北原みのりのニュース

ろくでなし子さん再逮捕! 作家・北原みのりさんの同時逮捕に、ネット著名人から疑問の声多数

ウートピ / 2014年12月04日10時20分

(毛利嘉孝‏@mouri) ●劇作家の鴻上尚史さん いやもう、警視庁は、意地とメンツだけのような気がしますけど (鴻上尚史‏@KOKAMIShoji) 作家・北原みのりさんも、わいせつ物公然陳列容疑で逮捕 さらに今回は、ろくでなし子さんが自らの女性器をかたどって制作している立体アート作品「デコまん」シリーズを展示したとして、アダルトグッズショップを経営す [全文を読む]

発売即重版決定! 「性」の視点で語る、新・国家論!北原みのり×佐藤優『性と国家』刊行記念イベント開催

PR TIMES / 2016年12月13日14時46分

北原みのり×佐藤優『性と国家』河出書房新社より発売中日本がロリコン天国である理由とは──?「性」にまつわる時事問題から、普遍的ジェンダー論まで。北原みのり×佐藤優が「性」の視点で語る、新・国家論。刊行記念特別トークイベント開催![画像1: http://prtimes.jp/i/12754/58/resize/d12754-58-799384-0.jpg [全文を読む]

【3D性器データ】ブレずに闘うろくでなし子氏とハシゴを外した北原みのり氏

東京ブレイキングニュース / 2014年12月29日19時00分

また、ろくでなし子を雇用する立場であり、彼女の逮捕の不当を訴えていた北原みのりも、経営するアダルトショップにろくでなし子の性器を模した作品を並べていたことからわいせつ物陳列罪容疑で逮捕されていたが、こちらは北原が容疑を認め30万円の支払い命令が下った。※参考リンク・ろくでなし子逮捕は新技術に対する威嚇か? 女性器3Dデータ配布騒動・オタクは規制、芸術はO [全文を読む]

ろくでなし子さんと北原みのりさんが逮捕された「わいせつ物公然陳列」容疑とは?

ウートピ / 2014年12月05日08時00分

アーティストのろくでなし子さんと作家・北原みのりさんが逮捕された件で、2人が問われている「わいせつ物公然陳列罪」についてまとめてみました。 わいせつな文書、図画、電磁的記録を公然と陳列した場合が罪になる 刑法に175条よると、わいせつな文書、図画、電磁的記録公然と陳列した場合、罪になると規定しており、2年以下の懲役もしくは250万円以下の罰金が科されます。 [全文を読む]

ろくでなし子さんと北原みのりさん「逮捕」 ――今回は「わいせつ物公然陳列」容疑も

弁護士ドットコムニュース / 2014年12月03日13時18分

ろくでなし子さんは今回、その作品を作家・北原みのりさんの経営するアダルトグッズショップで展示していたとして、わいせつ物公然陳列などの容疑で逮捕されたという。 同弁護団の山口貴士弁護士は3日、「"Rokudenashiko" was arrested again」と英語でツイート。さらに、「北原みのりさんも逮捕されました」「今回、警視庁が彼女を逮捕したことは [全文を読む]

北原みのり氏 凄い勢いでアジアの女が韓国に向いている実感

NEWSポストセブン / 2013年04月14日07時00分

今年2月に『さよなら、韓流』(河出書房新社)という本を出版した、文筆家で女性だけのアダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表の北原みのりさん。韓流スター達にエロティシズムを感じ、欲望の対象として追いかけ続けてきた彼女が、なぜ韓流との決別宣言とも受け取れる本を書いたのか。今回はその2回目です。(聞き手=朴 順梨) そのほとんどが在日韓国・朝鮮人である「特 [全文を読む]

北原みのり 韓流ホメると正義を背負い女叩く男の存在に恐怖

NEWSポストセブン / 2013年04月13日07時00分

「日本の女性が韓流男に走る理由は、エロくて性欲を刺激されるから」 「フジTVデモはブス男のひがみ」 2011年9月、インタビューでこう語ったことでバッシングを受けた文筆家の北原みのりさんが、今年2月に『さよなら、韓流』(河出書房新社)という本を出版した。鍛え磨かれた肉体に、セックスを彷彿させるダンスパフォーマンス。そしてとびきりの笑顔で「ご飯食べましたか? [全文を読む]

北原みのり氏「稲田大臣はクラスに絶対1人いた嫌な女子」

NEWSポストセブン / 2017年03月31日16時00分

作家の北原みのりさんは、「小学校の時から、クラスに絶対ひとりいた、嫌な女子ですよね」と遠い目をする。 「妙に男子に人気があって、先生の覚えもいいんだけど、嘘はつくし、泣くし、最悪ですよね。しかも、国会でも小学生と同じことをするのかっていう(苦笑)」 稲田氏が政界に出てきたのは2005年。時の首相、小泉純一郎氏による郵政民営化などの劇場型政治手法を「小泉劇 [全文を読む]

佐藤優と北原みのりが安倍首相の慰安婦問題の対応を批判!「慰安婦は歴史問題じゃない、男の姿勢が問われている」

リテラ / 2017年01月17日23時00分

昨年11月に発売された佐藤優氏と北原みのり氏の対談集『性と国家』(河出書房新社)において、佐藤氏は「慰安婦」問題をこのように述べている。「今、現に生きている「慰安婦」たちが説いているのは歴史問題じゃないんですよ。今ここでの日本人の姿勢を問われているわけだし、今ここでの日本の男の姿勢も問われているわけだし、程度の違いはあれど、韓国の男の姿勢も問われている。す [全文を読む]

北原みのり氏 親の死に関する決断は必ず後悔がつきまとう

NEWSポストセブン / 2015年12月15日11時00分

52才のときに79才の母親と84才の父親を相次いで亡くした経験を著書『親を送る』で綴った井上理津子さん(60才)と、昨年、祖母を亡くし、井上さんの本を読んで母の痛みの深さに気づかされたという北原みのりさん(45才)が、「親の死」について語り合った。『親を送る』には、井上さんの母親が入院し、意識がなくなったとき、生命維持装置をいつ外すかの判断で、井上さんと義 [全文を読む]

フォーカス