福田靖のニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

脚本は福田靖サン。この作品が彼にとって出世作になったんだけど、面白いのは、実は福田サンはピンチヒッターだったんですね。初回は大竹研という、フジのヤングシナリオ大賞を取った人が書いていたんだけど、この方、1話で降りちゃったんです。聞くところによると、脚本をどんどん変えられることに耐えられなくなったからと――。ま、連ドラの脚本って、そういうものだけど(その辺り [全文を読む]

竹野内豊が弁護士に!法務&ホームドラマに挑む

Smartザテレビジョン / 2016年02月29日05時00分

脚本を手掛けるのは「DOCTORS~最強の名医~」(テレビ朝日系)や「HERO」(フジテレビ系)シリーズなどで知られ、病院や検察庁といったなじみの薄い世界を舞台にしてきた福田靖氏。今回は法律事務所を舞台に新たな物語を作り出す。竹野内は「福田靖さんとご一緒させていただける事をとても光栄に思っております。難しい法の話ではありますが、実際に様々な弁護士の方々と直 [全文を読む]

『無限の住人』大コケの木村拓哉と、寒風吹き荒ぶフジテレビの思惑が合致! 『HERO』続編制作へ

日刊サイゾー / 2017年05月19日13時00分

フジとしては局内で『HERO』を『相棒』(テレビ朝日系)のようにシリーズ化できないかという話が具体的に進んでいるようです」(芸能事務所関係者) 『相棒』は脚本家が9人いることで視聴者を飽きさせないようにしているが、現状『HERO』には福田靖しかおらず、現実的にはシリーズ化は難しいといわれている。 「また、脇の役者さんたちもあまり乗り気ではないと聞いています [全文を読む]

櫻井翔が4年半ぶり連ドラ主演!スタッフ&共演者に興奮「豪華が溢れている」

Smartザテレビジョン / 2017年04月24日06時00分

脚本は「HERO」シリーズ('01年ほか、フジテレビ系)などを手掛けた福田靖、演出は日本テレビ系の「Mother」('10年)、「Woman」('13年)、「ゆとりですがなにか」('16年)など人気作品を担当してきた水田伸生監督が務める。 この作品の見どころは、教師と生徒たちの友情・愛情を描く学園ドラマではなく、「未来を支える子供たちのために、まず、自分 [全文を読む]

グエン役の上地春奈「ベトナム語のせりふは難しい!」

Smartザテレビジョン / 2016年06月16日07時01分

脚本の福田靖さんが舞台を見に来てくださったとき、沖縄の方言を使う役をやっていて、そこから“ベトナム人・グエン”という役につながったみたいです。それを聞いてうれしくて…。でも、ベトナム人役ってどんな役なの?と思いました。演じる上で、ベトナム人について調べられることはやりましたけど、あまりにも情報がなくて…(笑)、でも楽しく演じています!――実は、島谷涼子役の [全文を読む]

6/25開催 弁護士&プロデューサー四宮氏 型破りなエンタメ弁護士“現場の著作権”を直伝

PR TIMES / 2016年06月10日14時00分

現在OA中のテレ朝「グッド・パートナー」では脚本家の福田靖氏とタッグを組み、法律家ならではの経験・視点でシナリオ創作にも情報協力するなどマルチに活躍中。◆日時: 2016年6月25日(土) 14:00~16:00(13:30 受付開始)◆会場:株式会社クリーク・アンド・リバー社 麹町制作ルーム東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル 5階セミナールーム [全文を読む]

『テレビウォッチャー満足度調査』視聴者を最も満足させる“脚本家”は誰か⁉トップは『リーガルハイ』の古沢良太!

PR TIMES / 2016年05月31日09時40分

第2位は僅差で宮藤官九郎 第3位は「HERO」の福田靖、第4位は「ごちそうさん」「天皇の料理番」の森下佳子データニュース株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:竹内信悟http://www.data-news.jp/)では、2011年より「テレビウォッチャー」というテレビ番組の視聴アンケートを毎日実施し、満足度・接触数・録画数・感想を取得しています。近年 [全文を読む]

アジアン・馬場園梓「竹野内豊さんはすごくかわいい」

Smartザテレビジョン / 2016年05月19日08時00分

――福田靖さんの台本はどうですか?本当に面白くて、台本を読んでいる感じではないような感覚すら覚えます。仕事として覚えなきゃ!ということではなく、最初から夢中になって読んじゃうぐらい面白いので、台本というよりは小説を読んでいるような気持ちで、どんどん読み進めてしまっています。――弁護士チームのムードメーカーはどなたですか?やはり、大倉孝二さんではないでしょう [全文を読む]

「グッドパートナー」好調の一因に主人公の人間っぽさ

Smartザテレビジョン / 2016年05月15日17時00分

そして、何と言っても福田靖の遊び心が詰まったせりふ回しだ。当然、演出と役者の技量によるところも大きいが、例えば事務所内でどうすれば依頼人の望みをかなえられるのか、パートナー弁護士、アソシエイト弁護士、パラリーガルらが意見交換をしている時のこと。同僚であり元夫婦の咲坂と佳恵(松雪泰子)が、相手を意識するあまり、どんどん感情的になっていき「ママはそうやっていつ [全文を読む]

山崎育三郎、竹野内豊は「男の僕から見てほれる男性」

Smartザテレビジョン / 2016年05月12日05時00分

――脚本を手掛けている福田靖さんの魅力を教えてください。(福田さんは)僕のミュージカルも見に来てくださっていたようです。今回出ている一人一人の役も芯を持って明確に描いていて、役者にすごく愛情がある方です。せりふのリズムも、みんなで会話をするだけでテンポがよくなって、周りが笑ったりとか。1話ずつ完結していますし、年齢関係なく誰が見ても理解できて、本当に絶妙な [全文を読む]

福山雅治、ドラマ失敗の戦犯がはっきりした

NewsCafe / 2016年04月28日16時00分

「初回は10.6%、第2話が9.1%で、今回も10%には届かなかったことから、福山が所属する事務所アミューズはフジテレビに対して『どうなっているんだ? このままだと看板俳優の福山の評判を落としてしまう』と声を荒らげているそうです」(週刊誌記者) 事務所は何に対して怒っている? 「アミューズは当初、同ドラマの脚本家に代表作『ガリレオ』(フジテレビ系)シリー [全文を読む]

嵐・松本『99.9』が今年No.1視聴率獲得、ジャニドラ絶好調! 4月期ドラマ初回ランク

サイゾーウーマン / 2016年04月26日13時00分

脚本は、SMAP・木村拓哉主演『HERO』(フジテレビ系)や、沢村一樹主演の人気シリーズ『DOCTORS~最強の名医~』(テレビ朝日系)などを手掛けた福田靖氏が担当している。 次に低視聴率により下位となった作品を見ていくと、ワースト3位は松下奈緒の主演作『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ系)。初回は当初4月14日に放送される予定だったが、熊 [全文を読む]

「グッドパートナー」三輪GPが語る竹野内豊の魅力

Smartザテレビジョン / 2016年04月21日06時30分

企業も人の集合体ですので、弁護士ドラマを作ろうとなったときに、あえてあまり扱われていない企業法務に焦点を絞ってみようと、脚本の福田靖さんと決めました。――優秀なキャリアを持つエース格の弁護士・咲坂健人を演じる竹野内さんを起用した理由について教えてください。竹野内さんは清濁併せのんでいるオトナの余裕と、理不尽なことは許せないという男気あふれる面を持っていらっ [全文を読む]

福山雅治が『ラヴソング』惨敗でフジテレビに激怒! だが「自分のことは棚に上げて……」の声

日刊サイゾー / 2016年04月18日09時00分

福山サイドは当初、同ドラマの脚本家に代表作『ガリレオ』シリーズの福田靖氏を希望していたが、他局に取られてしまった。結果、『ラブソング』は若手脚本家の倉光泰子氏が務めることになりましたが、福山サイドは不満なようです」(週刊誌記者) とはいえ「自分のことは棚に上げて……」と、文句の1つも言いたくもなる。テレビ関係者が苦言を呈す。 「昨年、女優の吹石一恵さんと結 [全文を読む]

水谷豊のオファーを蹴った?竹野内豊が「相棒」より「弁護士」を選んだ理由

アサ芸プラス / 2016年03月06日09時59分

やはり主役を張っている竹野内としては、『相棒』のオファーが来たとしても断るでしょうね」(テレビ誌記者)「グッドパートナー 無敵の弁護士」の脚本を担当するのは「DOCTORS~最強の名医」や「HERO」などのヒットで知られる福田靖氏。昨今のドラマ界では数少ないオリジナル作品なだけに、ドラマファンからも大きな期待が寄せられている。 [全文を読む]

“微妙なポジション”の竹野内豊がテレ朝看板枠で連ドラ主演 今後の俳優生命を左右することになりそうな気配漂う

おたぽる / 2016年03月04日09時00分

脚本は、『HERO』(フジテレビ系)、『海猿 UMIZARU EVOLUTION』(フジテレビ系)、『ガリレオ』(フジテレビ系)、NHK大河ドラマ『龍馬伝』、『DOCTORS 最強の名医』など、数々のヒット作を手掛けてきた福田靖氏のオリジナル作品。 他の出演者は、杉本哲太、賀来賢人、山崎育三郎、アジアン・馬場園梓、大倉孝二、岡本あずさ、宮地雅子、國村隼、 [全文を読む]

「DOCTORS」比嘉愛未に直撃2『目指せ相棒!』

Smartザテレビジョン / 2015年03月05日08時00分

それを紡ぎだす、福田靖さんの脚本は毎回素晴らしいなと思います。病院モノの中に、社会のいろんな組織に通じるものがあるし、人の良いところを伸ばす、という意味では教育にも良いところがたくさんあるので、幅広い層に見ていただけているのかなと。私自身も見ていて勉強になるフレーズがいっぱいあるなと思っています。――ナースの皆さんも割と3シーズン固定のメンバーでやってらっ [全文を読む]

『HERO』劇場版が“台本直し”で撮影停滞中「キムタクに日本アカデミー賞を……」

日刊サイゾー / 2015年01月29日09時00分

「実は、ジャニーズ側からかなり台本に直しが入って、脚本家の福田靖さんが頭を抱えているようです。そのせいで、撮影も15~25時とか、連日かなりハードに行われているとか。妊娠中の松たか子さん以外は、かなり詰め込みで撮影されていますよ」(映画関係者) 当初は1月末に終わるはずが、2月末までずれ込むようだ。 「その原因というのが、米倉涼子さんとV6の岡田准一さん [全文を読む]

キムタクと「HERO」スタッフのホントの関係

アサ芸プラス / 2014年07月29日09時59分

プロデューサーを筆頭に、平野眞さんたち演出陣や脚本の福田靖さんを含めて、全員が木村くんを認めた上でその個性を考え、彼がハマる役を作り上げた。それを木村くんもわかっていますから、スタッフの事を尊敬してますよ。一部報道にあるような『キムタクがスタッフに横暴で口を出す』というような事はありません」(テレビ局スタッフ) また、今作では北川景子が起用され、時々、元ヤ [全文を読む]

キムタクドラマ高視聴率の裏でスタッフを悩ませる「あれやこれや」

アサ芸プラス / 2014年07月23日09時59分

この好スタートの要因について、制作サイドは「ガリレオ」や「海猿」などの脚本で知られる福田靖脚本の素晴らしさをあげている。すでにさらなる視聴率引上げ作戦として、松たか子、阿部寛、大塚寧々ら前作のレギュラーのサプライズ出演を決定。21日の第2話、28日の第3話を2週連続で15分拡大放送を決めた。ただし、芸能ライターが「いいことづくめではない」と、こう指摘する。 [全文を読む]

フォーカス