金正男のニュース

現実味を帯びてきた北朝鮮への先制攻撃。手を下すのは米国か中国か

まぐまぐニュース! / 2017年03月02日05時00分

世界中に衝撃を与えた金正男氏暗殺事件。その前日には弾道ミサイル発射実験を強行するなど、北朝鮮の暴走が目に余る事態となっています。こうした動きを受けてトランプ新政権は、北朝鮮高官のビザを拒否するなど厳しい姿勢を見せていますが、これをもって「アメリカは北朝鮮に対して軍事オプション行使をちらつかせている段階」とするのは評論家の黄文雄さん。さらに氏は自身のメルマガ [全文を読む]

『父・金正日と私 金正男独占告白』が話題五味洋治氏の金正男関連雑誌記事をまとめて3月17日 電子書籍オリジナルで配信決定

@Press / 2017年03月17日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、3月17日より「『父・金正日と私』では語りきれなかった金正男の素顔」(五味洋治・著)を配信いたします。電子書籍オリジナルのコンテンツとなります。 2017年2月13日、クアラルンプール国際空港での金正男の暗殺は全世界に衝撃を与えました。今なお、新事実が続々と明らかになっており、事件全貌 [全文を読む]

金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月20日07時36分

習近平政権誕生以来、中朝関係が冷え切っている中、中国はなぜ金正男氏を保護してきたのか、殺害は今後の中朝関係に影響するかなど、日本人が抱く疑問をぶつけた。回答から東北アジア情勢と課題が見えてくる。中国政府メディアの報道の仕方中国の中央テレビ局CCTV系列は、金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で毒殺されたことに関する [全文を読む]

金正男暗殺 20年前の「金正日の甥」銃撃との共通点

NEWSポストセブン / 2017年02月20日07時00分

2月13日、北朝鮮の最高指導者・金正恩の異母兄である金正男がマレーシアの首都・クアラルーンプールの国際空港で殺害された。北朝鮮情勢をウォッチする公安関係者は、驚きを隠さない。 「東南アジアで北朝鮮の暗殺部隊が動いているという情報が昨年の春頃からあったが、まさか金正男を狙っていたとは……。金正男は投資顧問のビジネスをしており、ここ数年、マカオと香港やシンガポ [全文を読む]

金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月27日13時50分

ハンソル氏がマレーシアに行き、殺害された男性が父親・金正男氏であるか否かを確認する可能性、あるいはマレーシア警察がマカオに来てDNA採取をする可能性などに関して、中国政府はどのように考えているのか。北朝鮮が金正男氏であることを否定したのがキーポイントマレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の長男である金漢率(キム・ハンソル。以下、ハンソル)氏は、 [全文を読む]

金正男「日本への無防備な親愛」が自らの首を絞めた側面も

NEWSポストセブン / 2017年02月21日16時00分

金正男はなぜ今になって暗殺されたのか。北朝鮮事情に詳しいジャーナリスト・李策氏は、東京新聞・五味洋治記者によるインタビュー記録『父・金正日と私 金正男独占告白』(文藝春秋)の出版後、ある場所で金正男との接触に成功した。 しかしその際、金正男は「メディアとは一切、関係を断った。どんな企画であれ、今後インタビューに応じることはない」と断言した。 李策氏が、「自 [全文を読む]

<コラム>金正男氏の訃報に思わず声が出た、3冊の本を読み彼を悼む

Record China / 2017年02月16日10時00分

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日にマレーシア・クアラルンプールの空港で殺害された。スマートフォンにインストールしてある聯合ニュースアプリからの一報を見た瞬間、帰り道の電車の中だったが思わず声が出た。 東京新聞記者の五味洋治氏がその著作「父・金正日と私 金正男独占告白」(文藝春秋)で、金正男氏とのメ [全文を読む]

北朝鮮・金正男氏が「暗殺」報道 「ディズニー好きなのに」と惜しむ声

しらべぇ / 2017年02月14日21時00分

(画像は「わが民族同士グラビアページ」からのスクリーンショット)北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏が「殺害された」というニュースをKBS(韓国放送公社)や聯合ニュースが報じた。「北朝鮮の女性工作員による暗殺」との報道も見られる。あまりに突然のニュースにネット民からも驚きの声が上がり、Yahoo!リアルタイム検索でも「金正男」がトレンド1 [全文を読む]

【まさおロスに朗報】“金正男は生きている陰謀論”が噴出「暗殺されたのは別人、死体に刺青なし」竹田恒泰氏も影武者説に言及

tocana / 2017年02月20日19時00分

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が暗殺された事件の衝撃が広がっている。現在、殺害に関与したと思しき容疑者のうち数人がマレーシア警察当局に拘束され、次第に毒殺の手口が明らかになってくるとともに、北朝鮮側は遺体の引き渡しを要求。金正男氏を手厚く保護してきた中国と北朝鮮の関係を含め、事件が今後の国際情勢に与える影 [全文を読む]

金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機会を狙っていた

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月15日13時45分

<12日の新型ミサイル発射実験の成功に続いて、北朝鮮の金正恩が放った矢は、異母兄弟の金正男の暗殺だった。韓国の国家情報院によれば北朝鮮は5年前から暗殺を試みていたという>北朝鮮の金正恩の異母兄弟である金正男がマレーシアで暗殺された、という報道は14日夜、瞬く間に世界中を駆け巡った。韓国メディアで単独スクープとしてこの事件を伝えたのはTV朝鮮だった。TV朝鮮 [全文を読む]

金正男「韓国、北朝鮮、日本、いつか世界の壁がなくなればいいのに......」 10年以上追い続けた記者の記憶に残り続ける言葉

ニコニコニュース / 2017年02月18日09時30分

金正男氏の死に伴い、東京新聞編集員で『父・金正日と私 金正男独占告白』の著者である五味洋治氏が日本外国特派員協会で記者会見を行い、その様子をニコニコ生放送にて中継しました。 10年以上取材を続けてきた五味氏だからこそ知っている、父親との関係性や北朝鮮へ寄せる思いなど「金正男氏とその死」をテーマに会見を行いました。すべての写真付きでニュースを読む会社のデスク [全文を読む]

【金正男氏殺害】当初沈黙していた中国政府と官製メディアー今事件をどう伝えているか?

Global News Asia / 2017年03月11日15時57分

2017年3月11日、クアラルンプールで発生した金正男氏殺害事件について、北朝鮮の最大支援国である中国が事件をどのように報じてきたのかを見ていく。2月13日事件発生の翌14日に、韓国発で世界へ報じられ日本でも連日のようにトップニュースとなったのは記憶に新しいと思う。 中国は、地方紙やインターネットメディアは金一族の家系図などを用いて、詳細に事件を伝えるメデ [全文を読む]

【金正男氏殺害】事件から2週間これまでの経緯、逮捕者4人・容疑者と重要参考人が7人うち北朝鮮籍8人

Global News Asia / 2017年02月27日11時00分

2017年2月27日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、北朝鮮の金正男氏とされる男性が殺害されてから2週間を迎えた。まだ不明な点が多いが、現時点まで判明していることを整理した。 事件は金正男氏とみられる男性が、13日午前9時前にクアラルンプール第2旅客ターミナル(KLIA2)で、マカオ行きのエアアジアの自動チェックイン機前で並んでいるところに女2人が [全文を読む]

【金正男氏殺害】ネット上で噂が広まっている影武者説 根拠は写真に写っているはずの入れ墨?

Global News Asia / 2017年02月23日11時21分

2017年2月23日、マレーシアで発生した金正男氏殺害事件についての報道が、連日トップニュースで伝えられているが、日本の「2ちゃんねる」のような掲示板や「YouTube」などでは、この事件についてのある噂が飛び交っている。 金正男氏は生きている。殺害されたのは、正男氏の影武者だ。この噂の根拠の1つとして挙げれているのは、メディアに公開された襲撃を受けた直後 [全文を読む]

北朝鮮・金正恩新体制のカギを握る独裁者長男の肉声『父・金正日と私 金正男独占告白』緊急出版!電子書籍版も配信開始

@Press / 2012年01月27日16時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾 隆弘)は、昨年急死した北朝鮮の金正日総書記の長男・金正男氏の独占告白『父・金正日と私 金正男独占告白』(東京新聞編集委員・五味 洋治著)を緊急出版いたしました。あわせて電子書籍版も配信を開始します。 ■『父・金正日と私 金正男独占告白』の内容 「三代世襲に追従することはできない。37年間続いた [全文を読む]

金正恩、揺らぐ国内指導体制

Japan In-depth / 2017年04月10日11時00分

「細川珠生のモーニングトーク」2017年4月1日放送細川珠生(政治ジャーナリスト)Japan In-depth 編集部(大川聖)【まとめ】・金正男殺害事件、北朝鮮の粘り勝ち。・金正恩の指導体制は不安定。・韓国、野党政権誕生で内政混乱する可能性大。 ■金正男氏遺体帰国、北朝鮮作戦勝ち朝鮮半島は現在非常に不安定な状態にある。北朝鮮では金正男氏が殺害されたり、ミ [全文を読む]

なぜ米国務長官は、同盟国でもない中国に「平身低頭」なのか?

まぐまぐニュース! / 2017年04月04日16時40分

今年2月13日の金正恩政権による金正男暗殺の一件以来、特に3月6日、北朝鮮は「在日米軍基地への攻撃訓練」と公言して日本近海にミサイルを4発も打ち込んで以来、北朝鮮問題、というよりも北朝鮮危機は一気にアメリカの最大の関心事となった。いよいよ暴走し始めた金正恩政権を前にして、北朝鮮からの核脅威はアメリカとそのアジアの同盟国にとっての、「今そこにある危機」とな [全文を読む]

金正恩、母の存在公にしないのは在日朝鮮人だったからか

NEWSポストセブン / 2017年03月05日16時00分

2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長(33才)の異母兄・金正男(享年45)が殺されてから2週間以上が経過した。「遺体は金正男の影武者説」まで飛び出すなど、まるでミステリー映画のようなこの事件を、新聞やワイドショーでは、金正男と金正恩を巡る複雑な家庭環境とともに伝えている。 金正男と金正恩は、母とどんな関係だった [全文を読む]

金正恩、韓国大統領選に活路

Japan In-depth / 2017年03月04日18時00分

北朝鮮の独裁者、金正恩委員長の異母兄である金正男氏が殺害された。世界中に衝撃が走ったこの事件。一体なぜ彼が殺害されたのか。金正恩体制へどのような影響があるのか。アメリカ、韓国、中国、東南アジア諸国と北朝鮮の今後、そして日本はどう対応すべきなのか。3月2日、朝鮮情勢分析の第一人者、朴斗鎮氏を講師に迎え、Japan In-depthセミナー「衝撃!金正男暗殺 [全文を読む]

金正男が激白「北朝鮮を解放する!」(1) まったく偶然だった出会い

アサ芸プラス / 2012年01月31日10時56分

この「金王朝」3代世襲に猛反対しているのが、金正日氏の長男・金正男氏だ。父、弟との確執、祖国追放の真相、そして「王朝廃止・北朝鮮解放」に動く真意――。日本に恐怖をまき散らし続ける「テロ国家」新リーダーの兄が、思いの全てを明かした! 「私の常識によれば、経済発展を成し遂げるために北朝鮮の改革・開放が必須です!」 昨年12月に金正日総書記が69歳で死去し、三男 [全文を読む]

フォーカス