渡瀬恒彦のニュース

石原裕次郎「最後のアドリブ芝居」が渡瀬恒彦遺作に重なると感動の声

しらべぇ / 2017年03月28日20時00分

同日、渡瀬恒彦の遺作となったテレビ朝日系『そして誰もいなくなった』が放送されたこともあり、ふたりの名俳優の最後の芝居に賞賛の声が相次いでいる。■石原裕次郎の代表作『太陽にほえろ』1956年に役者デビューし出演映画は99本。映画だけでなくテレビドラマでも活躍、歌手としても『銀座の恋の物語』などヒットを連発した裕次郎。とくに捜査第一係長の藤堂俊介(ボス)を演じ [全文を読む]

BSジャパンできょうから8日まで、昼0:56~の「ザ・ミステリー」枠で、故渡瀬恒彦さんが出演「北アルプス山岳救助隊 紫門一鬼シリーズ」連続放送!!

PR TIMES / 2017年05月01日12時58分

BSジャパン 5月1日(月)~8日(月)昼0時56分~放送BSジャパンでは、ゴールデンウィークの5月1日(月)~5月8日(月)午後0:56~「ザ・ミステリー」枠で、3月に亡くなられた渡瀬恒彦さんが出演した『北アルプス山岳救助隊紫門一鬼シリーズ』6.~11.を一挙放送します。高嶋政宏さんと、渡瀬恒彦さんが出演した、山岳救助隊シリーズは、2001年から2009 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん死去 『ちりとてちん』草若の名台詞を思い出す人も

しらべぇ / 2017年03月16日10時00分

『仁義なき戦い』シリーズや『十津川警部』シリーズ、『ちりとてちん』(NHK)などで知られる俳優の渡瀬恒彦さん(72歳)が14日に多臓器不全で死去していたことがわかった。突然の訃報に、ネットでは驚きと悲しみの声が広がっている。■15年から癌と闘病も帰らぬ人に渡瀬さんは2015年の夏頃から体調不良を訴え、後に胆嚢に悪性腫瘍が見つかって大学病院に入院。5ヶ月間、 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん追悼特別編成「おみやさんスペシャル」「タクシードライバーの推理日誌32」を再放送

Smartザテレビジョン / 2017年03月17日21時08分

俳優の渡瀬恒彦さんが逝去されたことを受け、テレビ朝日は3月18日と19日に、渡瀬さんの主演作「おみやさんスペシャル」と「タクシードライバーの推理日誌32」を放送すると発表した。 3月18日土曜日は「渡瀬恒彦さん追悼 おみやさんスペシャル」を昼0.00-2.20に関東ローカルにて放送。過去の迷宮入り事件を捜査資料から解決する資料係のおみやさんこと鳥居勘三郎( [全文を読む]

ドラマ「そして誰もいなくなった」は渡瀬恒彦からのラストメッセージ?

アサ芸プラス / 2017年03月28日17時59分

3月25日、26日放送の「2夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった」(テレビ朝日系)が遺作となった俳優の渡瀬恒彦。15年夏頃から胆のうガンと闘病し、多臓器不全で今月14日に亡くなった渡瀬だが、ドラマでも肺がんの末期患者である犯人役を見事に演じた。 トリックを明かすビデオレターでは、狂気を感じさせる犯行動機を鼻に酸素吸入のためのチ [全文を読む]

渡瀬恒彦「兄貴程度の芝居しかできなかったら消えていた」

NEWSポストセブン / 2017年03月24日16時00分

人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了した渡瀬恒彦(享年72)は、デビューからしばらくは「渡哲也の弟」という肩書きがついて回った。そのレッテルに戦いを挑むかのように、かつての渡瀬は、どんな危ないアクションでもスタントマンなしで挑み続ける激しさで知られた。「初めてお会いしたときは、気軽に声をかけることもできないほどのオーラに包まれていた。本当にかっこいい人でした [全文を読む]

渡瀬恒彦が亡くなってしまった…『相棒』より断然面白い『警視庁9係』はどうなっちゃうのか

Business Journal / 2017年03月16日21時00分

俳優の渡瀬恒彦が亡くなった。訃報を知ったとき、思わず声を上げてしまった。私の大好きなシリーズモノ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)はどうなるんだ……。正直、『相棒』や『ドクターX』(共にテレ朝系)よりも面白かったと思っている。『タクシードライバーの推理日誌』(同)も大好きだったけれど、連ドラとしては9係、渡瀬といえば9係なのである。 渡瀬恒彦の素晴らし [全文を読む]

『十津川警部シリーズ』から渡瀬と伊東が降板!惜しむ声続々

しらべぇ / 2016年08月26日20時30分

十津川警部役が渡瀬恒彦から内藤剛志へ、亀井刑事役が伊東四朗から石丸謙二郎にそれぞれ交代となる。1992年からコンビを組み、「ハマリ役」となっていた両者だけに視聴者からはショックの声が。恒ちゃんが...伊東四朗との十津川警部はテッパン。個人的にはSMAP解散よりショック。渡瀬恒彦は私の永遠のヒーローさ...— Palm (@palm0107) August [全文を読む]

渡瀬恒彦“遺作ドラマ”に「現実とダブって涙が止まらない」と視聴者が涙

アサ芸プラス / 2017年03月29日05時59分

同ドラマで注目を集めたのは、なんと言っても3月14日に多臓器不全により亡くなった俳優の渡瀬恒彦さんの姿だろう。ドラマの最後には「このドラマは2016年12月20日から2017年2月13日に掛けて撮影されました。渡瀬恒彦さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」とのテロップが流れた。 渡瀬さんが演じた元東京地裁裁判長の磐村兵庫は、末期の肺がんで余命宣告を受け [全文を読む]

渡瀬恒彦を襲った胆のうガンの「怖い原因」

アサ芸プラス / 2017年03月24日05時59分

「おみやさん」「夜明けさん」などの人気テレビ番組などで親しまれていた俳優の渡瀬恒彦が多臓器不全のため、亡くなった。元々の原因は胆のうガンだという。 胆のうガンは胆のうにできる悪性腫瘍で、最初はほとんど無症状だという。日本は欧米諸国と比べると、胆のうガン発症率が高い(2013年の胆のう・胆管ガン死亡数は男性約8900人、女性約9300人)と言われているが、そ [全文を読む]

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第3回・渡瀬恒彦」(1)キャリアの段差をぶち壊せ!

アサ芸プラス / 2016年10月31日05時57分

70年代の東映ヤクザ路線において、渡瀬恒彦が放つピリピリしたムードは、極辛のスパイスそのものだった。それが演技なのか、それとも素地なのかわからない緊迫感こそ、渡瀬が凡百の役者と違う「一流の証し」であった。「たまたま映画館に入って、正直、こんなにヘタな役者もおらんなあと思ったよ」 川谷拓三や室田日出男と同じく、東映の大部屋俳優で結成された「ピラニア軍団」の一 [全文を読む]

渡瀬恒彦 胆のうに腫瘍、闘病しながらドラマ撮影継続

NEWSポストセブン / 2016年05月25日16時00分

俳優・渡瀬恒彦(71才)が現在闘病中であることが明らかになった。昨秋に詳細な健康診断を受けたところ、胆のうに腫瘍が見つかったという──。 4月スタートのドラマ『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)が好調だ。2006年4月にスタートしたロングランの刑事ドラマで、今回がシリーズ第11弾。渡瀬恒彦がいぶし銀のキレ者刑事を熱演し、V6の井ノ原快彦(40才)、羽田美 [全文を読む]

やっぱりイノッチじゃ……故・渡瀬恒彦さん不在の『警視庁捜査一課9係』が、史上ワースト視聴率更新で“打ち切り”か!?

日刊サイゾー / 2017年05月17日13時00分

3月14日に多臓器不全のため逝去した、渡瀬恒彦さん主演の連続ドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係 season12』(テレビ朝日系)の雲行きが怪しくなってきた。 同ドラマは渡瀬さんの訃報を受けても放送中止とはせず、撮影を続行。4月12日に迎えた初回は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と好発進し、第2話も11.6%と高視聴率をマークした。さらに [全文を読む]

渡瀬恒彦が回想シーン出演「警視庁捜査一課9係」番組ファンから寂寥の声

アサジョ / 2017年04月17日10時15分

主役を務めてきた渡瀬恒彦さんが3月14日に亡くなりリーダーを失った9係だが、培ってきた抜群のチームワークでこのピンチを乗り切るようだ。 ドラマでは冒頭に、渡瀬さん演じる主人公の加納倫太郎が特命を受け、不在となるところから始まった。もちろん、渡瀬さんは撮影に参加しておらず、過去に放送されたシーンを使っている。その後も9係メンバーの回想シーンで、倫太郎の在りし [全文を読む]

渡瀬恒彦「ケンカ最強伝説」の真実とは

日刊大衆 / 2017年04月04日07時35分

3月14日、俳優の渡瀬恒彦さんが多臓器不全のため、都内の病院で亡くなったのだ。享年72。『仁義なき戦い』シリーズや『事件』『天城越え』などで日本映画の黄金期を支え、ドラマでは『十津川警部』(TBS系)、『おみやさん』『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)といった人気シリーズを抱え、幅広い世代から愛されていたスターの死に、日本中が悲しみにくれた。 映画 [全文を読む]

渡哲也の今…弟・渡瀬恒彦さんの最期を苦しめた肺気腫と闘う

NEWSポストセブン / 2017年03月31日07時00分

スペシャルドラマ『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系、3月25、26日放送)のクライマックスで、渡瀬恒彦さん(享年72)が遺した最期の演技だ。多くのファンや視聴者がその熱演に、現実での渡瀬さんとの突然の別れを重ね、改めてその俳優魂に震えたに違いない。 渡瀬さんはその放送の11日前、3月14日に亡くなった。 「入院中もベッドの横に『警視庁捜査一課9係』の [全文を読む]

渡瀬恒彦 死の淵でも弱みを見せなかった強さと優しさ

NEWSポストセブン / 2017年03月30日07時00分

がん闘病の末、3月14日に天国へと旅立った俳優・渡瀬恒彦(享年72)。近年は人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了したが、芸能界一の「武闘派」としても知られた。一方で渡瀬は、めっぽう優しかった。特に川谷拓三、室田日出男、小林稔侍ら、東映京都撮影所専属の“大部屋役者”をよく世話した。渡瀬が発起人となって「ピラニア軍団」を結成し、まだ俳優として芽が出ていなかった彼 [全文を読む]

「ギャラは水谷豊より上だった」自分にもスタッフにも厳しかった渡瀬恒彦さん、その後釜は……?

日刊サイゾー / 2017年03月29日07時00分

今月14日に多臓器不全で亡くなった俳優・渡瀬恒彦の遺作となった二夜連続ドラマスペシャル『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系)の第一夜の平均視聴率は15.7%、第二夜は13.1%(ともにビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことがわかった。 「撮影は亡くなる1カ月前まで行われていたそうです。渡瀬さんは、兄・渡哲也さんに比べてコンスタントに仕事をしていま [全文を読む]

芸能界最強説の渡瀬恒彦「怒らせちゃダメ」と安岡力也も恐怖

NEWSポストセブン / 2017年03月28日07時00分

3月14日、がん闘病の末、天国へと旅だった俳優・渡瀬恒彦(享年72)。近年は『おみやさん』、『警視庁捜査一課9係』(ともにテレビ朝日系)などに出演、人情味あふれる芝居でお茶の間を魅了したが、若かりし日は危険なシーンも代役を拒否し凶暴な跳ねっ返り者のリアルさを追求した。そのため『北陸代理戦争』(1977年、深作欣二監督)では、雪原で横転したジープの下敷きにな [全文を読む]

渡瀬恒彦さん 闘病中駆けつけていた元妻・大原麗子さんの法要

WEB女性自身 / 2017年03月25日06時00分

3月14日に死去した渡瀬恒彦さん(享年72)。渡瀬さんは往年の東映アクション映画で頭角を現し、その後、演技派のベテラン俳優として活躍を続けていた。最近では脳梗塞を患ったあとに胆のうがんを発症、約1年半にわたって闘病中だった。 渡瀬さんが医師から胆のうがんを発症していることを告知される直前の15年8月2日、元妻で女優・大原麗子さん(享年62)の7回忌法要にそ [全文を読む]

フォーカス