真田昌幸のニュース

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

上田城 上田城は天正11年(1583)に真田昌幸が築城しました。二度にわたって徳川の大軍を退けた名城です。関ヶ原の合戦直後に一旦破却されましたが、その後に仙石氏が入封して上田城を再建、宝永3年(1626)に松平氏(藤井松平氏)が領主になり明治維新を迎えました。写真は仙石氏時代に造られて西櫓。上田城でもっとも古い櫓の一つです。 西櫓 西櫓は上田城の本丸隅櫓 [全文を読む]

真田幸村(信繁)雌伏の地!和歌山・九度山周辺の「真田丸」関連スポット5選

サライ.jp / 2016年09月27日19時00分

天下分け目の関ケ原の戦いで西軍にくみした真田昌幸・幸村父子は、和歌山県高野山に蟄居を命ぜられ、14年の歳月を過ごしました。その間に、父・昌幸はあえなく力尽き、その遺志は子・信繁(幸村)に委ねられることとなりました。 後に大阪の陣にて″日本一の兵(つわもの)″と称えられることになる、真田幸村。その雌伏(しふく)の舞台となった地・高野山と九度山周辺には、真田ゆ [全文を読む]

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

今回は、「豊臣と徳川が戦争」になった際の、真田昌幸が考えた戦略プランについて。著者の西股総生さんは、昌幸の考える「尾張侵攻作戦」がすでに無理があると指摘。ただし、徳川が簒奪者であるとのイメージを上手く広めることができれば、作戦の公算はかなり変わってくるとの見方を示しています。 今回のワンポイント解説(9月25日) 豊臣と徳川が戦争になったら、まず兵を出して [全文を読む]

兵力2000の真田軍が7000の徳川軍を撃破!大河ドラマ「真田丸」でも描かれた第一次上田合戦の勝利の秘密は地形にあった!

PR TIMES / 2016年05月19日15時22分

●第一次上田合戦で真田が勝てた理由とは!?天正13年(1585)、徳川軍が真田昌幸の居城・上田城を目指して動き出しました。その数7000。迎え撃つ真田軍はわずか2000。しかし、戦国でも指折りの戦上手、真田昌幸は、息子の信幸、信繁とともに巧みな戦いを展開し徳川軍を撃破、さらには追撃をかけ、大打撃を与えて撃退しました。真田の名を全国に轟かせたこの「第一次上田 [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

「真田丸」昌幸そっくりな田んぼアートに草刈正雄も驚嘆

Smartザテレビジョン / 2016年09月03日13時10分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で真田昌幸役を演じる草刈正雄が、青森県田舎舘村を訪れ、同地で行われている“田んぼアート”を鑑賞した。 田んぼアートは、色の異なる稲を絵具代わりに巨大な絵を描くもの。田舎舘村の田んぼアートは、ことしのテーマを「真田丸」(昌幸と三成)と映画「シン・ゴジラ」に設定。どちらも迫力の仕上がりとなっている。 田舎舘村役場4階の展望 [全文を読む]

『信長の忍び』作者による新戦国ギャグ4コマ『真田魂』!人間臭くて笑えるキャラ設定にも注目!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月28日17時30分

真田家当主の真田昌幸。長男・真田信幸。そして後に「日本一の兵」と称される次男・真田信繁(幸村)。地方の小領主にすぎなかったこの一族が、やがて天下を揺るがし歴史にその名を刻む。 戦の絶えない殺伐とした戦国時代の物語だが、ユーモアたっぷりのギャグマンガになっている。戦では向かうところ敵なしの甲斐の虎・武田信玄が温泉好きで芋虫嫌いだったり、第六天魔王・織田信長が [全文を読む]

40年に1本の当たり役? 草刈正雄が大河ドラマ『真田丸』を語る

anan NEWS / 2016年03月24日20時00分

大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役で、その怪演ぶりが話題の草刈正雄さん。ダンディで物腰柔らかなイメージがあるけれど、素顔の草刈さんは一体、どんな人なのだろう。『真田丸』のことから、プライベートなことまでたっぷりお聞きしました。 * * * ――昌幸がじつに楽しそうなので、草刈さんはコメディがお好きなのかなと感じているのですが。 草刈:普段言う僕の冗談は、全然 [全文を読む]

『真田丸』で評価が高い父・昌幸は家康が最も恐れた男だった

週プレNEWS / 2016年02月15日18時00分

今回は、まず父の真田昌幸について紹介しよう。 「真田昌幸は天才的な策略家です。その知略によって逆境を乗り切っていきます。信長の死後は北条、徳川、上杉の三者間をうまく立ち回り、家康からもらった資金で自分の城(上田城、現在の長野県上田市)を造ってしまう。 そのため“ひきょうの者”と呼ばれます。ただし、現在の『卑怯』ではなく『比興』(『おもしろい)という意味) [全文を読む]

真田三代の激動の歴史に迫る!第3回「真田三代戦国歴史検定」2016年3月6日開催

DreamNews / 2015年10月26日15時00分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、真田幸隆・真田昌幸・真田信繁らの「真田三代」を通じて戦国時代に関する知識を問う「真田三代戦国歴史検定」を、2016年3月6日(日)に、真田町(長野県上田市)・東京・大阪にて開催します。当検定は、上田市、真田町商工会の後援のもと、日販が企画・運営を担当します。日本出版販売株 [全文を読む]

MADONNA(マドンナ)Rebel Heart Tour 2015にSIDO「甲冑パンツ」がツアー衣装として採用されました。2016年2月13~14日、日本に凱旋

DreamNews / 2015年10月21日17時00分

採用された武将は全部で4武将(織田信長、徳川家康、直江兼続、真田昌幸)。金色を施した武将が選ばれました。『甲冑パンツ』とは?◆日本の戦国時代に、活躍した武将が身に着けていた甲冑をモチーフにデザインをしたアンダーウエア。◆素材は、究極のアンダーウエア素材「HOHTAI(R)」を使用。医療用包帯を肌着用に改良した日本の特許素材です。通気性は一般のアンダーウエア [全文を読む]

「真田幸村」の本当の名前、御存知ですか? 「真田三代戦国歴史検定」 2014年11月30日開催

DreamNews / 2014年08月01日14時00分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:平林 彰 略称:日販)は、真田幸隆・真田昌幸・真田信繁の「真田三代」を通じて戦国時代に関する知識を問う「真田三代戦国歴史検定」を、11月30日(日)に、真田町(長野県上田市)・東京・大阪にて開催します。当検定は、上田市、真田町商工会の後援のもと、日販が企画・運営を担当します。日本出版販売株式会社(本社 [全文を読む]

草刈正雄がファースト写真集発表、真田昌幸ゆるキャラ登場

NEWSポストセブン / 2017年05月30日16時00分

昨年、NHK大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役が注目された草刈は芸歴47年。同書は100点の撮り下ろし写真が掲載されている。 ほかにも、ロングインタビュー、「100の質問」、幼少期のプライベート写真、さらには『真田丸』の「昌幸名場面集&名言集」まで網羅されている。この日は『真田丸』の舞台である長野県上田市のゆるキャラ「真田幸丸」のパパキャラで、真田昌幸をモチ [全文を読む]

芸歴47年にして初の写真集!『草刈正雄 FIRST PHOTO BOOK』がついに発売

IGNITE / 2017年05月17日23時00分

昨年NHK大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役で再ブレイクした俳優・草刈正雄による写真集、『草刈正雄 FIRST PHOTO BOOK』(定価:本体1900円+税)が 双葉社より発売された。 芸歴47年にして初のフォトブックには、贅沢に撮り下ろした100カットを掲載! 貴重なロングインタビューや幼少期の写真も収録。 大人の色気漂うファッショングラビアには、ベ [全文を読む]

芸歴47年にして初の写真集!『草刈正雄 FIRST PHOTO BOOK』がついに発売!

PR TIMES / 2017年05月12日00時00分

魅惑の撮り下ろし全100カット! 誰も見たことがない草刈正雄がここにーー 昨年NHK大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸役で再ブレイクした俳優・草刈正雄による写真集、『草刈正雄 FIRST PHOTO BOOK』(定価:本体1900円+税)が、本日 双葉社より発売となりました。芸歴47年にして初のフォトブックには、贅沢に撮り下ろした100カットを掲載! 貴重なロ [全文を読む]

徳川家康も真田昌幸も!なぜ戦国時代の「人質」から多くの英傑が生まれたか

サライ.jp / 2017年04月30日19時00分

静岡県静岡市にある臨済寺。少年時代の家康は、ここで武将としての修行を積む。(撮影・澤田真一)文/澤田真一放映中のNHK大河ドラマ『おんな城主直虎』では、人質時代の家康が描かれている。そもそも今年の大河作品は「人質のやり取り」がテーマのひとつでもある。井伊氏という、16世紀まで地方の小勢力に過ぎなかった一族が主役なのだから、シナリオもそういう流れになってしま [全文を読む]

クラウドファンディングで、今熱いディスクトイって何だ?

FUTURUS / 2017年04月17日08時30分

昨年の大河ドラマ『真田丸』では、草刈正雄演じる真田昌幸が事あるごとに手の中でクルミを回していた。これらの「指いじり」は非常に多くのバリエーションに富み、立派な歴史を形成している。誰かそのあたりのことを書籍化してくれないかと、筆者は願っているのだが。 さて、去年クラウドファンディング『Kickstarter』で大きな話題を呼んだのが、『Fidget Cub [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

なお、『真田丸』で信繁の父・真田昌幸を演じた草刈正雄が、幸村(信繁)役を演じた)に手を出したり、『真田丸』のBOXを見返してみたりと、それぞれ対処法を試みていることだろうが、オススメしたいマンガがある。『真田魂』1巻(白泉社)である。『真田魂』は、TVアニメも放送中の『信長の忍び』の原作者でもある重野なおきが、白泉社のマンガ配信サイト「ヤングアニマルDen [全文を読む]

『幸村軍戦記 6 下 上杉軍の死闘』(津野田幸作=著)が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!! 第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション小説!

DreamNews / 2017年01月16日16時30分

そして、大坂城を出た真田昌幸は百計を開き、上杉景勝と死闘を開始する。前田慶次郎、後藤又兵衛、宮本武蔵が奮戦し、徳川軍は追い詰められるが、そこには家康が用意した罠が待ち受けていた。戦が始まって以来、初めて相見える真田昌幸と徳川家康の両将が仕掛ける駆け引きとは如何に!?第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション、シリーズ第6弾! 【目次】前巻までの [全文を読む]

11/25(金)eラーニング『戦国武将に学ぶ相続(遺言)事業承継シリーズ「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 「戦国武将に学ぶ事業承継」』開講!

DreamNews / 2016年11月25日15時00分

【受講対象者】相続・遺言に興味を持つ高齢者事業承継を考えている企業オーナー【価格】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」 通常価格 9,000円(税込)「戦国武将に学ぶ事業承継」 通常価格 9,000円(税込)【講座収録時間】110分 【目次】「戦国武将に学ぶ相続、遺言」・講座ガイダンス・登場人物の説明、真田昌幸・黒田官兵衛・黒田長政・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康・ [全文を読む]

フォーカス