小谷野栄一のニュース

オリックス、劇的なサヨナラ勝利…小谷野栄一の内野安打がエラー誘う

サイクルスタイル / 2017年04月27日22時23分

小谷野栄一内野手の内野安打が相手守備のエラーをさそい、3-2と劇的なサヨナラ勝利を飾った。 オリックスは初回、1死満塁の好機を作ると、中島宏之内野手が四球を選んで押し出しで先制。4回裏には、駿太外野手が適時二塁打を放ち2-0とする。その後、西武に同点とされるも、迎えた9回裏、走者二塁の場面で小谷野が内野安打を放ち、その後打球を処理した中村剛也内野手が悪送球 [全文を読む]

【オリックス】平野恵一から中島宏之、小谷野栄一に託された「常勝」のバトン

文春オンライン / 2017年04月26日11時00分

中島宏之、小谷野栄一両選手に託された「常勝への水先案内人」としてのバトンである。 常勝への水先案内人 元々どこか大人しい印象の強かったBs選手達。特に印象深い出来事が2014年10月2日の対ソフトバンク戦だろう。首の皮一枚で繋がっていたリーグ優勝への夢が儚くも断たれたその瞬間、泣き崩れるBsの若き司令塔・伊藤光選手の姿があった。我々Bsファンにとっては熱く [全文を読む]

オリックス、ソフトバンクとの乱打戦を制す…小谷野栄一が決勝打

サイクルスタイル / 2017年04月15日19時23分

オリックスは初回、2死三塁の好機を作ると、4番に入った小谷野栄一内野手が適時打を放って1点を先制。続く好機に、指名打者・中島宏之にも適時打が飛び出し2-0とした。 その後、ソフトバンクに逆転されるも、2-3と1点ビハインドで迎えた4回表、中島が今季第2号のソロ本塁打を放って同点とすると、5回表には小谷野が適時打を放って勝ち越しに成功した。その後は互いに点 [全文を読む]

【4月27日プロ野球全試合結果】DeNA・筒香嘉智&日本ハム・中田翔、侍の主砲2人に待望の今季第1号…日本ハムは連敗を10で止めた

サイクルスタイル / 2017年04月27日23時09分

■オリックス、劇的なサヨナラ勝利…小谷野栄一の内野安打がエラー誘うオリックスは4月27日、京セラドーム大阪で西武と対戦。小谷野栄一内野手の内野安打が相手守備のエラーをさそい、3-2と劇的なサヨナラ勝利を飾った。オリックスは初回、1死満塁の好機を作ると、中島宏之内野手が四球を選んで押し出しで先制。4回裏には、駿太外野手が適時二塁打を放ち2-0とする。その後、 [全文を読む]

【4月15日プロ野球全試合結果】巨人・坂本勇人が4安打の活躍で連敗脱出、ロッテ・涌井秀章が今季初勝利

サイクルスタイル / 2017年04月15日21時45分

■オリックス、ソフトバンクとの乱打戦を制す…小谷野栄一が決勝打オリックスは4月15日、ヤフオクドームでソフトバンクと対戦。両チーム合わせて28安打が飛び交った乱打戦を制し、7-6で勝利した。オリックスは初回、2死三塁の好機を作ると、4番に入った小谷野栄一内野手が適時打を放って1点を先制。続く好機に、指名打者・中島宏之にも適時打が飛び出し2-0とした。 [全文を読む]

【プロ野球】オリックスのポジ要素とは? 悪夢の開幕3連敗。それでも昨年の閉塞感はなし!

デイリーニュースオンライン / 2017年04月09日17時00分

三塁・小谷野栄一の一塁への悪送球やファンブルでピンチを広げ、2死から西野真弘のエラーで失点してしまった。金子の投球リズムの悪さが影響しているのか、明らかに野手の動きが硬くなっていた。 金子は5回表には銀次にソロホームランを打たれるなど調子が上がらず、5回109球を投げて被安打6、5四球、4失点、自責点2という結果に終わった。まったくと言っていいほど金子らし [全文を読む]

NPBでプレーする“松坂世代”は何人いる?

ベースボールキング / 2017年03月17日11時30分

DeNAの久保康友、G.後藤武敏、西武の渡辺、上本、木村、オリックスの小谷野栄一はチーム最年長となる。ロッテは12球団で唯一“松坂世代”の選手がいない。 生え抜きの選手はというと、西武・上本、広島・梵と永川、ヤクルト・館山昌平の4人のみ。上本と梵が社会人、永川と館山が大卒でプロ入りしたこともあり、高卒出身の選手で、プロ入りから同じ球団でプレーする選手はいな [全文を読む]

ロッテ・二木が完投で3勝目 伊東監督「自信になったと思う」

ベースボールキング / 2017年05月27日20時05分

9回も先頭の西野真弘を一ゴロ、続く小谷野栄一を三振に仕留め二死とした。アウト1つを奪えば完封勝利というところまできたが、4番のT-岡田に第12号ソロを浴び失点。完封を逃したが、続く武田健吾を右飛に打ち取り、プロ2度目の完投勝利を挙げた。 伊東勤監督は試合後、二木のピッチングついて「球数も少ないですし、どんどん追い込んでいました。無四球でしょう。納得できます [全文を読む]

オリ、サヨナラ負けで8連敗 福良監督「粘りは見せてくれたが…」

ベースボールキング / 2017年05月27日08時15分

さらに二死後、西野真弘の四球で満塁とすると、小谷野栄一が2点タイムリーで同点に追いついた。 4点ビハインドを追いついたオリックスだったが、9回に登板した守護神・平野佳寿が清田にタイムリーを浴びサヨナラ負け。連敗を止めることができなかった。 福良淳一監督は「いい粘りは見せてくれたが、やはり8、9回。追いつくだけでなく、追い越さないと…」と苦言。さらに先発した [全文を読む]

ロッテ、清田育宏が劇的サヨナラ打「久しぶりの連勝!まさにプレミアムフライデー」

サイクルスタイル / 2017年05月27日02時06分

ロッテは4-0とリードして迎えた7回表、先発の涌井秀章投手がオリックス打線につかまり、小谷野栄一内野手に適時打を浴びるなど4失点。流れはオリックスに傾きかけるも、9回裏にオリックスの守護神・平野佳寿投手を攻めたてると、2死二、三塁の場面で清田が左翼フェンス直撃の適時打を放ち、試合を決めた。 投げては、4番手の内竜也投手が今季2勝目。敗れたオリックスは、7 [全文を読む]

フォーカス