原田眞人のニュース

【エンタがビタミン♪】樹木希林、原田眞人監督に「腕がある」。次回は“時代劇の重要人物”か。

TechinsightJapan / 2015年10月09日19時58分

これまで映画『わが母の記』(2011年)や『駆込み女と駆出し男』(2015年)で作品をともにし、舞台挨拶でも息の合ったところを見せてきた原田眞人監督と女優・樹木希林が9日、都内で開催された日本外国特派員協会の記者会見に登壇した。外国からの記者を前に樹木は原田監督の魅力を語った。 今月22日から東京・六本木ほかで開催される『第28回東京国際映画祭』。“Jap [全文を読む]

原田眞人と樹木希林、東京国際映画祭について辛口発言!

Movie Walker / 2015年10月09日19時12分

新設された「Japan Now」部門で、今年『駆込み女と駆出し男』『日本のいちばん長い日』の2本の監督作が公開され、国内外からの評価も高い原田眞人監督の特集上映が開催する事が決定した。10月9日に「Japan Now」部門や「Japan Now監督特集<原田眞人の世界>」に関する記者会見が都内で行われた。 登壇したのは、原田監督や、『わが母の記』(12)な [全文を読む]

役所広司と原田眞人監督、昭和天皇と戦争について熱弁

Movie Walker / 2015年08月03日22時40分

『駆込み女と駆込み男』(公開中)の原田眞人監督が手掛けた反戦映画『日本のいちばん長い日』(8月8日公開)の日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)主催の試写会が、8月3日に都内で開催。10カ国以上、150名の外国人記者に向けて、役所広司と原田眞人監督が本作への思いを語った。 『日本のいちばん長い日』の原作は、昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクショ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】戸田恵梨香、自身を擁護した原田監督に感謝。ファンからは激励のコメントが続々。

TechinsightJapan / 2015年03月20日13時15分

先日行われた『駆込み女と駆出し男』の完成披露試写会では、主演の大泉洋の表情に爆笑するというハプニングでも話題となったが、その当日、同作の指揮をとった原田眞人監督が一部の芸能記事で戸田恵梨香が“やりたい放題”と報道されたことに関し激怒。それを受けて戸田は自身のInstagramで監督への感謝の気持ちを伝え、フォロワーからは激励のコメントが寄せられている。 戸 [全文を読む]

映画『駆込み女と駆出し男』を「ビデックスJP」で配信開始!

PR TIMES / 2015年12月03日10時01分

本作は、井上ひさしが10年をかけて紡いだ『東慶寺花だより』を原案に、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』の原田眞人監督が映像化!江戸時代、離婚を望む女たちが駆け込む寺を舞台に、女と男のさまざまな愛情、まさかの事情が描かれています。明日への希望が満ちてくる、笑って泣ける人情エンタテインメント!!大泉洋主演、戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林、堤真一、山崎努ほ [全文を読む]

福山雅治がパパラッチ!?名映画のリメイクで「バクマン。」監督がメガホンをとる

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月12日10時49分

原作は1985年に劇場公開された、原田眞人監督・脚本の映画作品『盗写1/250秒』。芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語だ。監督・脚本には、映画『モテキ』(2011年)が大ヒット、第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞し、今最も勢いのある大根仁監督。最新作の『バクマン。』も観客動員120.8万人 [全文を読む]

樹木希林、広瀬すずら2015年映画界のキーパーソンがTIFF「ありがとう賞」受賞

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月16日17時30分

映画作品においては2012年に出演した原田眞人監督の『わが母の記』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、日刊スポーツ映画大賞助演女優賞などを受賞し、昨年は旭日小綬章を受章している。近年の映画出演作には『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(07/松岡錠司監督)、『歩いても 歩いても』(08/是枝裕和監督)、『悪人』(10/李相日監督)、『ツナグ』( [全文を読む]

役所広司、演じた阿南大臣の子息の評価に安堵の表情

Movie Walker / 2015年08月08日14時11分

『駆込み女と駆出し男』(公開中)の原田眞人監督が手掛けた反戦映画『日本のいちばん長い日』の初日舞台挨拶が、8月8日に丸の内ピカデリーで開催。役所広司、本木雅弘、松坂桃李、神野三鈴、原田眞人監督、本作に登場する鈴木貫太郎首相の遺族・鈴木道子が登壇した。役所は、鈴木首相が死の床で語った言葉を引用し「“永遠の平和”がこれからも100年200年と続くように祈りたい [全文を読む]

映画『日本のいちばん長い日』 監督・脚本 原田 眞人 氏 インタビュー!

PR TIMES / 2015年08月07日17時28分

監督哲学の詰まった読み応えのあるインタビュー記事 クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナーにて、映画『日本のいちばん長い日』で監督・脚本を務める原田眞人氏にインタビューを行いました。 [全文を読む]

~第2弾のDVD収録作品は、スティーブ・マックィーン主演の「大脱走」~『第二次世界大戦映画DVDコレクション vol.2』8月4日発売!

PR TIMES / 2015年08月05日09時31分

作品データ原題 The Great Escape製作年 1963年製作国 アメリカ読むDVDマガジン![画像2: http://prtimes.jp/i/7006/1656/resize/d7006-1656-607369-4.jpg ]■原田眞人監督が語る「大脱走」とマックィーン2015年夏公開の戦争映画「日本のいちばん長い日」、その監督である原田眞人[全文を読む]

本木雅弘、昭和天皇役で「賛否両論を受けるつもり」

Movie Walker / 2015年07月15日20時11分

『駆込み女と駆出し男』(公開中)の原田眞人監督が手掛けた反戦映画『日本のいちばん長い日』(8月8日公開)の完成披露試写会が7月15日に、丸の内ピカデリー1で開催。役所広司、本木雅弘、松坂桃李、原田眞人監督がレッドカーペットセレモニーと舞台挨拶に登壇した。原田監督は「いま、政治がこういう流れになり、タイミング的には良い時期の公開になったなと。8月に封切られる [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋、セクハラ疑惑を釈明。「『俺の腕を薙刀だと思って練習しない?』って言ったんです」

TechinsightJapan / 2015年06月06日17時25分

4日、東京日本橋にて観客動員数60万人を突破した映画『駆込み女と駆出し男』大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、主人公・中村信次郎を演じた大泉洋、東慶寺の院代・法秀尼を演じた陽月華、原田眞人監督の3名が登壇した。 客席側から大泉洋、陽月華、原田眞人監督が登場すると、会場からは拍手喝采が起こる。そんな観客に、大泉は「ありがとうございます! お金欲しい方いますか? 思 [全文を読む]

大泉洋、陽月華へのセクハラ疑惑について弁明

Movie Walker / 2015年06月04日19時12分

『わが母の記』(11)の原田眞人監督が時代劇に初挑戦した『駆込み女と駆出し男』の大ヒット舞台挨拶が、6月4日にTOHOシネマズ日本橋で開催。主演の大泉洋と、法秀尼役の陽月華、原田眞人監督が登壇し、大入り袋を観客に配った。大泉はプレミア試写会で明かされた陽月に対するセクハラ疑惑について弁明した。 大泉は「なぎなたのシーンで、この人(陽月)がエアで練習していた [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】本木雅弘、昭和天皇役は義母・樹木希林に背中を押されて。『日本のいちばん長い日』完成報告会見。

TechinsightJapan / 2015年05月20日17時53分

20日、東京・汐留にて映画『日本のいちばん長い日』完成報告会見が行われ、役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、原田眞人監督が登壇。主役級の実力派俳優が勢ぞろいした。 戦後70周年の節目の今年。「いつか正しい形で映画化したいなと思っていた」と語る原田眞人監督は、本編を観て「役者がすごいなと思った」「僕が想像した以上の人間を演じてくれた」と作品の完成度の高さに [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大泉洋「(映画の)余韻を台無しにするトークが始まります」。主演作の舞台挨拶でツッコミ三昧。

TechinsightJapan / 2015年05月18日17時55分

16日、東京都・丸の内ピカデリーにて映画『駆込み女と駆出し男』舞台挨拶が行われ、主演の大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、武田真治、キムラ緑子、原田眞人監督が登壇した。そうそうたるメンバーの中で、一際存在感を放っていたのは大泉洋であった。 まず映画を観終わったばかりの観客に向かって、「みなさん上映終了後で感動に浸っているところ申し訳ありませんが、余韻 [全文を読む]

大泉洋、首吊りシーンが「辛かった」と恨み節

Movie Walker / 2015年05月16日16時25分

『わが母の記』(11)の原田眞人監督が時代劇に初挑戦した『駆込み女と駆出し男』の初日舞台挨拶が、5月16日に新宿ピカデリー1で開催された。大泉洋、戸田恵梨香、満島ひかり、キムラ緑子、内山理名、武田真治、原田眞人監督が登壇し、鏡開きを行ったが、本番前に割れてしまうというアクシデントがあり、笑いに包まれた。 主演映画『あん』(5月30日公開)で第68回カンヌ国 [全文を読む]

大泉洋を見て戸田恵梨香が大爆笑したワケは?

Walkerplus / 2015年03月17日20時02分

『わが母の記』(11)の原田眞人監督が時代劇に初挑戦した『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の完成披露試写会が、3月17日に丸の内ピカデリー1で開催。大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、神野三鈴、堤真一、原田眞人監督が舞台挨拶に登壇した。途中、戸田が大泉を見て涙を流しながら爆笑するという一幕もあり、終始笑いに包まれる舞台挨拶となった。 戸田の笑いが止まらない [全文を読む]

大泉洋を見て戸田恵梨香が大爆笑したワケは?

Movie Walker / 2015年03月17日20時02分

『わが母の記』(11)の原田眞人監督が時代劇に初挑戦した『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の完成披露試写会が、3月17日に丸の内ピカデリー1で開催。大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、神野三鈴、堤真一、原田眞人監督が舞台挨拶に登壇した。途中、戸田が大泉を見て涙を流しながら爆笑するという一幕もあり、終始笑いに包まれる舞台挨拶となった。 戸田の笑いが止まらない [全文を読む]

大泉洋を樹木希林がバッサリ「知的な収穫は何もなし」

Movie Walker / 2015年02月18日16時17分

『わが母の記』(11)の原田眞人監督が初挑戦した『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)の完成報告会見が、2月18日にザ・ペニンシュラ東京で開催。大泉洋、樹木希林、戸田恵梨香、満島ひかり、内山理名、原田眞人監督が登壇し、大泉は「時代劇ながらも、全く新しい作品になりました」と胸を張って語った。 会見は、大泉と樹木の掛け合い凸凹トークで盛り上がった。樹木は、印 [全文を読む]

映画ファン必聴!園子温・堤幸彦・大根仁・崔洋一・・・人気映画監督9人のお薦めの名作は⁉

PR TIMES / 2014年05月02日09時47分

【★映画ファン必聴★ ゲスト映画監督×紹介映画は、超豪華ラインナップ!!】 ■園子温(『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』『恋の罪』『ヒミズ』) ×『禁じられた遊び』 ■堤幸彦(『20世紀少年』シリーズ、『劇場版SPEC』シリーズ) ×『ファーゴ』 ■大根仁(『モテキ』) ×『幸福の黄色いハンカチ』 ■崔洋一(『カムイ外伝』『月はどっちに出ている』『血と骨』 [全文を読む]

フォーカス