高倉麻子のニュース

【質疑応答】海外移籍を決断した横山について高倉監督「精神的な部分での成長と、どんな相手、どんなチームメートでも合わせられる力を上げてきてほしい」《オランダ・ベルギー遠征》

超ワールドサッカー / 2017年05月29日14時42分

▽会見に出席した高倉麻子監督は質疑応答を行い、今回の遠征についてやケガ人を抱えるサイドバック、さらにはフランクフルトへの移籍を決断した横山久美についてコメントした。◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)――今回の遠征に向けて「少しだけ選手入れ替えましたがほとんど変わらず、メンバーをそのまま遠征に連れていく決断をしました。理由は、アルガルベカップから熊本での試合 [全文を読む]

2トップ横山&田中、籾木のゴールで3発完勝!国内初陣のなでしこジャパンが“復興支援マッチ”を制す

ゲキサカ / 2017年04月09日20時55分

そして迎えたこの試合は、高倉麻子体制での国内初陣。対戦相手は最新FIFAランキング30位のコスタリカで、同6位のなでしことは初の対戦となる。 高倉麻子監督は4-4-2のシステムを採用。GK池田咲紀子がゴールを守り、最終ラインには右からDF高木ひかり、DF熊谷紗希、初出場のDF市瀬菜々、DF宇津木瑠美が並び、ボランチにMF阪口夢穂とMF中里優。右にMF中島依 [全文を読む]

【質疑応答】なでしこ高倉麻子監督、世界と戦う上で「もう一つ上の集中力を身に付けていきたい」《キリンチャレンジカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年03月30日17時02分

▽会見に出席した高倉麻子監督は、メディア陣の質疑応答に応対。アルガルベカップで感じたチームの足りない部分や強化していきたい部分についてコメント。世界と戦う上で、もう一つ上の集中力を身に付けていきたいと強調した。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) ――選出したメンバーの中で各ポジションで核と考えている選手は 「誰が中心かということはあまり私の口からは言い [全文を読む]

【記者会見】新戦力について語る高倉麻子監督「新しい風を期待している」《キリンチャレンジカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年03月30日16時42分

▽会見に出席した高倉麻子監督は、初招集となった石井咲希(バニーズ京都SC)、隅田凛(日テレ・ベレーザ)、大矢歩(愛媛FCレディース)、上野真実(愛媛FCレディース)を招集した理由を説明。また、コスタリカ戦に向けて、選手たちの勇気あるプレーを被災地である熊本の人たちに見せたいと意気込みを語った。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) 「震災後初の国際試合、私 [全文を読む]

【質疑応答】攻撃的サッカー掲げるなでしこジャパン監督、招集見送りのFW永里優季に代わる“次代の点取り屋発掘”にも意欲《アルガルベカップ2017》

超ワールドサッカー / 2017年02月09日18時58分

▽会見に出席した高倉麻子監督は大会に向けて、若手の成長に期待を寄せつつ、チームの方針とする「フィジカルを言い訳にしない攻撃的なサッカー」の実践を強調、その中で、招集を見送られたFW永里優季(フランクフルト)に代わる“新たな点取り屋の発掘”に意欲を示した。◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)「今日は雪が降って、お足元の悪い中、メンバー発表に来ていただきありがと [全文を読む]

なでしこジャパン候補に猶本、京川ら若手選出!!長谷川、籾木ら初招集4人

ゲキサカ / 2017年02月09日14時48分

DF京川舞やMF猶本光といった若手選手も多数招集され、なでしこジャパンの高倉麻子監督が話していた「本当の意味でのサバイバル」が始まることになりそうだ。 同メンバーは20日から24日まで都内で合宿を行う予定でいる。 ▽監督 高倉麻子 ▽コーチ 大部由美 ▽GKコーチ 大橋昭好 ▽フィジカルコーチ 広瀬 統一 ■選手 ▽GK 山根恵里奈(千葉L) 池田咲紀子 [全文を読む]

なでしこジャパン、4月キリンチャレンジカップの対戦相手がコスタリカに決定…高倉麻子監督就任後初の国内戦

超ワールドサッカー / 2017年01月24日15時25分

▽今回の一戦は、なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督就任後初の国内戦。また、なでしこジャパンにとって、コスタリカとは初対戦となる。高倉監督は対戦相手国の決定を受け、JFAの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「コスタリカは2015年のFIFA女子ワールドカップカナダ2015で女性監督のもと、アグレッシブで魅力的なプレーを見せていた印象があり [全文を読む]

若手育成を強調するなでしこジャパン監督「新しい可能性をみなさまにお披露目したい」《日本代表2017年スケジュール発表会見》

超ワールドサッカー / 2016年12月22日19時43分

▽会見に出席したなでしこジャパンの高倉麻子監督は、組織力が評価されていることを明かした上で、「個で戦える強い選手も育てていかない」と来年への抱負を語った。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) 「2017年は、まず熊本でキリンチャレンジカップという初めて国内での試合がある。そこでも新しい選手を積極的に鍛えながら、なでしこジャパンの新しい可能性をみなさまにお [全文を読む]

U-20女子W杯でヤングなでしこ6発好発進!上野真実がハットトリック

ゲキサカ / 2016年11月13日22時18分

当時のU-17日本女子代表と同じ高倉麻子監督に率いられるU-20日本女子代表は前半から得点を重ねる。前半34分に左クロスに飛び込んだFW籾木結花(日テレ)のヘディングシュートで先制すると、同37分には右サイドからの折り返しをFW上野真実(愛媛L)が流し込み、前半を2点リードで折り返す。 後半はさらに攻撃力が爆発。後半5分に籾木のこの日2点目となるFK弾で追 [全文を読む]

【質疑応答】高倉麻子監督「初戦のナイジェリア戦が大切」…DF乗松瑠華&FW籾木結花は揃って「監督を信頼」《パプアニューギニア・U-20女子W杯》

超ワールドサッカー / 2016年10月24日19時34分

▽会見に出席した高倉麻子監督、DF乗松瑠華(浦和レッズレディース)、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)は、いくつかの質問に対して以下のように返答した。――選手の成長を感じる部分はどこか高倉監督:「U-20の選手たちは、なでしこリーグの1部、2部を含めて、試合に出ている選手が非常に多い。今までだと、高校を卒業した後、なでしこリーグでなかなか試合に出られずに、そ [全文を読む]

フォーカス