牧野富太郎のニュース

「お花はいつも、きれいだ」(牧野富太郎)【漱石と明治人のことば122】

サライ.jp / 2017年05月02日06時00分

【今日のことば】 「お花はいつも、きれいだ」 --牧野富太郎 『牧野日本植物図鑑』で知られる植物学者の牧野富太郎は、江戸末期の文久2年(1862)に高知で生まれた。寺子屋や土佐藩校を経て、発足したばかりの小学校へ通うが2年で中退。明治17年(1884)に上京し、帝国大学(現・東大)の植物学教室に出入りを許され、独学で黙々と研究を進めていった。組織とは相容 [全文を読む]

0.01秒で虫の命を奪う食虫植物、恐怖の生態

tocana / 2013年10月30日18時00分

和名を「ムジナモ(狢藻)」といい、発見したのは植物学者の牧野富太郎だ。 牧野は、明治23年に現在の江戸川区北小岩の、江戸川河川敷の用水池で、柳の実を採集していた際に偶然発見したという。そして、狢(ムジナ)の尾に似ていることから、その名がつけられた。牧野は発見した時の様子をこのように書いている。 「私はそこのヤナギの木に倚りかかつて、その枝を折りつつ、ふと [全文を読む]

芥川賞選考委員にして本屋大賞受賞作家・小川洋子氏の最新小説『不時着する流星たち』が発売後2週間で重版決定!

PR TIMES / 2017年02月23日16時49分

■『不時着する流星たち』【期間限定!特別お試し版】http://urx.blue/BDJL ■本作のモチーフ紹介 ヘンリー・ダーガー/ローベルト・ヴァルザー/パトリシア・ハイスミス/スタンレー・ミルグラムの放置手紙調査法/グレン・グールド/ヴィヴィアン・マイヤー/バルセロナオリンピック・男子バレーボールアメリカ代表/エリザベス・テイラー/世界最長のホット [全文を読む]

NADiffが選ぶ夏休みに大人と子どもで楽しめるアートな絵本4選【SUMMER BOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年08月13日18時00分

朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹が学生となって登場し、様々な場面で彼らの言葉や著書が紹介される。決して難解ではなく、シンプルな絵と相まって「読んでみたい」「もっと知りたい」と感じられる1冊。さらにその先に続いてゆく読書のためにも、時間に余裕のある夏休みに読んでみては。小学生以上のお子様にはもちろん、大人の方にもおすすめ。 『ドミトリーともきんす [全文を読む]

NHKがスーパーハイビジョン放送の心臓部を公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月20日18時20分

この番組は、“日本の植物学の父”ともいわれる牧野富太郎が描いた植物図を8K映像を見ながら検証していく世界初の8Kスタジオ情報番組。国立科学博物館の田中伸幸氏の解説をもとに、ゲストにガレッジセールのゴリ、福田彩乃、古原靖久を招き、MCのいとうせいこう、伊東敏恵アナが番組を進行していく。牧野が発見したノジギクを題材に取り上げたコーナーでは、おしべやめしべが隆起 [全文を読む]

六甲高山植物園 幻のアジサイ シチダンカが見頃を迎えました!

PR TIMES / 2016年06月23日15時53分

ホンアジサイに並ぶ代表的な手鞠型アジサイで、昭和4年に牧野富太郎博士によって命名されました。ホンアジサイとともに日本の固有二大アジサイであり、暑さや乾燥に強いのが特徴です。丸く大きい葉がつきますが、光沢はなく、酸性度の強い土壌では美しい青色になります。当園に咲く「ヒメアジサイ」は7中旬頃までお楽しみいただける見込みです。[画像3: http://prtim [全文を読む]

六甲高山植物園 幻のアジサイ シチダンカが見頃を迎えました!

@Press / 2016年06月23日15時45分

ホンアジサイに並ぶ代表的な手鞠型アジサイで、昭和4年に牧野富太郎博士によって命名されました。ホンアジサイとともに日本の固有二大アジサイであり、暑さや乾燥に強いのが特徴です。丸く大きい葉がつきますが、光沢はなく、酸性度の強い土壌では美しい青色になります。当園に咲く「ヒメアジサイ」は7中旬頃までお楽しみいただける見込みです。◆アマギアマチャ〈アジサイ科〉【花期 [全文を読む]

地域資源×デジタル×デザインで地方創生【さかわ発明ラボ】オープン!

DreamNews / 2016年05月31日14時00分

(出版社: 学芸出版社/単行本ソフトカバー: 168ページ/言語: 日本語/ISBN-10: 4761526211/ISBN-13: 978-4761526214/金額:2,376円/Amazon: http://goo.gl/R7l9DZ)自伐型林業・農業・植物×デジタル×デザイン=新産業振興その計画の一環として、地域の基幹産業として育成予定の自伐型林業 [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

上記著者の他に、永井荷風、永井隆、中里介山、中島敦、長塚節、中戸川吉二、中原中也、中谷宇吉郎、中山太郎、南部修太郎、新美南吉、西尾正、西田幾多郎、新渡戸稲造、野上豊一郎、野口雨情、萩原朔太郎、橋本五郎、長谷川時雨、長谷川伸、服部之総、浜尾四郎、浜田青陵、林不忘、葉山嘉樹、原勝郎、原民喜、樋口一葉、久生十蘭、火野葦平、平出修、平田晋策、平野万里、平林初之輔、 [全文を読む]

布×竹!ジャパンの伝統デザインが英国王立美術大学のファッションショーにて大盛況!

DreamNews / 2015年06月16日12時00分

土佐虎斑竹命名の父、牧野富太郎博士はじめ、幾度か各地に移植を試みましたが、虎模様が綺麗にできず虎斑竹にはなりませんでした。虎模様が浮かぶ原因は未だ解明されておらず、まさに、虎斑竹は安和の風土から生まれた神秘の恵みです。 そんな貴重な虎竹をファッションに取り入れたのが、英国王立美術大学院で学ぶ中山直哉氏。中山氏は竹を衣服のデザインに取り入れたコレクションを制 [全文を読む]

お片付け名人新登場!便利な二段式収納!虎竹二段フリーボックス

DreamNews / 2014年12月19日09時00分

土佐虎斑竹命名の父、牧野富太郎博士はじめ、幾度か各地に移植を試みましたが、虎模様が綺麗にできず虎斑竹にはなりませんでした。虎斑竹は安和の風土から生まれた恵みなのです。そんな貴重な虎斑竹を赤染めし、編み上げたのが虎竹二段フリーボックスです。虎模様が浮かびあがる表皮部分と模様がない身の部分を織り交ぜ、乱れ編みという編み方で仕上げられた竹かごは、世界にただ一つの [全文を読む]

竹虎が産業功労表彰!須崎市制施行60周年記念式典が開催されました。

DreamNews / 2014年10月06日09時00分

美しい虎模様が特徴の日本唯一の虎斑竹は世界的にも有名な植物学者、牧野富太郎博士によって「土佐虎斑竹(とさとらふだけ)」と名付けられました。竹虎ではこの竹を様々な商品へと形を変えて皆様の元に虎斑竹をお届けしていますが、実はこの虎斑竹は何故、虎竹の里でしか綺麗な模様が出ないのかハッキリとした原因は未だ解明されていません。土質や細菌の作用あるいは海の潮風の影響を [全文を読む]

私たちを理科好きにする4人の“人間くさい”科学者たち

ダ・ヴィンチニュース / 2014年10月02日05時50分

誰もが知る、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎、湯川秀樹の科学者4人。私たちが「天才」ともてはやし畏怖する彼らが、じつは“非常に庶民的な一面”を持っているとしたら。考えてみれば、庶民的な一面くらい、誰しも持っていて当然だが、科学の天才である4人であることの意味が大きい。「ノーベル賞科学者も、自分と共通するところがあるんだ」と知るだけで、なんとなく理科への [全文を読む]

六甲高山植物園 80周年記念特別展示「秘境の花 ヒマラヤの青いケシ」 5月1日(水)スタート

PR TIMES / 2013年04月25日18時22分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)の子会社である阪神総合レジャー株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が運営する六甲高山植物園は、植物学者・牧野富太郎博士の指導により1933年(昭和8年)5月1日に開設し、今年で開園80周年を迎えます。 詳細はこちら → http://www.rokkosan.com/hana/event/201302 [全文を読む]

フォーカス