深澤真紀のニュース

心の凹みを10時間以内にリセットする方法 みんなの「自分自身の保ち方」

ウートピ / 2017年04月13日20時45分

ひとり黙々と本を読む33歳・金融機関勤務普段から読書が好きなんですが、落ち込んだ時は西原理恵子さんのマンガや、深澤真紀さんのエッセイ、「ディスカヴァー・トゥエンティワン」という出版社から出ている自己啓発本シリーズをひとりで黙々と読みます。西原理恵子さんの本はとにかく力強い。どん底から這い上がってきたハングリー精神に触れると、「仕事は辞めちゃいけないんだな」 [全文を読む]

「草食男子」誕生から10年。名づけ親が語る本来の意味と真実

週プレNEWS / 2016年10月23日06時00分

世に完全定着したこの言葉をつくった深澤真紀氏に、お祝いを兼ねて伺ってみると意外な答えが…!! 「戻れるなら10年前に戻ってあの原稿を破りたい。『草食男子』と呼ばれている人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです」 えっ! どういうこと!? 「当時39歳だった私は、バブル世代や団塊世代のオヤジから否定されていた20、30代の男性たちを肯定するためにあの言葉をつく [全文を読む]

もっと楽に。もっと自由に。もっと自分の生きたいように! ーースクーンカップがブランドメッセージを発信ーー

PR TIMES / 2016年06月15日10時57分

ブランド代表の浅井さとこが気鋭のコメンテーター、深澤真紀さんとの対談と、新しくアップされたYouTubeの動画でブランドからの熱いメッセージを発信します。1. 深澤真紀 vs. 浅井さとこ 対談 (2016 年6月、東京渋谷セルリアンタワーにて)[画像1: http://prtimes.jp/i/19202/2/resize/d19202-2-683831 [全文を読む]

深澤真紀氏「女性にブスと告げるのは男性にハゲと言うこと」

NEWSポストセブン / 2015年08月21日16時00分

コラムニストで淑徳大学人文学部客員教授の深澤真紀さん(48才)が、「ブス」について語る。 * * * 女性がいくつになってもブスかどうか問われるようになったのは、比較的最近のことです。一昔前の女性はお見合いや職場恋愛で結婚して、30代以降は母親かオバサンだった。今は女性ファッション誌の影響などで40代、50代がきれいになった分、「女性ならばいくつになっても [全文を読む]

タモリマインドがたまらない! 40代男性に惹かれる理由を深澤真紀が分析

anan NEWS / 2015年07月27日21時00分

同世代男子とはひと味もふた味も違う“大人の男”に理由を、コラムニストの深澤真紀さんに語ってもらいました。 ■理由その1 若い人が慕うのは背中で語る男 1980年代後半から数年続いたバブル期を経験こそすれ、その狂乱に踊らされなかった男の言葉には重みがある。恋愛相談、仕事論etc、「俺の武勇伝を聞け!」と押し付けるのではなく、背中で語る。若い女子はその後ろ姿が [全文を読む]

「女性誌はオンナを不幸にする」 コラムニスト深澤真紀の主張に現代女性の反応は?

ウートピ / 2014年04月09日12時00分

4月7日に放送されたテレビ朝日系『言いにくいことをハッキリ言うTV』では、“草食男子”という言葉を命名したコラムニストの深澤真紀さんが「女性誌は女を不幸にする」というテーマで爆笑問題や益若つばさ、IKKOらとトークを繰り広げていました。 深澤さんは、女子力を磨いても結婚できない、女性誌はみんなが一緒のことをしないといけないという呪いだ、美魔女はお金持ちの旦 [全文を読む]

誕生から10年、「草食男子」生みの親が真逆の使われ方に怒りの告白! 流行語を保守的に誤用するメディア

リテラ / 2016年10月25日12時30分

「草食男子」なる言葉が初めて使われたのは、2006年10月13日、ウェブサイト「日経ビジネスオンライン」の連載コラム「U35男子マーケティング図鑑」のなかでコラムニストの深澤真紀氏が用いたのが初出となる。「週刊プレイボーイ」(集英社)16年10月24日号では、「草食男子」誕生10周年を記念して深澤氏にインタビューを行っているのだが、そこで彼女から発せられた [全文を読む]

小倉智昭に“大橋巨泉の弟子“を名乗る資格なし!『とくダネ!』では巨泉の遺言を封殺、“裏切り“行為も

リテラ / 2016年07月22日11時43分

実は、7月20日の『とくダネ!』では、コメンテーターの深澤真紀氏が「週刊現代」のコラムのことを取り上げようとしていたのだが、小倉がそれを封じ込めていたのだ。 [全文を読む]

ブラとショーツが揃ってない、ネイルにムダ毛処理…あなたはどれくらい「女オンチ」?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月18日15時00分

女なのに女の掟(ルール)がわからない』(祥伝社)の著者・深澤真紀は、「草食男子」、「肉食女子」という言葉の生みの親である。本書は日経ウーマンオンラインの過去の連載に加筆・修正のうえ文庫化したものだ。「女オンチ」は造語で、女を生きることに対してまったく適性がないという意味。著者が自分自身のためにつくった言葉だ。本書は、誕生日・結婚式などの「イベント事情」、メ [全文を読む]

嵐・櫻井くんにはオレンジピールのチョコ!彼の顔タイプ別・おすすめVt.チョコ【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2016年02月10日13時15分

アドバイザーは顔面評論家の池袋絵意知さん、「草食男子」「肉食女子」を命名した深澤真紀さんのお二人。日本男子25タイプの詳細はこちら!【顔】×【性格】=全25タイプになります。【顔】サル顔男子犬顔男子馬顔男子鳥顔男子ワニ顔男子【性格】シェア男子女子力男子昭和男子草食男子肉食男子例えば、【犬顔昭和男子】はこんな顔。なんだかほっこりしますね。こっちは【ワニ顔女子 [全文を読む]

気になるイケメンの「顔」を分析、ぴったりのチョコを選ぼう!―ヤフーが「バレンタイン男子図鑑」

インターネットコム / 2016年01月26日11時55分

観相家・顔研究家・顔面評論家・日本顔学会会員である池袋絵意知氏、「草食男子」「肉食女子」を流行させた深澤真紀氏などだ。 さらにヤフーでは男性3万人に日本男子25タイプのどれに当てはまるか、またチョコレートの好みやバレンタイン関連、恋愛観などに関するアンケート調査を実施し、タイプごとの平均的な人物像を割り出している。 なお、色々な画像を投稿してみたところ、歴 [全文を読む]

セイボリー、ビューティショコラ、ミニマリスト・・・OZmall編集部&その道のプロが流行予測! 2016年絶対に来る「東京トレンドキーワード9」

PR TIMES / 2016年01月14日12時57分

一緒にいて落ち着ける、そんな男性を狙う女性が増えると「草食男子」の名付け親、深澤真紀さんが予想。【6】メイク 目もとを青く彩ってクールビューティを演出「ブルーアイ」2016年春夏N.Y.コレクションで注目され、人気ブランドからも今年続々登場する、ブルー系アイカラーを「WWDビューティ」編集長のコメント付きで紹介。 [全文を読む]

深澤真紀氏 「ブスだけど面白いブスなので仕事がくる」

NEWSポストセブン / 2015年08月22日07時00分

コラムニストの深澤真紀さん(48才)に、ブスについての持論を聞いた。 * * * もちろん、ブスはコンプレックスです。でも、ブスだと思い込む方が不幸になります。私は大学時代に知り合った夫と結婚しました。高望みはせず、そして自分を好きなマニアを「ブス好きなんて嫌!」と拒否もせず、需要と供給を見極めて、自分という市場に合う男性を探すべきです。 実際に夫はマニア [全文を読む]

母子がまるで恋人…社会現象化する「ママっ子男子」の実像

WEB女性自身 / 2015年08月10日06時00分

そこで、実際のママっ子男子を例にとり、「さとり世代」「マイルドヤンキー」の名付け親・原田曜平さん(38・博報堂・若者研究所リーダー)と、「草食男子」を生み出したコラムニスト・淑徳大学客員教授の深澤真紀さん(48)に話を聞きながら、 ママっ子男子 は従来のマザコンとはどう違うのかを探った。 東京・有楽町。ゆるふわにセットされた栗色の髪を弾ませ、生足に黒のミニ [全文を読む]

「○○女子」「女子力」ブームはいつから始まった? キラキラ系とツッコミ系、二極化した女子の勢力図

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月14日11時30分

関連情報を含む記事はこちら 「草食男子」という言葉の生みの親であるライター・深澤真紀氏著『日本の女は、100年たっても面白い』(ベストセラーズ)には「女子ブーム」が起きている現在までの100年間のありとあらゆる「日本の女」の変遷が描かれている。もともと「女子」は「1おんなのこ。むすめ。2女性。おんな。」(『大辞泉』)という意味だが、それが「いくつになっても [全文を読む]

スマホやタブレット 増えるパケット通信費の賢い節約術

NEWSポストセブン / 2013年09月27日16時00分

「草食男子」や「肉食女子」の名付け親として知られるコラムニスト・深澤真紀さんは「主婦は世間が思っている以上に、デジタルを使いこなしています」と語る。「彼女たちは、『ウチネット』や『ウチスマホ』を使いこなしています。『リア充』ならぬ『ウチ充』な生活を送っている『ウチ族』なのです。 賢い『ウチ族』主婦たちは、家事や育児も『ウチネット』を使いこなすことで、上手に [全文を読む]

結婚できないのは女子力のせい!? 結婚したければ自分を磨くな!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月30日12時20分

そんな不器用な女性たちのもやもやした気持ちを救ったのが、芥川賞作家・津村記久子と“草食男子”の名付け親として知られるコラムニスト・深澤真紀による対談集『ダメをみがく “女子”の呪いを解く方法』(紀伊國屋書店)だ。 仕事に、恋に、趣味にと頑張りすぎな現代の女性たち。その背景には「普通の人と普通の結婚がしたい」「パーフェクトな女子であるべき」という呪いに掛けら [全文を読む]

フォーカス