岡田有希子のニュース

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(2)絶頂期アイドルはなぜ死を選ぼうとしたのか?

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時51分

デビュー2年目のアイドル歌手・岡田有希子が所属事務所が入ったビルの屋上から身を投げたのは、86年4月8日だった。 自ら死を選んだ原因は、一説には当時42歳とふた回り年齢の離れた中年俳優・峰岸徹への失恋と囁かれた。86年4月24日号によれば、岡田有希子の遺書には「峰岸さんにふられた」とか「好きだったのに冷たくされた」という文字が躍っていたという。 だが、当の [全文を読む]

岡田有希子が遺してくれた音源 ハイレゾで甦る

dwango.jp news / 2015年07月10日19時04分

岡田有希子9枚のシングルと4枚のオリジナルアルバム、全56曲をアナログのマスターテープから新たにリマスタリング、96kHz24bitのハイレゾ音源での配信を9月16よりスタートすることが決定した。今回のハイレゾ化にあたっては、リリース当時のディレクターもマスタリング作業に参加。当時のレコーディングスタジオで聴けたサウンドを甦らせる。既存のCDプレイヤーでも [全文を読む]

中森明菜と怪奇現象の不思議な因縁? 番組出演中にアイドルの幽霊が...!

tocana / 2015年02月16日16時00分

■「岡田有希子の降霊事件」 1986年4月8日、アイドル岡田有希子が所属事務所のビルから、投身自殺した。「ポスト聖子」とうたわれた人気絶頂アイドルの突然の死は日本中に衝撃を与えた。失恋を苦に......、仕事によるプレッシャー......、など自殺の原因は諸説あるが、いまだに真相は謎のままだ。そして、その年の6月放送『歌のトップテン』の番組中に「ジプシー・ [全文を読む]

アナログタロウが選ぶ、なつかしのアイドルコンピAL発売

dwango.jp news / 2014年07月30日19時55分

[収録楽曲]1. 水色の恋 / 天地真理2. 純潔 / 南 沙織3. 芽ばえ / 麻丘めぐみ4. 渚のシンドバッド / ピンク・レディー5. 夏のお嬢さん / 榊原郁恵6. くるみ割り人形 / 石川ひとみ7. ジュリーがライバル / 石野真子8. 涼風 / 岩崎良美9. まちぶせ / 石川ひとみ10. スマイル・フォー・ミー / 河合奈保子11. 夏色のナ [全文を読む]

さんみゅ~、デビューイベントに1000人「年末に紅白、レコ大出る!」

リッスンジャパン / 2013年01月26日21時00分

さんみゅ~は、桜田淳子、松田聖子、早見優、岡田有希子を始め数々のアイドルを世に送り出してきたサンミュージックが21年ぶりに手がける女性アイドルグループ。デビュー曲は、松田聖子作詞、坂本龍一作曲でオリコンNo.1に輝いた岡田有希子の代表曲「くちびるNetwork」。1000人の観客が見守る中、パフォーマンスを披露したメンバーは「その名に恥じないように大切に歌 [全文を読む]

岡田有希子、伊藤麻衣子、西田ひかるのプロマイドご紹介

NEWSポストセブン / 2017年02月19日16時00分

岡田有希子】「プロマイド人気が今も衰えぬ正統派アイドル」 『スター誕生!』を経て、1984年に歌手デビュー。日本レコード大賞などの新人賞を総なめにした。『くちびるNetwork』などがヒットし、2年間の活動ながら正統派として色褪せぬ輝きを残す。 【伊藤麻衣子】「『一億人のクラスメート』としてデビュー」 現・いとうまい子。「ミスマガジン」で初代グランプリ [全文を読む]

エビ中・松野莉奈だけじゃない! 岡田有希子、ツタンカーメン…18歳で急逝した5人の有名人!

tocana / 2017年02月09日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/02/_185.html】■岡田有希子(1967年8月22日~1986年4月8日) 18歳で亡くなった日本のアイドルといえば、即座に岡田有希子の名を思い出す方も多いだろう。 岡田有紀子は1967年8月22日、愛知県一宮市で2人姉妹の次女として誕生した。オーディション番組『スター誕生』を機に [全文を読む]

岡田有希子はなぜ飛び降りた? 不可侵の“タブー”へ切り込む『闇に葬られた「怪死」の真相』

日刊サイゾー / 2016年08月01日18時00分

女優・岡田有希子の飛び降り自殺や、陰謀論がささやかれる日本航空123便墜落事故など18編の“怪死”に切り込む。 14年、小保方晴子氏の一連のSTAP細胞騒動では、小保方氏の師であった笹井芳樹氏の自殺に大きな衝撃が走った。小保方氏との怪しすぎる“師弟愛”を大々的にバッシングされるなど、執拗なマスコミの煽りに心が折れた結果、自殺したとされているこの事件。本書に [全文を読む]

わが青春の“80年代アイドル”熱中時代!(4)「83年デビュー・桑田靖子」

アサ芸プラス / 2016年04月01日05時57分

靖子も一つ屋根の下で多くを学び、2年後にデビューする岡田有希子とも1年ほど共に暮らした。「ユッコとは堀越学園でも同じクラスで、本田美奈子ちゃんや高部知子ちゃんも一緒でした。堀越の修学旅行って、ハワイや韓国、そして北海道から選択できるんですけど、私たち芸能コースは『途中参加・途中帰京』もあるので、基本的に国内を選びます」 そして、北海道の旅館で“事件”が起こ [全文を読む]

ベッキーとSMAP、明暗分けた”所属事務所のタレント管理術”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月30日12時00分

たとえば ・岡田有希子が自社ビルから飛び降り自殺 ・大スターに育てた松田聖子が何の相談もなく独立 ・初期のスターだった桜田淳子が、統一協会(注3)の「合同結婚式」に出席 ・酒井法子が覚醒剤所持で逮捕される そして今回、現在のサンミュージックにとって稼ぎ頭だったベッキーの泥沼不倫が発覚。愛情をかけたはずのタレントたちに、裏切られ続けている。 ■タレント管理は [全文を読む]

岡田有希子、桜田淳子、酒井法子…ベッキー不貞騒動で問われる事務所の管理責任

アサジョ / 2016年01月17日09時59分

ですが、岡田有希子さんが自社ビルから飛び降り、その後、桜田淳子が宗教問題で活動休止。酒井法子が薬物事件を起こすなど、マネージメントを担う会社として問題があるのではと囁かれていた。そこにきて今回のベッキー騒動。担当マネジャーは、管理問題を問われてクビになりかねない問題です。しかも、ベッキーは会社の筆頭稼ぎ頭。ベッキーのCM契約がなくなるということは、事務所の [全文を読む]

ベッキー初醜聞は”サンミュージックの呪い”!? 自殺、宗教、覚せい剤と続く看板タレントの系譜

デイリーニュースオンライン / 2016年01月08日07時40分

桜田淳子や松田聖子といった人気アイドルを輩出したことで知られていますが、所属タレントが数年ごとに大きなスキャンダルや悲劇、トラブルに見舞われてもいるのです」(夕刊紙デスク) 岡田有希子、桜田淳子、酒井法子と続く不運 世間に大きな衝撃を与えたのが、1986年4月の岡田有希子の自殺。当時、事務所が入居していた新宿区四谷のビル屋上から飛び降り18歳という若すぎる [全文を読む]

岡田有希子 死の2日前に撮った「秘蔵写真」と「肉筆手紙」を独占入手

アサ芸プラス / 2015年05月02日17時57分

アイドルの岡田有希子(享年18)がビルから飛び降り命を絶ったのが86年4月8日。衝撃の死から29年、岡田の「秘蔵写真」と「肉筆手紙」を独占入手した。知られざる生前のエピソードとともに初公開する!「彼女の地元、名古屋でのコンサート終了直後に撮らせてもらったんです。厚化粧になったことを茶化して『おしろい濃いね』と言ったら、『また冗談ばかり言って~』とポンと肩を [全文を読む]

さんみゅ〜、グループ誕生の地である池袋サンシャインで1年半ぶりに無料ライブを開催

okmusic UP's / 2014年06月23日12時30分

第一部ではメンバーがデビュー当時の全身純白のワンピースで登場すると、デビュー曲となった岡田有希子のカヴァー「くちびるNetwork」を熱唱。メンバーの西園みすずから「今日は初心に帰る日。セットリストも当時のセットリストを再現したいと思います」とアナウンスすると、観客から歓声が上がった。「実は30年前、まさにこの場所で岡田有希子さんのイベントに参加したんです [全文を読む]

サンミュージック故・相澤秀禎会長が、最期まで守り通した岡田有希子さんの“日記ノート”

日刊サイゾー / 2013年05月31日13時00分

1986年4月8日に飛び降り自殺した岡田有希子さんの死を決断させたとされる“交際相手”だ。 相澤会長に生前、何度か取材した週刊誌記者によると「当時、岡田さんには家族にも見せていない日記のようなノートが残されていて、そこには死に至った交際相手について赤裸々に綴られていたという話があり、長くその相手の名前だけでも聞かせてもらえないかとうかがっていた」という。 [全文を読む]

サンミュージック相澤会長 岡田有希子、酒井法子らとの絆

NEWSポストセブン / 2013年05月31日07時00分

1984年にデビューすると、“第2の松田聖子”と呼ばれるほど人気を集めた岡田有希子さん(享年18)。彼女は1986年4月に、事務所屋上から飛び降り、自ら命を絶った。 岡田さんは自殺する5日前まで相澤さんの自宅に下宿しており、引っ越しを済ませたわずか2日後に再び相澤さんの自宅を訪れていた。相澤さんは女性セブンのインタビューで、「後から思えば、何か話したくて [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<女優のギョーテン篇「大竹しのぶはヤケドする役で本当に顔面が腫れた」>

アサ芸プラス / 2017年02月27日05時57分

〈沢尻エリカは岡田有希子の生まれ変わりである〉 沢尻の誕生日と、岡田が自殺した86年4月8日が同じという単なる偶然か。〈優香がスカウトされたのは、藤原竜也と同じ日で、同じ池袋〉 97年3月27日、ともにホリプロのスカウトマンによって見いだされた。人気者2人を引き当てたホリプロは、強運を発揮したことになる。 [全文を読む]

芸能美女「お宝カット」“高騰・下落”最新調査!(3)人気上昇中の吉岡里帆が週刊誌グラビアを飾ると…

アサ芸プラス / 2017年02月19日09時57分

「アイドルお宝グッズ界で双璧をなすのが、夭逝した岡田有希子と坂井泉水の2人です」 と力説するのは、ネット店舗で昭和を中心に、写真集や雑誌などを販売する「ロマン堂」の各務敦己社長である。「岡田が亡くなる前年の85年カレンダーはズバリ、9万円。坂井が歌手デビュー以前に蒲池幸子の名前で出していた写真集『NOCTURNE』(白泉社)は、9万8000円でもいまだに売 [全文を読む]

ベッキーづくしの一年を払拭したい!レコ大新人賞の演歌歌手はサンミュージックの切り札か?

アサ芸プラス / 2016年11月22日09時59分

しかもこれと同じような状況は30年前にもあったのです」 その30年前とは、松田聖子から岡田有希子へのバトンタッチのこと。トップアイドルとして活躍した松田は85年に郷ひろみと破局し、すぐさま神田正輝と結婚したことで人気が急落。そのマイナスを補ったのが、84年にレコード大賞最優秀新人賞に輝いていた岡田だったのである。「松田の場合は不貞ではなかったものの、男性関 [全文を読む]

高島礼子、有吉弘行…サンミュージックの呪いを越え始めた太田プロダクションの呪い!

tocana / 2016年09月26日09時00分

1968年創業のサンミュージックは多くの有名タレントを輩出するも、岡田有希子の自殺、桜田淳子の新興宗教問題、酒井法子の覚醒剤事件、そしてベッキーの不倫騒動と定期的に看板タレントがスキャンダルを起こしており、いつしか「サンミュージックの呪い」なる言葉が生み出された。 「サンミュ ージックは、四谷怪談の舞台となった四谷三丁目に事務所があります。そのことからお [全文を読む]

フォーカス