのは主人公のライバルとなる敵ライダーたちで、いかに [全文を読む]

屋良朝幸「ダンスに出合わなければ今の自分はない」

Smartザテレビジョン / 2016年05月17日12時07分

屋良朝幸主演のオリジナルミュージカル「THE CIRCUS!」のフォトコールと初日会見が行われ、キャストの屋良、平方元基、植原卓也、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、矢田悠祐、松村雄基と、演出のTETSUHARUが登壇した。 本作は、荒くれ者たちが集まる移動サーカス団のメンバーが、ひょんなことから政府のスペシャルエージェント“THE CIRCUS”として世直しをして [全文を読む]

塚田僚一が「TEPPEN」新競技ベンチプレスに登場

Smartザテレビジョン / 2016年01月08日10時00分

さらに、ペン習字で競われる書道対決では、書道師範の免許を持つ松村雄基に、書道十段の小林綾子や高田万由子、NANA、道端アンジェリカが挑戦する。 [全文を読む]

複雑に絡み合う人間関係!?記憶に残る“ドロドロ系ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月25日09時55分

そんな中で、崖から落ちたアイドル俳優で御曹司の光(松村雄基さん)を助け、運命の出会いを果たします。しかも後日、佐渡から逃げてデザイナー・ユリに弟子入りしようとした千代と、独立してデザイナーをかえようとした光は偶然再会。 一見、良い感じに見える二人ですが、光の衣装が燃えれば千代のせいにされ、幼馴染の金持ちが無理やり結婚を迫り、ユリのデザインが盗まれて疑われて [全文を読む]

あの頃の青春を振り返る!?夏休みに観返したい“懐かしの学園ドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月04日12時20分

主演の山下真司さんはもちろんのこと、生徒役の松村雄基さんも大人気となりました。松村さんは『不良少女とよばれて』『アリエスの乙女たち』など、学生たちがメインを張るドラマに多数起用されています。 近年では2008年に『ROOKIES』が放送され高視聴率を記録しました。生徒役の市原隼人さん、小出恵介さん、城田優さん、中尾明慶さん、佐藤健さん、桐谷健太さんなど、現 [全文を読む]

「牙狼」新作のゲストに片桐仁、やべきょうすけら!

Smartザテレビジョン / 2015年04月03日19時00分

アジャコング、今井メロ、JAM Project・奥井雅美、ラーメンズ・片桐仁、キングオブコメディ、黒石高大、小林恵美、坂口杏里、下條アトム、なぎら健壱、波岡一喜、鼠先輩、萩原流行、ダチョウ倶楽部・肥後克弘、船木誠勝、マイケル富岡、前田健、松村雄基、未唯mie、やべきょうすけ、ルー大柴と多彩な顔ぶれがそろう。 同ドラマは、雨宮慶太が総監督を務める特撮ドラマシ [全文を読む]

テレビ東京で、明日午後1時35分から急遽放送決定!! 「緊急編成! 池上彰がノーベル賞・中村修二に迫るドラマ“ルビコンの決断”」

PR TIMES / 2014年10月10日11時50分

【番組内容】 番組タイトル:緊急編成!池上彰がノーベル賞・中村修二に迫るドラマ“ルビコンの決断” 放送日時:10月10日(金)午後1時35分~3時30分 出演者: <メインナビゲーター>木村佳乃 <解説>池上彰 <ゲスト>中村修二 <キャスター>大浜平太郎 <語り>白井晃 <ドラマ出演>松村雄基、梅宮辰夫、寺田農ほか 番組概要: エジソン以来の光の革命と [全文を読む]

【ウラ芸能】氷川きよし、あの俳優との関係

NewsCafe / 2014年05月02日15時00分

ま、オネエ系の筆頭の歌手、美川憲一(67)あたりも似たようなもんで、芸能界じゃ珍しい話じゃないよ」記者「ただ、今回の記事が出る直前に、この元付き人氏が氷川の事務所に、暴力行為に対して"数億円を恐喝"とのトーンで東京スポーツが報じています」デスク「背後に氷川の事務所と対抗する事務所間のアレコレがあるってか」記者「そのあたりはどうなんでしょう?」デスク「問題の [全文を読む]

デビュー15周年を迎える氷川きよしの「秘めた密会」!?

アサ芸プラス / 2014年02月12日09時59分

2010年、俳優の風間トオルのバースデーパーティで出会い、俳優・松村雄基との“アツアツぶり”が伝えられた演歌の貴公子・氷川きよし。当時を振り返り、写真週刊誌記者は、 「松村のジーパンのポケットに、指を引っ掛けて歩く氷川の写真がフライデーに掲載され、その氷川君の姿が『恋する乙女みたいでカワイイ』と、ネットユーザーからも温かい声援が寄せられていました。このまま [全文を読む]

なでしこ川澄奈穂美“韓国のメッシ”と恋人手つなぎで同性愛疑惑も!?

メンズサイゾー / 2012年04月20日15時10分

「2年前に同じく『フライデー』がスッパ抜いた、氷川きよしと松村雄基のラブラブ写真を想起させますよね。あのときは、氷川が松村のジーンズの尻ポケットに手を入れて歩いていましたっけ。女子校にしろ宝塚にしろ“女の園”には常に百合関係のウワサがつきまといますが、それは女子スポーツの世界も似たようなものかもしれませんね。同性でも『お姉さまカッコイイ、ステキ』という恋に [全文を読む]

大映ドラマのヒロインたち 極端なセリフもマジメに演じた

アサ芸プラス / 2012年01月27日10時54分

今回はこういう出し物だというなら、それに沿って演じていけばいい」 80年代の大映ドラマを支えた座長格の松村雄基は、一座の“新参者”である南野陽子(44)にアドバイスした。その言葉には「裏」も「表」も込められていたが、南野の中には1つの決意があった。 「それまで大映ドラマに出た方々が、バラエティ番組に出ると『あのセリフはないよね、こんな人いないよね』とかおっ [全文を読む]

フォーカス