井筒和幸のニュース

安室奈美恵、映画『黄金を抱いて翔べ』主題歌PVを井筒和幸が演出

5 / 2012年10月23日13時00分

安室奈美恵 - アーティスト情報映画を手掛けた井筒和幸監督からの「いわゆるJ-POPらしくない、とにかくカッコいい楽曲がいい」という要望をもとに書き下ろされた主題歌「Damage」は、これまでの安室作品の中でも珍しいほど斬新でハードなロックナンバー。今回公開されたミュージックビデオは映画本編のシーンを盛り込んだ特別バージョンとなっており、演出は井筒監督自身 [全文を読む]

コシノジュンコ、井筒和幸が登場する「バカ田大学」夏期講座ってなんなのだ?

4 / 2016年08月16日17時46分

今の日本の閉塞感に疑問を持つエッジの効いた大学生から40,50代サラリーマンたちが集まり受講する「バカ田大学 夏期講座」ただいま開講中![画像1: http://prtimes.jp/i/12949/321/resize/d12949-321-175942-1.jpg ]そして、この夏、最大の講師がやってくる!「岸和田少年愚連隊」や「パッチギ!」でおなじみ [全文を読む]

撮影中に21歳のエキストラが死去!8キロの鎧を着て…悲しき封印映画『東方見聞録』とは?

3 / 2017年06月04日07時30分

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!『東方見聞録』1992年製作(劇場未公開)監督/井筒和幸脚本/神波史男、高橋洋、井筒和幸出演/緒形直人、設楽りさ子、フランキー堺ほか 1981年に『ガキ帝国』(ATG)で日本映画監督協会新人奨励賞を受賞し、ピンク映画界から一般映画界へ彗星の如く現した井筒和幸。そ [全文を読む]

小出恵介、人生最大のクレームは井筒和幸監督から 「おまえのギャラよりフィルム回ってるぞ」

3 / 2017年05月30日14時41分

また、これまでに受けた人生の中での一番のクレームは映画デビュー作『パッチギ!』の撮影中に井筒和幸監督から飛んだ言葉だという。「初めて出させてもらったので芝居が全然できなくて。『おまえのギャラよりフィルム回ってるぞ』『フィルム買ってこい』『フィルム詐欺』って大声でめちゃくちゃ言われました。当時はフィルムで撮っていたので…」と懐かしんだ。 ドラマは NHK総 [全文を読む]

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

3 / 2015年09月20日12時00分

全世界で話題沸騰の『シネマコンサート』のアジア圏初上陸、しかも『ゴッドファーザー』ということで、ここはやはり、日本で最もこの映画を愛している人物、井筒和幸監督にお話を伺うことになった!しかし、編集部が取材現場に到着するや「やっぱりフィルムで撮らないとダメなんだよ」「粒数が違うんだよ、画面の細かさが!」と、関係者に映画論をアツく語っていた井筒監督。そんな状況 [全文を読む]

昔ながらのナポリタン

3 / 2015年09月03日15時10分

9月2日放送の「ワイド!スクランブル第2部」(テレビ朝日系、午後12時30分~)では、映画監督の井筒和幸さんが築地を支える女性たちを取材。築地市場の飲食店街「魚がし横丁」にある喫茶店「岩田」(東京都中央区)を訪れた。 こちらは1987年(昭和62年)に誕生した女性だけで営む喫茶店。早朝4時から開店している。 店内に入った井筒和幸さんは、「築地にこんなオシャ [全文を読む]

井筒和幸監督 正月に炬燵でみかんを食べる家族団らんが嫌い

3 / 2015年01月03日16時00分

映画監督の井筒和幸さん(62才)が、正月の過ごし方について語った。 * * * ぼくは大みそかから正月にかけて居間の真ん中に炬燵があって、みかんを食べながら家族で団らんするっていう風景が昔から大嫌いやったんです。なんでわざわざ正月に団らんせなあかんねん。あのわざわざの団らんが奇妙だったな。 正月の一家団らんは好きではないけれど、今、市販されているおせちはど [全文を読む]

井筒和幸監督も大満足! 老舗中華料理店による大人気の新感覚コロッケ「餃子コロッケ」

3 / 2014年12月12日16時10分

12月10日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前10時30分)で、「中華料理店もコロッケ!戸越銀座商店街の秘策」と題して、映画監督の井筒和幸さんが戸越銀座商店街にある「錦華楼」(東京都品川区)を訪れた。 「錦華楼」は1931(昭和6)年から続く老舗の中華料理店。今回の目当ては同店が提供しているオリジナルの「餃子コロッケ」。じゃがい [全文を読む]

絶対泣く! 必ず元気になる!作品を井筒和幸氏が4点紹介

3 / 2012年12月15日07時00分

眉間にしわを寄せ、時間に追われて過ごすことも多いけど、そんなひとときこそ、思い切り泣いたり、笑ったりしてストレスを発散してみては? そこで、イチオシ作品を映画監督・井筒和幸さん(60才)に聞いてみました。 まずは裏社会で生きる男をジョニー・デップが好演した『ブロウ』。「そもそも映画は泣くために作られてないからね! 泣いてしまうことはあっても。この作品は父と [全文を読む]

森昌子、舞台で河合郁人と“二人三脚” 「『僕が守ります』と言われドキドキ…」

2 / 2017年05月19日17時26分

舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の制作記者発表が19日、東京都内で行われ、出演者の森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、湖月わたる、上原多香子、寺西拓人(ジャニーズJr.)、小川菜摘、前田吟、監修、演出を務める井筒和幸監督、特別出演の生島ヒロシが出席した。 本作は、井筒監督の映画『のど自慢』(1999年)をベースに、音楽喜劇として舞台化したもの。テレビの [全文を読む]

フォーカス