長谷川町子のニュース

サザエさん生誕70年記念「よりぬき長谷川町子展」!長谷川町子の創作世界に迫る初の回顧展

PR TIMES / 2017年04月28日11時00分

平成29年4月29日(土・祝)~5月24日(水)松坂屋名古屋店 南館7階 松坂屋美術館 長谷川町子の手によって生み出された「サザエさん」は、終戦の翌年1946年に新聞連載が開始され、今年生誕70年の記念すべき年を迎えます。日本を代表する国民的漫画として、幅広い世代から愛され続けている「サザエさん」の作者である長谷川町子の生涯と、知られざる豊かな創作世界を紹 [全文を読む]

『サザエさん』の著者・長谷川町子の創作世界を紐解く初の回顧展「よりぬき長谷川町子展」

FASHION HEADLINE / 2016年04月23日18時00分

国民的新聞漫画『サザエさん』の生誕70周年を記念して4月28日から5月22日まで、作者である長谷川町子にフォーカスした「よりぬき長谷川町子展」が京都・美術館「えき」KYOTOで開催される。 『サザエさん』を生み出した長谷川町子は、幼いころから絵の才能に恵まれ、14歳のとき田河水泡に弟子入りすると、翌年日本初の女性漫画家としてデビュー。これまでに普遍的なユー [全文を読む]

サザエさん連載70周年記念 『よりぬき長谷川町子展』

太田出版ケトルニュース / 2016年08月29日10時47分

国民的漫画『サザエさん』の新聞連載開始70年を記念する展覧会『よりぬき長谷川町子展』が、8月27日より板橋区立美術館でスタート。作者・長谷川町子の貴重な原画や、彼女の生涯をたどる資料が展示されている。 1920年に生まれた長谷川町子は、『のらくろ』で知られる田河水泡に14歳で弟子入りし、1946年に疎開先の福岡の「夕刊フクニチ」で『サザエさん』の連載を開始 [全文を読む]

長谷川町子とサトウサンペイの対談も再録! ファン待望の『サザエさん』ベスト版第2弾発売

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月01日15時00分

また、作者・長谷川町子と、『フジ三太郎』でおなじみサトウサンペイの対談も再録。サザエさん一家がデザインされた長谷川町子美術館限定グッズなどをカラーグラビアで紹介するなど、70周年を祝した豪華な仕上がりになっている。 さらに、「当時の大きさので読みたい!」との声にこたえ、『サザエさん』発売当初の大型版も、3月に待望の復刊を果たした。40年ぶりにNHK連続テ [全文を読む]

放送開始45周年記念特別企画「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」東京凱旋決定

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月08日18時00分

なお、長谷川町子美術館では開館30周年を記念し、2015年7月18日(土)より、展覧会「長谷川町子が描いたサザエさん」が開催される。「みんなのサザエさん展」と併せてチェックしておきたい。 ■「ありがとう45周年!みんなのサザエさん展」 会期:2015年9月18日(金)~ 9月29日(火) 時間:10:00~19:30(20:00閉場) ※9月29日(火) [全文を読む]

サザエさんは元出版社勤務でタラちゃんは女の子説あり

NEWSポストセブン / 2016年06月01日07時00分

『サザエさん』の原作が誕生して70周年を迎えた今年、作者・長谷川町子さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版や、長谷川町子美術館にて『長谷川毬子と長谷川町子二人展』を開催するなどイベントが続いている。 日本人なら誰もが知っているサザエさんだが、実は原作にはたくさんのトリビアがある。その一部を紹介しよう。一つ [全文を読む]

【完売店が続出!】「サザエさん」ベスト版、待望の第2弾が4月22日発売!

PR TIMES / 2016年04月22日09時45分

『サザエさん』生誕70年を記念して、単行本『よりぬきサザエさん』全13巻から315作品を厳選 株式会社朝日新聞出版(本社:東京都中央区築地)は、4コマ漫画の最高傑作『サザエさん』(長谷川町子作)の“ベスト版”として、週刊朝日増刊『サザエさん 2016 春 』を発売します。本書は1月に発売し、全国書店で完売店が続出した『サザエさん 2016』の第二弾となりま [全文を読む]

磯野家の先祖におはぎを38個食べ大評判になった武士が存在

NEWSポストセブン / 2016年06月05日16時00分

1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版ほか、記念イベントが続々と開かれている。 磯野家の先祖には、磯野藻屑源素太皆(いそのもくずみなもとのすたみな)という武士が [全文を読む]

『サザエさん』の真実 イクラちゃんの名は実はチドリだった

NEWSポストセブン / 2016年06月05日16時00分

1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版がされるだけでなく、記念イベントが続々と開かれている。 『サザエさん』の原作には、さまざまな裏エピソードがある。 例えばノ [全文を読む]

タラちゃんに妹がいた! 幻の「ヒトデちゃん」

NEWSポストセブン / 2016年05月30日16時00分

戦後間もない1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は原作生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。 そんなサザエさんの家族というと、父・波平、母・フネ、弟・カツオ、 [全文を読む]

タマ以外の磯野家のペット 犬のエルザ、リス、カメなど

NEWSポストセブン / 2016年05月29日07時00分

戦後間もない1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は原作生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。 磯野家のペットといえば猫のタマがおなじみ。アニメ版でも、タマがレ [全文を読む]

波平の双子の兄・海平 フネが間違えるほどそっくり

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

1946年4月22日、福岡の地方紙『夕刊フクニチ』で連載が始まった長谷川町子さん(享年72)の『サザエさん』。今年は生誕70年ということで、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。 そんな『サザエさん』のお父さんといえば波平。その波平には、福岡県に住む一卵性双生 [全文を読む]

サザエさん 作者が海岸を散歩していたから海産物の名前に

NEWSポストセブン / 2016年05月27日11時00分

約6500話──1946年から1974年まで長谷川町子さん(享年72)は、『夕刊フクニチ』や『朝日新聞』で4コマ漫画『サザエさん』を描き続けた。 原作生誕70年を迎えた今年、長谷川さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版など、記念イベントが続々と開かれている。 『サザエさん』といえば、登場人物全員が海産物 [全文を読む]

【今週の対決】「日曜の夜アニメ」展覧会がアツい!

WEB女性自身 / 2015年10月31日06時00分

その名もサザエさん通りを歩いて5分もすると長谷川町子美術館が現れる。現在、「開館30周年記念 長谷川町子が描いたサザエさん」の展覧会が開催中。 こぢんまりとした入口から2階にあがる。まずは長谷川町子さんの年表から目を通す。女性漫画家として10代の半ばから才能を見いだされたよう。展覧会は(1)漫画の世界。(2)絵本の世界。(3)アニメの世界。と3つのテーマに [全文を読む]

都市伝説みたいな本当の「サザエさん一家」のお話

おたくま経済新聞 / 2013年09月05日12時46分

――タラちゃんには実は妹がいる これは1954年に発行された「サザエさん一家の未来予想図」(著:長谷川町子)の中で、10年後のサザエさん一家として紹介されています。 その中ではワカメちゃんにそっくりな「ヒトデちゃん」が紹介されているんですよ。ちなみにこの「ヒトデちゃん」が登場しないのはサザエさんが年を取らないからみたいです。 ――サザエさんの舞台はもとも [全文を読む]

国民的アニメ「サザエさん」の世界を満喫!アットホームなカフェでサザエさん焼きはいかが?東京都世田谷区桜新町「Lien de SAZAESAN」

GOTRIP! / 2017年04月11日11時30分

ほど近い場所には『サザエさん』の作者として知られる漫画家・長谷川町子さんが集めた美術品を展示している「長谷川町子美術館」があります。 店名の“Lien”とは、フランス語で「絆」を意味する言葉。 桜新町というサザエさんにゆかりのあるこの場所で、人と人が笑顔になって再会を約束できるような、そんな誰かの「絆」となりたいという願いがこめられているのだとか。 店内 [全文を読む]

マリカー騒動は現代の「サザエさんバス事件」か 著作権闘争の歴史を振り返る

しらべぇ / 2017年03月01日06時00分

これは1970年、立川バスが当時運行していたサザエさんのイラスト付きバスが作者の許可を得ておらず、長谷川町子が提訴したもの。結論から言えば、5年に及ぶ法廷闘争の末長谷川が勝訴した。現代人の感覚で言えば当然の結末であるが、当時は長谷川に対して大衆が疑問の声を放った。「なぜ20年近く運行しているバスに、今更ケチをつけるのか?」と。人気漫画のキャラクターと題字を [全文を読む]

中国人が知らないあのアニメが、日本では「国宝級」である理由―華字紙

Record China / 2016年08月06日02時20分

「サザエさん」は1946年に長谷川町子さんが4コマ漫画で発表し、1969年にアニメ化された。誕生からすでに70年がたっていて、世代を超えて日本人の記憶に刻まれ続けてきた。2013年には「最も長く放送されているアニメ」としてギネス世界記録に認定された。視聴率も驚くべきもので、1997〜2006年の平均視聴率は20%超え。2014年はやや下がっているが15%以 [全文を読む]

【豆知識】サザエさんの知られざるトリビア15連発

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年05月09日06時00分

4. タラちゃんには妹がいる 原作者の長谷川町子さんが1954年に「サザエさん一家の未来予想図」という本を出しているのですが、その中で10年後のサザエさんというページがあり、その中でサザエさんに2人目の子供がいる描写がされています。名前は『ヒトデ』で、スカートを穿いていることから女の子だと思われます。 5. ノリスケは東大卒! サザエさんの登場人物は揃い [全文を読む]

【巻頭大特集】すべての猫好きに贈る保存版 猫と絵本が好き! ●猫絵本対談 工藤ノリコ×ヒグチユウコ【特別ふろく】ヒグチユウコ「いらないねこ」一筆箋。MOE 6月号は、5/2発売!

DreamNews / 2016年05月02日10時00分

MOE 6月号は、5/2発売!MOE2016年6月号、5月2日発売! ■ 巻頭大特集 ■ すべての猫好きに贈る保存版猫と絵本が好き! ● 猫絵本対談工藤ノリコ×ヒグチユウコ「ノラネコぐんだん」シリーズと「せかいいちのねこ」● 作家と猫の素敵なおはなし1坂本美雨 猫とともにある人生 ● 作家と猫の素敵なおはなし2角田光代 私の世界を変えた猫 ● 作家と猫の素 [全文を読む]

フォーカス