海老名香葉子のニュース

『桂雀々の大判小判がじゃくじゃく』ゴールデン初ゲストは海老名香葉子!

4 / 2014年04月01日11時47分

ゴールデン進出後、初回のゲストに海老名香葉子を迎えてお送りいたします。 1. 『桂雀々の大判小判がじゃくじゃく』放送スケジュール 2014年4月5日から毎週土曜よる8時~9時放送。1時間番組。隔週新作。 2.『桂雀々の大判小判がじゃくじゃく』概要 2011年秋に一念発起して大阪から東京に進出してきた異能の落語家、桂雀々による全国放送初の冠番組。地元大阪で [全文を読む]

海老名香葉子さん 自分のがんより夫の死の方がショックだった

3 / 2016年11月29日07時00分

歴史と伝統ある林家一門の大事な継承者として一族の期待を一身に背負う“大女将”海老名香葉子さん(83才)。香葉子さんは「昭和の爆笑王」として名を馳せた初代・林家三平(享年54)の妻。夫の死後は林家一門を「大黒柱」として必死で支えてきた。 一門の切り盛りをしながら、家族についてや自身の戦争体験について語る講演会で全国を飛び回る日々。そんな精力的な香葉子さんだが [全文を読む]

海老名香葉子が語る乳がん体験談 実子、嫁とのやりとり

3 / 2016年11月26日16時00分

歴史と伝統ある林家一門の大事な継承者として一族の期待を一身に背負う存在なだけに、“大女将”海老名香葉子さん(83才)も「跡取りですよ! でも“名づけ親”にはならないつもりなの。これまであまりに多くの子の名前をつけてきたからね」と目を輝かせる。 香葉子さんは「昭和の爆笑王」として名を馳せた初代・林家三平(享年54)の妻。夫の死後は林家一門を「大黒柱」として [全文を読む]

海老名香葉子原作「うしろの正面だあれ」を放送

3 / 2015年08月10日07時00分

海老名香葉子原作の同名小説の映画化。三輪勝恵、池田昌子、野沢雅子など豪華声優陣がそろい、海老名の息子・林家正蔵も主人公の長兄・忠吉役で参加している。 [全文を読む]

「長谷川博己が許せない」!?海老名香葉子が本音を吐露

3 / 2015年08月06日16時13分

そして、70年前、原爆が広島に投下された8月6日に、東京大空襲で家族を6名を亡くし、孤児となった経験のある戦争体験者の海老名香葉子がゲストとして登場した。 芥川賞作家・高井有一による同名小説を、日本を代表する脚本家・荒井晴彦が18年ぶりに監督して映画化した本作。舞台は昭和20年、終戦間近の東京。戦時下の激しい空襲と飢餓が迫る恐怖の中で懸命に生きる人々を丹念 [全文を読む]

ミスiDにも選ばれた美人落語家・林家つる子「師匠がパンツ一丁の時は、どーもスイマセン!」

2 / 2016年10月12日11時00分

師匠のお母様、海老名香葉子おかみさんがお習字で“つる子”って書いてくださった半紙をバッと広げまして。そしたら師匠が「まあな、つるっとしてるしな!」って…。これだけなんです(笑)。 ―林家一門に“つる”が関係してるとかないんですか!? つる子 ないですね(笑)。どの弟子の名前も、画数は調べて下さっているとのことなのですが。…実は最初に名前を聞いた時、笑福亭鶴 [全文を読む]

泰葉には冷ややかな視線も…驚愕「DV告白会見」の舞台裏

1 / 2017年06月07日09時26分

これが事実なら小朝の所業は金髪糞豚野郎の時の比ではないが、小朝や泰葉の母親の海老名香葉子さんは沈黙を守り続けている。泰葉の捨て身の訴えに次なる展開はあるのか……。芸能マスコミもまた静観の構えだ。 [全文を読む]

林家正蔵、海老名家もつらいよ!? 嫁・しゅうとめ関係に「『海老名家の食卓』撮って」

1 / 2017年05月15日19時30分

さらに、母・海老名香葉子との嫁・しゅうとめの確執について「どちらの言い分も全部聞いてあげて、どっちも悪く言わない。本当に大変。嫁の思いがつぶされた時は殺伐としている。ぜひ、『海老名家の食卓』を実写で撮ってほしい」と山田監督に懇願。蒼井は、「いろんな女性の意見が聞けると思っていたのに、正蔵さんのおうちが大変なんだということがよく分かった」と大笑いしていた。 [全文を読む]

ブログ暴露連発の泰葉が語っていた双極性障害の苦しい本音

1 / 2017年05月11日16時00分

支えとなったのは母・海老名香葉子さん(83)をはじめ、家族らの温かいサポートだったという。当時、泰葉はそうした経験を振り返り《うつ病を克服した》とも語っていた。だが現在の彼女は、自身が語っていた 苦しい過去の状態 と同じようにもみえる。 泰葉の現状について、精神科医の香山リカさん(56)はこう語る。 「泰葉さんは、比較的軽いII型の双極性障害といえるでしょ [全文を読む]

アナーキーな泰葉にちょっと悲しい:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載153

1 / 2017年05月04日09時00分

さらにその2年後には、泰葉の母・海老名香葉子さんの自伝的エッセイを元にしたドラマ「ことしの牡丹はよい牡丹」にどハマリ(どんな小学生よ)。ドラマも、泰葉が歌う主題歌も、素晴らしかったのよ……。ちなみにドラマでは、香葉子を故・池内淳子が、泰葉を白石まるみが、こぶ平(現・正蔵)を尾美としのりが、峰竜太を宅麻伸が演じていたわ。全体的に、ルックスが微妙に(2割くら [全文を読む]

フォーカス