前野健太のニュース

吉田豪インタビュー:安齋肇「本業のキャラクターデザインで稼ぎたいけどまったく仕事ない」(2)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月02日17時05分

もちろん主役の前野健太の歌も全部、古田君がアレンジやって。音楽がまたいいんだ。梅津和時さんってRCのサックスの人が吹いてくれたりして。そうなったら悪くなるわけないじゃん。前野健太の歌もまたいいからさ。前野健太、死にもの狂いでやったからね。ホントに死にそうだったんだよ、雪山で(笑)。 ──そうだ、雪山で撮影したんですよね。 安齋 そうそう、雪山だから月船さら [全文を読む]

“笑う洋楽展”みうらじゅん&安斎肇コンビが放つポルノムービー『変態だ 』。衝撃のラストシーンに思わず絶句!?

おたぽる / 2016年12月10日20時00分

イラストレーター&デザイナーが本職である安斎肇に加え、撮影監督はスチールカメラマンとして著名な三浦憲治、主演俳優にはシンガーソングライターの前野健太を起用。前野健太は松江哲明監督のドキュメンタリー映画『ライブテープ』(09年)、『トーキョードリフター』(11年)に主演しているが、俳優としては未知数の存在。どんなセッションが繰り広げられるのか、まったく予想で [全文を読む]

企画・みうらじゅん×監督・安齋肇!前野健太主演の話題作『変態だ』予告映像 白石茉莉奈、宮藤官九郎の姿も

AOLニュース / 2016年10月25日20時30分

本作の主人公は、一浪の末、都内の二流大学に進学した"普通"の男(前野健太)。 男が偶然入ったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩み出すところから物語は始まる。やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と息子とのごくごく普通の家庭生活を送る男だが、一方では学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた。 そんなある [全文を読む]

前野健太がアナログフィッシュのライブにゲスト出演!開催直前イベントも決定! SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES

PR TIMES / 2012年03月06日09時21分

本日、アナログフィッシュのライブに以前より親交の深い前野健太がゲスト出演、また、3月22日(木)にタワーレコード新宿店でインストアイベントの開催が決定したことをお知らせいたします。 <SPACE SHOWER TV presents『OTHER SIDES』開催直前インストアイベント> 開催日時:3月22日(木)19:30スタート 開催場所:タワーレコー [全文を読む]

まちづくりの拠点になる開放的な空間&絵本・児童書が充実! 太田市美術館・図書館の魅力

ガジェット通信 / 2017年04月28日10時00分

同じく1Fの壁面には、埼玉県出身のシンガーソングライター・前野健太氏による太田の模様を描いた詩が展示されています。鎌倉・南北朝期の武将・新田義貞の居城だった金山城から太田の街を俯瞰したような詩で、「工場」や「ショッピングモール」、さらには「飛行機」といったフレーズが織り込まれ、太田の歴史と現在が凝縮された格好。館内では、前野氏の歌も流されています。 1F [全文を読む]

5月に放送決定!SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES

PR TIMES / 2012年04月04日09時27分

盟友・前野健太を迎えた3曲目「確率の夜、 可能性の朝」では美しいハーモニーワークを場内に響かせてくれた。続く曽我部恵一はサブステージでのソロ弾き語り。後半2曲の「キラキラ!」と「LOVE-SICK」は生歌&生ギターによる完全ノーマイクでの演奏を披露し、圧巻のパフォーマンスで場内を沸かせてくれた。そして、アコギ×2、カホンという編成でバンドの持ち味である情感 [全文を読む]

長野県『りんご音楽祭』2012年度は春開催 第1弾でやけのはら、サ上とロ吉、おとぎ話ら21組

リッスンジャパン / 2012年02月08日18時00分

第1弾で発表されたラインナップは、アナログフィッシュ、やけのはら、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、サイプレス上野とロベルト吉野、前野健太withおとぎ話ら21組。チケットの料金及び発売日などの詳細は後日オフィシャル・サイト(ringofes.naganoblog.jp)で発表される。【イベント情報】『りんご音楽祭2012春』開催日:5月19日(土)、20日 [全文を読む]

群馬県に新たな複合施設、太田市美術館・図書館がオープン!設計は若き建築家の平田晃久

FASHION HEADLINE / 2017年04月23日12時00分

1階展示室では浅井祐介、藤原泰佑、前野健太といった気鋭のアーティストらが多様な表現形態で太田の風土を発見・表現する「風土の発見」を、2階展示室では飯塚小かんさい(※)、石内都、片山真理、清水房之丞、正田壤らによる太田市出身・ゆかりのアーティストを、太田の風土に育まれた「想像の遺伝子」として、そして3階展示室では林勇気が来るべき未来に対して思考をうながす市 [全文を読む]

Mining ~ジム・オルーク × 石橋英子 × 日高理樹~

NeoL / 2017年04月20日01時13分

最近では七尾旅人、前野健太、星野源、OGRE YOU ASSHOLEなどの作品やライブに参加。映画音楽も手掛けている。またソロライブと共に、バンド「石橋英子withもう死んだ人たち(ジム・オルーク、須藤俊明、山本達久、波多野敦子)」としても活発にライブを行う。4thアルバム「imitation of life」、そして2014年リリースの最新作「car a [全文を読む]

「GYAO!」で『輝け!第19回みうらじゅん賞』の独占生配信が決定!

PR TIMES / 2016年12月14日09時26分

<歴代受賞者(敬称略)> 第1回(1994年):杉作J太郎、中野まり子、カーツ佐藤、いとうせいこう 第2回(1995年):薮下秀樹、泉晴紀、泉麻人、田口トモロヲ 第3回(1996年):金子修介、樋口真嗣、町山智浩、水野晴郎、安斎肇、山田五郎 第4回(1997年):宮本浩次、吉田照美、喜国雅彦、谷ナオミ、松崎しげる、水道橋博士 第5回(1998年):スター [全文を読む]

フォーカス