桂文枝のニュース

道後温泉本館改築120周年記念 伊佐庭如矢顕彰 桂文枝創作落語完成イベント開催

PR TIMES / 2014年10月21日20時15分

道後温泉本館改築の物語が、創作落語としてよみがえる 桂文枝氏が松山市街を人力車で“お練り” 松山・道後創作落語実行委員会は、「道後温泉本館改築120周年記念 伊佐庭如矢顕彰 桂文枝創作落語完成イベント」を、10月24日(金)・25日(土)に、市内道後地区及び市中心部で開催します。(株)よしもとデベロップメンツ(大阪府大阪市中央区)の特別協力のもと、落語家の [全文を読む]

愛を貫く"34"の刺青とAVデビュー「桂文枝不倫騒動は今年No.1の良いニュース」

ニコニコニュース / 2016年12月30日21時00分

日本の裏社会に焦点をあてた 『久田将義×吉田豪のタブーなワイドショー2016年ニュース掘り起こし総決算!』にて「桂文枝不倫騒動」が2016年注目度No.1のニュースに選出された。 上方落語界の大御所・桂文枝と紫艶という演歌歌手の不倫疑惑を2月19日発売のFRIDAYが報道。桂文枝が関係を否定し続けるなか、紫艶は不倫の証拠写真をメディアにバラ撒き続けた後にA [全文を読む]

『桂文枝 半世紀落語会』開催決定! 桂三枝時代からの50年をふりかえる

ガジェット通信 / 2016年12月19日19時00分

12月に芸能生活50周年を迎えた落語家でタレントの桂文枝さんが、2017年3月4日に記念企画第一弾『「桂文枝 半世紀落語会」~三枝から文枝への軌跡~』をなんばグランド花月で開催する。 文枝さんと言えば、坂本竜馬ら維新の志士たちがゴルフで対決する『ゴルフ夜明け前』など大胆なテーマの創作落語で知られるが、今回は古典落語、三枝時代に作った創作落語、最新作の創作落 [全文を読む]

紫艶「不適切な写真」を再アップ!桂文枝はもう逃げ切れない?

アサ芸プラス / 2016年03月27日17時59分

元演歌歌手の紫艶が3月18日、自身のフェイスブック上に、20年にわたり不貞関係にあったとされる落語家・桂文枝と見られる男性の写真を再び掲載して話題を呼んでいる。 写真は、3月4日にフェイスブックにアップされたものと同じで、ソファに着衣していない男性が座り、手元には文枝が司会を務める「新婚さんいらっしゃい!」(テレビ朝日系)のロゴが入ったクッションが置いてあ [全文を読む]

「小さな巨人」桂文枝が15年ぶりTBSドラマに出演

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日06時00分

4月16日(日)よりスタートする日曜劇場「小さな巨人」(毎週日曜夜9:00-9:54TBS系※初回は夜9:00-10:19)に、「いらっしゃ~い!」のギャグでおなじみ、上方落語協会会長でもある落語家・桂文枝(六代)が出演することが決定した。文枝がTBSのドラマに出演するのは、2002年6月の「水戸黄門」以来15年ぶりとなる。 「小さな巨人」は、これまでの謎 [全文を読む]

2/19 桂文枝によるアルツハイマーが題材の創作落語放送

認知症ねっと / 2017年02月16日19時00分

Eテレ「日本の話芸」にて放送 2月19日(日)、14時からのNHKEテレ「日本の話芸」では、桂文枝さんによる創作落語「ロンググッドバイ-言葉は虹の彼方に-」が放送されます。この落語は今年1月12日にNHK大阪ホールで収録されたものとなっています。 認知症を心配され検査を受ける高齢男性のお話 高座において一人で老若男女全ての登場人物を演じきる落語には古典落語 [全文を読む]

桂文枝の”全裸画像”が再流出…紫艶の暴走が止まらないワケ

デイリーニュースオンライン / 2016年03月25日08時03分

落語界の大御所・桂文枝(72)との不倫騒動で注目された演歌歌手の紫艶(しえん=38)が、自身のFacebookに再び文枝の全裸写真を公開したことで物議を醸している。当初は「文枝に都合よく利用された」として同情を買っている部分もあったが、再度の暴走に批判が殺到。業界内でも「取扱い注意」「相手にしない方がいい」との声が強まっている。 ■「操作ミス」が二度も…? [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桂文枝、今夏の甲子園を振り返る「なんでセナやねん」

TechinsightJapan / 2015年08月21日18時30分

21日、都内にて『寄席チャンネル×スカパー!六代 桂文枝 特別独演会』の囲み取材が行われ、公演前の桂文枝が登場した。 今年の10月に行われる創作落語会で『高校野球』をテーマにした落語を考えているという桂文枝は、「高校野球は始まって100年ですから、精神とか魂とか受け継がれていくものがあるんじゃないかと」と熱い思いで新作を考えていると話す。「試合を見ながら考 [全文を読む]

桂文枝語る「今のテレビ局は芸人に対して情がない」

WEB女性自身 / 2013年07月13日07時00分

『六代目桂文枝』襲名から1年。落語への飽くなき追求を続ける彼の目に、今の「テレビの笑い」は、あまりに空虚で殺伐としているように映るという。“笑いの大御所”は、あえて言う。「そんな番組は見るな」とーー。「昨年の7月16日、69歳の誕生日に『六代目桂文枝』を襲名して間もなく1年になります。襲名披露は来年の春まで続きますけれど、この1年間で、北は北海道、南は沖縄 [全文を読む]

桂文枝が“落語家”明石家さんまにラブコール!

Smartザテレビジョン / 2017年02月24日05時00分

桂文枝の芸能生活50周年を記念し、3月4日(土)にABCテレビで放送される「桂文枝の鶴瓶もさんまもいらっしゃい!」に、笑福亭鶴瓶と明石家さんまがゲストで登場。番組では初となる文枝、鶴瓶、さんまのスリーショットトークが実現した。 同一司会者による最長トーク番組としてギネス世界記録にも認定された「新婚さんいらっしゃい!」(毎週日曜昼0:55-1:25、テレビ朝 [全文を読む]

フォーカス