伊藤若冲のニュース

【京都ホテルオークラ】~ 伊藤若冲 生誕300年記念 ~作品をロビー展示、特別宿泊プランもご用意

PR TIMES / 2016年06月02日13時35分

京都ホテルオークラ(本社:京都市中京区 (株)京都ホテル、東証2部上場、代表取締役社長 福永法弘)では、6月3日(金)~6月29日(水)の期間、伊藤若冲の生誕300年を記念し、ホテル1階ロビーにて作品5点の複製画を展示いたします。 江戸時代、1716年に京都・錦小路の青物問屋の長男として生まれ、85歳で没するまで精力的に制作を続けた若冲。家業を勤めていた3 [全文を読む]

2015年夏季特別展「 生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」

@Press / 2015年06月29日17時00分

華麗で細密な花鳥画や斬新な「桝目描き」による群獣図、童心を忘れぬ大らかな水墨画などを描いた伊藤若冲(1716-1800)。南宗画の系譜を引く雄大な山水画や、自ら詠んだ俳句を賛(※1)した軽妙洒脱な俳画などを描いた与謝蕪村(1716-1783)。 二人の天才絵師はともに正徳六年(享保元年・1716)に生まれ、ともに40歳を過ぎてから本格的に絵画を描くように [全文を読む]

【ファッションってなんだろう?vol.3】Masaya Kushino串野真也3/3

FASHION HEADLINE / 2014年04月13日22時00分

――今回、伊藤若冲の作品を西陣織で表現した靴をつくられたのはなぜですか。もともと伊藤若冲が好きだったということもあります。今回、京都近代美術館で開催される「日本ファッション:不連続の連続」という展示会に出展することになり、自分が温めてきたテーマの中で「伊藤若冲」が一番ハマるんじゃないかなと思いました。伊藤若冲は京都の錦市場が出身なので、彼が存在していたその [全文を読む]

東日本大震災復興支援・伊藤若冲を中心に収集した江戸絵画コレクション プライスコレクションDVD『生命と美の宇宙を巡るシリーズ』全5巻 第1巻・第2巻を6月4日から先行発売

@Press / 2013年06月11日10時00分

これまで伊藤若冲の作品を収めたDVDは非常に少なく、若冲を知る上で貴重な作品となります。 第1弾として第1巻と第2巻を、岩手県立美術館にて先行販売を6月4日から開始しました。ご購入は、上記美術館以外にも“日経映像ONLINE”や“Amazon.co.jp”または大手書店からのお取り寄せ購入も可能です。7月中旬より順次、第3巻~5巻を販売していく予定です。 [全文を読む]

あす29日『伊藤若冲』特集!テレビ東京「美の巨人たち」

PR TIMES / 2017年04月28日12時59分

『動植綵絵』『果蔬涅槃図』『仙人掌群鶏図』…一大ブームを巻き起こした天才絵師・伊藤若冲を特集!あす4月29日(土)夜10時放送美術・アートな作品(絵画や彫像、工芸品、建築物)や作者等にスポットを当て、そこに秘められたドラマや謎を探る美術エンターテインメント番組「KIRIN ART GALLERY 『美の巨人たち』」。これまで番組では幾度となく技巧派の巨人た [全文を読む]

「京都で楽しむ美術の旅」へ協賛

@Press / 2016年12月13日15時30分

伊藤若冲を満喫するコースや、日本美術の宝庫である東山の歩き方、京都で美術を楽しむためには欠かせない「狩野派」入門など、旅のコンシェルジュさながらに痒い所に手が届く内容で京都の冬の旅への期待を高めました。 また、第2部では舞妓による舞踊が行われ、参加者の方はそのたおやかさに見とれていました。 第3部のトークセッションでは、「狩野永徳と戦国の美術」と題し、山本 [全文を読む]

パソコンでの年賀状作成が初めてでも大丈夫!「3つのカンタン」で、誰でも迷わず年賀状作成・印刷ができる年賀状ソフト『筆ぐるめ 24』、2016年 9月2日(金)発売

DreamNews / 2016年08月26日12時00分

【用途例】●年賀状 ●暑中見舞い ●残暑見舞い ●クリスマスカード ●結婚案内 ●出産案内 ●往復はがき ●封筒印刷 ●名刺 ●名前シール ●カレンダー ●賞状 ●CD / DVDラベル ●ミニ写真シール ●のし ●うちわ ●Tシャツ など『筆ぐるめ 24』 収録素材数(※4)・レイアウト 5,000点・素材(イラスト・写真・背景) 20,000点・例文 [全文を読む]

伊藤若冲の「桝目描き」 江戸時代のデジタル画と評される

NEWSポストセブン / 2016年05月18日16時00分

今回は、前回に続き天才絵師・伊藤若冲の回顧展(生誕300年記念「若冲展」)。日本美術応援団長・山下裕二氏(明治学院大学教授。美術史家)を引率に、書家の木下真理子氏が、若冲が描き上げた世界観に誘う──。 山下:江戸時代、円山応挙らと並んで京都画壇きっての人気絵師だった伊藤若冲ですが、明治以降、日本では正当に評価されずにいました。むしろ、海外での評価の方が高く [全文を読む]

大分県立美術館開館記念展vol.1モダン百花繚乱「大分世界美術館」―大分が世界に出会う、世界が大分に驚く「傑作名品200 選」2015 年4 月24 日(金)~7 月20 日(月・祝)

DreamNews / 2015年04月06日09時00分

<主な出品作家と作品>●アンリ・ルソー 《散歩(ビュット=ショーモン)》(世田谷美術館)<4 / 2 4~6 / 7>●アンリ・ルソー 《サン=ニコラ河岸から見たシテ島》(世田谷美術館)<6 / 9~7 / 2 0>●千利休 《花入》4 点、 《茶杓》等(野村美術館、永青文庫、三井記念美術館)●与謝蕪村 《松林富士図》(富山市佐藤記念美術館)<4 / 2 [全文を読む]

特別企画「奇想の画家展 ~若冲を中心に~」

PR TIMES / 2015年03月09日10時25分

伊藤若冲の作品を中心に、長沢蘆雪、曾我蕭白の作品を展示。実際に美術館を彩った傑作もあり、購入も可能。 このたび株式会社加島美術では、 特別企画として「奇想の画家展 ~若冲を中心に~」を開催することとなりました。 奇想の画家として“再発見”されて以来、ますます人気の高まる伊藤若冲の作品を中心に、 関連画家の作品によって構成される企画です。 弊社は美術館の展覧 [全文を読む]

天然妻 伊藤若冲展の会場で「ワカオキの大ファンなの」

NEWSポストセブン / 2017年04月17日07時00分

すると、おっ、江戸時代の絵師、伊藤若冲の生誕300年展を相国寺でやってるぞ! 会場で、女房にウンチクを語ろうとすると、「知ってる! 私、ワカオキの大ファンだから」。ワ、ワカオキ? 「じゃくちゅうだよ!」。僕が耳元で囁くと、「白鳥? ニワトリの絵ばっかりよ」。周りの失笑に耐えられず、一目散で会場を後にした僕でした。 ※週刊ポスト2017年4月28日号 [全文を読む]

2017年酉年、伊藤若冲が描いたもっともおめでたい鶏図

NEWSポストセブン / 2017年01月05日07時00分

江戸時代中期の天才絵師・伊藤若冲の代表作として名高い『動植綵絵』(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)。全30幅の中でも、鶏は若冲が自宅の庭で放し飼いにして繰り返し描いた象徴的なモチーフだ。酉年を寿(ことほ)ぐ色鮮やかな鶏図の魅力を、明治学院大学教授で日本美術応援団長の山下裕二氏が解説する。 * * * 2016年は空前の若冲ブームでした。春に東京都美術館で開催された生 [全文を読む]

秋の金戒光明寺で伊藤若冲の群鶏図屏風を特別公開!

Walkerplus / 2016年11月08日14時58分

■ <秋の特別公開>伊藤若冲が手がけた群鶏図屏風を公開 2016年11月1日(火)~12月4日(日)の期間に開催される秋の特別公開では、生誕300年となる京都が生んだ天才画家、伊藤若冲が手がけた群鶏図屏風が公開される。その他にも、眺めが抜群の山門、重要文化財の吉備観音像、紅葉の回遊式庭園など見どころが多い。11月12日(土)~27日(日)は、夜間拝観も行 [全文を読む]

「美祭-BISAI-」

PR TIMES / 2016年10月14日15時27分

~伊藤若冲・曾我蕭白・円山應挙・岩佐又兵衛・横山大観・前田青邨・上村松園・ 仙厓義梵・本阿弥光悦・西郷南洲(隆盛)・夏目漱石などの作品が一堂に!~ 【「美祭-BISAI-」とは?】加島美術が年に2回春と秋に開催する、江戸時代から現代までの美術品の展示販売会です。絵画、墨蹟を中心に400点を超える選りすぐりの日本美術の作品を取り揃え、ギャラリーに展示し販売し [全文を読む]

大人気も納得。伊藤若冲の展覧会に4時間半も並んでわかったこと

まぐまぐニュース! / 2016年09月19日16時00分

今年4月に東京都美術館で展覧会が開催され、連日4時間近い待ち時間を記録するなどその人気ぶりが話題となった画家、伊藤若冲。無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』では、生誕300周年である若冲の魅力が紹介されています。生誕地の京都ではこの秋も展覧会が企画されているとのことですので、興味がある方、東京で見逃してしまった方、もう一度見たい方…チャンスですよ。 伊 [全文を読む]

83年ぶり発見の『孔雀鳳凰図』も登場 「若冲と蕪村」展

太田出版ケトルニュース / 2016年09月01日10時36分

9月5日(月)より、神奈川県箱根町の岡田美術館にて、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念する展覧会『―生誕300年を祝う― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち』が開催される。 この展覧会は、江戸時代中期に活躍した2人の天才画家、伊藤若冲(1716~1800)と与謝蕪村(1716~1784)の生誕300年を祝い、2人の作品と、円山応挙、長沢蘆雪、曽我蕭白、池大 [全文を読む]

今年話題の『伊藤若冲』の絵画が年賀状に!かんたん年賀状ソフト『筆まめVer.27』2016年9月2日(金)発売

@Press / 2016年08月23日13時00分

■『筆まめVer.27』製品概要今年話題の「伊藤若冲」の絵画が年賀状に!かんたん年賀状ソフトの最新版『筆まめVer.27』◆<筆まめVer.27限定>伊藤若冲の絵画が年賀状で使える!<NEW>今年、生誕300年で話題となっている奇跡の絵師「伊藤若冲」の絵画をデザインした年賀状が使えます。◆人気のご当地キャラデザイン年賀状も使える◆17年連続販売本数第1位( [全文を読む]

「大妖怪展」始まる!北斎、若冲、ジバニャンらが“共演”

Walkerplus / 2016年07月05日15時41分

伊藤若冲、歌川国芳、歌川国貞、葛飾北斎、河鍋暁斎の妖怪画が見られる! 縄文時代から現代に至るまでの4000年間の妖怪を集めた「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」が東京・大阪で開催される。東京都江戸東京博物館では7月5日(火)~8月28(日)まで、あべのハルカス美術館では9月10日(土)~11月6日(日)までとなる。 伊藤若冲、歌川国芳、葛飾北斎、河鍋 [全文を読む]

<展覧会は6時間待ちも>伊藤若冲『動植綵絵』が人気[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年05月26日07時40分

茂木健一郎[脳科学者]* * *伊藤若冲の『動植綵絵』の人気が大変なことになっていて、展覧会は6時間待ちとかにもなっているらしい。私は相国寺、それにワシントンでじっくりと拝見する機会があって、今回はご遠慮申し上げたが、確かに歴史的傑作だと思う。『動植綵絵』は、生きとし生けるものに対する祈りである。さまざまな愛らしい生きものたちが描かれているが、それと同時に [全文を読む]

記録的人気の「若冲展」行けた人も行けなかった人も!この夏は、伊藤若冲の世界観を身にまとって美術さんぽ。

PR TIMES / 2016年05月24日10時26分

300周年の奈良の老舗が贈るオリジナルテキスタイルが期間限定で登場奇想の画家として、国内外で広く知られる伊藤若冲。今年迎えた生誕300周年を記念して、上野の東京都美術館で開催された(2016年4月22日から5月24日)の「若冲展」は、20万人超え(5月10日公表)の入場者を記録し、連日入館待ちの長蛇の列ができるなど、その人気ぶりが話題になりました。江戸時代 [全文を読む]

フォーカス