横山歩のニュース

「左江内氏」クランクアップで横山歩「チューはやめて」

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日06時05分

最後に家族でのシーンを撮り終え、クランクアップとなった小泉今日子、島崎遥香、横山歩の3人。小学生ながら多彩な“甘え技”を駆使する左江内の息子・もや夫を演じた横山は、「本当に楽しかったです!! ありがとうございました!」と緊張気味にあいさつ。スタッフから「監督に何か伝えたいことありますか?」という質問が飛ぶと、横山は「あの…かんとく、もう、(ほっぺに)チュー [全文を読む]

小泉今日子バースデーを左江内家メンバーらがお祝い!

Smartザテレビジョン / 2017年02月04日14時30分

2月18日(土)放送の第6話で、左江内が家族と遊園地を訪れるシーンを撮影後、堤真一、島崎遥香、横山歩の「左江内家」メンバーを中心に温かな雰囲気でセレモニーが行われた。 番組公式Twitterに投稿された写真には、堤、島崎、横山の「左江内家」メンバーに加え、神出鬼没なフリーター・米倉を演じる佐藤二朗や、ご当地ヒーロー「絢爛郷土カヌマン」の姿も。彼らがどんな形 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『左江内氏』の息子“もや夫”役が好演 「福くんの弟かと思った」の声も

TechinsightJapan / 2017年01月22日18時22分

もや夫役の横山歩くんはドラマの設定と同じ8歳である。2014年放送のNHK朝ドラ『花子とアン』では主人公・村岡花子(吉高由里子)と夫・村岡英治(鈴木亮平)の息子・村岡歩役を務めた。他にも数々のドラマや映画、CMと活躍する期待の子役だ。 今回、担任の先生役を演じた女優・川面千晶は『川面千晶(chankawamo)ツイッター』にて「横山歩くんにメロメロな撮影 [全文を読む]

横山歩「尾野真千子さんと家を建てる約束をしました」

Smartザテレビジョン / 2016年09月07日06時30分

」(テレビ朝日系)に出演している、ハジメ役の横山歩にインタビューを行った。 本作では、特別養子縁組を題材に、尾野演じる美奈と江口洋介演じる信次の夫婦が、親から捨てられた子供・ハジメと本当の家族になろうと奮闘する姿を描いてきた。 ――横山君が演じるハジメはどんな子ですか? ハジメのことを最初はかわいそうだと思った。でも、美奈さんや信次さんと関わる中で、ハジメ [全文を読む]

歌で心を一つに!天才子役・横山歩の演技が話題に

Smartザテレビジョン / 2016年08月19日05時00分

」(テレビ朝日系)の第6話で、ハジメを演じる天才子役・横山歩の演技がSNSなどで大きな話題に。本作は尾野真千子と江口洋介が、捨てられた子供の親になろうと奮闘する梅田美奈と信次の夫婦を演じ、「本当の家族とは何か?」という普遍的な問いを遊川和彦の脚本で投げ掛けるホームドラマ。不器用ながらもどんどん母親らしくなり、何とかしてハジメに愛を伝えようとする美奈、常に全 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“金髪のキョンキョン”とポーズ 福田監督、憧れのアイドルと唯一の2ショット

TechinsightJapan / 2017年03月12日13時55分

ドラマの撮影は堤真一、小泉今日子、島崎遥香、横山歩の左江内ファミリーがクランクアップを迎えた。キョンキョンとの仕事が終わり胸のうちは寂しいであろう福田監督にとって、記念の1枚だ。 出典:https://twitter.com/fukuda_u1 出典:https://twitter.com/saenai_ntv (TechinsightJapan編集部 真 [全文を読む]

“土曜夜9時のやつ”「左江内氏」最終回は菅田将暉が大暴れ?

Smartザテレビジョン / 2017年03月06日21時00分

毎回出てきては左江内とシュールなやりとりを繰り広げる佐藤二朗の自由過ぎる演技や、鬼嫁を演じる小泉今日子の思うがままに操られるはね子(島崎遥香)ともや夫(横山歩)のやらされ感など、福田雄一ワールド全開で放送された。 そのツッコミどころ満載の内容に、視聴者も「ヨシヒコネタキター!」「やりやがったw」「二朗さん絶対アドリブだろ!」などとツッコミを入れ、のんびり [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『左江内氏』視聴者の反応に変化 円子の“悪妻”ぶりに「キョンキョンだからこそ演じられる」

TechinsightJapan / 2017年02月20日15時20分

先に帰っていた家族が「遅いね」と待つうちに、息子のもや夫(横山歩)が「お父さんはもう帰ってこない気がする」と口にした。その時の円子の心配そうな表情はいつも夫に冷たく当たる彼女とは思えなかった。大役を果たしたうえに、妻の真意を知って上機嫌な左江内氏。やがて家に帰ると円子にチューしようと迫るのだった。 そんな様子に視聴者が「円子さんの罵詈雑言の隙間から旦那愛が [全文を読む]

『左江内氏』もや夫役の天才子役「小泉今日子さん優しいです」

WEB女性自身 / 2017年02月12日06時00分

(ドラマのエンディングで)家族と踊るシーンでは、僕がいちばんに振付を覚えました!」 そう話すのは、『スーパーサラリーマン 左江内氏』(日本テレビ系・土曜21時〜)で、ふだんはさえないサラリーマンだが、ときおりスーパーマンに変身して世直しをする左江内英雄(堤真一)の小生意気な長男・もや夫を好演している、横山歩くん(8)。 NHK連続テレビ小説『花子とアン』で [全文を読む]

浜辺美波がアイドルグループのセンターに!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日10時57分

また、今週1月21日(土)放送の第2話では、左江内の息子・もや夫(横山歩)が合唱コンクールの指揮者に選ばれる。張り切るもや夫だったが、クラスメートをうまくまとめられずイライラを募らせていた。 一方、左江内はたまたま立ち寄ったもんじゃ焼き店の店主・茂(織本順吉)から、タワーマンション建設を受注することに。ところが、左江内が計画を進めようとしていたさなか、店 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】賀来賢人や島崎遥香ら助演も熱い ドラマ『左江内氏』で“福田ワールド”が炸裂

TechinsightJapan / 2017年01月15日13時51分

また、家庭シーンでは左江内の作った弁当への不満を長女・はね子(島崎)とその弟・もや夫(横山歩)が「しょっぱい」「しょっぱい!」と連発する。これは島崎遥香がAKB48時代から「塩対応」と言われたことを暗にアピールしたものだろう。一方、はね子が通う高校にピストルを持った犯人(塚本高史)が立てこもりクラスの先生・生徒を人質にする事件では、スーパーマンの姿で助け [全文を読む]

「血縁より、とりあえず環境を選ぶべき」という『はじめまして、愛しています。』の至極まっとうな選択

日刊サイゾー / 2016年09月16日18時00分

ある日、突然現れた見知らぬ子ども(横山歩)に運命を感じた信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)の梅田夫妻。その子が、汚ったないアパートでクサリにつながれるなど、ひどい虐待を受けていたことを知り、その子を「ハジメ」と名付け、特別養子縁組制度を用いて本当の家族になることを決意しました。 周囲からは「まだ実子だってつくれる年齢なのに」と訝しがられますが [全文を読む]

【試写室】「はじめまして―」名優たちの感情表現に脱帽

Smartザテレビジョン / 2016年09月15日06時01分

離婚の危機を乗り越え、ますます仲を深めた美奈(尾野)と信次(江口)の2人は、自分たち夫婦の方がハジメ(横山歩)を養育するのに適していると、家庭裁判所に監護者指定を申し立てる。児童相談所の真知(余貴美子)から「勝つ確率はゼロに近い」と言われても、2人の気持ちは変わらない。ハジメと再び暮らせるようになるまで何があっても諦めないと固く決意していた。それからの2人 [全文を読む]

視聴率2ケタ回復の『はじめまして、愛しています。』が完全にカルトで超怖い!

日刊サイゾー / 2016年09月09日23時30分

特別養子縁組制度によって本当の家族になろうとしていたハジメ(横山歩)を実の祖母・黒川月子(富田靖子)に連れ去られ、悲嘆にくれる信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)の梅田夫婦。今回はそんな“被害者”2人が周囲に八つ当たりしまくるところからスタートです。 2人は会話もなく、信ちゃんの妹・春さん(坂井真紀)や巧くん(速水もこみち)が慰めに来てくれても [全文を読む]

尾野真千子&江口洋介“夫婦”がまさかの大げんか?

Smartザテレビジョン / 2016年09月08日06時02分

“本当の家族とは何か?”という普遍的なテーマを遊川和彦の脚本で描いてきた本作で、8月25日放送の第7話に志田未来演じるハジメ(横山歩)の実母・泉が登場した。 泉の母・月子(富田靖子)の強引さもあり、ハジメは法律に則して血のつながる家族の元へと引き取られ、ハジメがいなくなった梅田家に家庭崩壊の危機が訪れる。 ハジメを失った美奈(尾野)と信次(江口洋介)の喪 [全文を読む]

ゆるやかに狂いだした江口洋介と尾野真千子が怖い『はじめまして、愛しています。』

日刊サイゾー / 2016年08月26日23時30分

突然、家の庭に迷い込んできた人間の子ども(横山歩)に運命を感じ、特別養子縁組制度を利用して本当の家族になろうと頑張る信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)の梅田夫婦。前回は、そんな2人の前に黒川さん(富田靖子)が黒塗りベンツで現れ、2人が「ハジメ」と名付けた子に「ヒカリ……?」と語りかけるところまでが描かれました。 黒川さんによれば、ハジメはヒカ [全文を読む]

志田未来が11年ぶりの遊川和彦作品で再び母親役に!

Smartザテレビジョン / 2016年08月21日05時00分

」(テレビ朝日系)で、8月25日(木)放送の第7話からハジメ(横山歩)の母役で志田未来の出演が決まった。志田は11年ぶりに遊川和彦作品に出演。志田が初めて連続ドラマにレギュラー出演したのは、'05年の遊川作品「女王の教室」(日本テレビ系)。'06年には主演した「14才の母」(日本テレビ系)で妊娠・出産する中学2年生の女子生徒を熱演した志田が、再び10代の母 [全文を読む]

超人化する5歳児・ハジメの大衆扇動能力がすごすぎた『はじめまして、愛しています。』

日刊サイゾー / 2016年08月19日23時30分

信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)の夫婦は、特別養子縁組制度を利用してハジメ(横山歩)を本当の家族として迎え入れようと奮闘中。 前回はヒステリーを起こした信ちゃんがハジメを庭に放り出し「出て行け! 施設に戻ればいい!」などととんでもない発言をしたりしましたが、ハジメは「すてないでください」と書いた手紙を手渡すなどして、再び家族のもとに帰ること [全文を読む]

尾野真千子主演作が第2章へ! ハジメの出生の秘密も?

Smartザテレビジョン / 2016年08月17日07時00分

物語も中盤を迎え、第6話でついに、梅田家に迎えられてハジメと名付けられた男の子(横山歩)の血縁者と名乗る人物が姿を現す。 ハジメが梅田家に来る以前の情報でこれまでに描かれているのは、母親が偽名で借り、ハジメを監禁していたアパートから失踪していること。その部屋には複数の男性が出入りしており、父親の特定は難しいことのみだった。 美奈と信次がハジメと一緒に暮ら [全文を読む]

『はじめまして、愛しています。』善人・江口洋介の“ウソっぽさ”の正体とは

日刊サイゾー / 2016年08月12日23時30分

つまり、今後は養子として引き取られたハジメ(横山歩)がどんな行動に出るのか、誰にもわからないということです。 信ちゃん(江口洋介)と美奈ちゃん(尾野真千子)にとって、初めての育児。信ちゃんは、とにかくハジメを甘やかします。丸めた新聞紙でブッ叩かれても怒りません。ちょっと「いただきます」とか言おうものなら、ライオンをホメるムツゴロウさんのようにハジメをホメま [全文を読む]

フォーカス