倉持裕のニュース

「竹中直人と倉持裕の会」第2弾に大空祐飛、渡部豪太

Smartザテレビジョン / 2016年07月21日20時30分

「直人と倉持の会」とは、俳優・竹中直人と作・演出家の倉持裕による演劇ユニットで、'13年12月に第1回公演「夜更かしの女たち」を全国7会場で行った。それから3年が経過し、ことし12月に第2弾「磁場」を上演する。 出演は、竹中直人、渡部豪太、長谷川朝晴、黒田大輔、玉置孝匡、菅原永二、田口トモロヲといった、ドラマ、映画、舞台と幅広いジャンルで活躍する実力派が [全文を読む]

関ジャニ∞・横山裕主演で手塚治虫『上を下へのジレッタ』舞台化にファン大興奮!「上演後に放心状態になる自分が想像できる」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月16日17時30分

さらに脚本・演出を務めるのは、幼いころに同作を読み衝撃を受けたという倉持裕。倉持は「現実より妄想に耽ろうとする人々を描いたこの『ジレッタ』は、発表されたころよりも観客の目に生々しく映るはず」と語っている。 歌とダンスを取り入れた“妄想歌謡劇”として上演されるということで、ますますどんな仕上がりになるのか予測がつかない。劇場に足を運び、自分の目で確かめるし [全文を読む]

関ジャニ∞横山裕、ダークヒーロー挑戦に期待の声

モデルプレス / 2016年11月11日06時30分

そして今作に鋭い感性で着眼したのが、今、演劇界の次世代を担う若手の中心人物として注目を浴びている気鋭の脚本家・演出家の倉持裕。幼い頃に読み衝撃を受け、主人公のキャラクターが自身の作品世界に多大な影響をもたらしているという今作を、自らの手で戯曲化し演出も手掛ける。 ◆横山裕、強烈な個性放つ“ダークヒーロー”に 自称・天才TVディレクターで、脚本、小説、評論 [全文を読む]

関ジャニ∞横山裕がダークヒーローに!手塚治虫の“幻”傑作を初舞台化<コメント到着>

モデルプレス / 2016年11月10日05時00分

そして今作に鋭い感性で着眼したのが、今、演劇界の次世代を担う若手の中心人物として注目を浴びている気鋭の脚本家・演出家の倉持裕。幼い頃に読み衝撃を受け、主人公のキャラクターが自身の作品世界に多大な影響をもたらしているという今作を、自らの手で戯曲化し演出も手掛ける。 ◆横山裕、強烈な個性放つ“ダークヒーロー”に 自称・天才TVディレクターで、脚本、小説、評論 [全文を読む]

4年ぶりの竹中直人×生瀬勝久コンビ 新作舞台は怖くて笑える!?

anan NEWS / 2015年10月28日22時00分

竹中:その生瀬さんが、どんな芝居にするかは任せますって言うから、前回同様、脚本・演出を倉持裕さんにお願いしたんです。前回の山田優ちゃん、今回の佐々木希ちゃんと、初舞台の女優さんたちを引っ張り込んでいるのも僕だし。 生瀬:僕は、竹中さんと芝居がしたいだけなんで、他のことはお任せしています。 竹中:あの、倉持君が描く、世界観が好きでね。 生瀬:倉持君の作品っ [全文を読む]

人前苦手な黒島結菜 初舞台は「客席見えないから大丈夫(笑)」

anan NEWS / 2015年08月25日23時00分

出演するのは、倉持裕さんが作・演出を手がける『虹とマーブル』。日本の高度経済成長期に社会の底辺から成り上がっていく男と、彼を取り巻く人々との30年にわたる物語。 「最初が15歳で、女優になって、結婚して子供ができて…って、波瀾万丈ですよね。男の人たちが頑張って時代を生きているなかで、ところどころに私が絡んでいく感じ。描かれていない時間を私はどう過ごしていた [全文を読む]

長澤まさみ、「まわりを好き勝手に巻き込む」 2回目の挑戦

モデルプレス / 2013年11月08日13時12分

同作は2007年「ワンマン・ショー」から継続して行っている、M&Oplays(森崎事務所)と、演出家・劇作家の倉持裕によるコラボ公演の第6回目。児童文学の名作「オズの魔法使い」をベースに、とある屋敷を訪れたヒロイン(長澤まさみ)と3人の小悪党(高橋一生、片桐仁、塚地武雅)が、「魔女」と呼ばれる女主人(銀粉蝶)をこらしめるために絆を深めていく過程がシュール [全文を読む]

大東駿介、古田新太イズムの浸透に驚き せりふ飛ばしても開き直り?

ORICON NEWS / 2017年04月25日16時15分

同作で大変だったことについて、古田が「僕は暴力と長ぜりふが大キライなんですけど、(脚本の)倉持裕くんが『ふるちん先輩が、いっぱいしゃべっているところを見たいです』ということで、ずっとしゃべらされました。香川(照之)とか、長ぜりふが好きな役者いますけど、何が楽しいんだか」と笑顔でぶっちゃけた。 【写真】鏡開きを行った古田新太&大東俊介 公演中には、実際にせり [全文を読む]

中川翔子、関ジャニ∞横山裕は「観音様のよう」“横山大明神”の座長ぶりを絶賛

モデルプレス / 2017年04月10日12時57分

演劇界の次世代を担う気鋭の脚本家・演出家の倉持裕氏が、自らの手で戯曲化し演出も手掛け、新ジャンルともいえる“妄想歌謡劇”として創り上げた今作では、歌やダンスも披露。常に野心満々で己の欲望に飲み込まれて破滅するエゴイスト、という強烈なダークヒーロー・門前市郎に挑戦する横山は「現場はパワフルに動いていてスピードが目まぐるしい。歌が盛りだくさんで、初めてボイト [全文を読む]

表紙&巻頭インタビューに木村拓哉 ぴあ『SODA 2017年3月号』発売

PR TIMES / 2017年01月26日09時12分

水田航生は、念願の倉持裕作・演出舞台『お勢登場』に出演が決定。同舞台役どころや劇場への思いからは芝居愛が溢れて止みません。大東駿介は、<大東駿介 meets アート>企画と題し、金沢21世紀美術館『トーマス・ルフ展』へ。作品から感じたことを素直に、楽しそうに語る、俳優・大東駿介とはまた違う一面をぜひ御覧ください。 また、嵐のライブレポート、映画『ラストレシ [全文を読む]

フォーカス