土屋敏男のニュース

第19回「王者日テレの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年04月06日18時01分

この時、編成担当だったのが、後にTプロデューサーと呼ばれる土屋敏男サンで、番組の総監督が菅賢治サンだった。だが、初回視聴率は0.9%――。 菅サンは動じなかった。彼には確信があったのだ。実際、番組は少しずつ形を変え、やがて後半のフリートークが名物となる。それと共に徐々に数字が上昇、91年10月からは時間帯が深夜からプライムタイムへ上がり、間もなく視聴率2 [全文を読む]

【テレビの開拓者たち(3) 土屋敏男】T部長が今のテレビマンに贈る言葉

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日17時00分

“アポなし取材”“ヒッチハイク”などで日本のバラエティー界に新風を巻き込んだ「電波少年」シリーズ('92~'03年日本テレビ系)でおなじみの“T部長”こと土屋敏男氏。日本のテレビ文化を築き上げてきたクリエーターの一人である土屋氏に、伝説の番組「進め!電波少年」が誕生した経緯とこれからのテレビについて直撃した。■ 「24時間テレビ」でテレビのスゴさに気づきま [全文を読む]

<負けはじめたテレビ局の復活には9年かかる>日本テレビ・土屋敏男の「下降を始めたスタープレイヤーは引き際を早くすべし」という名言

メディアゴン / 2015年06月27日07時10分

齋藤祐子[神奈川県内公立劇場勤務]* * *日本テレビの番組制作者・土屋敏男のインタビューが興味深い(「R25」誌・6.25-7.22号)。今はゼネラル・プロデューサーの肩書で自分史をビデオ化して買ってもらう新事業「ライフビデオ」に携わっている。氏のいうところのテレビ局の復活は「負けはじめて9年かかる」という説は、こういう内容だ。曰く、今まで当てていた制作 [全文を読む]

あの有吉さんが恐れる伝説のTプロデューサー再び!究極のアポなし旅を体験できるWEBバラエティ番組がスタートするゾ!

GOTRIP! / 2014年11月27日05時40分

人気バラエティ番組を数多く手掛けてきた「Tプロデューサー」こと土屋敏男氏をご存知だろうか。 かつての人気バラエティ番組『電波少年シリーズ』の「Tプロデューサー」、「T部長」などとして数々の芸人さんたちから恐れられた、伝説のプロデューサーである。 現在は平成の毒舌王として恐れられている有吉弘行(ありよし ひろいき)さんも、猿岩石というコンビを結成していた時代 [全文を読む]

10/26(日)「進め!電波少年 猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク【南アジア編】」9本を一挙放送! 10/25(土)は【東アジア編】10本を無料放送!

PR TIMES / 2014年10月20日11時15分

一挙放送の直前にはオリジナル特番も! Tプロデューサーこと土屋敏男氏と、 猿岩石に同行した取材ディレクターが「過酷な旅のエピソード」を語り尽くす! 株式会社シーエス日本(東京都千代田区)は、当社が運営するCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ」にて、10/26(日)に「進め!電波少年 猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク【南アジア編】」を一 [全文を読む]

5/25(日)「進め!電波少年 猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク【東アジア編】」一挙放送! 5/11(日)夕方はニコニコ生放送で特番も!

PR TIMES / 2014年05月09日19時24分

Tプロデューサーこと土屋敏男氏と、猿岩石に同行した取材ディレクターが集合! オリジナル特番で、過酷な旅の「知られざるエピソード」が明らかに! 株式会社シーエス日本(東京都千代田区)は、当社が運営するCSチャンネル「日テレプラス ドラマ・アニメ・スポーツ」にて、「進め!電波少年 猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク【東アジア編】」を5/25(日)に一挙放送し [全文を読む]

史上最大級のメールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」初イベント!! 「メルマ旬報festival!」無料動画サイトW流にて配信!

PR TIMES / 2014年03月14日09時54分

イベントは、「博士に自分の好きなものをプレゼンする」という形式で進行され、西寺郷太(NONA REEVES)、土屋敏男ら多くの執筆陣たちがメルマガ原稿に負けない濃密なトークで会場中を熱狂の渦に巻き込んだ。 その模様は、WOWOWが提供するエンドレスエンタテイメントレコメンドサイト『W流』で、3月14日より権利上”可能な限り”ダイジェストにて無料配信が決定 [全文を読む]

“Tプロデューサー”土屋敏男が語る『電波少年』当時

WEB女性自身 / 2013年08月22日07時00分

電波少年シリーズを見ていた人なら誰もが知る“Tプロデューサー”こと土屋敏男さんは、笑顔で当時をこう語る。「僕は自分が怖いとは思っていなかったんです。しゃべらなかったのは、相手にしゃべってほしかったから。黙っていると、『え、なんですか?』『ウッソー!』『ヤダー!』と勝手にリアクションしてくれる。僕は面白くって仕方ないから満面の笑み。担当ディレクターも番組を面 [全文を読む]

フジテレビプロデューサー・福原伸治「ニコ動が面白くなればテレビ制作者も焦る」

ニコニコニュース / 2012年02月04日17時59分

ゲストとして番組に登場した日本テレビ編成局・エグゼクティブディレクター・土屋敏男氏は、自身がプロデューサーを務めたバラエティ番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ系列)のコーナー「電波少年的懸賞生活」が放送された1998年には、すでにインターネット生中継をしていたと話した。 「電波少年的懸賞生活」とは、「人は懸賞だけで生きていけるのか?」というテーマのもと、お [全文を読む]

電波少年の元名物プロデューサーが語る、独走『イッテQ!』視聴率25%への秘策

週プレNEWS / 2017年03月03日06時00分

では、電波少年のプロデューサーだった土屋敏男氏(現・日本テレビ日テレラボ・シニアクリエイター)は、イッテQをどう見ているのか? 「10年以上も続いている番組で、視聴率も20%前後と安定している。そう簡単に数字が落ちることはないでしょう。現在の日本のバラエティ番組のなかで、視聴率25%に手が届く可能性があるのは、イッテQだけ。ぜひ狙ってほしい」 そのために [全文を読む]

「テレビは破壊のメディア」週刊ザテレビジョンに土屋敏男が登場!

Smartザテレビジョン / 2017年02月08日06時00分

毎号、テレビ界に多大な功績を残したトップクリエーターたちが登場しているが、週刊ザテレビジョン2月8日(水)発売号掲載の第3回には、「進め! 電波少年」('92~'98年日本テレビ系)などのアグレッシブなお笑い番組を数多く手掛けてきた、日本テレビの“T部長”こと土屋敏男氏が登場する。 「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」('85~'96年日本テレビ系)でバ [全文を読む]

佐村河内氏を描いた映画『FAKE』が突きつける テレビメディア3つの問題

しらべぇ / 2016年08月01日06時00分

(2)「テレビはみんなのメディア」という前提『進め!電波少年』の「T部長」としても知られる日本テレビの土屋敏男氏は、「テレビは『みんなのメディア』という前提がある」としたうえで、「深夜などを含めたどんな時間でも『みんな』になる必要はないのでは?」と疑問を呈した。「みんながみんな横並びになっているのは、貧しく感じる。『他がやってないんだからダメ』となっている [全文を読む]

『めざまし』阿部華也子の初グラビアに絶賛の声! 女子大生お天気キャスター「戦国時代」の覇者となるか

メンズサイゾー / 2016年05月30日18時00分

2014年に往年の人気番組『進め!電波少年』(同)を手掛けた土屋敏男氏(59)のウェブ番組で"海外アポなし旅"に挑戦したこともあるアクティブ系の美女で、オーディションで猿のモノマネを披露するなどひょうきんな一面もある。キャラが真逆の二人であるだけに、視聴者の支持が分かれそうです」(前同) [全文を読む]

藤井フミヤ長男の入社に囁かれるフジテレビ“コネ採用”のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日13時05分

日本テレビは土屋敏男氏などプロデューサーや編成など"テレビ局の中の人"が実力を発揮して注目を集めていますが、フジは話題性のある人間をキャスティングして盛り上げようとする傾向があります。準備された企画・脚本が貧弱であれば、いくら優れた人でも力を発揮するのは難しいです」(同上) 藤井フミヤ長男の入社も、いわば話題性優先のフジらしい"キャスティング"とも言える。 [全文を読む]

「誰が出ているか」から「誰がつくっているか」で見る時代に――テレビを面白くする“規格外”局員たち

日刊サイゾー / 2016年01月29日19時00分

たとえば、日本テレビ『電波少年』の土屋敏男。そして、フジテレビであれば『オレたちひょうきん族』をはじめ、明石家さんまの番組には欠かせない“デタガリ恵介”こと三宅恵介。とんねるずが散々ネタにした“ダーイシ”こと石田弘と、“小港さん”こと港浩一。90年代以降なら『夢で逢えたら』『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』『笑う犬の生活』などを手がけた吉田正樹や [全文を読む]

元電波少年芸人活躍中 福島復興目指すなすびはT部長に感謝

NEWSポストセブン / 2015年04月05日07時00分

このように「元電波」はTプロデューサ(T部長)こと土屋敏男氏のムチャ振りによるアポなし取材やらヒッチハイク、80日間世界一周などに耐えた経験も影響したか、単なる一発屋ではなく、今でも活躍を続けているのである。そして、そんな「元電波」の中でも着実に活動の幅を広げているのが「電波少年的懸賞生活」でブレイクした「なすび」である。当時は、全裸でとあるアパートに放 [全文を読む]

3/7(土)日テレプラスで「進め!電波少年 猿岩石ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」完全制覇! 感動のゴールまで16時間一挙放送!

PR TIMES / 2015年02月28日12時07分

今回ついに、香港からロンドンまでの旅を一挙放送!レギュラー枠の【東アジア編】【南アジア編】【ヨーロッパ編】放送分はもちろん、爆風スランプがインドに飛び、猿岩石の前で応援歌「旅人よ」を初披露した「電波少年 Great2」、女優・室井滋がトルコに飛び、猿岩石を大追跡した「電波少年 猿岩石外伝」、そして広島の有吉さん宅からの中継を交え、感動のゴールの瞬間を完全中 [全文を読む]

水道橋博士、岡村靖幸、ダイノジ大谷...豪華すぎるメルマガが今なら無料で読める!

AOLニュース / 2014年11月30日10時00分

文化、サブカル方面では、スタイリストで女優・麻生久美子の夫としても知られる伊賀大介氏、いわゆる「テレビ屋」の大根仁氏、土屋敏男氏、角田陽一郎氏といった大御所プロデューサー・ディレクターも顔を揃える。 ......と、まだまだ紹介したい人はほかにもいるのだが、最新号で注目すべきは構成作家の相沢直氏による「【特別掲載】『道重さゆみ年表 増補版』」だろう。11月 [全文を読む]

豪華連載陣が話題の水道橋博士のメルマガ 無料閲覧キャンペーン実施中

太田出版ケトルニュース / 2014年11月26日09時45分

酒井若菜、ダイノジ 大谷ノブ彦、マキタスポーツ、山口隆(サンボマスター)、園子温、大根仁、西寺郷太、樋口毅宏、坂口恭平、土屋敏男、ユウキロックらの連載陣に加え、相沢直による「道重さゆみ年表 増補版」が掲載されたメルマガを、無料で閲覧することが出来る。 ダウンロードは、https://krs.bz/hon/s/hakase50spより可能。無料配信期間は20 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行、T部長に謝罪。部長も「あの時は少し寂しい思いを」

TechinsightJapan / 2014年09月23日15時55分

有吉が後ろを振り向くと、紙くずを投げた“犯人”は「猿岩石のヒッチハイク時代」にお世話になった恩人“T部長”こと土屋敏男氏であった。 今までであれば「ちょっと土屋さん、やめて下さいよー」と明るく応対していたという有吉。だが、その日は朝早くて虫の居所が悪かったため「あっ…ハハ」と苦笑しながら土屋氏に頭を下げ、その場を立ち去ってしまった。この有吉の意外な反応に土 [全文を読む]

フォーカス