成瀬巳喜男のニュース

日本映画研究に没頭した大瀧詠一 作品世界に入り込む「映画カラオケ」とは?

3 / 2014年03月21日10時04分

小学校時代、先生から「お前なら小津がわかるかもしれない」と、小津映画を見せられたというエピソードを持つ大瀧の研究対象は、主に成瀬巳喜男と小津安二郎でしたが、その研究方法は一風変わったものでした。 もともとどんな興味対象においても、「網羅的に理解するために数を観て全体図を作る」というスタンスを取る大瀧。そのスタンスは映画においても踏襲され、「それこそ毎日2本 [全文を読む]

2PMチャンソンにビンタも「もっと強く」と驚きの返事が…女優イ・アイに直撃

2 / 2016年02月04日20時33分

小津安二郎監督も好きですが、最近は成瀬巳喜男さんの映画『浮雲』に本当に感心しました。男女が分かり合おうとするけれど分かり合えないという、悲しい愛情を描いていますよね。原作も読んだのですが、原作とも少し違って、成瀬巳喜男監督の素直な演出がすごくいいな、と感じました」――いきなり成瀬の名前が出てきてビックリしました! そもそも日本映画に興味を持たれたキッカケは [全文を読む]

巨匠たちに愛された銀幕女優・香川京子が語る黒澤明監督の遺作「自然に、肩の力を抜いてやれた好きな作品」BS12で『まあだだよ』ほか5月放送!

1 / 2017年04月18日13時00分

成瀬巳喜男監督『おかあさん』~女優として初めてプロ意識を持った思い出の作品~ 田中絹代さんが演じる下町のクリーニング店のお母さんを支える長女役でした。田中さんとの共演からたくさんのことを学びましたし、自分はこういう明るい庶民的な娘役が合っているのかな、と女優として初めてプロ意識を持った思い出の作品です。■黒澤明監督『まあだだよ』~自然に、肩の力を抜いてや [全文を読む]

日本映画大学の3年生が2月10日~12日まで特集上映会「めをと映画祭 愛と翳りの風景」を開催 -- 学生自ら企画・運営を担当

1 / 2017年01月24日08時05分

◆日本映画大学 特集上映「めをと映画祭 愛と翳りの風景」【日 程】 2月10日(金)11日(土)12日(日)【会 場】 川崎市アートセンター アルテリオ映像館( http://kac-cinema.jp/ ) 小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩3分【主 催】 日本映画大学3年理論コース上映企画ワークショップ【共 催】 川崎市アートセンター【プログラム】○ [全文を読む]

瀬戸朝香が2年ぶりに女優復帰 「演じることが楽しい」

1 / 2016年12月21日16時00分

同作は、1966年に公開された成瀬巳喜男監督の心理サスペンス映画を現代風にアレンジしたもの。ある日、夫に「不倫」「殺人」の事実を告白された主婦・百合子(瀬戸)が、家族を守るために別の顔を持った女に変貌していくさまを描く。 瀬戸はこの2年間子育てに集中したとのことだが、久々の復帰については「演じることが楽しいと感じた」と述べた。ドラマは1月8日から2月19 [全文を読む]

瀬戸朝香「女優復帰」をイノッチが見学!? ラブラブ夫婦ぶりに「羨ましすぎる!」

1 / 2016年12月14日20時00分

同作は、1966年に公開された成瀬巳喜男監督のクライムサスペンスを、現代風ドラマにアレンジしたもの。瀬戸は、夫に不倫と殺人を告白された普通の主婦を演じる。今回の試写会で瀬戸は「私にとっては映像での女優復帰です。2年ぶりです」と、久々の連続ドラマ出演を報告し、自身の役を「撮影前は緊張しました。台本読んで難しい役だなあと思いました」と語った。今回の女優復帰に、 [全文を読む]

手嶌葵『赤い糸』が瀬戸朝香主演ドラマ主題歌に決定 唯一無二の歌声に注目

1 / 2016年12月08日16時00分

このドラマは1966年に公開された成瀬巳喜男監督の心理サスペンスの傑作・映画「女の中にいる他人」を、現代のドラマにアレンジしてお送りするクライム・サスペンスの決定版。 ある日、夫に「不倫」と「殺人」を告白された平凡な主婦・百合子。家族を守るために百合子は、次第に別の顔を持った女へと変貌していく・・・。 という内容にて手嶌葵が今までに歌った作品群とはガラリ [全文を読む]

10年ぶり連ドラ主演の瀬戸朝香、夫・イノッチが「キスシーンを許した」条件とは

1 / 2016年11月22日18時00分

女優の瀬戸朝香主演で、1966年に公開された成瀬巳喜男監督の傑作映画『女の中にいる他人』が、現代ドラマとしてNHKのBSプレミアムでリメイクされる。 「瀬戸さんは2009年に放送された『となりの芝生』(TBS系)以来、13年7月に第2子女児を出産後は、初の連ドラ主演です。はたから見ればイノッチがあれだけ稼いでいるので、そこまで仕事をしなくてもいいのではと思 [全文を読む]

〈日本和装製作映画「青時雨」マドリード国際映画祭ノミネート〉香川京子さん、ノミネートに喜びのコメント 日本国内でプレミアム上映決定!

1 / 2016年07月04日12時30分

今井正監督の「ひめゆりの塔」(53)、小津安二郎監督「東京物語」(53)、溝口健二監督「近松物語」(54)、成瀬巳喜男監督「おかあさん」(52)、黒澤明監「まあだだよ」(93)ら名匠たちの数々の作品に出演。最近でも若手映画監督の作品に出演している。これまで日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(1994年)や国内の様々な映画賞を受賞している。2011年には日本人 [全文を読む]

二階堂ふみ主演『蜜のあわれ』が描く、エロスとタナトスの相克ーー石井岳龍監督の新境地を探る

1 / 2016年04月01日06時10分

叙情的な作風として知られる室生作品の映画化といえば成瀬巳喜男、今井正といった名匠によって何度もリメイクされた家族ドラマの名作『あにいもうと』が思い浮かぶが(個人的には秋吉久美子が主演した1976年今井正版が印象深い)、この作品はまったく趣が異なる。金魚の化身である少女・赤井赤子と、70歳になる老作家・上山、そしてかって作家を愛していた女性・田村ゆり子の幽霊 [全文を読む]

フォーカス