福田赳夫のニュース

【エンタがビタミン♪】福田萌や“歴史的人物”もランクイン 名前に「福」が入る有名人TOP10

TechinsightJapan / 2017年01月06日16時59分

■20~50代男女に聞いた 名前に「福」が入る有名人TOP10 1位 福山雅治 2位 鈴木福 3位 福原愛 4位 福士蒼汰 5位 福沢諭吉 6位 福田彩乃 7位 福田充徳(チュートリアル) 8位 福田萌 9位 福田赳夫 10位 笑福亭鶴瓶 また、5位の福沢諭吉や9位の福田赳夫(第67代内閣総理大臣)は予想した久本雅美自身が正解して驚くほど意外だった。同コ [全文を読む]

田中角栄と福田赳夫の「角福戦争」 小泉純一郎が終わらせた

NEWSポストセブン / 2016年01月25日16時00分

ポスト佐藤栄作を巡り、田中角栄と福田赳夫が自民党総裁選で争った1970年に始まる「角福戦争」である。田中が病で倒れる1985年まで続いたが、それですべてが終わったわけではなかったと拓殖大学海外事情研究所の丹羽文生准教授は言う。 「角福戦争を終戦に持ち込んだ人物。それは福田の書生だった小泉純一郎です」 小泉にとって福田は政治の師だった。1978年の総裁選予備 [全文を読む]

田中角栄 日本が酔いしれた親分力(10)目指すはひとつ、首相の座

アサ芸プラス / 2016年07月13日05時55分

だが、目の前にライバル・福田赳夫が立ち塞がり、田中はアメリカを舞台に大きな賭けに出る。田中の圧倒的なパフォーマンスは人々の心をつかみ、逆境を覆す。この胆力こそが、男の野望を実現する原動力なのだ! 田中角栄は、佐藤栄作首相に呼ばれ、首相官邸の首相執務室を訪ねた。1965年(昭和40年)5月末であった。 佐藤は、田中をソファーに座らせるなり、顔をほころばせ、上 [全文を読む]

ついに1千兆円超え、日本を借金大国に成り下げた超A級戦犯は?

週プレNEWS / 2015年11月17日06時00分

一体、誰が悪かったのか? ■禁じ手の口火を切った福田赳夫大蔵大臣 赤字国債とはすなわち、国の借金だ。国が収入に見合わない支出をしたい時、国債が発行される。 その時代ごとに借金をする事情があったとはいえ、年間の税収が55兆円弱の国が、累計1050兆円以上の借金をしているなんてクレージーとしか言いようがない。もちろん、今後それに悩まされるのは、今この記事を読ん [全文を読む]

石原慎太郎、福田赳夫... 彼らと共に伝説のUMA「ネッシー」を探して/康芳夫インタビュー

tocana / 2015年08月04日18時00分

慎太郎さんはもちろん1回来ただけで、それでも2週間くらいいましたけどね」 [全文を読む]

ヤフー、楽天も本社移転 鉄道系企業の大規模再開発、テナント誘致で勝ち組IT企業争奪戦

Business Journal / 2014年08月21日14時00分

派閥創設者の故福田赳夫元首相が堤氏と親しかったことから、格安の賃料で事務所として使ってきたという。 79年に福田元首相が清和会を結成して以来、赤プリ内に事務所を設置。森喜朗氏、小泉純一郎氏、安倍晋三氏、福田元首相の長男である康夫氏と4代連続で首相を輩出した。野党に転落した自民党が再び政権を奪取すると、清和会の安倍氏が首相に返り咲いた。 田中角栄元首相、福田 [全文を読む]

「真の近現代史観」懸賞論文 審査委員長に加瀬英明氏就任

PR TIMES / 2017年04月24日16時09分

『ブリタニカ大百科事典』初代編集長、福田赳夫、中曽根内閣で首相特別顧問として対米接衛に当たる。松下政経塾相談役などを経て、東京国際大学特任教授。著書『加瀬英明著作選集』など多数。 渡部昇一先生が対談『立て! 日本』(高木書房)のあとがきで、「加瀬さんが取り消さなければならない過去の発言は、おそらく皆無であろう」と、述べていられる。 アパグループリリース資料 [全文を読む]

安倍×小池×小泉会談 小泉元首相の密着記者が語る“2人のキーマン”

文春オンライン / 2017年04月22日07時00分

27歳の初陣で落選した後、福田赳夫の書生をしていた時代に訪ねて以来、40年以上も前から1階のカウンターか、小上がりで一人晩酌をしに通っている高級小料理店です。2階には小泉氏が客人を招く際によく使う座敷があり、10人くらいまで入れる。室内にはトイレもあり、セキュリティも秘匿性も抜群です。 小瓶で出てくるビールを4:6の泡多めにして手酌で注ぐのが小泉流。1、2 [全文を読む]

森友学園、愛と憎しみの証人喚問を新聞各紙はどのように伝えたか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月27日05時00分

かつて、岸信介、福田赳夫、中曽根康弘、松野頼三の各氏が次期主力戦闘機売り込みに関わる不正資金に関わって追及されたダグラス・グラマン事件(現金授受を認めたのは松野氏1人。起訴されたのは日商岩井側3名のみ)で、国会に証人喚問された日商岩井の海部八郎副社長が緊張のあまり手が震えて宣誓書にサインできなくなってしまったことがあった。今朝の「天声人語」は、今では語り草 [全文を読む]

PL教団 野球部廃部、信者の実数は数万人程度に減少か

NEWSポストセブン / 2017年02月12日07時00分

彼の葬儀で流されたメモリアルビデオでは福田赳夫や若き日の森喜朗、石原慎太郎といった政治家との交流が描かれ、さらには長嶋茂雄や王貞治など、一流の野球人と談笑する姿も写っている。「人生は芸術である」 その言葉をPL処世訓の第一条に掲げた徳近は、信者にスポーツや芸術活動に励むことを推奨したが、彼自身がもっとも愛したのが野球だった。1955年に創立したPL学園に [全文を読む]

フォーカス