吉田秀雄のニュース

電通、過労自殺事件に「とても迷惑」「仕事やりづらい」と語る社員も

Business Journal / 2017年01月31日06時00分

「固有の問題は、電通の4代目、吉田秀雄社長が1951年に作成した電通マンの行動規範を定めた『鬼十則』に端的に示されている。『鬼十則』は社員手帳の中に印刷され労務管理に活用されてきたが、一番問題だと思うのは『鬼十則』5項目にある『取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…』というもので、働くものの健康より業務達成を優先する思想、職場風土がある」 [全文を読む]

電通「鬼十則」生みの親・吉田秀雄氏の素顔とは

NEWSポストセブン / 2016年11月27日16時00分

説いたのは電通の中興の祖である第四代社長の吉田秀雄。吉田とはどんな人物だったのか、今回の事件に本当に「鬼十則」が背景にあるのだろうか。電通の社史「電通100年史」からひもとく。(取材・文=フリーライター・神田憲行) * * * 電通の社史「電通100年史」は2001年7月に発行された。「鬼十則」を提唱した吉田秀雄の業績は「第三編 飛躍の軌跡」として分厚くま [全文を読む]

「国内最大の広告コピー展」開催 TCC賞受賞作など70点の実物展示に加えて、 コピーライターによるトークイベントも

PR TIMES / 2014年06月03日16時21分

東京コピーライターズクラブ(会長:仲畑貴志/以下、TCC)は、(公財)吉田秀雄記念事業財団との共催で、アド・ミュージアム東京(略称ADMT/東京・汐留)において、6/4(水)から7/13(日)まで「TCC広告賞展2014」を開催する。TCC賞は50年以上にわたる長い歴史を持ち、広告のコピーに着目し、コピーライターが、コピーで選ぶ、他に類をみない広告賞。本年 [全文を読む]

電通が鬼十則を“仏十則”に「創り出したゆとりで、旅に」

NEWSポストセブン / 2017年05月23日07時00分

「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな、目的完遂までは……」──第四代社長・吉田秀雄氏が電通マンの心構えを説いた「鬼十則」は、新入社員過労自殺に端を発する違法残業問題を受けて、社員手帳から姿を消した。 5月12日、その「鬼十則」に変わる新たな心構えが、社員向け掲示板に掲載された。「新しい電通を創る」と題された文書は、〈電通は何のために存在するのか?〉と [全文を読む]

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

■地上波テレビのビジネスモデルの壁 今の地上波テレビのビジネスモデルは、電通の4代目社長の吉田秀雄が作り、田中角栄郵政相(当時)が育てたものである。 それは、東京キー局が作る番組の放送権をローカル局に渡し、さらにローカル局にお金を払うことで、ナショナルスポンサーのCMを全国津々浦々に流してもらうようにするというもの。普通に考えたら、ローカル局がキー局にお金 [全文を読む]

電通以上の“ブラック企業”! 疲弊するテレビ番組製作現場「レインボーブリッジから飛び降りた……」

日刊サイゾー / 2016年11月25日18時00分

電通の「鬼十則」は、4代目社長吉田秀雄が1951年に書いたという10カ条で、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…」と、命より仕事が大事であるというような言葉が含まれており、激務が当たり前の社風を示すものと見られている。 その空気はテレビ界にもあるようで「時間どおり放送を終えるのが絶対的な使命で、そのためなら、どんな犠牲も厭わないという [全文を読む]

電通、社員を死に追いやる恐怖の「責任三カ条」…「十を誤るごとき者は削除せらるべき」

Business Journal / 2016年11月22日20時00分

1951年に制定された「鬼十則」は4代目社長の吉田秀雄氏の遺訓であり、「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきではない」など10カ条からなる。特に第5条の「取り組んだら『放すな』、殺されても放すな、目的完遂までは……」は「異常な労働環境を示唆している」として、高橋さんの問題にともなって注目された。「鬼十則」の掲載中止およびその理由や背景について、電通広 [全文を読む]

過酷電通と鬼の十則

クオリティ埼玉 / 2016年11月22日11時15分

鬼の十則は電通4代目の社長吉田秀雄が創ったものだ。 1、仕事は自分から創るべきで与えられるべきではない。2、仕事を先手先手と能動的に働きかけていくことで受け身でやるものではない。3、「大きな仕事」ととりくめ小さな仕事は己を小さくする。・・・・・・・10、摩擦を恐れるな摩擦は進歩の母だ。すばらしい訓辞に社員はこの言葉を胸に、誇りをもって仕事をしてきたのだ。し [全文を読む]

電通だけじゃない!帰宅は毎日早くて深夜3時…某広告代理店の「殺人的」労働実態

Business Journal / 2016年11月10日06時00分

電通の4代目社長で「広告の鬼」と呼ばれた故・吉田秀雄氏が残した「鬼十則」の一節には、こうある。 「(仕事に)取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」 文字通り、女性社員は仕事に殺された。ベールに包まれていたブラック企業、電通の体質はどこまで明らかにされるのか。 (文=編集部) [全文を読む]

今年いちばん愛された広告コピーとは。「TCC広告賞展2016」開催

PR TIMES / 2016年08月05日14時09分

[画像2: http://prtimes.jp/i/3505/29/resize/d3505-29-340186-10.jpg ]▶TCC広告賞展2016 開催概要主催:東京コピーライターズクラブ/公益財団法人吉田秀雄記念事業財団会期:2016年8月4日(木) ~ 9月24日(土)*9月23日(金)&9月24日(土)トークイベント開催予定会場:アド・ミュー [全文を読む]

広告業界の企業研究、圧倒的な実力の電通が展開する、グローバル化、デジタル領域、東京五輪

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年02月25日12時00分

広告の鬼が掲げた「鬼十訓」 歴史を遡ると、終戦後に電通の第4代社長に就任した吉田秀雄氏は、広告の鬼と呼ばれていました。吉田氏の残した「鬼十訓」は電通マンとして仕事をする姿勢を示しています。以下のような内容です。1. 仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきでない。2. 仕事とは、先手先手と「働き掛け」ていくことで、受け身でやるものではない。3.「大きな仕事 [全文を読む]

日本最大の広告コピー展開催 TCC賞受賞作など90点の実物展示、受賞コピーライターによるトークイベントも

PR TIMES / 2015年06月18日15時51分

[画像2: http://prtimes.jp/i/3505/21/resize/d3505-21-881107-2.jpg ]▶TCC広告賞展2015 開催概要主催: 東京コピーライターズクラブ/公益財団法人吉田秀雄記念事業財団会期: 2015年6月18日(木) ~ 8月2日(日) *6月18日(木)18:00-20:00メディア内覧会 *7月24日(金 [全文を読む]

今しか聞けない! 広告クリエイターによる豪華トークライブ3連発「TCC広告賞展2014」(アド・ミュージアム東京)で開催

PR TIMES / 2014年06月12日17時29分

今年度TCC賞受賞リストはこちら→http://www.tcc.gr.jp/award/2014_1.html【TCC広告賞展2014】http://www.admt.jp/index.html開催期間:2014年6月4日(水)~7月13日(日) 35日間会場:アド・ミュージアム東京主催:(公財)吉田秀雄記念事業財団/東京コピーライターズクラブ開館時間:午 [全文を読む]

TCC広告賞展、汐留で開催。受賞作もコピーライター本人も展示

FASHION HEADLINE / 2014年06月05日15時00分

東京コピーライターズクラブ(以下、TCC)は、吉田秀雄記念事業財団との共催で「TCC広告賞展」を東京・汐留のアド・ミュージアム東京で6月4日より開催している。 本年度の審査委員長・谷山雅計が掲げた「そのコピーがない世界と そのコピーがある世界。 何が変わりますか」という審査方針のもと、総勢132名の審査員が6,446点の応募作から選出した広告コピーを展示。 [全文を読む]

「国内最大の広告コピー展」開催 「今年のコピーベスト10」「新人コピーライター10傑」が一堂に

PR TIMES / 2013年06月03日13時01分

TCC広告賞展2013 主催 (公財) 吉田秀雄記念事業財団 / 東京コピーライターズクラブ 会期 6月5日(水)~7月15日(月) 会場 アド・ミュージアム東京 〒105-7090東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 開館時間 平日 午前11時~午後6時30分(最終入館:午後6時) 土・日・祝日 午前11時~午後4時30分(最終入館:午後4時) 休 [全文を読む]

「TCC広告賞展2012」のご案内

PR TIMES / 2012年11月27日17時55分

ぜひ足をお運びください!■TCC広告賞展2012 主催 (公財) 吉田秀雄記念事業財団 / 東京コピーライターズクラブ 会期 2012年11月21日(水)~2013年1月14日(月) 会場 アド・ミュージアム東京 〒105-7090 東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留 開館時間 平 日 午前11時~午後6時30分(最終入館:午後6時) 土・日・祝日 [全文を読む]

フォーカス