康芳夫のニュース

【書評】猪木vsアリ戦を仕掛けた伝説の「怪人」が語る

NEWSポストセブン / 2016年11月02日07時00分

【書評】『虚人と巨人』/康芳夫監修・平井有太著/辰巳出版/本体2500円+税 【監修者】康芳夫(こう・よしお)/1937年、在日中国大使侍医の中国人父と日本人母の次男に生まれる。東京大学卒業後、呼び屋となる。著書に『虚人のすすめ 無秩序を生き抜け』(集英社新書)、『虚人魁人康芳夫 国際暗黒プロデューサーの自伝』(学習研究社)。 奇想天外な仕事ぶりに、謎めい [全文を読む]

洗脳広告代理店「電通」が画策するオリンピックと人類奴隷化計画! さらに宇宙人の存在を苫米地英人が語る!(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月26日07時00分

メディアを牛耳るタブーを前に、苫米地氏の言葉はまだまだ加速してゆく!【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11466.html】■人民を洗脳する電通と日テレ、そしてオリンピック康芳夫氏(以下、康)「あと個人的に聞いておきたいんだけど、あなたが常々言っている《電通の洗脳》っていうのは、どういうことですか?」苫米地 [全文を読む]

「安倍よ、北のサイバー攻撃に負けたくなければ、俺に1千億円よこせ。日本をトップに引き上げる」苫米地英人VS康芳夫対談!

tocana / 2016年12月25日08時00分

そんな人知を超えるほど膨大な守備範囲を誇るドクターに、イベントやメディアでの型破りな企画で1970年代の世界を翻弄し続けた国際暗黒プロデューサー康芳夫氏が迫る。 果たして、《サイバー戦争》下での日本の実力は――!?【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/12/post_11464.html】康芳夫氏(以下、康)「北朝鮮のガキ将軍 [全文を読む]

「日本会議すら日本を理解してない」「天皇陛下の“お気持ち第2弾”も」右翼に支持され、左翼が動かす安倍政権の歪さを康芳夫と苫米地英人が斬る!

tocana / 2016年12月23日08時00分

脳科学者・苫米地英人氏と、“昭和の暗黒プロデューサー”康芳夫氏による対談。 かねてから安倍政権のいびつさを指摘した《暗黒知識人》康芳夫。一方の脳科学者苫米地英人氏はまた別のベクトルからその特殊性を読み解く。安倍政権が亡霊から解き放たれる日が先か、天皇陛下による再度のクーデターが先か、現在の天皇陛下をめぐる事態は《有史以来の非常事態》に突入している!?【その [全文を読む]

「“人工知能”は人間を殺さない」トップAI研究者・苫米地英人が語るシンギュラリティの真実(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月21日14時00分

脳科学者・苫米地英人氏と、“昭和の暗黒プロデューサー”康芳夫氏による対談。 現在は「第三次AIブーム」といわれ、『ディープラーニング』を応用したGoogle社開発のAIがプロ棋士と対戦し、AIが圧勝したと話題になっている。“人間を追い抜いた人工知能に襲われる”という、かつてのSF小説の定番プロットが目前であるかのように報道される現在、1980年代に人工知能 [全文を読む]

苫米地英人が語る、カネと宗教「イスラム以外の宗教は全部ビジネス」「墓場利権と対立してきた創価学会」(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月01日08時00分

“オウム真理教前夜の麻原彰晃が駆け込んだ稀代の怪人”康芳夫と、“オウム信者の洗脳を警察の依頼で解いた脳科学者”苫米地英人による“超常対談”! テーマは、宗教とカネ――。■墓場ビジネスの闇苫米地(以下、苫)「日本には鎌倉時代には成立して、江戸時代から安定して続いてきた《墓場利権》ってのがあるのね。日本の当時の人口は知らないけど、今だったら1億2千万人が平均し [全文を読む]

「薬物弁当を食べさせられていた自衛隊員」「狂者だった教祖」脳科学者・苫米地英人が語る“オウム真理教と洗脳の真実”(康芳夫対談)

tocana / 2016年11月30日08時00分

“オウム真理教前夜の麻原彰晃が駆け込んだ稀代の怪人”康芳夫と、“オウム信者の洗脳を警察の依頼で解いた脳科学者”苫米地英人による“超常対談”! テーマは、オウム真理教と洗脳――。■オウム信者の中いたにスパイ――苫米地さんが、オウム真理教事件で洗脳を解かれた時のことを教えてください。苫米地英人(以下苫)「“洗脳されてるかどうか確認してほしい”と、警察から信者を [全文を読む]

「天皇陛下・お気持ち」に日本会議も大慌て! 増幅させてはならぬ“天皇の権力”問題【康芳夫がタブーに切り込む!】

tocana / 2016年08月26日08時00分

※その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10729.html 天皇制の在り方も含め、国民的な議論が求められている本件に関して、国際暗黒プロデューサーであり、ネッシー捕獲、オリバー君召喚、モハメド・アリ対アントニオ猪木戦プロデュース、「家畜人ヤプー」全権代理人etcでもある、自称“虚業家”康芳夫氏が緊急重大ファック [全文を読む]

雅子さまはマスコミにイジメられている!? 皇室報道のパイオニア・花田紀凱が語る「皇室バッシング」

tocana / 2016年04月12日09時00分

そんな信念の元に現在も『WiLL』誌上で皇室報道を続ける花田紀凱に、“全世界を睥睨するスフィンクス”康芳夫からは、最新の“菊タブー”案件が用意されていた。※その他の写真はコチラ→http://tocana.jp/2016/04/post_9253.html■花田紀凱が「死ぬまでに見ておきたい」3つの社会康芳夫(以下、康)「いやあ、しかし『今の週刊文春』を見 [全文を読む]

「野獣に人権はない」女子高生コンクリート殺人事件で実名報道を決断した編集長が本気で語る、元少年A問題!

tocana / 2016年04月12日08時00分

今回は、昨年、1997年の自らの凶行を振り返る手記『絶歌』(太田出版)を匿名のまま出版し、多くの非難を浴びた「神戸児童連続殺人事件(1997年)」の犯人・元少年Aを巡る『週刊文春』の報道をテーマに、元文春編集長である花田紀凱氏と国際暗黒プロデューサーの康芳夫氏に話を聞いた。かつて未成年の凶悪犯罪に対し「野獣に人権はない」と実名報道に踏み切った花田紀凱は、一 [全文を読む]

フォーカス