勝海舟のニュース

映画「幕末高校生」主演の玉木宏インタビュー“日本の歴史を残していきたい”

Entame Plex / 2014年07月13日17時41分

高校生とその担任教師が幕末にタイムスリップ! そこで勝海舟と出会い、日本の歴史を左右する大きな流れの中へと巻き込まれていくエンタテインメント時代劇「幕末高校生」。今回は7月26日の公開に先駆け、その主演として今までにない新たな勝海舟役を演じた玉木宏に独占取材を敢行。コメディタッチではありながら、現代社会へ様々なメッセージを投げかける今作、そこに秘められた思 [全文を読む]

舛添要一前知事 出演時代劇で「潔く引退すべき」の名台詞

NEWSポストセブン / 2016年06月29日07時00分

しかし、このドラマのいったいどこに舛添前知事の出番が?と思えば、なんと、幕末の英雄、勝海舟(麟太郎)役! 裃姿、もちろんチョンマゲで登場し、江戸城の広間で、堂々と持論をぶつけるのである。私腹を肥やすのが大好きな悪役重役(中尾彬)が、武器弾薬に五十万両もの公金が必要と上様に進言すると、末席からずずっと出てきた舛添勝海舟が「あなたは間違っておられる!」と抗議 [全文を読む]

【無料版】【66%オフ】映画『幕末高校生』をより楽しむ!『幕末志士伝シリーズ』無料ダイジェスト版&『佐幕の志士たち』セール!

PR TIMES / 2014年07月11日13時24分

★映画『幕末高校生』で大活躍する「勝海舟」を含め、シリーズ全5巻から人気の人物を一人ずつ収録した無料ダイジェスト版をリリース ★『佐幕の志士たち』を7月31日(木)まで期間限定で通常価格300円→特別価格100円!! 株式会社学研パブリッシング(東京・品川/社長:中村雅夫)と株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、電子書籍『幕末志士伝シリー [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

ここで、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬らが象山に出会っています。 松陰がやらかして巻き添えをくったのが1854年。1862年まで松代で蟄居します。暗殺されたのは1864年、53歳の時です。 吉田松陰は1859年、29歳で斬首。松陰門下の三秀とされる高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿らもみなそれぞれ20代で亡くなっています。 ◎勝海舟(1823年3月12日-1899 [全文を読む]

あの役まで!大名優・松方弘樹が演じた「意外な歴史人物」3選

しらべぇ / 2017年01月27日10時00分

(3)勝海舟幕末のキーマン、勝海舟。松方さんはNHK大河ドラマの主役として勝を演じたが、じつはスタッフにとっては「黒歴史」となってしまった感がある。1974年の大河ドラマ『勝海舟』の主役は渡哲也さんだった。ところが渡さんが病気治療で降板し、その後釜として松方さんに役が回った。大河ドラマにおいて子役から成人の役者にバトンタッチすることはよくあるが、成人同士は [全文を読む]

「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査2016」結果より 第三弾 今どきシニア、今年のお年玉相場は昨年から微減。関東のお年玉は大幅減少

PR TIMES / 2016年12月12日16時58分

3.シニアにとっての「一万円札」は、今も昔も「聖徳太子」! ~一万円札に相応しい歴史上の人物は、2位「坂本龍馬」、3位「徳川家康」と男女同一の人気~★全体の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位「豊臣秀吉」、7位「杉原千畝」、8位「卑弥呼」、9位「勝海舟」、「湯川秀樹」、「西郷隆盛」★男性の4位以降は、4位「織田信長」、5位「田中角栄」、6位 [全文を読む]

大河『花燃ゆ』 滅びの美学・イケメンの流血等幕末に乙女萌ゆ

NEWSポストセブン / 2015年01月11日07時00分

「若い男たちが己の志を貫くため、血を流しながら懸命に生き抜くさま――これぞ幕末ドラマのツボなんです」 こう語る時代劇研究家のペリー荻野さんは、1974年にNHK大河ドラマ『勝海舟』を見て以来、幕末にハマった。 「幕末とは、明治新時代を迎えるまでのわずか十数年のこと。動乱の世の中に不良が実力でのし上がっていく痛快さ、20代そこそこの青年たちが滅びるとわかっ [全文を読む]

玉木宏&石原さとみのコメント到着! 映画『幕末高校生』BD&DVD発売決定

Entame Plex / 2014年10月10日11時36分

幕末の英雄・勝海舟役を好演した玉木は、「『幕末の時代はきっとこうだったのではないか…』と思ってもらえるような、今までとは違った幕末を感じられる作品です。偉人と呼ばれる人でも、人は人。その時を必死で生きているからこそ悩む時や迷う事もある。そんな人間味溢れる、勝海舟も是非観て下さい」とコメント。 また、高校生たちとともにタイムスリップする女教師役の石原は、「 [全文を読む]

江戸時代の恋模様も!? 映画『幕末高校生BD&DVD発売! 主演・玉木宏&石原さとみのコメントも!

恋学 / 2014年10月10日07時01分

幕末の英雄・勝海舟役を好演した玉木は、「『幕末の時代はきっとこうだったのではないか…』と思ってもらえるような、今までとは違った幕末を感じられる作品です。偉人と呼ばれる人でも、人は人。その時を必死で生きているからこそ悩む時や迷う事もある。そんな人間味溢れる、勝海舟も是非観て下さい」と作品を説明。現代も幕末も変わらぬ普遍的なテーマに注目だ。 高校生たちとともに [全文を読む]

打倒「マレフィセント」! 玉木宏が主演作「幕末高校生」出航イベントで堂々宣言

Entame Plex / 2014年07月17日20時02分

今回のイベントは、映画の主人公である勝海舟にちなんで、出演者たちが東京湾を就航する観光船“海舟”号に乗って登場。あいにくの曇り空の中、久々に船に乗ったという石原は「とても気持ちよかったです。清々しくて、温かい気持ちになれるのは、この映画に似ているなと思いました」と本作と絡めて笑顔でコメント。 この日は、これまた勝海舟にちなんだ様々な質問が登壇者たちになさ [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

そこで石原プロは、74年の大河ドラマ『勝海舟』を病で途中降板し、長期療養していた渡哲也が復帰するタイミングで、自社が制作する新たな刑事ドラマを企画する。脚本は『勝海舟』で渡と組んだ倉本聰、持ち込み先は日テレである。それは、『太陽~』がアクション偏重の作品であるのに対し、暴力団の抗争事件に対峙する社会派刑事ドラマという触れ込みだった。その舞台は、刑事ドラマ [全文を読む]

勝海舟の「先見の明」 実はコピペとリライトで作られた

NEWSポストセブン / 2017年03月18日16時00分

明治維新を彩る主役の一人・勝海舟は咸臨丸でアメリカに渡り、帰国後は軍艦奉行となり神戸海軍操練所を設立、日本海軍の生みの親とも称される。広い視野を持ち海外の知見をいち早く取り入れ、明治政府でも要職に就いたとされるが、作家・夏池優一氏は勝の意外な姿を指摘する。 * * * オランダ語を習得し、アメリカに行くなど、「先見の明」で日本の近代化に貢献した勝海舟。「先 [全文を読む]

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

前半生は、倒幕の中心人物として見事な成功を収め、特に江戸開城では勝海舟との絶妙のやりとりを通じて、江戸の町を戦火から救う。 また新政府軍に抵抗した庄内藩の人々は西郷隆盛の寛大な措置に感激し、西郷への尊敬の念から前庄内藩主酒井忠篤らが『南洲翁遺訓』を編纂し、後の西南戦争では元庄内藩士が西郷軍に参加している。 これほどの有能有徳の人物が、新政府樹立後は征韓論に [全文を読む]

【書評】誰が龍馬を殺したのか? 定説をひっくり返す「真犯人」

まぐまぐニュース! / 2017年01月31日15時00分

親友・中岡慎太郎が龍馬を殺害? その根拠は… 龍馬は勝海舟、松平春嶽との出会いで人生が決まり、大政奉還という奇手で徳川家を温存する。もはや幕府のVIPである龍馬が、新選組や見廻組に命を狙われるはずがない。幕府には暗殺する動機がない。しかも、警備の厳しい土佐藩邸の斜め向かいの近江屋に、大胆に押し込む刺客がいるだろうか。龍馬は多くの修羅場をくぐってきたから、 [全文を読む]

超歌劇『幕末Rock』黒船来航 新キャラクター、新キャスト発表!!

PR TIMES / 2016年06月23日11時49分

追加キャスト発表! 勝海舟 役:岩崎大/井伊直弼 役:吉岡佑 超歌劇『幕末Rock』は2014年12月に、[超歌劇=ウルトラミュージカル]として、吉谷光太郎氏の脚本・演出で舞台化され、本格Rockの楽曲の数々と圧巻の雷舞(ライブ)演出を、若手実力派俳優たちがミュージカルで表現し、全公演満席。立見もでる注目作となりました。原作ゲーム、アニメの世界観をそのまま [全文を読む]

真田丸『第21話』解説。「安房守」という官職は大名が勝手につけていた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月29日13時00分

幕末の立役者・勝海舟もこの官職だったと言いますが、実はこれ、大名が家臣たちに褒美として勝手につけていたものらしいのです! さっそく驚きの真実をご覧下さい。 今回のワンポイント解説(5月29日) 日本史上有名な「安房守」といえば、誰?まあ、このページ的にはもちろん昌幸なんだけど、幕末好きの人なら勝海舟かもしれない。でも、戦国時代にはもう一人、大事な安房守がい [全文を読む]

勝海舟も愛した秘伝のタレで焼き上げた「うな重」

ぐるなび / 2016年04月07日12時10分

4月6日放送の「なないろ日和!」(テレビ東京系、午前09時28分~)では、フリー切符を使って春の三浦半島の開運スポットを巡る特集で、高見恭子さん、CHIEさんが「梅本」(神奈川県横須賀市)を訪れた。 京急本線浦賀駅から徒歩5分ほどにある同店は、 明治初頭に鰻割烹として創業したお店。 番組内では「うな重(雪)」を紹介。 井戸水で身を十分にひきしめたうなぎをお [全文を読む]

TPPはチャンス!地方に眠る「宝物」を育成し、海外へ!

PR TIMES / 2016年04月01日09時22分

審査員はフォーブス編集長、元シンガポール政府職員、勝海舟の玄孫等、多彩。勝者は秋に開催されるシンガポール大会の出場権を得る。全国7つの自治体が参加。成果をあげている地方創生の事例を取材したいメディアさんに是非、取材頂きたく存じます。[画像1: http://prtimes.jp/i/18504/1/resize/d18504-1-989074-1.jpg [全文を読む]

忠臣蔵、白虎隊、五稜郭!懐かしの年末番組『年末時代劇スペシャル』を振り返る!

日本タレント名鑑 / 2016年01月16日09時55分

1990年は田村正和さん(病気のため、途中降板・実弟の田村亮さんが代役)主演の『勝海舟』と、ここまで5作連続で幕末もの。やhあり幕末好きは多いようです。 年末時代劇の陰りと迷走 時代劇自体が下火だった80年代ですが、『忠臣蔵』『白虎隊』と非常にスタートダッシュも良かったため、一気に「年末は幕末時代劇」という習慣が根付きましたが、実際のところ4作目5作目は少 [全文を読む]

「明治維新を全否定」の歴史本 会津地方で大ベストセラーに

NEWSポストセブン / 2015年11月17日16時00分

「吉田松陰は山県有朋が創った虚像である!」「久坂玄端は天皇拉致未遂犯である!」「勝海舟は裏切り者である!」「長州藩はテロリスト集団である!」 このように、新聞広告にはなんとも刺激的な惹句が並ぶ。日本を近代化に導いたと教えられてきた明治維新を全否定する歴史書が、ベストセラーになっている。ヒットの背景を探ってみると、やはりあの“遺恨”があった。 歴史書としては [全文を読む]

フォーカス