高倉麻子のニュース

なでしこジャパン新監督就任の高倉麻子監督「世界の女子サッカーをリードしていけるように」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日19時40分

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、なでしこジャパンの新監督にU-20女子日本代表指揮官の高倉麻子監督(48)が就任することを発表した。U-20女子代表となでしこジャパンの兼任監督となる。▽なでしこジャパンの新監督に就任した高倉監督は、「強いなでしこジャパンを作りたい」と意気込みを語り、「全員で1つになること」が重要だと語った。◆高倉麻子なでしこジャパン [全文を読む]

【質疑応答】なでしこ高倉麻子監督、世界と戦う上で「もう一つ上の集中力を身に付けていきたい」《キリンチャレンジカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年03月30日17時02分

▽会見に出席した高倉麻子監督は、メディア陣の質疑応答に応対。アルガルベカップで感じたチームの足りない部分や強化していきたい部分についてコメント。世界と戦う上で、もう一つ上の集中力を身に付けていきたいと強調した。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) ――選出したメンバーの中で各ポジションで核と考えている選手は 「誰が中心かということはあまり私の口からは言い [全文を読む]

【記者会見】新戦力について語る高倉麻子監督「新しい風を期待している」《キリンチャレンジカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年03月30日16時42分

▽会見に出席した高倉麻子監督は、初招集となった石井咲希(バニーズ京都SC)、隅田凛(日テレ・ベレーザ)、大矢歩(愛媛FCレディース)、上野真実(愛媛FCレディース)を招集した理由を説明。また、コスタリカ戦に向けて、選手たちの勇気あるプレーを被災地である熊本の人たちに見せたいと意気込みを語った。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) 「震災後初の国際試合、私 [全文を読む]

「必ず世界一に」…高倉麻子監督、DF乗松瑠華、FW籾木結花が抱負《パプアニューギニア・U-20女子W杯》

超ワールドサッカー / 2016年10月24日17時45分

▽会見には、高倉麻子監督のほか、招集選手の中からDF乗松瑠華(浦和レッズレディース)と、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)の2名も出席。それぞれがW杯への思いを明かした。 ◆高倉麻子監督(U-20日本女子代表監督)(c) CWS Brains, LTD.「U-20に対する皆さんの期待は大きいと思う。この21人を選んだ経緯だが、日本らしく戦っていくというとこ [全文を読む]

澤穂希さん、高倉麻子監督らが女子サッカーの未来を語るトークイベント「なでしこのReスタート」、9月28日に開催

PR TIMES / 2016年09月20日17時27分

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、澤穂希さん、なでしこジャパンの高倉麻子監督、今井純子・日本サッカー協会女子委員長らをお招きし、日本女子サッカーを語るトークイベント「なでしこのReスタート」を9月28日(水)に東京都港区のアディダス ジャパン本社で開催します。 日本サッカー協会「なでしこvision」や、リオデジャネイロ五輪出場を逃したなで [全文を読む]

【会見】高倉麻子監督、前回遠征に続く新戦力招集に「代表に新しい力を」《スウェーデン遠征》

超ワールドサッカー / 2016年07月06日18時00分

この会見に出席した高倉麻子監督は、MF宮間あや(岡山湯郷Belle)ら選外となった従来の主力に触れつつ、初招集のMF國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース)らキャップ数の若い選手についても言及。「代表に新しい力を加えてほしい」との期待を口にした。◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)「前回のアメリカ遠征に続き、今回はスウェーデン遠征を行うことになりました。世 [全文を読む]

【質疑応答】高倉麻子新監督、監督就任要請について「バトンが回ってきたときには受け取ろうと考えていた」

超ワールドサッカー / 2016年04月27日19時45分

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、なでしこジャパンの新監督にU-20女子日本代表指揮官の高倉麻子監督(48)が就任することを発表した。U-20女子代表となでしこジャパンの兼任監督となる。▽高倉監督は記者会見で質問に答え、2019年の女子ワールドカップ、2020年の東京五輪での優勝を目標に掲げた。◆高倉麻子なでしこジャパン監督──高倉監督が作り上げるなで [全文を読む]

“世界一監督”高倉麻子氏がU-18日本女子代表監督に就任

ゲキサカ / 2014年09月19日18時52分

U-18日本女子代表の監督に昨年U-17女子W杯で世界一監督となった高倉麻子氏が就任することが決まった。同代表は2016年に開催されるU-20女子W杯出場を目指すことになる。 JFAを通じコメントが発表され、「U-20日本女子代表は世界の舞台を体験できる最後の世代です。『育成』という大切な時期から『選手個々のサッカー観の確立』という積み上げを経て、心・技・ [全文を読む]

なでしこジャパン、4月キリンチャレンジカップの対戦相手がコスタリカに決定…高倉麻子監督就任後初の国内戦

超ワールドサッカー / 2017年01月24日15時25分

▽今回の一戦は、なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督就任後初の国内戦。また、なでしこジャパンにとって、コスタリカとは初対戦となる。高倉監督は対戦相手国の決定を受け、JFAの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「コスタリカは2015年のFIFA女子ワールドカップカナダ2015で女性監督のもと、アグレッシブで魅力的なプレーを見せていた印象があり [全文を読む]

【質疑応答】高倉麻子監督「初戦のナイジェリア戦が大切」…DF乗松瑠華&FW籾木結花は揃って「監督を信頼」《パプアニューギニア・U-20女子W杯》

超ワールドサッカー / 2016年10月24日19時34分

▽会見に出席した高倉麻子監督、DF乗松瑠華(浦和レッズレディース)、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)は、いくつかの質問に対して以下のように返答した。――選手の成長を感じる部分はどこか高倉監督:「U-20の選手たちは、なでしこリーグの1部、2部を含めて、試合に出ている選手が非常に多い。今までだと、高校を卒業した後、なでしこリーグでなかなか試合に出られずに、そ [全文を読む]

フォーカス