松方弘樹のニュース

【訃報】松方弘樹さん死去 74歳、ネットでも「元気の出るテレビ」見ていたのに!と悲しむ声

秒刊SUNDAY / 2017年01月23日19時43分

俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき)さんが21日、脳リンパ腫のため死去しました74歳でした。本名は「本名目黒浩樹めぐろ・こうじゅ」。体調が悪いということで昨年から都内の病院に入院しており、報道では「脳腫瘍」ということで長期療養をするということでした。ー300キロのマグロを釣り上げる松方といえば「俳優」としての知名度も高いが、それを上回るほどの釣り好きで、とく [全文を読む]

【速報】松方弘樹さん脳腫瘍の疑い。ネットで「早く回復して」

秒刊SUNDAY / 2016年02月23日15時44分

俳優の松方弘樹(73)が、脳腫瘍の可能性があるためコンサート・舞台公演を中止すると発表している。今回の報道は事務所などがFAXでメディアに送っており、今後の出演を中止するということとなっております。今後は治療に専念したいということだ。ー松方 弘樹とは松方 弘樹さんの本名は目黒 浩樹(めぐろ こうじゅ)。個人事務所である株式会社MARE(マーレ)所属の社長で [全文を読む]

【書評】「遅れてきた最後のスター」松方弘樹の真の姿

NEWSポストセブン / 2017年03月17日07時00分

【書評】『無冠の男 松方弘樹伝』/松方弘樹&伊藤彰彦・著/講談社/1800円+税 【評者】坪内祐三(評論家) 三年前に刊行された『映画の奈落 北陸代理戦争事件』の著者伊藤彰彦が凄いインタビュー集を出した。『無冠の男 松方弘樹伝』だ。 先日亡くなった松方弘樹に対して人は“あるイメージ”を持っている。つまり今時の大半の人は松方弘樹の映画を見ていない。私自身は松 [全文を読む]

追悼、松方弘樹病に倒れる直前に行ったインタビューを3月10日 電子書籍オリジナルで配信決定

@Press / 2017年03月10日09時00分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、3月10日より『不屈 松方弘樹 時代劇への遺言』(春日太一・著)を配信いたします。電子書籍オリジナルのコンテンツとなります。 今年1月、俳優の松方弘樹さんが惜しまれつつ亡くなりました。 剣客スター・近衛十四郎を父に持つ松方さんは、1960年に映画主演デビュー。大映へのレンタル移籍などを [全文を読む]

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

(画像はNHKオンデマンドのスクリーンショット)俳優の松方弘樹さんが亡くなった。その衝撃は、列島中を駆け巡っている。松方さんといえば任侠映画を連想する人が多いだろう。その次に来るのは「遠山の金さん」かもしれない。だが、時代劇俳優としての松方さんは極めて幅広い配役で知られていた。中には「こんな役までやってたのか!」と思わせてしまう歴史人物も、松方さんは演じて [全文を読む]

松方弘樹さん死去『遠山の金さん』『元気が出るテレビ』に出演 74歳

しらべぇ / 2017年01月23日18時30分

俳優の松方弘樹(本名・目黒浩樹)さんが21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。(画像は松方弘樹 公式ブログのスクリーンショット)松方さんは、父・近衛十四郎(このえ・じゅうしろう・俳優)、母・水川八重子(女優)の長男として1942年に生まれる。弟は目黒祐樹。1960年映画『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』で主役デビュー。時代劇や『仁義なき戦い』シリーズ [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(1)松方弘樹という役者の特異性

アサ芸プラス / 2016年10月17日05時57分

〈不良性感度〉で銀幕を暴れまくり、俺たちをシビれさせた荒ぶる役者たち──松方弘樹、梅宮辰夫、渡瀬恒彦と、いずれ劣らぬクセ者たちが今、重大な危機に直面している。およそ半世紀にわたって縁の深い3人にエールを送る形で、その闘病と苛烈な役者稼業を克明に描く。 5つ違いの実弟であり、同じ役者の道を歩んだ目黒祐樹が言う。「詳しい情報が入ってこないので、むしろこちらが教 [全文を読む]

松方弘樹さんを偲ぶ「痩せ細った梅宮辰夫」に心配の声 昨年には「ガン手術」も

しらべぇ / 2017年06月07日16時00分

(画像は公式ブログのスクリーンショット)今年1月、脳リンパ腫のため74歳で亡くなった俳優・松方弘樹さんを追悼する「松方弘樹さんを偲ぶ会」が6日東京都内にて行われた。その中で、松方さんの親友である俳優・梅宮辰夫(79)が、松方さんへ贈ったメッセージが多くの参列者の涙を誘い、その様子が大きく報道され話題となっている。■杖をつき、亡き親友へと声を振り絞る亡き親友 [全文を読む]

松方弘樹が今の時代劇の様相を嘆く 「見てられない。酷い」

NEWSポストセブン / 2014年08月28日07時00分

これまで様々な役柄を演じてきた俳優・松方弘樹が、自身の演技哲学について語った。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 松方弘樹は2009年の大河ドラマ『天地人』で徳川家康を憎々しい悪役として演じた。他にも、松方が歴史上の人物を演じる際は、史実のイメージに留まらない毒々しさを放つことが多い。 「一番 [全文を読む]

松方弘樹 立ち回りを1回だけで覚えた父・近衛十四郎を語る

NEWSポストセブン / 2014年08月17日16時00分

俳優・松方弘樹が、実父であり、1970年代初頭まで時代劇で活躍した俳優、近衛十四郎について語った。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 松方弘樹の父・近衛十四郎は熱心な時代劇ファンたちから「日本一のチャンバラ役者」と現在もなお讃えられ続けている。若手時代、松方は『柳生武芸帳』シリーズなどの近衛主 [全文を読む]

五木ひろし“兄弟子”松方弘樹さんへの恩返しを明かす 里見浩太朗「もう一度会いたかった」

エンタメOVO / 2017年06月06日18時28分

1月21日に脳リンパ腫のため死去した俳優の「松方弘樹さんを偲ぶ会」が6日、東京都内で行われ、発起人の五木ひろし、里見浩太朗が開式前に故人との思い出を語った。 仕事の都合で会に出席できない五木は一足先に献花し、松方さんの遺影に手を合わせた。五木と松方さんとは共に作曲家・上原げんと氏の門下生に当たる。 五木は「私にとってのいわゆる兄弟子。私が16、松方さんが2 [全文を読む]

松方弘樹が語った、アクの強い悪役俳優がなぜいなくなったか

NEWSポストセブン / 2017年03月11日07時00分

今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが語った、日本の映画やドラマなどの現状についての言葉をお届けする。 * * * 先日亡くなった松方弘樹には、本連載だけでなく本誌での対談にもご登場いただいた。先週に引き続き、今回はその時の模様を振り返っていきたい。 対談の終盤は主に日本の映画や時代劇の現状についての話題になった。その際、 [全文を読む]

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

今回は、2017年1月21日に脳リンパ腫で亡くなった、故・松方弘樹さんが、かつて共演した大御所俳優について語った言葉をお届けする。 * * * 松方弘樹が亡くなった。本連載には2014年7月にご登場、その後も2015年2月に本誌で対談をさせていただいた。 その対談では共演されてきた名優たちとのエピソードをうかがっている。中でも熱く語っていたのが、鶴田浩二。 [全文を読む]

追悼・松方弘樹「修羅の74年」烈しすぎる秘話!(1)150人分を1人で払った

アサ芸プラス / 2017年02月06日05時57分

その背中は「昭和最後の俳優」と呼んでも過言ではなく、奔馬のように74年の生涯を烈しく駆け抜けた男──松方弘樹。週刊アサヒ芸能にもゆかりの深い役者であったが、まだ知られざる逸話も多く、ここに「追悼」として一挙に公開したい。〈あんた、初めからわしらが担いどる神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみないや、おう!〉 日本の映画史を変えた傑作「仁義なき [全文を読む]

たけしが語る松方弘樹伝説 ステーキ屋の勘定5人で2000万円

NEWSポストセブン / 2017年02月01日07時00分

俳優・松方弘樹さん、死去──。そのニュースが駆け巡った1月23日夕方、ビートたけしは『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)の収録中だった。その後、スタジオ内のたけしの楽屋にて、本誌・週刊ポスト連載の取材が行なわれることになっていた。 収録終了。お馴染みの仮装を脱ぎ、楽屋のソファに座ったたけしに記者は告げた。「松方弘樹さんが亡くなりました……」──た [全文を読む]

松方弘樹さんの事実婚妻 最期まで入籍しなかった理由

NEWSポストセブン / 2017年01月27日07時00分

壮大な葬儀の祭壇に飾られるのは、志半ばで凶弾に倒れたある男(松方弘樹)の遺影だ。さぞ無念だっただろうと、男の友人(菅原文太)は祭壇に向かって“追悼”のピストルを撃つ──。キネマ旬報が「日本映画史上ベストテン」で第5位に選出する名作映画『仁義なき戦い』(1973年)のラストシーンだ。生き急ぐ男の揺れる心情を体現した松方さんの演技は出色で、この作品で一気に名優 [全文を読む]

松方弘樹を追悼 NHK「ファミリーヒストリー」

Smartザテレビジョン / 2017年01月25日19時42分

1月21日に死去した松方弘樹の追悼番組として、2月2日(木)夜7時30分から「ファミリーヒストリー『松方弘樹・目黒祐樹~芸能一家の歳月~』」(NHK総合)が放送されることが発表された。 著名人のルーツに迫る同番組だが、今回は松方・目黒兄弟の父で昭和を代表する時代劇俳優・近衛十四郎、そして母で元女優の水川八重子の人生をたどる。 取材班がまとめたVTRを鑑賞す [全文を読む]

松方弘樹追悼・名曲歌唱シーンを放送決定

Smartザテレビジョン / 2017年01月24日19時11分

BSジャパンでは、1月21日に死去した俳優の松方弘樹さんの追悼企画を、2月17日(金)夜7時からの「徳光和夫の名曲にっぽん3時間スペシャル」内で放送する。 番組では「ありがとう、松方弘樹さん」と題して特集コーナーを設け、故人の同番組の出演回から「赤と黒のブルース」の歌唱シーンをオンエア。 ほか、美空ひばりさんや菅原文太さんにまつわるスタジオトークシーンなど [全文を読む]

【訃報】俳優の松方弘樹さん、脳リンパ腫で死去。74歳

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日18時55分

【訃報】俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫のため死去。「元気が出るテレビ」「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名:目黒浩樹=めぐろ・こうじゅ)さんが1月21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳。昨年2月に体調不良を訴えて入院していたという。所属する「夢グループ」は昨年、病名を「脳リンパ腫」と公表していた。抗がん剤投与の治療中にたびたび脳梗塞を [全文を読む]

松方弘樹さん、最近は「ほとんど言葉も出ない」状態だった

NEWSポストセブン / 2017年01月12日07時00分

1月21日に脳リンパ腫のため亡くなった松方弘樹さん(享年74才)。マグロといえば、なんといっても松方さんだった。真っ白なクルーザーでマグロ相手に竿を振るうドキュメンタリーは、正月番組の定番だった。 2015年5月には、石垣島沖で361kgもの超巨大マグロを釣り上げ、世間は仰天。このマグロは、すしざんまいが約185万円で落札。松方が釣ったマグロの握り約1万2 [全文を読む]

フォーカス