渡辺敦子のニュース

いわきの文化発信地「いわきPIT」のオープニングに岸谷香&渡辺敦子のユニット“おりあつ”が一時復活

PR TIMES / 2015年07月26日10時16分

エンタテインメントを通じた東日本大震災の復興支援活動を続ける「一般社団法人チームスマイル」(東京都渋谷区、代表理事:矢内廣)が福島県いわき市にオープンさせた「いわきPIT」で、7月25日(土)、オープニング公演『~いわき発、PITがつなぐ心の復興~岸谷香&渡辺敦子コンサート』が行われた。 [画像: http://prtimes.jp/i/12949/72/ [全文を読む]

レクリエーション介護士の会報誌「スマレク」第三号発刊

PR TIMES / 2017年05月18日15時00分

PRINCESS PRINCESS リーダー&ベーシスト 渡辺敦子さんのインタビュー掲載レクリエーション介護士制度を手掛ける、BCC株式会社スマイル・プラスカンパニー(所在地:大阪市西区、代表取締役:伊藤一彦、以下当社)は、2016年7月に創刊したレクリエーション介護士の方々にお届けする会報誌「スマレク」の第三号を5月10日(水)に発刊いたしました。「スマ [全文を読む]

【大予測:国際政治】「post-truth」の次に来るもの

Japan In-depth / 2016年12月29日11時47分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」先月、オックスフォード大学出版局が発表した今年注目された英単語は「post-truth」であった。同出版局によると、特にBrexit騒動とトランプ新大統領誕生の文脈で、post-truth politicsとして使用され、その意味は、「特定のコンセプトについて意味がなくなる、あるいは重要でなくなること [全文を読む]

オバマ流の現実主義か? 安倍首相真珠湾電撃訪問

Japan In-depth / 2016年12月08日18時00分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」安倍晋三首相が今月末、真珠湾をオバマ米大統領と共に訪問することが決まった。 任期最後を飾る大ニュースだが、8年間のオバマ外交の評価は、概して一定しないものであった。ハーバード大学のS・ウォルト教授が今春Foreign Policy誌で指摘した通り、オバマの8年間中国との関係は比較的安定し、イランを含む [全文を読む]

神山健治監督新作に高木渉出演決定! TVアニメ『銀魂』が新ビジュアルも【ざっくりアニメニュース】

おたぽる / 2016年12月05日23時00分

人気アニメーター・渡辺敦子がNab_Atの名義でスマホ向けマンガアプリ「comico(コミコ)」で連載中のマンガを原作とする『ピアシェ~私のイタリアン~』は、キービジュアルを公開。イタリア料理店を舞台とした、ホンワカしたストーリーを描くスタッフ陣は、監督は桜井弘明、キャラクターデザインはもちろん渡辺敦子、アニメーション制作はゼロジー。 [全文を読む]

トランプを勝たせた「status quoへの反感」

Japan In-depth / 2016年11月10日10時01分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」カンヌ映画祭で今年、パルムドールを受賞したケン・ローチ監督の「I, Daniel Blake」を、先日、英国に向かう飛行機の中で見た。主人公の中年大工ダニエルは心臓病を患い医師から仕事を休むように言われる。だが政府からは労働可能と見られて福祉手当を受けらず、破産と生命の危機にさらされる。ローチ監督によ [全文を読む]

トランプとBrexitの共通点 ポピュリズムとは何なのか

Japan In-depth / 2016年11月06日18時00分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」今週に投票を控え、総括するのは尚早だろうが、ドナルド・トランプ氏への支持は結局最後までさして衰える気配がなく、もはや一過性の「現象」とは言えなくなってきた。 最近、米タイム誌で英国のマイケル・アシュクロフト卿がトランプ氏とBrexitの共通点について書いていた。彼によると、その共通点は三つだという。 [全文を読む]

続 日本の社会学が国際化できないわけ その2

Japan In-depth / 2016年10月25日00時00分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」英国の社会学者ドナルド・マッケンジーの著書にAn Engine, not a Camera (2006) というのがある。何が「エンジンであって、カメラではない」のかというと、経済理論、ブラック・ショールズモデルと呼ばれるオプション理論で、同理論を発表したマイロン・ショールズはロバート・マートンととも [全文を読む]

続・日本の社会科学が国際化できないわけ

Japan In-depth / 2016年10月14日07時00分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」前稿ですでに一定の結論めいたことを書きつつ、再びこのテーマに戻ってきたのは、先日、科学ジャーナリストの松尾義之氏が昨年出版した『日本語の科学が世界を変える』(筑摩選書)という本を読んだためだ。要点をまとめれば、「世界をリードする日本の科学の秘密は、日本語で思考されてきたからである」ということになる。大 [全文を読む]

日本の社会科学が「ガラパゴス化」を脱する方策

Japan In-depth / 2016年10月03日19時05分

渡辺敦子(研究者)「渡辺敦子のGeopolitical」筆者は先日、社会科学の国際化を阻む「壁」について、日本の社会科学の「ガラパゴス化」を指摘した。本稿では少し論を進めて、在外の日本人研究者という立場から、方策を考えてみたい。以前「大学世界ランキング、日本の大学低迷のなぜ」で触れたように、筆者は「ガラパゴス化」がすべて悪いとは思っていない。「普遍性」を売 [全文を読む]

フォーカス