長谷川慶太郎のニュース

変動する国際情勢を見誤るな『2016年 世界の真実(WAC BUNKO)』著者長谷川慶太郎をキンドル電子書籍ストアにて配信開始

DreamNews / 2016年10月12日18時00分

株式会社ファンギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤澤徹 http://funguild.jp/ )が、『2016年 世界の真実(WAC BUNKO)』著者長谷川慶太郎を、9月30日にキンドル電子書籍ストアにて配信開始いたしました。株式会社ファンギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤澤徹 http://funguild.jp/ )が、『2016 [全文を読む]

これは単なる予測ではない、すでに見えている2017年の現実だ『2017年 世界の真実 (WAC BUNKO)』著者長谷川慶太郎

DreamNews / 2016年10月07日18時00分

株式会社ファンギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤澤徹 http://funguild.jp/ )が、『2017年 世界の真実 (WAC BUNKO)』著者長谷川慶太郎を、9月30日にキンドル電子書籍ストアにて配信開始いたしました。株式会社ファンギルド(本社:東京都千代田区、代表取締役:藤澤徹 http://funguild.jp/ )が、『201 [全文を読む]

世界各国の軍隊分析でわかった今、日本の組織に必要な要素を徹底解説! 『最強の組織力 やる気を引き出す条件』 規律、やる気、独創性、そして学習能力に至るまで

DreamNews / 2016年11月28日10時00分

ご存じ、日本を代表するエコノミスト長谷川慶太郎の最新刊で、かつ1986年に東洋経済新報社から刊行された歴史的名著『組織の戦闘力』の増補改訂版です。著者は数々の経済予測を当ててきたエコノミストとして知られますが、その一方で軍事、戦争も長年研究してきました。その理由は、人類が他の動物には見られない「破壊本能」とでもいうべき性質を、誰でも潜在意識として持ちあわせ [全文を読む]

『日経平均2万5000円超え時代の日本経済経営トップが代われば株価はもっと良くなる』下がったら押し目買いだ!日本の株は世界の株を引っ張っていく牽引力を発揮できると考えて間違いない!

DreamNews / 2015年07月17日10時00分

ご存じ、日本を代表するエコノミスト長谷川慶太郎の最新刊です。本書の特徴は、経営者という観点から伸びる企業、ダメな企業を徹底分析していること。また、そういった企業、たとえば三菱重工業、京セラ、東芝、ニコン、ソフトバンクなどなど、実名がすべて掲載されていることです。そして著者は、一介のサラリーマンからサントリーHDのトップにまでのし上がった新浪剛史の「新浪モ [全文を読む]

ビジネス・経済書「売れ筋」200冊ランキング インテル元CEOの著書が2週連続1位を獲得

東洋経済オンライン / 2017年02月07日10時00分

■ ビジネス・経済書 売り上げ上位1~50 (1/29~2/4) 順位 先週順位 書名 筆者 出版社 1 1 HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント アンドリュー・S・グローブ 日経BP社 2 2 生産性 伊賀 泰代 ダイヤモンド社 3 9 米中開戦 躍進する日本 渡邉 哲也 [全文を読む]

愛嬌だけでは、飽きられる。『「だから女は」と言わせない最強の仕事術―――前を向く女性の努力を結果に変える本』著者朝倉千恵子(こう書房)を、4月14日にキンドル電子書籍ストアにてリリース

DreamNews / 2017年04月14日18時00分

■『「だから女は」と言わせない最強の仕事術―――前を向く女性の努力を結果に変える本』著者朝倉千恵子(こう書房) ・キンドル電子書籍 http://amzn.to/2nA2D07 ・アマゾン書籍 http://amzn.to/2nzNyLT ―――■ 株式会社ファンギルド キンドル電子書籍3月 売れ筋ベスト5 ■――― 1位■【入門】お金持ち生活のつくり方 [全文を読む]

絶対食べたくなるラーメンがこれだ『全国ご当地厳選!インスタントラーメン味巡り 珠玉の袋麺』著者日本ジャーナル出版編集部(日本ジャーナル出版)を、キンドル電子書籍ストアにてリリース

DreamNews / 2017年04月13日18時00分

■『全国ご当地厳選!インスタントラーメン味巡り 珠玉の袋麺』著者日本ジャーナル出版編集部(日本ジャーナル出版) ・キンドル電子書籍 http://amzn.to/2pouAo9 ―――■ 株式会社ファンギルド キンドル電子書籍3月 売れ筋ベスト5 ■――― 1位■【入門】お金持ち生活のつくり方―――今すぐこの習慣と思考法を身につけよう! http://a [全文を読む]

この坂どんな坂。闇坂/幽霊坂/のぞき坂/まむし坂/芋洗坂/饂飩坂/此経難持坂『あんなこんなさんぽ坂』著者日本ジャーナル出版編集部(日本ジャーナル出版)を、4月7日にキンドル電子書籍ストアにてリリース

DreamNews / 2017年04月12日18時00分

■『あんなこんなさんぽ坂』著者日本ジャーナル出版編集部(日本ジャーナル出版) ・キンドル電子書籍 http://amzn.to/2oTDiP5 ―――■ 株式会社ファンギルド キンドル電子書籍3月 売れ筋ベスト5 ■――― 1位■【入門】お金持ち生活のつくり方―――今すぐこの習慣と思考法を身につけよう! http://amzn.to/2nYlkpw 2位 [全文を読む]

「有名だから本を出せる」という大きな勘違い 普通の人でも作家になれなくはない

東洋経済オンライン / 2017年02月27日17時00分

遠くは長谷川慶太郎氏、近くは池井戸潤氏も、本を出す前は無名の人だった。したがって、先の相談者の質問への答えは、常に「ノー、フツーの人で何ら問題ありません」である。大物・有名人というとき、ビジネス書に限っていえば、次の2つのタイプに分かれる。Aタイプ:本を出す以前に大物・有名人であった。Bタイプ:本出したことで大物・有名人になった。Aタイプは、財界のトップを [全文を読む]

リピート客を効率よく確保できる仕組みはこうして創る『ストックビジネスで「お金」と「自由な時間」を手にいれる方法』著者知念章(こう書房)キンドル電子書籍ストアにてリリース

DreamNews / 2016年12月29日18時00分

そう思いながらも、外の世界は、、、 ~はじめに 抜粋~ ――― ■目次 ●1章 あなたはまだラットレースを続けますか? 1 企業してもラットレースから抜け出せない理由 2 金の亡者とは誰なのか? 3 真の幸せな人生には「お金」と「時間」が必要である 4 いまこそラットレースを抜け出すべき時 ●2章 ラットレースから抜け出す方法 ●3章 ストックビジネスと [全文を読む]

日本最大級のマーケティング勉強会「商品開発の会」の1000名が教える秘訣『ヒット商品を生み出す最良最短の方法』著者濱畠太(こう書房)を、電子書籍ストアにて配信スタート

DreamNews / 2016年12月27日18時00分

■『ヒット商品を生み出す最良最短の方法―――商品開発者1000人の実践から引き出した24の秘訣』著者濱畠太(こう書房) ・キンドル電子書籍 https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01MT13BXG ・アマゾン書籍 https://www.amazon.co.jp/dp/4769611579 ・楽天コボ http://boo [全文を読む]

中国・習近平のメンツ丸潰れ…トランプ米国による容赦ない「排除」政策で苦境に

Business Journal / 2016年12月19日06時00分

国際エコノミストの長谷川慶太郎氏は、以下のように語る。「マティスは1990年代の湾岸戦争や2003年からのイラク戦争で陣頭指揮にあたった優秀な軍人であり戦略家だ。これまで国防長官の要職には、元軍人では陸海空の軍の長官か参謀総長しか就任していない。今回、マティスを抜擢したのは『思いきってやりなさい』というトランプの意思表示だろう。 マティスが国防長官に就任し [全文を読む]

トランプの差別主義的暴言は米国民の本音ゆえ熱狂…農家間で家畜&家電の盗難が多発?

Business Journal / 2016年10月20日06時00分

9月に『最強の日本経済が世界を牽引する』(KADOKAWA)を上梓した国際エコノミストの長谷川慶太郎氏は、アメリカ国民の本音について、当サイトの取材に答えて次のように語っている。「アメリカの農民には共和党支持者が多い。彼らの望みは至ってシンプルだ。『税金を減らしてほしい』『国内の農家を援助してほしい』『公共事業をちゃんとやってほしい』『“世界の警察官”な [全文を読む]

小池百合子 金正男密入国時に「日本から出すな」と進言した

NEWSポストセブン / 2016年08月06日07時00分

番組共演などで親交のあった経済評論家の長谷川慶太郎さんは当時をこう振り返る。「カイロ大学への入学を勧めたのは私の友人で、彼女が“人のやらないことをやりたい”と言うので、“アラビア語は誰も話す人がいないから、勉強するといい”と答えた。すると、さっそく“それに決めました”と。本当に決断の早い女性ですね」 実は小池さんはカイロ大学在学中の1974年、3才年上の日 [全文を読む]

安倍総理へのインタビューを掲載!『Voice』2013年7月号が6月10日発売

PR TIMES / 2013年06月06日14時00分

特集では、上向く方向にある実体経済を「リフレ景気」と名づけたうえで、若田部昌澄氏、伊藤元重氏、長谷川慶太郎氏などの方々にご登場いただき、今後の課題と行く末を紹介しました。さらに、日本でもベストセラーを生み出したジャレド・ダイアモンド氏へのインタビューや先ごろ本屋大賞を受賞した百田尚樹氏の新連載「覚醒するクラシック」も、ぜひ読んでいただきたい企画です。これか [全文を読む]

サムスンの重電機不進出は技術者ゼロだから 日本は自信持て

NEWSポストセブン / 2013年01月10日07時00分

厳しい状況が続く日本の現状について、長谷川慶太郎氏(85)は、「言わずに死ねるか!」と以下のように指摘する。 * * * 経済は大丈夫。円高も全然怖くありません。統計は長いスパンで見るべきで、1971年のニクソン・ショックの時は1ドル360円でしたが、当時の日本の輸出総額はわずか8兆円。それが1ドル80円に上がっても輸出総額は約70兆円になった。円高になる [全文を読む]

フォーカス