黒川紀章のニュース

寒い冬はこたつにみかんにこの3冊!「今、話題のアーティスト」をテーマに3冊を配信! ~J-POP、アイドル、建築家~

PR TIMES / 2015年12月14日18時00分

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、「今、話題のアーティスト」をテーマに3タイトルをピックアップ、『B・PASS(バックステージ・パス)』(出版社:シンコーミュージック・エンタテイメント)、『ROUND UP!! @JAM EXPO 2015』(出版社:@JAM / booklista )、『メディア・モンスター ~誰が「黒川紀章」を殺したのか?~』(出 [全文を読む]

黒川紀章や丹下健三など日本の建築家56組による“日本の家”の展覧会

FASHION HEADLINE / 2017年05月04日18時00分

【展覧情報】 「日本の家 1945年以降の建築と暮らし (The Japanese House: Architecture and Life after 1945)」 会期:7月19日~10月29日 会場:東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー 住所:東京都千代田区北の丸公園3-1 時間:10:00~17:00(※金・土曜は21:00まで、入館は30 [全文を読む]

【アムステルダム】超有名な絵がいっぱい!ゴッホ美術館の効率的な楽しみ方

TABIZINE / 2017年02月26日20時00分

日本から持ち込んだ手元のガイドブックによれば、本館に隣接した楕円(だえん)形の新館は、かつて都知事選にも出馬して一般的な知名度も高まった日本人建築家の故・黒川紀章さんが手がけているのだとか。その意味で新館の建築も必見ですね。 入り口では抜き打ちのセキュリティーチェックも 次は大まかな入館の手続きを紹介しましょう。 本館の外にあるチケット売り場で17ユーロ [全文を読む]

祝・世界遺産! ル・コルビュジエ3作品の建築模型を公開中

TABROOM NEWS / 2017年01月05日21時13分

《ラ・トゥーレットの修道院》建築模型 黒川紀章氏の呼びかけで全国の学生が制作 2017年3月26日(日)まで、広島県広島市の「広島市現代美術館」にて「特別展示 ル・コルビュジエの建築模型」が開催されています。 建築家・Le Corbusier(ル・コルビュジエ)の建築作品群がユネスコの世界遺産に登録決定されたことを受け、広島市現代美術館が所蔵するコルビュジ [全文を読む]

故・黒川紀章氏の傑作 銀座「中銀カプセルタワービル」を守りたい!写真集出版のためのクラウドファンディング企画が始動 ~ 印税の全額が“保存・再生プロジェクト”の活動資金に ~

PR TIMES / 2016年08月23日17時29分

[画像: http://prtimes.jp/i/20714/1/resize/d20714-1-709957-1.jpg ]8月22日(月)、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(本部:東京都中央区、代表:前田達之)は、故・黒川紀章氏設計の名建築「中銀カプセルタワービル」を主題とした写真集「中銀カプセルガール」出版のための支援募集を、朝日新聞社の [全文を読む]

《朝日・日経・TBS・テレ朝などで紹介!》銀座の名建築「中銀カプセルタワービル」のビジュアル・ファンブックが出版

PR TIMES / 2015年11月05日13時56分

建て替え問題でメディアを賑わす、黒川紀章・設計の “伝説のマンション”。その魅力に迫った初めての書籍が、ついに刊行。株式会社青月社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:望月勝)は、2015年10月31日に書籍『中銀カプセルタワービル 銀座の白い箱舟』(編著:中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト)を発売いたしました。[画像1: http://prti [全文を読む]

反転住宅、セルフビルド、軍艦マンション…個性派ビルディングが生まれた理由

しらべぇ / 2015年09月23日09時00分

黒川紀章氏設計 近代的な汐留とのコントラスト中銀カプセルタワー東京都中央区銀座8-16-10 画像出典:flicker近代的な高層ビルが立ち並ぶ汐留の裏手にある中銀カプセルタワー。故黒川紀章氏が設計の高級デザイナーズマンションです。1部屋を外から見学することも可能で、1970年代当時は近未来のマンションと想定されましたが、現在では汐留シオサイトなど近代ビ [全文を読む]

《朝日新聞など、メディアから取材殺到!》黒川紀章設計の名建築「中銀カプセルタワービル」のビジュアル・ファンブック、予約受け付け開始。

PR TIMES / 2015年09月18日14時54分

国際的に活躍した建築家・黒川紀章氏の代表作であり、世界中から見学に訪れる人が絶えません。残念なことに老朽化が進み、存亡の危機に瀕しているこの建物を保存・再生していくため、カプセルの住人たちが立ち上げたのが、今回のビジュアル・ファンブック出版企画です。 ポイント1.:中銀カプセルタワービル、本邦初の書籍化。意外なことに、この名建築をまるごと1冊取り上げた書籍 [全文を読む]

【書評】時代に愛され時代に捨てられた黒川紀章の怒涛の生涯

NEWSポストセブン / 2015年07月19日16時00分

【書評】『メディア・モンスター 誰が「黒川紀章」を殺したのか?』曲沼美恵著/草思社/本体2700円+税【著者】曲沼美恵(まがぬま・みえ):1970年福島県生まれ。福島大学卒業後、日本経済新聞社入社。2002年にフリーになり、企業経営、人材マネジメントに関する記事を執筆。著書に『ニート フリーターでもなく失業者でもなく』(玄田有史との共著。幻冬舎文庫)。【評 [全文を読む]

故・黒川紀章氏の傑作 銀座「中銀カプセルタワービル」を守りたい!ビジュアルファンブック出版のためのクラウド・ファンディング企画が始動 ~ 印税の全額が“保存・再生プロジェクト”の活動資金に ~

@Press / 2015年06月22日14時30分

6月17日(水)、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(本部:東京都中央区、代表:前田達之)は、故・黒川紀章氏設計の名建築「中銀カプセルタワービル」を主題とした書籍作りのための支援募集を、クラウド・ファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」上にて開始しました。(募集期間は8月14日まで)URL: https://mo [全文を読む]

レトロフューチャー建築『中銀カプセルタワービル』とチップチューン・アーティストのTORIENAがコラボ。名建築保存に向けて、ライブ配信&新曲制作!クラウドファンディングも実施!

PR TIMES / 2017年03月16日19時20分

[画像: https://prtimes.jp/i/20714/6/resize/d20714-6-561994-1.jpg ] 故・黒川紀章氏設計の名建築「中銀カプセルタワービル」と、チップチューン・アーティストのTORIENAがコラボします。LINE LIVEを通じ、トーク配信&ミニライブを始め、カプセルをモチーフとした新曲づくりやイラストの制作を行い [全文を読む]

【金正男氏殺害】事件の現場となったクアラルンプール空港KLIA2はどんなターミナル?

Global News Asia / 2017年02月18日07時05分

余談だが、クアラルンプール国際空港メインターミナルは、建築家の故黒川紀章氏が設計し、1998年6月30日に開港している。【執筆 : 中野 鷹】 [全文を読む]

《九州のアイドル「LinQ」メンバーも出演!》「銀座の名建築 × 美女」のフォトブック『中銀カプセルガール』が出版

PR TIMES / 2017年02月01日17時00分

「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」は、国際的に活躍した建築家・黒川紀章の代表作。都心で働くビジネスマンのセカンドハウスを意図して、1972年に竣工されました。現在も住居やオフィスとして使用され、世界各地の建築ファンが見学に訪れています。丸窓のついた、システマティックでミニマルな室内空間は、しばしば “宇宙船” に形容されます。ここには、ひと昔前の日本人 [全文を読む]

佐賀いっぱいの夕食。美肌の嬉野温泉「和多屋別荘」離れ水明荘

IGNITE / 2016年11月05日08時00分

黒川紀章氏が設計したタワー館、みやび館、温泉郷、花鳥苑、数寄屋造りの離れ水明荘という趣きの異なる宿泊棟が広い敷地の中に建っている。 駐車場に車を停めロビーに入るとゆったりとした空間。 宿泊する水明荘までの案内人について歩くと嬉野川の上に設けられた渡り廊下を通過。 振り返ると、窓越しに老舗温泉宿の風情がたっぷりの建物が眺められた。 部屋に着くとお抹茶と和菓 [全文を読む]

石井七歩個展『ブロークン・トーキョー』が、中銀カプセルタワービルで開催。

PR TIMES / 2016年10月25日18時32分

10月28日(金)から30日(日)の3日間、故・黒川紀章氏設計の名建築「中銀カプセルタワービル」で、画家・石井七歩の個展「ブロークン・トーキョー」が開催されます。これは中銀カプセルアートプロジェクトの一環としておこなわれるもので、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(本部:東京都中央区、代表:前田達之)はこの活動を応援しています。 [画像: htt [全文を読む]

カプセルで観る「カプセルガール」は特別な体験!写真展「中銀カプセルガール」が、中銀カプセルタワービルで開催。抽選で30名様をご招待。

PR TIMES / 2016年09月29日17時21分

10月16日(日)、中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト(本部:東京都中央区、代表:前田達之)は、故・黒川紀章氏設計の名建築「中銀カプセルタワービル」で、8人の女性モデルを撮影した写真展「中銀カプセルガール」を開催します。 [画像: http://prtimes.jp/i/20714/4/resize/d20714-4-465703-0.jpg ] [全文を読む]

【タイニーハウスで元駐車場を有効活用!】移動可能な小屋やDIY屋台を使ったイベント・キッチンスペース「BETTARA STAND 日本橋」をYADOKARIがオープン!

DreamNews / 2016年09月15日10時00分

また名建築の保全・再生の一環で黒川紀章設計「中銀カプセルタワー」をシェアオフィスとして運営。著書に『アイム・ミニマリスト』(三栄書房)、『未来住まい方会議』(三輪舎)、『月極本』(YADOKARI)などがある。YADOKARI株式会社BETTARA STAND 事業部yadokari.mobi@gmail.com [全文を読む]

結末やいかに…「“乱闘”都知事選」ドブ板特報!(2)自民と対立した小池百合子の今後

アサ芸プラス / 2016年07月30日17時55分

かつて、建築家の故・黒川紀章氏が07年の都知事選で使用したようなガラス張りの選挙カーの上から、「どのみち崖から飛び降りてます。失うものもございません。自民党の組織票に立ち向かってます」 と、推薦を得られなかった自民党に対し、全面対決で戦っていることを強く訴えるのだった。 目下、“百合子の乱”は奏功し、各社の世論調査では、小池氏が一歩リード中だ。「党内根回 [全文を読む]

建築家、丹下健三が見通していた戦後日本の姿[本は自己投資! 第2回]

Forbes JAPAN / 2016年07月20日17時30分

また日本の建築工法を世界レベルへと鍛え上げるような技術的チャレンジを試みたかと思えば(国立代々木競技場など)、槙文彦、磯崎新、黒川紀章ら錚々たる門下生たちを世に送り出す。これらはほんの一例に過ぎない。ともかく丹下作品とこの国の戦後史がこれほどまでにリンクしているとは思わなかった。まさに目からウロコの指摘の連続である。いまから30年前、丹下は、国際化と情報化 [全文を読む]

「流れのままに…」松坂桃李が語る、大反響”あの特集”の裏側

anan NEWS / 2016年04月16日22時00分

創刊号に建築デザイナー・黒川紀章さんから、「『anan』こそ肌と目に刺激を与える雑誌になってほしい」というメッセージをいただきました。 その理念に則り、数えきれないほどたくさんの男たちが、刺激的な表紙を飾り、話題とともにときめきを振りまいてきました。本稿では、これまでananが追いかけてきた今をときめく“男”である松坂桃李さんのスペシャルインタビューをお届 [全文を読む]

フォーカス