安藤和津のニュース

母の在宅介護で苦労した安藤和津 国や職場の支援必要性語る

NEWSポストセブン / 2015年12月09日16時00分

エッセイストの安藤和津(67才)は、母が1998年に脳腫瘍と認知症と診断され、2006年に亡くなるまでの間、壮絶な介護の日々が続いた。 「夜は15分おきに起こされ、2時間おきにおむつを交換。母は大柄で70kg以上あったので、トイレの介護では支えきれずに肩を脱臼したことも。長引く介護生活でうつになってしまい、喜怒哀楽がなくなり、面白いテレビを見ても笑えない。 [全文を読む]

安藤和津 母の介護支えた奥田瑛二の印象的なエピソード語る

NEWSポストセブン / 2015年01月12日07時00分

1979年1月、奥田瑛二と結婚した安藤和津(66才)は、元法務相・犬養健氏と料亭「をぎ乃」の経営者である母・荻野昌子氏の間に生まれた。母は自立した人物だったものの、奥田・安藤夫妻が母と同じマンションに引っ越してから多いときには日に20回以上もかかってくる電話や過剰な干渉を受けることとなる。 さらにはピアノの先生に未払いの月謝を催促され、先生の顔に向かって札 [全文を読む]

安藤和津 夫・奥田瑛二との結婚を勧めた母親との関係を語る

NEWSポストセブン / 2015年01月09日07時00分

エッセイストで俳優・奥田瑛二(64才)の妻である安藤和津さん(66)の父は、内閣総理大臣・犬養毅の息子で法務大臣も務めたことのある犬養健氏(享年64)。母は料亭「をぎ乃」の経営者・荻野昌子さん。父は母よりも27才年上で妻子がいた。安藤さんが中学1年生の時、父が心臓病で他界したが、葬儀で安藤さんと母は親族席に座れなかった。だが、母は「ふん、それが何だっていう [全文を読む]

安藤サクラ 妊娠7カ月の結婚記念日に“極寒ロケ”の女優根性

WEB女性自身 / 2017年03月22日12時00分

安藤の父は俳優の奥田瑛二(66)、母は女優でエッセイストの安藤和津(69)。いっぽうの柄本も、父は俳優の柄本明(68)、母は女優の角替和江(62)と、 芸能一家同士の結婚 が話題を呼んだ。 「付き合い始めた頃、柄本さんが義父の奥田瑛二さんに挨拶にいくと『交際は認めるが、結婚は3年待て』と言われたそうです。その3年の間に柄本さんは俳優として名を上げました。そ [全文を読む]

浜崎あゆみ バツ2で進むべきは安室奈美恵より松田聖子か

WEB女性自身 / 2016年09月22日06時00分

そんな彼女について、エッセイストの安藤和津(68)は14日放送の情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)でこう語っている。 「どうせなら聖子ちゃん目指しちゃって、離婚したって何したって『あゆはあゆ』ってなればいいじゃない」 松田聖子(54)も2度の離婚を経験しているが、12年に歯科医男性と再婚。現在も第一線で活躍し続けている。 「あゆといえば、二大 [全文を読む]

介護の総合ポータルサイト『オアシスナビ×ハートページ』 “良い介護とは何か?”をテーマに安藤桃子監督独占インタビューを配信

@Press / 2014年12月09日14時30分

お父様は奥田瑛二さん、お母様は安藤和津さん、実妹に安藤サクラさんという芸能一家の中で、家族の介護を経験。そのリアルな経験から発想を得た小説『0.5ミリ』を出版、映画化されました。 『0.5ミリ』は、原作および監督・脚本は安藤桃子さん、エグゼクティブ・プロデューサーは奥田瑛二さん、フードスタイリストは安藤和津さん。そして主演は安藤サクラさんと、まさに家族総出 [全文を読む]

50代から女性の心を満たす、生き方、暮らしマガジン 『ときめき』 本日発売!!

PR TIMES / 2014年11月17日11時20分

■「私たち夫に手を焼いています」巻頭対談 ベニシアさん×安藤和津さん 「亭主元気で留守がいい」は名言。子どもたちが独立して、夫婦二人きりで過ごす時間が増えた「ときめき世代」。俳優であり、映画監督である奥田瑛二氏を支えながら自らも活躍される安藤和津さんと、カメラマンである夫と仕事もプライベートも共にするベニシアさんに、夫への不満や、今こそ伝えたいことを語り [全文を読む]

黒革の手帖 好調理由の1つは脇固める役者のキャスティングの妙

NEWSポストセブン / 2017年08月02日07時00分

安藤和津さん(69)にバレないようにこういうことをしてきたのかな、と思っちゃいますよね(笑い)。ちなみにクリニック院長が「国有地をタダで手に入れる」というエピソードは、まさに森友学園問題とリンクするタイムリーなネタで、ドラマはこうあるべきだと改めて思いました。作品の中に風刺を入れてチクチクやるのは、歌舞伎も同じですから。 [全文を読む]

難民救済に尽力 作家の犬養道子さん死去、96歳

J-CASTニュース / 2017年07月24日13時56分

異母妹にエッセイスト、テレビキャスターの安藤和津さん。国際連合難民高等弁務官だった緒方貞子さんも親戚。 『お嬢さん放浪記』がベストセラーに 1921年、犬養健・元法相の長女として東京で生まれた。母方の曽祖父は明治の大物政治家後藤象二郎。女子学習院卒業後、津田英学塾を経て、米国やフランスの大学で聖書学などを学んだ。 58年に出版した『お嬢さん放浪記』がベスト [全文を読む]

木村佳乃、愛娘からもらった直筆メッセージに”ほっこり”

ザテレビジョン / 2017年07月04日12時52分

スタジオには、後藤、木村、中山秀征、岩尾望のレギュラー出演者に加え、ぺこ&りゅうちぇる、安藤和津、的場浩司、乙葉がゲストに登場し、自身の家族にまつわるエピソードを語る。 今回は、塚田僚一が鹿児島県の離島・喜界島、篠山輝信が宮崎県・椎葉村の大家族の元を訪れ、その生活を追う。また、榊原郁恵は京都の大家族から生まれた”時短料理レシピ”を紹介する他、三船美佳はシ [全文を読む]

高島彩と石坂浩二がMC初タッグ!「紅白雑学総研」がOA

ザテレビジョン / 2017年07月04日05時00分

紅組には安藤和津、井森美幸、岡田結実、皆藤愛子、草刈民代、中田喜子、浜口京子、藤田ニコル、宮澤エマが、白組には伊藤一朗、筧利夫、河合雪之丞、小峠英二、鈴木福、田山涼成、長嶋一茂、宮本亜門、向井慧が参戦する。 各チームに出題されるクイズに誰が答えるかを、敵チームのキャプテンが1問につき3人の解答者を指名し、解答順まで決定。1人目、2人目、3人目と正解時の得 [全文を読む]

松本人志、陣内智則の結婚に「浮気せえへんやろな?」

Smartザテレビジョン / 2017年05月28日13時30分

5月28日の放送では、コメンテーターとして安藤和津、小籔千豊、古市憲寿が登場した。 お笑い芸人・陣内智則(43歳)とフジテレビの松村未央アナウンサー(30歳)が結婚するという話題に。2014年に交際が発覚、陣内は「彼女が30歳になるまでに考えないと」と周囲に言っていたという。 一方で、フジテレビのアナウンス部員たちは、2人が交際をする際、かなり反対をしてい [全文を読む]

指原莉乃、逮捕の坂口杏里に「裏切ったのはすごく悲しい」

Smartザテレビジョン / 2017年04月23日14時41分

タレントの安藤和津は「お金が必要で恐喝したんじゃなくて、会いたくてだったんじゃないか」と推測。 一方、HKT48・指原莉乃は「AVに行ったのは自分で選んだ道だから転落とは思わないけど、ファンを裏切ったのはすごく悲しい」と残念がった。 歌手の泉谷しげるは「母の良子さんは知っているが、愛情の深い人だったし、ちゃんと育てたと思うが、ちょっと甘かったのかな。でも彼 [全文を読む]

指原莉乃がキレイになったと話題に、リアクションはキャバ嬢?

dwango.jp news / 2017年04月23日11時32分

23日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ)のコメンテーターに、初登場の安藤和津、泉谷しげると個性派の揃う中、指原莉乃が久々に出演した。 松本人志からいきなり、「なんかだんだんケバくなってきたんちゃう?」と指摘され、カメラに可愛い表情を向ける指原、さらに東野幸治が「そうなんですよ、泉谷さんが”最近キレイになったなあ”って言ったら、”うわ、ドキッ!”っていう [全文を読む]

麻耶&麻央だけじゃない…芸能界“有名姉妹”の絆秘話

WEB女性自身 / 2017年02月25日12時00分

逆に、距離が近くなることだってあります」(倉田さん) そんな芸能界 有名姉妹 の中で、今、もっとも意欲的に 姉妹力 を発揮しているのが、奥田瑛二(66)、安藤和津(68)夫妻の娘、安藤桃子(34)と安藤サクラ(31)かもしれない。映画監督の桃子は 14年に自身の小説『0.5ミリ』を映画化。女優のサクラを主演に起用し、姉妹共作を実現した。 桃子とサクラは幼い [全文を読む]

“絶体絶命のピンチ”への対処法を専門家が伝授!

Smartザテレビジョン / 2016年11月11日12時00分

安藤和津が夫・奥田瑛二に、そして山口もえが夫・田中裕二(爆笑問題)に対する個性的なお願いの仕方とは何なのか。 その他、親子の間で起こるしがらみや、職場のしがらみ、恋人同士のしがらみというテーマで送る。果たして、酷評と高評価に分かれた絶体絶命アンサーとは? [全文を読む]

中村アンさんが語る 【女も惚れるセクシー】って?

ハピプラニュース / 2016年08月06日08時00分

それから、先日エッセイストの安藤和津さんとご一緒したときに、きれいにお手入れされた爪を見て、強い色気を感じたんです。年を重ねても指先まで気を遣い、経験からくる余裕もあって……大人ならではの上質なセクシーさ、私も見習いたいな。 【中村アンさんより】 “ニュアンスのある髪って、女らしさに必須の要素だよね” “腕を大胆に出したいから、いつでも引き締めておきたい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラ、義弟・柄本時生と摩訶不思議なダンス披露「仲良すぎw」

TechinsightJapan / 2016年08月05日13時00分

安藤の両親は奥田瑛二とエッセイストの安藤和津、柄本は俳優の柄本明と女優の角替和枝を両親に持つという“大御所家族”同士の結婚は注目を集めたが、家族仲はいたって良好なようだ。特に2人は以前NHK連続テレビ小説『おひさま』で夫婦役を務めた経験もあり、まさに息ピッタリの様子だ。 出典:https://www.instagram.com/sakuraando (Te [全文を読む]

中村アン「キスってなんで飽きないんだろう?」発言...同性からの共感コメント続出

メンズサイゾー / 2016年06月23日17時05分

大正12年創立の目白学園(現・目白研心中学校・高等学校)に通い、大学は東洋英和女学院大学だという中村のほか、学習院女子中・高等科出身のエッセイストでタレントの安藤和津(68)、関西を代表するお嬢様校と言われる樟蔭学園出身の芸人・松嶋尚美(44)がスタジオに登場し、一般の感覚とは異なるエピソードを次々と披露して番組を盛り上げた。 その中で中村は高校時代を振り [全文を読む]

意外な芸能人の介護・闘病体験をラジオで~ニッポン放送

認知症ねっと / 2016年06月17日09時43分

6月5日の放送のゲストは、エッセイストでタレントの安藤和津。脳腫瘍が原因で認知症になった母親を約8年間介護をした体験を聞いた。5月8日の放送には俳優の風間トオルが出演。少年時代に両親と離れ祖父母に育てられたが、当時の厳しかった経済状況や祖父母との交流を語った。その他の放送では、刑務所で増加する認知症受刑者についてや、最新のIT(情報通信技術)を使った徘徊対 [全文を読む]

フォーカス