斉藤由貴のニュース

「スケバン刑事」麻宮サキがTシャツとなり復活!ハードコアチョコレートとコラボして新登場!

@Press / 2017年03月09日17時00分

▼初代 麻宮サキ -スケバン刑事- (斉藤由貴) http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=114157746 【商品概要】 「鷹ノ羽学園2年B組麻宮サキ。またの名はスケバン刑事!」 元スケバンでありながら警視庁の特殊捜査官となった麻宮サキが、特製ヨーヨーを駆使して巨悪に立ち向かう! 1985年、TVシリーズとして実写化された [全文を読む]

こんな豪華な夜はもう二度とない!武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~

PR TIMES / 2017年03月01日09時38分

出演アーティストも、武部が音楽監督を担当している松任谷由実を筆頭に、ゴスペラーズ、平井堅、一青窈、JUJU、miwa、森山良子、久保田利伸、大黒摩季、斉藤由貴、さかいゆう、スガ シカオ、手嶌葵、武部自身もメンバーであるバンドkōkuaを含む、豪華なラインナップとなった。 恵俊彰のMCでライブはスタート。Awardスタイルということで、客席の最前列に丸テー [全文を読む]

斉藤由貴「若い子よりカワイイ!」バカリズムドラマでの“美貌”が話題に

日刊大衆 / 2016年10月13日15時00分

広末涼子(36)、井川遥(40)、竹内結子(36)など美人女優が出演した中で、斉藤由貴(50)の美貌に視聴者の注目が集まったようだ。 広末が「もしもドラマ『ビーチボーイズ』に出演していなかったら」、井川が「もしも写真集を出していなかったら」など、女優たちが過去のターニングポイントで違う道を選んでいるという設定のもと、“そうだったかもしれない世界”で生きる本 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】長澤まさみ、初の三谷幸喜作品。先輩・斉藤由貴と“オンナ同士のバトル”。

TechinsightJapan / 2014年11月01日13時30分

今回三谷がラブコールを送った女優は長澤まさみと斉藤由貴の2人。事務所の先輩後輩の仲だという斉藤と長澤は独特なキャラクターを持ち合わせた個性豊かな女優だ。そんな2人の芝居はどんなものになるのか? また三谷作品初出演となる長澤はどんな演技で観客を魅了するのか? 10月31日、東京・渋谷パルコ劇場にてパルコ・プロデュース公演『紫式部ダイアリー』初日開幕直前会見& [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】斉藤由貴「自分が削られる」ようなアイドル時代 救ってくれた“ユーミン”と“松本隆”

TechinsightJapan / 2017年02月21日12時20分

現在50歳の斉藤由貴は、3児の母親とは思えぬ若々しい容姿と魅力的なキャラクターでCMやドラマに大活躍だ。そんな彼女が2月16日放送のNHK Eテレ『ミュージック・ポートレイト』で元はっぴいえんどの松本隆と対談した。67歳となる松本が彼女と顔を合わせるなり「僕は会った時からずっといじめられているような気がする」と嬉しそうに笑うと、斉藤が「いじめ甲斐があるっ」 [全文を読む]

『プリパラ』でブレイクした声優アイドルi☆Risのメンバーが夢とプライベートをぶっちゃけ!

週プレNEWS / 2016年11月04日15時00分

―ところで、ゆうちゃんの叔母があの“斉藤由貴さん”っていうのは本当? 芹澤 本当です! 半年くらい前、由貴ちゃんが出演する生放送ラジオ番組の直後の番組に私がゲスト出演してたんです。そしたら番組終わりの由貴ちゃんが挨拶に来てくれて「うちの優をよろしくお願いします」って言ってくれたんですよ。クリスマスとかお正月とかプライベートでもよく会ってます。 ―おおおお [全文を読む]

斉藤由貴 アラフィフでも変わらぬ美貌支える深夜の秘密散歩

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

〈“変わらぬ美貌”斉藤由貴、50歳を前に需要拡大〉──ネットニュースで、こんな見出しの記事が出たのは女優・斉藤由貴(49)。 NHK大河ドラマ『真田丸』で徳川家康の側室・阿茶局を好演し、人気ドラマシリーズ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)にも出演。CM、舞台、ラジオ、バラエティと各界から引っ張りだこなのだ。 7月6日に行なわれた会見で「最近、時間配分が [全文を読む]

聖子・明菜・キョンキョン…あの<黄金アイドル>の蔵出し秘話をプレイバック!(2)

アサ芸プラス / 2016年03月30日09時57分

85年に名曲の誉れ高い「卒業」でデビューした斉藤由貴(49)は、神秘的なイメージが大きな武器だった。 ディレクターを務めた長岡和弘氏は言う。「作詞・松本隆、作曲・筒美京平という、これ以上ないゴールデンコンビに依頼しました。ただ依頼しただけではなく、由貴さんがオーディションで歌った5曲を録音して、それを2人に聴いてもらったんです」 松田聖子の「夏の扉」に「S [全文を読む]

東宝芸能50th Musical チャリティコンサート『Espoir ~希望をもって~』9月19日・20日に東京国際フォーラムで開催!使用楽曲も決定

@Press / 2014年09月05日16時30分

・「So in love」キス・ミー・ケイトより 一路真輝、今井清隆・「Take me to heaven」シスター・アクト ~天使にラブ・ソングを~より 瀬奈じゅん・「世界が終わる夜のように」ミス・サイゴンより 昆夏美、石井一彰・「アデレードの嘆き」ガイズ&ドールズより 高橋由美子・「Hello,young lovers」王様と私より 一路真輝・「My [全文を読む]

アナログタロウが選ぶ、なつかしのアイドルコンピAL発売

dwango.jp news / 2014年07月30日19時55分

[収録楽曲]1. 水色の恋 / 天地真理2. 純潔 / 南 沙織3. 芽ばえ / 麻丘めぐみ4. 渚のシンドバッド / ピンク・レディー5. 夏のお嬢さん / 榊原郁恵6. くるみ割り人形 / 石川ひとみ7. ジュリーがライバル / 石野真子8. 涼風 / 岩崎良美9. まちぶせ / 石川ひとみ10. スマイル・フォー・ミー / 河合奈保子11. 夏色のナ [全文を読む]

末光篤、待望のフルアルバム、11月13日発売決定!!(発売・販売:株式会社メディアファクトリー)

PR TIMES / 2013年09月06日11時40分

株式会社メディアファクトリー末光篤が待望のフルアルバム「色彩協奏曲」を11月13日(水)にリリース!アルバムには、GOING UNDER GROUNDをはじめ、斉藤由貴や、ヒップホップアーティストのVERSESなど、様々なジャンルのアーティストたちのコラボ曲を収録、また、末光篤らしい楽曲が次々と顔を揃える等、集大成とも言うべく、"末光篤らしい"アルバムに仕 [全文を読む]

要潤がゲス夫、斉藤由貴が初のおばあちゃんに!渡辺直美主演の新“火10”「カンナさーん!」

CinemaCafe.net / 2017年06月05日12時15分

このほど、ドラマを彩るクセが強すぎる主要キャストに要潤、斉藤由貴、山口紗弥加らの出演が決定した。パワフルで豪快、思い込んだら一直線の女・鈴木カンナ(渡辺直美)。雇われファッションデザイナーとして働く彼女には「いつか自分のデザインした洋服で世界中の女性をイイ女にしたい!」という夢があるが、斬新すぎるその趣味になかなか時代がついてこず…会社ではちょっぴり浮いた [全文を読む]

斉藤由貴「50歳で再ブレイク」の裏にあった11kgの過酷ダイエット

アサジョ / 2017年05月04日10時15分

“アラフィフ”を迎え、女優としてテレビやCMで再び脚光を浴びている斉藤由貴。80年代アイドルとして一斉を風靡。NHKの朝ドラ「はね駒」で国民的女優にまで上り詰めた斉藤だが、結婚して3児の母となり第一線から離れていたにも関わらず、なぜ復活することができたのか。「5年前、テレビを観ていた斉藤のお父さんに『背中が丸いな』と指摘され、一念発起。3カ月で11キロのダ [全文を読む]

「西郷どん」鈴木亮平が沢村一樹のプレッシャーにたじたじ!

Smartザテレビジョン / 2017年04月12日14時44分

2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(NHK総合ほか)の新出演者発表会見が行われ、主演の鈴木亮平のほか、北川景子、高橋光臣、堀井新太、高梨臨、沢村一樹、斉藤由貴、小柳ルミ子、鹿賀丈史が登壇した。 「西郷どん」は、鈴木演じる西郷隆盛(吉之助)が、生涯の師・島津斉彬と出会い、波瀾万丈の生涯の中、比類なき革命家へと成長していく姿を描く。 大河ドラマ初出演の [全文を読む]

武部聡志、豪華アーティストと共演したプレミアムコンサートをWOWOWにて放送

okmusic UP's / 2017年03月24日12時00分

出演アーティストも、武部が音楽監督を担当している松任谷由実を筆頭に、ゴスペラーズ、平井堅、一青窈、JUJU、miwa、森山良子、久保田利伸、大黒摩季、斉藤由貴、さかいゆう、スガ シカオ、手嶌葵、武部自身もメンバーであるバンドkōkua を含む、豪華なラインナップとなった。ライブは恵俊彰のMCでスタート。Awardスタイルということで、客席の最前列に丸テーブ [全文を読む]

豪華アーティストが出演した一夜限りのプレミアムコンサート「武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~」をWOWOWにて3月26日(日)放送!

PR TIMES / 2017年03月23日12時09分

出演アーティストも、武部が音楽監督を担当している松任谷由実を筆頭に、ゴスペラーズ、平井堅、一青窈、JUJU、miwa、森山良子、久保田利伸、大黒摩季、斉藤由貴、さかいゆう、スガ シカオ、手嶌葵、武部自身もメンバーであるバンドkōkua を含む、豪華なラインナップとなった。 恵俊彰のMCでライブはスタート。Awardスタイルということで、客席の最前列に丸テー [全文を読む]

卒業は学生だけの特権じゃない! 様々な「卒業」を歌った名曲5選

okmusic UP's / 2017年03月13日18時00分

卒業していったい何分るというのか!? 【その他の画像】ガガガSP■「卒業」(’85)/斉藤由貴1985年リリース、斉藤由貴のデビューシングルであり、卒業ソングの金字塔。発表から30年以上経つ現在でも“卒業ソングと言えば?”とアンケートを取れば、尾崎豊と並んで必ず上位にランクイン(ちなみに尾崎豊の「卒業」も同時期のリリース)。毎年、卒業シーズンになると必ず耳 [全文を読む]

斉藤由貴の毒親ぶりが怖いオカムス 女性が共感する理由

NEWSポストセブン / 2017年02月18日16時00分

高校教師の早瀬美月(波瑠)と、母の顕子(斉藤由貴)。そして早瀬家の新築現場で働く、工務店現場監督の松島太一(柳楽優弥)。 美月と顕子は仲の良い親子。娘は母の気持ちを推し測りながら、母の望むような人生を歩んできた。「私はママの夢を継いで教師になった」「いつだってママが応援してくれる」「困ったことがあればすぐ相談に乗ってくれる」。お互い精神的に頼っている。もっ [全文を読む]

「真田丸解体」の次は「重たい母親」 斉藤由貴が「怖すぎる」と話題に

しらべぇ / 2017年02月08日10時00分

その中で、主人公の母親役を演じる斉藤由貴の演技が「あまりに怖すぎる」とネット上では評判だ。斉藤由貴といえば、少し前までは『スケバン刑事』のイメージが長らく定着していた女優。だが最近では、そこから脱皮しつつあるようだ。■去年は真田丸を破壊近年の斉藤由貴のイメージ、それは「恐ろしい女性」である。昨年の大河ドラマ『真田丸』では、徳川家康の側室阿茶局を演じた。阿茶 [全文を読む]

仮面女子と2000人の前で同じステージに!?戦国アイドルまつり出演オーディション!グランプリは楽曲提供&CDリリース!更にJOYSOUNDにも!!

PR TIMES / 2017年02月05日10時24分

そして勝者30組のうち上位1位2位のアイドルは、現在も浜崎あゆみ、関ジャニ∞、渋谷すばる、斉藤由貴など一流アーティストをサポートする”濵崎大地”氏による楽曲提供がありCDリリース、さらにJOYSOUND最新機種のカラオケにも入ります。メジャーデビューを夢見るアイドルの夢を叶えるチャンスとしてのドリームプロジェクトとして動画配信に定評あるSHOWROOMとの [全文を読む]

フォーカス