吉村昭のニュース

【書評】平明端正な文章で事実をもって語らしめた吉村昭評伝

NEWSポストセブン / 2014年07月11日07時00分

【書評】『評伝 吉村昭』笹沢信著/白水社/3000円+税 【評者】川本三郎(評論家) 昭和二年(一九二七)生まれの三人の作家、城山三郎、藤沢周平、そして吉村昭には共通点がある。ストイックで勤勉であること。自らを律することに厳しかった。この三人の作品が好きな読者は彼らの禁欲的な生き方にも惹かれる。 吉村昭は東京の下町・日暮里の生まれ。実家は繊維工場。両親を早 [全文を読む]

作品を高く評価も食糞場面に激怒し太宰賞選出拒否した作家

NEWSポストセブン / 2013年03月09日07時00分

1996年からTBS系テレビ『王様のブランチ』・書籍コーナーのコメンテーターを12年半務めた松田氏が、同じ町内に住んでいた作家、吉村昭氏の思い出をつづる。 * * * ある年の太宰治賞選考委員会が終わってすぐのころ、選考委員だった吉村昭さんから電話がかかってきて、「『ちくま』に載ってる短編小説いいね。こういう小説、好きだなあ」と楽しそうに感想を述べた。吉村 [全文を読む]

主演・ビートたけし×原作・吉村昭「破獄」に橋爪功、松重豊、寺島進ら豪華キャストが参戦!

映画.com / 2017年03月08日17時00分

[映画.com ニュース]ビートたけし主演で吉村昭氏の傑作小説をドラマ化する「破獄」が4月12日に放送されることが決定し、橋爪功、松重豊、寺島進、渡辺いっけい、勝村政信、池内博之、中村蒼が出演することがわかった。また、本作の題字を書道家・武田双雲が担当したことも判明。たけし自らがすった墨で、武田が迫力に満ちた題字を創出している。 読売文学賞を受賞した吉村氏 [全文を読む]

ドキュメンタリー「女たちの赤紙」とドラマ「女たちの赤紙」を同じ日に見て。

メディアゴン / 2015年08月06日07時10分

吉村昭はこのタイプの小説家である。吉村昭の「生麦事件」や「戦艦武蔵」は、綿密な取材によって書かれている。しかし、取材では、すべての経過を事実で埋めることは出来ない。吉村さんはそこが作家の楽しみであると言う。取材で埋められない事実を、作家の想像力と創造力で埋めるのが「何よりの楽しみ」だという。時には取材の結果「書こうとした事実」にとって「邪魔な事実」が出てく [全文を読む]

たけし・山田孝之の息詰まる攻防『破獄』実在の囚人がモデル

しらべぇ / 2017年04月12日06時30分

吉村昭の長編小説『破獄』(新潮文庫)が、今日4月12日夜9時テレビ東京開局記念日 ドラマ特別企画として放送される。主人公の浦田進役のビートたけしは、3年ぶりのドラマ主演作で、初めての看守役。浦田をはじめ多くの看守たちを追い込む無期懲役囚・佐久間清太郎役の山田孝之、過去の確執から父へ素直になれない浦田の娘・浦田美代子役を吉田羊が演じ、共にたけしとは初共演とな [全文を読む]

たけし主演ドラマ「破獄」に橋爪功、松重豊ら追加キャスト決定

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日06時00分

同ドラマは、は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)が原作で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化。すでに“監獄の守り神”として絶対的自信を持つ看守・浦田進役をビートたけしが、また浦田と対決する、脱獄犯・佐久間清太郎役を山田孝之が演じることが決まっている。今回発表されたのは、小菅刑務所長・大田坂洋役に松重豊、札幌刑務所長 [全文を読む]

ビートたけし主演で「破獄」が30年ぶりにドラマ化!

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日06時00分

「破獄」は、読売文学賞を受賞した吉村昭の同名小説(新潮文庫刊)で、脚本・池端俊策、監督・深川栄洋によって30年ぶりにドラマ化される。たけしがテレビ東京のドラマに出演するのは今作が初めてとなる。 脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進(たけし)と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に犯罪史上未曽有の [全文を読む]

池波正太郎、湯川秀樹…数々の文士、文化人たちが愛した洋食の味とは

Woman Insight / 2015年05月16日22時00分

吉村昭さんが愛した「レストラン香味屋(かみや)」のビーフシチュー 取材を得意とした小説家、吉村昭さんは食べ物に対しても貪欲でした。吉村さんが洋食を食べに通ったのが、大正14(1925)年創業の『レストラン香味屋(かみや)』。 「少年時代、胸をときめかせて白いテーブルクロスのかかった食卓の前に坐って、トンカツやハヤシライスを食べた洋食屋の名残りのある店が [全文を読む]

ロケ地に移り住んで撮影 熊切和嘉監督が描こうとした剣戟の正体とは?

THE PAGE / 2017年05月27日12時10分

ただ吉村昭さんの小説『桜田門外ノ変』にこのような描写があり、動揺したことがある。出仕途中の井伊直弼が襲われた桜田門外ノ変では、現場に耳や鼻などが散乱していたというのだ。 「剣術の稽古で最も重視される間合いなどすっかり忘れ、ただ刀を上下左右にふるうだけで、揉み合っている者もいる」 修業を積んだ武士でも動転し、そのうちに刀が触れ合って、耳や鼻を削ぎ落してしまう [全文を読む]

山田孝之、ドラマ「破獄」名演で「人間の証明」の藤原竜也に圧勝!?

アサジョ / 2017年04月18日10時15分

原作は吉村昭による同名小説で、舞台は太平洋戦争真っ只中の秋田刑務所と網走刑務所。85年には故・緒形拳と津川雅彦がNHKのスペシャルドラマで演じている。「4月2日には77年公開の映画『人間の証明』で故・松田優作が演じた棟居刑事役を単発ドラマで藤原竜也が演じたばかり。緒形も松田も日本が誇る名優でファンも多いため、山田や藤原といった次世代の名優が彼らと同じ役を [全文を読む]

フォーカス