徳光正行のニュース

フリーキャスター・徳光正行の男前すぎる行動に称賛の嵐「育ちがいい感じがする」「もっと売れていいと思う」

AOLニュース / 2015年12月22日12時00分

12月15日に放送された『有吉弘行のダレトク!?』(関西テレビ)に、フリーアナウンサー・徳光和夫の息子で同じくキャスターの徳光正行が登場し、その意外な男前ぶりがじわりじわりと視聴者の間で話題となっている。この日、〈欲にまみれた煩悩だらけの芸能人は誰か?〉をテーマに、大物芸能人を父に持つ徳光のほか、作曲家・平尾昌晃の息子である平尾勇気、俳優・松方弘樹&女優・ [全文を読む]

離婚騒動渦中の徳光和夫次男・正行 いい人すぎたのが仇に?

NEWSポストセブン / 2015年02月14日07時00分

今回は、離婚騒動の張本人・フリーアナウンサーの徳光正行を斬る! * * *「決して悪い方には感じない…」『女性セブン』既報どおり、1月初旬に「離婚していた」徳光正行の印象を尋ねられた『サンデージャポン』(TBS系)での壇蜜のコメントだ。「独占スクープ 元嫁が大逆襲 親バカ徳光さん『アンタが息子を駄目にした』」という見出しで『女性セブン』がフリーアナウンサー [全文を読む]

徳光正行アナ 子供がいたら離婚しなかったかもと振り返る

NEWSポストセブン / 2015年06月13日16時00分

女性セブン2月19日号で報じた、フリーアナウンサー・徳光正行(43才)とフリーアナウンサーの田野辺実鈴(32才)との離婚。当初は父・徳光和夫(74才)の親バカっぷりによる、舅嫁問題が原因かと取り沙汰されていたが真相はいかに…? 新著『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』(小学館)で、嫁姑問題を取り上げている倉田真由美さん(43才)が正行の離婚問題の真相を訪ねた。 倉 [全文を読む]

徳光正行 元妻と父・和夫の関係は良好だったと嫁舅問題否定

NEWSポストセブン / 2015年06月12日07時00分

一方、本誌では今年2月19日号で“嫁姑”ならぬ「嫁舅」問題が原因で徳光正行(43才)が離婚したと報じたが、徳光はこの報道に激怒。ダメもとで倉田との対談をお願いしたところ、なんと奇跡的にOKが!!倉田:女性セブンでは元奥様とお父様の和夫さんとの嫁舅問題があったと書いていますけど、あれって、ホントにあったんですか?〈本誌2月19日号のスクープで発覚した徳光とフ [全文を読む]

徳光正行 憎い編集部に招かれ「消火器持ってこようかと…」

NEWSポストセブン / 2015年06月11日11時00分

そこで、記念の対談相手に選んだのは、“嫁姑”ならぬ「嫁舅」問題が原因で、フリーアナウンサーの田野辺実鈴(32才)と離婚したと本誌が報じた徳光正行(43才)。この報道に激怒していたため、ダメもとでお願いしたところ、なんと奇跡的にOKが!! 倉田:こんにちは。昨年の年末に、テレビ番組でお会いして以来ですよね。 徳光:そうですね、ご無沙汰してます。いやあ~、まさ [全文を読む]

“艶系ゴルファー”アン・シネとの「夜のラウンド」を御意見番たちが妄想告白

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時59分

二世キャスターの徳光正行氏が、「アプローチのスイングを教えてもらいたい。後ろから手取り足取り包み込んで」と“レッスンプレイ”を提言すれば、カリスマ男優の森林原人氏は「体力のあるアスリートの場合は、“激しい動き”になりがちなので、アン・シネさんとはゆっくりと心で求め合うプレイがしたい」と、願望を語る。 ほかにも、5月30日発売の「週刊アサヒ芸能」(6月8日 [全文を読む]

ブレイク前だった“マツコ起用”の舞台裏から前都知事の“超絶ケチ話”まで…『5時に夢中!』名物Pが明かす!

週プレNEWS / 2017年01月17日10時00分

大川 あるゲストが本番前日に出演をキャンセルして困っていた時に、当時、番組のMCを務めていた徳光正行さん(アナウンサー、徳光和夫の息子)から紹介されたのがキッカケです。彼から「スゲエ面白い人がいるんですよ!」と聞かされ、焦っていた僕は徳光さんの話を信じて、マツコさんにかけてみました。一度もお会いしたことがなかったけど、電話で「急にすいません。明日、出てく [全文を読む]

IMALU、多岐川華子、坂口杏里…七光りを生かせなかった「しくじり二世タレント」たち

アサジョ / 2016年12月30日10時15分

徳光和夫アナウンサーの息子で、フリーアナでタレントの徳光正行は、45歳になった今でも毎年、お年玉を10万円ももらっているそうで、自身のことを「おスネかじり虫」と言い、「自分のようなダメ男をつかまないように」と自嘲気味に講義した。 どんなに大物の親のコネがあっても、結局ジャッジを下すのは“視聴者”ということのようだ。 ほかにも二世タレントといえば、藤井フミヤ [全文を読む]

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(1)ベッキーから始まった不貞行為連発の年

アサ芸プラス / 2016年12月04日05時57分

名馬・迷馬が入り乱れての混戦模様──その結果はいかに! 徳光和夫(75)の次男で、タレントの徳光正行氏が今年の流行語界を看破する。「今年はかつてないほどの流行語の当たり年。にもかかわらず本家『流行語大賞』にはまったく流行語が入っていないのはおかしい。年末は、アサ芸の裏流行語杯で振り返るに尽きます」 放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏も同意見である。「 [全文を読む]

死ぬまでに一度は触れたい芸能界美バストをチェック!(1)アンケート第1位はさすがの深田恭子

アサ芸プラス / 2016年10月22日17時57分

そんな石原に逆転策を授けるのがタレントの徳光正行氏だ。「小柄でおっぱいの大きい石原さんは、日本人好みのする女優です。還暦を過ぎても色香漂う、風吹ジュンのけだるい色気を目指すべき」 女優として10年後を考えるのなら、ここで一脱ぎすることをお勧めする! [全文を読む]

徳光息子、父から毎年10万のお年玉を今も受け取り中!?

Smartザテレビジョン / 2016年09月16日06時00分

9月26日(月)夜7時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP」(テレビ朝日系)に、徳光正行が登場することが分かった。 正行はフリーアナウンサーの徳光和夫を父に持ち、タレント、キャスターとして活動中。'10年に結婚するも、'15年には早くも離婚した正行は、その原因が、自身が親のすねをかじり続けて生きてきた“クズ男”だったためと告白。“親に [全文を読む]

高畑裕太逮捕でクローズアップされる「二世タレント」の甘やかされぶり

アサジョ / 2016年09月01日09時59分

徳光和夫の息子の徳光正行は3年前に番組で、当時41歳にして『いまだにお年玉をもらっている』と告白。事件を起こした三田佳子の次男は当時、月50万円の小遣いをもらっていました。もちろんすべての二世有名人が甘やかされて育ったわけではありませんが、この手の話は枚挙に暇がありません」(週刊誌記者) 高畑淳子の場合は、シングルマザーで仕事と育児を両立させる必要があった [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(3)艶姿だらけの写真集部門は伸びしろ見せたダレノガレ明美に

アサ芸プラス / 2016年07月03日17時57分

現在は商社マンと交際しているようですが、簡単に結婚しそうにないだけに、ぜひともカラミヌードを見てみたい」(タレント・徳光正行氏) 写真集部門は、その“下ネタ力”で伸びシロのあるダレノガレ明美に決まり。 最後はハプニング部門。桂文枝と20年来の愛人スキャンダルが報じられた紫艶(38)。文枝とのツーショット写真が大量流出したが、ついには「フライデー」でカラダを [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(2)ドラマ部門はサービスカット満載の前田敦子、CM部門は50代バストを見せつけた松田聖子

アサ芸プラス / 2016年07月03日09時57分

出たいと思っても50歳を過ぎて、誰もが下着CMに出られるものではありません」(タレント・徳光正行氏) 54歳のブリっこ熟女の復権に敬意を表して、CM部門は松田聖子に決定! [全文を読む]

2016年上半期芸能美女「ツヤツヤ大賞」を一挙表彰!(1)映画部門ではヒップで魅せた二階堂ふみに決定!

アサ芸プラス / 2016年07月02日17時57分

女優の濡れ場に一家言あるタレントの徳光正行氏が“喝”を入れる。「寺島しのぶ、安藤サクラ、吉高由里子、今どき女優が乳首を露出したからとはいえ、誰もとがめることはないはず。むしろ女優として存在感を増すチャンスなので、若手女優には旬のうちに脱ぐ覚悟を決めてほしいですね。その点、五十路の水島さんが“濡れ場映画”に復活したのは素直にうれしい。しかも、容姿のみならず [全文を読む]

松任谷由実、内館牧子、吉本ばなな…歴代連載陣が語るanan論とは?

anan NEWS / 2016年04月13日08時00分

タレントの徳光正行さんとの特殊トークイベント「オメ☆コボシ3 」が5月15日に開催予定。●愛と欲望の戯れを赤裸々に書いたエッセイ「オトコ上手」を1371号~1559号で連載。愛人と内縁の夫のほか、毎回さまざまな男子が登場し、どこまでもドスケベなネタと笑いを婦女子たちに提供。爆笑必至なイワイ的考察が反響を呼んだ。 ◇にし・かなこ 小説家。1977年生まれ。最 [全文を読む]

「クイズサバイバー」超豪華メンバーと年越しクイズ!

Smartザテレビジョン / 2015年12月31日12時00分

【知識人チーム(順不同)】 小島慶子、湯浅卓、富永美樹、矢幡洋、元谷芙美子、八田亜矢子、新井恵理那、馬場典子、やくみつる、Kダブシャイン、赤ペン瀧川、金田一央紀、徳光正行、東国原英夫、天明麻衣子、伊沢拓司、本村健太郎、有賀さつき、春風亭昇吉、コトブキツカサ、羽田圭介、堀江貴文、大島さと子、金田一秀穂、城戸真亜子、橋本大二郎、渡部陽一、舛添要一、羽鳥慎一、 [全文を読む]

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<事件・ハプニング部門>「高部あいを更生させる“アサ芸”的助言」

アサ芸プラス / 2015年12月29日17時57分

AVこそ、彼女を更生できるんです」(タレント・徳光正行氏) というわけで、2015年挑発美女大賞レースはゴール前で現役の女子アナ、グラドル、アイドルによる激しい叩き合い。3つ巴をわずかレーズン乳首の差で辛勝したのは、ハメ撮り流出アナだった。オメデトウ! [全文を読む]

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<CM部門>「お蔵入りとなった広瀬すずの焼きそばCM」

アサ芸プラス / 2015年12月29日09時57分

これにはタレント・徳光正行氏が猛反発だ。「かつて広末涼子の『ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後っていつだろう?』というセリフのCMが問題になりましたが、こうしたCM規制は日本をダメにする。現代のネット社会ではすぐにセックスにアクセスでき、『想像させるエロ』が少なすぎます。若い男は、まずはこの『全部出たと?』からオナニーを始めないと、日本の少子化はますます [全文を読む]

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<写真集部門>「驚きのボディを見せつけた浅田舞」

アサ芸プラス / 2015年12月28日17時57分

水着の面積が大きいところが気になるのですが、それを凌駕するパワフルなバストで、デカさ、形のよさともに今年度の写真集の金メダルに値します」(芸能評論家・織田祐二氏) とはいえ、タレントの徳光正行氏は意外な警鐘を鳴らすのだ。「まさに“感動”のひと言に尽きますが、忘れてならないのは、彼女がフィギュア選手だったということです。3分間氷上で踊り続ける体力と精力は並大 [全文を読む]

フォーカス