丸山正雄のニュース

累計2,700万部発行!池波正太郎超人気シリーズ『鬼平犯科帳』タイトルを『鬼平』として初アニメ化!現代風のイケメン“鬼平”ビジュアル解禁

@Press / 2016年08月31日10時00分

■池波正太郎作品 初のアニメーション、長身でスタイリッシュな“鬼平”の誕生!プロデューサーは、手塚治虫率いる虫プロにてキャリアを積み、制作会社マッドハウスの代表取締役を務めた後、70歳にして新たな制作会社MAPPAを、そしてこの春にはスタジオM2を立ち上げ、精力的に活動を続ける丸山正雄。これまでに映画『時をかける少女』『サマーウォーズ』など半世紀以上にわた [全文を読む]

「Japan Expo」で劇場版『ポケモン』最新作を世界先行上映! ハガレン予告編も

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年05月24日17時20分

さらに、『この世界の片隅に』を手掛けたアニメプロデューサー・丸山正雄を名誉顧問に迎えて、過去100年のアニメ作品の中から100作品を取り上げて紹介する大規模展示を行うほか、ゲストとして、『攻殻機動隊』で知られる神山健治や、『タッチ』『うる星やつら』のアニメーション美術監督である小林七郎などが参加する。 発表会には、Japan Expo創立者・副代表であるト [全文を読む]

『鬼平犯科帳』アニメ化&誕生50年記念オリジナル電子書籍を一挙に3点配信!

@Press / 2016年12月22日12時15分

(※朴ロ美の「ロ」は王へんに路) プロデューサーは「この世界の片隅に」(片渕須直監督)などを世に送り出した日本アニメ界の名伯楽、丸山正雄。監督・キャラクターデザインは「ルパン三世 GREEN vs RED」等を手がけた宮繁之。一流のスタッフによる新たな鬼平像が楽しめます。主題歌は由紀さおり「そして・・生きなさい」です。 ●アニメ「鬼平」公式サイト:http [全文を読む]

『この世界の片隅に』の劇場版アニメ製作が正式に決定!2016年秋公開予定~クラウドファンディング「Makuake」で国内最高支援者数を樹立した作品~

@Press / 2015年06月03日10時00分

株式会社ジェンコ(所在地:東京都港区、代表取締役:真木太郎)が統括プロデュース、株式会社MAPPA(所在地:東京都杉並区、代表取締役:丸山正雄)がアニメーション制作を担当する長編映画『この世界の片隅に』の製作が、本日正式に決定いたしました。公式サイト: http://www.konosekai.jp マンガ家・こうの史代氏の原作による『この世界の片隅に』は [全文を読む]

「劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女」公開記念 司波達也&司波深雪をAI化!!CVの中村悠一、早見沙織も参加

PR TIMES / 2017年06月09日12時14分

昨年公開されたβ版サービス「罵倒少女・素子」は、今年「第1回アニものづくりアワード」(選考委員長:夏野剛氏、丸山正雄氏 https://animono.jp/ )においてオリジナル・コンテンツ部門 金賞を受賞。『劇場版 ー魔法科高校の劣等生 ー星を呼ぶ少女』の主人公・司波達也、司波深雪のAI化に際しては、性能を向上させた[K-laei](※3)を活用してお [全文を読む]

日本アニメ100周年特別企画が開催! ピカチュウも登場した「第18回 Japan Expo」発表会

おたぽる / 2017年05月25日22時00分

企画の名誉顧問を務める元マッドハウス社長で現MAPPA会長、日本のTVアニメ黎明期から活躍してきた名プロデューサー丸山正雄(『SHIROBAKO』のキャラクター・丸川正人社長のモデルとしてもお馴染み)も発表に登場。 壇上に上がった丸山PDは「『アニメ』という多言葉がないころから業界に関わってきました、手塚(治虫)さんの『鉄腕アトム』のころからやってきて、 [全文を読む]

アニメ『鬼平』の世界にもっと浸りたい! 生誕50周年記念の「鬼平展」緊急レポ!!(28日まで開催中)

おたぽる / 2017年05月24日21時00分

展示場に入り口で出迎えてくれるのは、アニメ『鬼平』で、監督・キャラクターデザイン:宮繁之氏、クリエイティブプロデューサー:丸山正雄氏のメッセージ、続いて長谷川平蔵の等身大(?)パネル。案内していただいた「鬼平展実行委員会」の方によれば、宮監督、丸山プロデューサーも20日に現地を訪れたとか。 続いて登場するのは、原作の故・池波正太郎先生の愛用の品々と生原稿 [全文を読む]

第36回藤本賞受賞者・川村元気「君の名は。」には「映画界の夢がある」

映画.com / 2017年05月19日15時00分

「シン・ゴジラ」の山内章弘氏、佐藤善宏氏、「この世界の片隅に」の丸山正雄氏、真木太郎氏が同特別賞に輝いた。 興行収入240億円を超える歴史的な大ヒットを記録し、幅広い観客層へ向けた映画作りが評価された「君の名は。」。「今年の新入社員を連れてきました」と口火を切ったコミックス・ウェーブ・フィルム代表の川口氏は「アニメ業界の制作現場は疲弊しています。それをわか [全文を読む]

のん、雑誌表紙に舞台挨拶と仕事順調? 春ワンピ姿をチェック

しらべぇ / 2017年05月04日17時00分

『この世界の片隅に』の片渕須直監督と丸山正雄プロデューサーに挟まれ、昭和の銀幕女優のような赤いレトロなワンピース姿で華を添えた。ブログのスクリーンショットのんらしいマイペースな活躍ぶりに喜ぶファンたちで、コメント欄も大盛況。・のんに改名されてからは肩の力が抜けて自分らしく動かれているとのこと。色んな縛りから解放されて、いい事づくめですね !・MOEは母の若 [全文を読む]

今回初出しの貴重なイラストも! 日本屈指の痛快時代小説のアニメ作品「鬼平」の特製グッズを 「楽天コレクション」にて3月30日(木)から発売開始

DreamNews / 2017年03月30日17時00分

この人気シリーズを、『この世界の片隅に』の丸山正雄プロデューサーが今回装いも新たに描くアニメ作品『鬼平』。堀内賢雄、浪川大輔らベテラン声優陣に加え、豪華なゲスト出演者を迎え、現在大人気放映中の作品です。 今回のくじでは、ファン垂涎の初出しイラストをあしらった豪華キャンバスアートパネルをはじめ、湯呑みや手ぬぐい、原作ファンにも嬉しいブックカバーなど、本作の世 [全文を読む]

第40回日本アカデミー賞最優秀アニメ作品賞は『この世界の片隅に』。片渕監督は「諦めなくてよかった」

Movie Walker / 2017年03月03日22時40分

丸山正雄プロデューサー、音楽を担当したコトリンゴと登壇した片渕監督。ブロンズを手にした片渕監督は「6年以上かかって作った映画。諦めなくてよかったです」と歳月を噛み締め、「諦めないですんだのは、僕が途中でやめようかなと思った時にプロデューサーの丸山さんが『もうちょっと続けようよ』と6年言い続けてくれたから」と述懐。 さらに「もし途中で『もういいか』と思って [全文を読む]

ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』、シャウト・ファクトリーが北米展開に向けて権利を獲得

ガジェット通信 / 2017年02月05日19時00分

同作は、こうの史代による原作をもとに片渕須直が脚本と監督を務め、株式会社マッパの丸山正雄と株式会社ジェンコの真木太郎がプロデュースを手掛けた。ロンドンに拠点を置くセールス・エージェントであるアニマツ・エンタテインメントを通じて権利が獲得された。 シャウト・ファクトリーのキッズ&ファミリー・エンターテイメント部門上級副社長のメリッサ・ボアは、「美しくとても [全文を読む]

いよいよ放送スタート! アニメ「鬼平」関連の電子書籍を期間限定で配信『鬼平犯科帳 決定版』電子版も配信開始

@Press / 2017年01月06日16時15分

丸山正雄プロデューサー、長谷川平蔵役の堀内賢雄、密偵おまさ役の朴ロ美のインタビューを掲載。(※朴ロ美の「ロ」は王へんに路) それに加えアニメ第一話の原作「血頭の丹兵衛」全文を特別掲載。第2話~第13話のあらすじも紹介しているので、放送前からアニメ「鬼平」の世界にひたることができます。関連URL:http://books.bunshun.jp/ud/book [全文を読む]

“中の人”に聞く!『時をかける少女』10th Anniversary Blu-ray BOXの魅力と「今だから言える10年前の話」

Walkerplus / 2016年11月18日18時00分

井上「今から12年前、マッドハウスの当時の社長・丸山正雄さんから突然連絡をいただきまして。その時は、“細田守さんを監督に迎えて新作アニメを作りたいので、その相談をしたい”というお話でしたね。映画の公開は10年前なので、その2年前に「細田守さんって知っていますか?」といった感じでご連絡いただいいて、「もちろん知っています。非常に注目している方ですよ」とお答え [全文を読む]

貯金ゼロ目前、食費は1日100円……苦境極まった片渕須直監督『この世界の片隅に』は、どう完成したか

日刊サイゾー / 2016年11月07日18時00分

ここで、監督はプロデューサーの丸山正雄さん(MAPPA代表取締役会長/本作では企画)とのやりとりを記しています。ここでは、こう書いていらっしゃいますね。「この頃、2009年夏に完成した『マイマイ新子と千年の魔法』の次回作になる企画を模索している。丸山さんには、片渕には次はTVシリーズを作らせたい、というかなりはっきりした思いがあったらしかった」『マイマイ新 [全文を読む]

犬童一心監督と齋藤優一郎プロデューサーが最終審査員に! 「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」最終審査員&ファイナリスト決定!

PR TIMES / 2016年10月12日12時21分

プロデューサー丸山正雄に師事し、多くのアニメーション企画や海外との共同製作、また実写とのコラボレート作品などに参加。細田守監督作品では『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)のプロデューサーを務めた。11年同社を退社後、 細田守と共に、「スタジオ地図」を設立。以後、細田守監督作品のプロデュースに専念し、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バ [全文を読む]

能年玲奈改め“のん”が主演声優を務めるアニメ映画『この世界の片隅に』、本ポスター解禁!

おたぽる / 2016年09月22日13時05分

映画『この世界の片隅に』 ■公式サイト http://konosekai.jp/ ■声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外 ■監督・脚本:片渕須直 ■原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) ■企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 ■音楽:コトリンゴ [全文を読む]

鬼平が長身でスタイリッシュなイケメンに! 『鬼平犯科帳』初のテレビアニメ化決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月14日17時30分

2017年に誕生50周年を迎える『鬼平犯科帳』シリーズのテレビアニメ化を担当するプロデューサーは、映画「時をかける少女」「サマーウォーズ」など200本以上のアニメ作品を手がけてきた丸山正雄。 主人公の鬼平は、長身でスタイリッシュな現代風のルックスとなり、クールな色気と力強さを感じさせる。 さらに2016年10月22日(土)には、文藝春秋が発行する月刊小説 [全文を読む]

これからのアニメ業界に必要な人材とは!? アニメ業界唯一のビジネス情報誌『アニメビジエンス』最新号発売

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月16日17時30分

その他、弁護士の福井健策、MAPPA代表の丸山正雄、読売テレビプロデューサーの諏訪道彦ら多彩な執筆者による連載も含め読み応えたっぷり。産業としての規模や将来性について語られることの少ないアニメを“ビジネス”視点で捉え、“科学(サイエンス)する”ことを目的に掲げる『アニメビジエンス』ならではの内容となっている。 ■『アニメビジエンス』第10号 発売日:20 [全文を読む]

各社が考える「アニメーションの海外戦略」とは? アニメビジネス誌『アニメビジエンス』第9号発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

そのほか、弁護士の福井健策、MAPPA代表の丸山正雄、読売テレビプロデューサーの諏訪道彦らの連載、そしてアニメコンテンツマーケティングプランナー武者慶佑の連載が開始される。 ■『アニメビジエンス』第9号 価格:1,851円(税込) 発売日:2015年10月14日(水) 出版社:ジェンコ 販売:とらのあな・アニメイト ※一部店舗 オンライン販売:キャラアニ. [全文を読む]

フォーカス