鈴木康広のニュース


ヒューマンアカデミー 未来のロボット博士が今年も東大に集結!大人も驚くアイデアを披露!「第6回 ヒューマンアカデミー ロボット教室 全国大会」開催

PR TIMES / 2016年05月12日11時31分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5089/187/resize/d5089-187-667498-3.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/5089/187/resize/d5089-187-931225-4.jpg ]■第6回 ヒューマンアカデミー ロボット教室 全国大会 開催概要日時 : 2016年8月20日 [全文を読む]

【コクヨデザインアワード2015】受賞作品発表&審査員の佐藤可士和氏、鈴木康広氏、田川欣哉氏、植原亮輔氏、渡邉良重氏によるトークショーを開催。

PR TIMES / 2015年10月08日10時43分

■本件に関するお問合せコクヨデザインアワード事務局/ メールアドレス:event2015@award.kokuyo.co.jp [全文を読む]

【コクヨデザインアワード2015】審査員の鈴木康広氏、田川欣哉氏によるデザイントークショー、7月16日(木)まで動画配信中!

PR TIMES / 2015年07月08日12時18分

7月2日に開催した「コクヨデザインアワード2015」審査員の鈴木康広氏、田川欣哉氏による「美しい暮らし」デザイントークショーの動画を7月16日(木)まで配信しています。 「コクヨデザインアワード2015」は、7月31日(金)まで「美しい暮らし」をテーマに作品を募集しています。 今回、ifs未来研究所所長の川島蓉子氏をナビゲーターに迎え、アーティストの鈴木 [全文を読む]

片桐仁 辻仁成の芥川賞受賞『海峡の光』等3冊の愛読書紹介

NEWSポストセブン / 2014年05月05日16時00分

鈴木康広さんは『ファスナーの船』などで知られる現代アートの人。『まばたきとはばたき』(鈴木康広/青幻舎)はその作品写真と解説です。どのページからでも読める本なので、ぼくはトイレに置いて愛読しています。彼の頭の中を見る感じで、日常生活を面白いと思うヒントがたっぷり詰まっている。「感受性」というのは大事。ちょっとモノの見方が変わると何もかもが変わって見えてき [全文を読む]

カルチャー発信を前面に、JINSが渋谷に藤本荘介デザインのフラッグシップ店オープン

FASHION HEADLINE / 2017年05月30日10時00分

オープニングには、コンテンポラリーアート作家・鈴木康広の「世界の見方が変わる瞬間(Blinking Spectacles)」の作品を展示。視点の高さを意識した「上/下」(2017)や「まばたきの時計」(2003)、「ファスナーの船」(2004)、「りんごのけん玉」(2003)、「境界線を引く鉛筆」(2002)、「ルーペの節穴」(2017)、「日本列島の方 [全文を読む]

『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』第2弾アーティスト発表 !今週末5月21日、22日石巻にて、宮島達男アート作品のワークショップ開催!

PR TIMES / 2017年05月16日16時48分

7月22日(土)から51日間開催となる“アート”“音楽”“食”の総合祭「Reborn-Art Festival 2017」に向けて、現代アーティストが続々と石巻に滞在しアート作品制作をスタート!今週末5月21日(日)・22日(月)には石巻市内にて、現代アーティスト・宮島達男によるアート作品の一部となるワークショップの開催が決定!!あわせて、オフィシャルグッ [全文を読む]

にゃあ~んの声が聞こえてくる、かわいくてたまらない「ねこ絵本」<絵本ナビ監修>絵本をえらぶ Vol.46

Woman.excite / 2017年03月29日20時00分

人気現代アーティスト、鈴木康広さんの初めての絵本です。ヨクネルとひな文:LEE/絵:酒井 駒子/出版社:ブロンズ新社 「ヨクネルとひな」(絵本ナビ紹介ページ)ひなちゃんの家にやってきた、やせほそったのらねこ。からだをきれいにふいてあげると、あらわれたのは大きな青い瞳。ひなちゃんは、子ねこをそうっとだいてみます…。絵本のなかから抱き上げ、やさしく包んであげた [全文を読む]

『Numero TOKYO』が創刊100号を記念しイセタンサローネでポップアップを開催!幻のモッズコートもHYKEから復活

FASHION HEADLINE / 2016年08月27日16時00分

さらに、100号で掲載されている東信、大宮エリー、鈴木康広、舘鼻則孝、浜崎あゆみ、峰なゆかによる6作品の実物も展示される。 さらに、初日である8月27日の夜にはオープニングパーティも開催。メゾン キツネのクリエイティブディレクター黒木理也×同誌編集長の田中杏子によるトークショーやjan and naomiのミニライブなど盛りだくさんのコンテンツで楽しいひと [全文を読む]

デザインの手がかりに満ちた白熱の対談集! 世代や分野を越えたクリエイター30組の対話によるデザインの過去・現在・未来

PR TIMES / 2016年08月10日17時10分

●出演者[画像2: http://prtimes.jp/i/12109/184/resize/d12109-184-582742-2.jpg ]【01】箭内道彦×鈴木康広【02】松永真×大迫修三(JAGDA事務局長)【03】長友啓典×阿川佐和子(作家)【04】宮田裕美詠×渡邉良重【05】田中良治×exonemo【06】浅葉克己×臼田捷治(デザインジャーナリ [全文を読む]

国内最大級のデザインコンペティション【コクヨデザインアワード2016】募集を開始!

PR TIMES / 2016年05月13日12時29分

審査員は、佐藤可士和氏、鈴木康広氏、田川欣哉氏、植原亮輔氏、渡邉良重氏、が就任。コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田英邦)は、「コクヨデザインアワード2016」を開催し、2016年5月13日から7月29日まで作品を募集します。2002年に創設以来、今回で14回目となり、これまでに過去の受賞作品から「カドケシ」や「Campusノートパラクルノ」、「Bee [全文を読む]

東京大学内で、細胞とアートの“小さな実験室”公開。山中俊治デザインの実験器具や、細胞彫刻を展示

FASHION HEADLINE / 2016年02月15日17時00分

ラインアップは、パナソニック ヘルスケアとインダストリアルデザイナーの山中俊治によるバイオメディカ機器(生物医療に関わる機器のこと)や、アーティストの鈴木康広が細胞や生体材料を用いて製作した「細胞を生ける器」など。 また、2月17日の18時から19時30分まではアーティストの福原志保と山中が、19日の同時刻には女優の池澤あやかと東京大学教授の竹内昌治が、2 [全文を読む]

東京・神田を舞台に、地域と文化の未来を試行する「TRANS ARTS TOKYO 2015 ~むすんで、ひらいて~ 」10/9(金)〜

NeoL / 2015年09月03日18時51分

■催事名:TRANS ARTS TOKYO 2015 ・開催期間:2015年10月9日(金)-11月3日(火・祝) ・開催場所:五十通りエリア: 神田錦町2・3丁目、神田小川町3丁目 旧東京電機大学跡地:東京都千代田区神田錦町2-2 NPC神田小川町パーキング:東京都千代田区神田小川町3-9-2 ワテラス:東京都千代田区神田淡路町2-101 アーツ千 [全文を読む]

大ヒット商品「カドケシ」を輩出した国内最大級のデザインコンペティション【コクヨデザインアワード2015】開催! 5月15日(金)から募集開始

PR TIMES / 2015年05月15日11時09分

2015年の審査員は、佐藤可士和氏、鈴木康広氏、田川欣哉氏、植原亮輔氏、渡邉良重氏、が就任。コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、使う人の視点で優れたデザインを、広く一般ユーザーから集めて商品化をめざすコンペティション「コクヨデザインアワード2015」を開催し、2015年5月15日から7月31日まで作品を募集します。2002年に創設以来、今回 [全文を読む]

漫画家の浅野いにお、アソビシステム中川悠介らが講師として参加。BUKATSUDO「企画でメシを食っていく」セミナー開講

NeoL / 2015年04月09日22時39分

「企画でメシを食っていく」 日程:2015年5月9日(土)、5月23日(土)、6月6日(土)、6月20日(土)、7月4日(土)、7月18日(土)、8月1日(土)、8月15日(土)、8月29日(土)、9月12日(土)、9月26日(土)、10月10日(土) 時間:16:00~19:00 会場:BUKATSUDO 場所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 [全文を読む]

ミッドタウンでデザインタッチ開催。科学とデザインが生んだイスでデザインスイッチオン!

FASHION HEADLINE / 2014年10月18日11時30分

アーティストの鈴木康広がデザインした「日本列島のベンチ」は座ることで実際の日本列島の方角・傾度が分かるベンチ。太陽の動きや、北海道から九州まで緩やかに弧を描いていることまでが体感出来る。その他、「座ってあたためるイス」や「自分のからだを持ち上げるイス」など、個性豊かな全12脚がそろう。 開催日の17日に会場へ訪れた古屋氏は、「普段デザインに触れる機会の少な [全文を読む]

都現美で宇宙×芸術展開催。チームラボ、名和晃平ら作る小宇宙

FASHION HEADLINE / 2014年06月08日11時00分

1階展示スペースではその他、宇宙法則を表現した森脇裕之のインスタレーションや、宇宙の生成を思わせる木本圭子のCG作品、鈴木康広のリンゴを宇宙に見立てた作品群などを見ることが出来る。地下2階の会場には、“リアルな宇宙”と“表現の宇宙”の境界線にあるような作品がそろう。名和晃平の作品群は3シリーズからなっており、“重力”の作用を強く感じさせるペインティング作品 [全文を読む]

三宅一生、青柳正規ら出演、11月27日開催第1回パブリック・シンポジウム 「国立デザイン美術館をつくろう!」の模様をUSTREAMでライブ中継

PR TIMES / 2012年11月26日10時02分

みんなの声を集めて国立デザイン美術館をつくりましょう!<出演>■登壇者三宅一生(デザイナー)、青柳正規(美術史家/国立西洋美術館長)、佐藤卓(グラフィックデザイナー)、深澤直人(プロダクトデザイナー)、工藤和美(建築家)、皆川明(ファッションデザイナー)、田川欣哉(デザインエンジニア)、鈴木康広(アーティスト)、関口光太郎(アーティスト)■司会柴田祐規子( [全文を読む]

フォーカス