伊藤智仁のニュース

野球好きの上司と話を合わせる“ツボ”教えます!

週プレNEWS / 2014年04月04日11時00分

伊藤智仁(ヤクルト)である。特に「新人の年の伊藤智仁」がポイントだ。93年にキレキレの「高速スライダー」を引っ提げて三振を奪いまくったシーンは、誰もが脳裏に焼きついている。 残念ながら故障で全盛期は短かったが、短命ゆえそのピッチングは伝説となった。「いかに伊藤のスライダーがスゴかったか」を語るとき、最低1時間はかかるはずだ。 そして00年代の隠れプロ野球フ [全文を読む]

【プロ野球】野村克也、伊藤智仁、イチロー…海外キャンプが転機となった男たち

デイリーニュースオンライン / 2016年02月12日16時00分

■1993、1994年:スワローズ「ユマキャンプ」の伊藤智仁 フロリダ・ユマキャンプが野球人生の大きな節目となってしまったのが、ヤクルトの“悲運のエース”伊藤智仁だ。 ドラフトでは3球団が競合。社会人No.1投手の肩書きを引っさげてプロ入りした伊藤。その代名詞でもあったスライダーを早くその目で見たかったのが野村克也監督だ。1993年のユマキャンプ開始早々 [全文を読む]

トミー・ジョン手術3度の館山昌平 伊藤智仁らの姿勢が励みに

NEWSポストセブン / 2015年09月10日07時00分

投手コーチの伊藤智仁さんも、肘に加えて肩も痛めたので僕が入団した2003年以降は、本来のパフォーマンスを回復できませんでしたが、『マウンドに戻ってやる』という気概を目の前で見せてくれました。 そんな先輩たちの姿勢が励みになりました。復帰できれば、打たれるのは自分の責任。能力や技術が足りないだけです。マウンドで勝負できずに辞めたくはなかったんです」(同前) [全文を読む]

14試合で防御率0.91、奪三振数126!ルーズショルダーで連投した男・伊藤智仁

AOLニュース / 2014年09月03日17時00分

2003年10月25日、秋季コスモスリーグのヤクルト×巨人戦、ヤクルト側の3番手として登板したのは、背番号21番の伊藤智仁(当時33)。この日が約1年ぶりの実戦登板となった伊藤は、打者3人に対して17球を投じ、内野ゴロで1アウトこそとったものの、2つの四球を与え、マウンドを降りた。かつて、並み 居る強打者をねじ伏せたMAX153km/hの剛速球は見る影もな [全文を読む]

伊藤智仁の奪三振記録止めた篠塚「投げ急いでいると感じた」

NEWSポストセブン / 2013年10月04日07時00分

富山での初戦に大勝したヤクルト・野村克也監督は、続く金沢での試合前に、「高速スライダーで連勝だ」と、伊藤智仁の先発を示唆するなどご機嫌だった。 新人・伊藤智は開幕から2か月で4勝。巨人戦では初先発ながら、高速スライダーを武器に三振の山を築いていく。巨人も門奈哲寛-石毛博史のリレーでヤクルト打線に点を与えないが、巨人打線は伊藤智の球にかすりもしない。9回2死 [全文を読む]

【プロ野球】小野泰己こそ藤川球児の「火の玉ストレート」を継ぐ男。将来、小野が「大エース」と呼ばれるために

デイリーニュースオンライン / 2017年03月05日16時05分

細身の体でオーバースローから投げ込むスタイルは、岸孝之(楽天)に近いタイプといわれ、金本監督は伊藤智仁(元ヤクルト)を重ね合わせて称賛する。 小野が得意とする球種は平均140キロ後半、最速153キロのストレート。しっかり指にかかった球は縦回転し、球質は抜群。初速から終速まで速度が落ちない、俗にいう「糸を引く」ようなボールを投げ込む。 この小野が目指す投手 [全文を読む]

ヤクルト一軍投手コーチ・伊藤智仁が語るピッチャーの生命線

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

東京ヤクルトスワローズの伊藤智仁・一軍投手コーチ(46)といえば、高速スライダー投手として、現役時代の活躍を思い起こす人も多いだろう。 今から24年前の1993年4月後半から7月頭のたった3か月間で、プロ野球史に残る伝説を残す。 プロ1年目、テレビ画面でも鋭い変化がわかる高速スライダーを駆使して僅か3か月の間で7勝2敗、防御率0.91という成績をあげ、その [全文を読む]

ヤクルトコーチ・伊藤智仁 デビュー時を客観視できる年齢に

NEWSポストセブン / 2017年02月22日07時00分

東京ヤクルトスワローズの伊藤智仁・一軍投手コーチ(46)だ。「1年目から勝っていたので、他の人からアドバイスなどありませんでしたね。いつ打たれるのか、いつ打たれるのかという恐怖を抱えながらも、一方では絶対打たれたくないという強い意志で過ごしていましたね」 朴訥な様子をうかがわせながら少し笑みを浮かべて淡々と話す。ただひとつひとつの言葉には、絶対的な矜持が隠 [全文を読む]

【プロ野球】今季の真中采配はどうなる? 外国人投手の起用法は? ヤクルトの気になるところはここだ ~投手編~

デイリーニュースオンライン / 2017年01月21日16時05分

代わって伊藤智仁コーチと石井弘寿コーチが1軍投手コーチに。そして、この2コーチを戦略コーチ兼投手コーチ補佐として押尾健一コーチがサポートする3人体制が敷かれた。 今シーズンは、ブルペン担当だった伊藤コーチがベンチに入り、石井コーチがブルペンを見ることになるだろう。高津前コーチが取り入れた肩の作り方、準備の仕方が大きく変わることはないだろうが、ブルペンの体制 [全文を読む]

スポーツ紙では書けない!「ドラフト指名選手」ガチンコ評価

日刊大衆 / 2016年11月18日10時30分

ヤクルトの伊藤智仁も肩を痛めてからは、良くなりかけても再発を繰り返していましたから。彼に関しては、0か100か。危険な人気馬でもありますよね」 灰色を白と見るか黒と見るか。田中を巡っては5球団競合の末、ソフトバンクが交渉権を獲得した。 一方、甲子園で活躍した高校生BIG4にも注目が集まった。優勝投手となった今井達也(作新学院)は西武ライオンズが1位指名した [全文を読む]

なぜ由伸監督はクジを引かなかった? 華がない巨人・阪神のドラフト戦略

週プレNEWS / 2016年10月24日08時00分

本人は高校の先輩にあたる山田哲人と同じチームで喜んでいるようだけど、荒木大輔の時代から川崎憲次郎、伊藤智仁、最近では村中恭兵、由規と期待の若手投手を早くから使うのはいいけど、育ってきたと思ったらみんなケガで長く休むことになる。 A そうなんですよ。これだけトレーニング理論が発達してきた時代に野球界の七不思議のひとつです(苦笑)。 B 最後に、東西の人気球団 [全文を読む]

伊藤智仁のスライダーは「考えられないくらい曲がった」

NEWSポストセブン / 2016年08月20日07時00分

僕らみたいなポッと出の若手にはあまり投げなかったけど、それでも印象は鮮烈です」 ヤクルト、巨人、阪神の3球団で4番を打った広澤克実氏は、19シーズンにわたるキャリアの中から、 「ヤマを張って、その通りに来ても打てない球となるとストレートなら藤川球児(阪神ほか、1999年~)、スライダーは伊藤智仁(ヤクルト、1993~2001年、通算37勝、新人王・カムバッ [全文を読む]

「プロ野球あるある」セ・リーグ編 「給料が2軍>1軍」

NEWSポストセブン / 2016年06月06日07時00分

球団外広報の肩書も持ち、スポークスマン的な役割も) 【ヤクルト】 「『怪我さえなければ伊藤智仁は最高の投手』はファンの定番」@super_hotcake (スライダーの使い手で史上最高投手の呼び声も高いが、怪我に悩まされ、10年間の現役生活でわずか37勝で引退した) 【DeNA】 「ダルビッシュが『日本で唯一勝てなかった球団』が自慢」@gen1998 (そ [全文を読む]

清宮幸太郎 幼い頃に高津臣吾や伊藤智仁らと接し野球学んだ

NEWSポストセブン / 2015年08月07日07時00分

「親交のある元ヤクルトの高津臣吾や伊藤智仁らに変化球の握りを教えてもらったりしていたそうです。小さいころから有名人と普通に接する機会があったので、大人との会話には慣れっこになったんでしょう」(前出・スポーツ紙記者) そしてこれだけのビッグマウス発言ができるのは、「清宮がまだ挫折を知らないから」だと指摘する。 「メディアはまだ清宮ジュニアの実力を様子見して [全文を読む]

球史を彩るサヨナラゲーム「悲劇&絶望の名場面」5選を紹介

NEWSポストセブン / 2015年03月03日07時00分

試合後、伊藤智仁は涙を流し報道陣の質問に沈黙した。 【2006.10.12】完璧だったエースに襲いかかった悲劇 ソフトバンク―日本ハムのプレーオフ第2ステージ、2試合で防御率1.08ながら、いずれも0-1で完投敗戦した斉藤和巳。最後の瞬間は1人では立てず、チームメートに抱えられながらマウンドを降りた。 ※週刊ポスト2015年3月6日号 [全文を読む]

野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書

NEWSポストセブン / 2015年02月22日16時00分

伊藤智仁は、なぜ高速スライダーを使えるのか。 プロ野球史に名を残す4人の名選手と、彼らをよく知る人物から証言を集め、伝説の真実に迫る。プロ野球選手が、どれほどの研鑽を積んでいるかがよくわかり、プロ野球への興味も高まる。 ※女性セブン2015年3月5日号 [全文を読む]

松坂桃李と人型ロボット・NAOがダンス対決!

Smartザテレビジョン / 2015年02月07日15時21分

このマシンには北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平投手のストレート、東京ヤクルトスワローズの一軍投手コーチ・伊藤智仁のスライダー、元プロ野球投手・野茂英雄のフォークなど、日本球界を代表するエースたちの球種がセッティングされているという。対決ルールは、内川選手、松田選手、細川選手の誰かが、ピッチングマシンから1球でもヒットを打てれば人間側の勝利、という内容だ [全文を読む]

清原和博 「のどごし<生>」CM撮影で表面化した巨人との深い溝(1)

アサ芸プラス / 2014年02月13日09時57分

「三浦大輔(40)と対決したい」「松井稼頭央(38)とゲッツーを決めたい」「始球式で投げたい」「監督になってマウンドに行きたい」「審判をやりたい」「能見篤史(34)と対戦したい」「岡田幸文(29)と一緒にプレーしたい」「伊藤智仁(43)の高速スライダーを打ちたい」「ウグイス嬢になりたい」──。 一般人の野球ファン78人がひそかに抱いていた夢をかなえる、と [全文を読む]

プロ野球・ヤクルト宮本の引退で浮上する、ナイナイ岡村と“再合流”プラン

日刊サイゾー / 2013年09月01日09時00分

当時のメンバーには真中満、池山隆寛、伊藤智仁、雨上がり決死隊・蛍原徹、ほっしゃん。らが名を連ねた。宮本は当時本職のショートではなく、主に投手として登板していました。しばらくして、宮本もレギュラー選手として忙しくなったので、チーム自体は休止状態ですが、引退したタイミングで復活を考えていたようです。引退後、即現場でコーチに就任すれば、なかなか宮本のチーム復帰も [全文を読む]

野村克也氏「マー君のスライダーは稲尾、伊藤智に匹敵する」

NEWSポストセブン / 2013年08月27日07時00分

長い野球人生、私は色々な投手の球を見てきたが、彼のスライダーは稲尾和久(西鉄)、伊藤智仁(ヤクルト)に匹敵するほどのものだった。 投手としてプロでやっていくには、制球力に加え、打者が嫌がる球種を1つでも持っていることが条件となる。田中のスライダーはまさにそれだった。初めてブルペンで見た時から、「これは使えるんじゃないか」と思ったのを覚えている。 ※週刊ポス [全文を読む]

フォーカス