茂野吾郎のニュース

20代・30代男性が選ぶ「野球マンガNO.1&名ピッチャー」ランキング!―名ピッチャー1位は針の穴をも通すコントロールの持ち主

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月25日06時30分

<野球マンガNo.1ピッチャーは?> 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 1位:星飛雄馬(巨人の星) 2位:茂野吾郎(MAJOR) 3位:上杉達也(タッチ) 4位:国見比呂(H2) 5位:里中智(ドカベン) 見事栄えある第1位に輝いたのは、 針の穴をも通すコントロールの持ち主・星飛雄馬(巨人の星)。幼少期から速球を鍛えるために“大リーグボール養成 [全文を読む]


【プロ野球】決定! 「この野球マンガが現在進行形ですごい!」2017【1位~3位編】

デイリーニュースオンライン / 2017年01月23日17時05分

■2位:『MAJOR 2nd』(満田拓也/小学館「週刊少年サンデー」連載、既刊7巻) 【あらすじ】 元メジャーリーガー茂野吾郎の息子・大吾は、才能のなさと二世の重圧から野球をやめていた。そんな大吾の元へ、一人の転校生が現れる。吾郎の盟友にしてライバル、佐藤寿也の息子、光だ。佐藤親子との出会いによって、大吾の野球人生が大きく変わり始めていく。 【選定理由】 [全文を読む]

『スクール・ウォーズ』で…スポーツ選手に影響を与えた漫画・ドラマ4選

しらべぇ / 2017年01月04日19時00分

茂野吾郎の野球人生を描いた作品で、リトルリーグから中学、高校、メジャーリーグ、日本プロ野球で活躍する様子が描かれている。現役プロ野球選手のなかでも坂本勇人や前田健太が愛読していたことを公言。とくに前田は茂野の姿を自分に重ね合わせていた時期があったという。(2)SLAM DUNK(バスケットボール)バスケットボールを題材とした漫画で、90年代に週刊少年ジャン [全文を読む]

【高校野球】4番でエースは誰だ?甲子園に出場する“二刀流”候補生

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日17時05分

『中学野球太郎』でのインタビューでは、漫画『MAJOR』の主人公・茂野吾郎を目指していると語っていた。最後の夏、甲子園で漫画のような活躍を期待したい。 ■藤平尚真(神奈川・横浜/右投右打) 昨夏の甲子園では東海大相模(神奈川)のエース・小笠原慎之介(現・中日)が9回の一発で全国制覇を手中に収めたが、今年は同じ神奈川県勢の藤平の打撃に注目。 最速152キロ [全文を読む]

子どもが大きく育つ!読むと成長する「熱血スポーツ漫画」4選

BizLady / 2016年06月23日18時00分

■1:諦めないことの大切さを教えてくれる! 『MAJOR』茂野吾郎というひとりの少年の野球人生を壮大に描いた作品です。彼の人の心を動かす力は計り知れず、関わった人物の生き方までも変えてしまい、読者の心にも大きな影響を与えます。非情とも言える逆境の数々から這い上がる姿は、子どもに諦めない気持ちの大切さを教えてくれるはずです。■2:そこで試合終了! 『SLAM [全文を読む]

田口壮氏 野球漫画で最強の魔球聞かれ「野茂さんのフォーク」

NEWSポストセブン / 2015年03月21日16時00分

「主人公の茂野吾郎は鳴り物入りでメジャーに迎えられるわけではなく、マイナーリーグから挑戦して徐々に上を目指していく。そこに共感しました。微妙な評価でメジャーに昇格したり、またマイナーに落とされたりという僕も経験した現実が怖いほど精密に描かれています。 印象的なのは、マイナーリーグで吾郎がデッドボールを当ててしまったバッターに謝りにいくシーン。そのバッター [全文を読む]

祝!「NPB80周年ベストナイン」で、プロ野球漫画の最強ベストナインを勝手に決めてみた

週プレNEWS / 2014年12月08日06時00分

小島:ストッパーは毒島大広(ぶすじまたいこう)もいいけど『MAJOR』の茂野吾郎を推したい。吾郎の声優、高校時代のクラスメイトでして。 ツクイ:魔球なら『侍ジャイアンツ』の番場蛮。『ミラクルジャイアンツ童夢くん』の新城童夢も、小学4年で300キロ近く出したり魔球を乱発したなぁ。 粟生:小学生投手が巨人で活躍するといえば『リトル巨人くん』の滝巨人(たききよ [全文を読む]

フォーカス