吉田彩乃のニュース

法律の“抜け穴”を使ったゾゾタウン「ツケ払い」の巧妙さ

プレジデントオンライン / 2017年04月17日15時15分

) (ライター 吉田彩乃=文) [全文を読む]

つわりで吐いても先輩女性からは「根性論」…マタハラ防止へ「オーダーメイド対応」を

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月04日09時58分

(取材・構成/ ライター・吉田彩乃)(法改正のポイントについてはこちら。「2017年から『マタハラ防止措置』事業主に義務化、『脱長時間労働の突破口に』」 https://www.bengo4.com/c_5/c_1623/n_5545/ )●「悪気のない言動がマタハラにあたることも」ーー「マタハラ」について、実際にどのような被害事例があるのでしょうか?まず [全文を読む]

幻冬舎 見城社長流・人脈整理術「SNSはムダ! 大切なのは、義理・人情・恩返し」

プレジデントオンライン / 2017年01月03日11時15分

吉田彩乃=文 澁谷高晴=撮影) [全文を読む]

2017年から「マタハラ防止措置」事業主に義務化、「脱長時間労働の突破口に」

弁護士ドットコムニュース / 2017年01月03日10時22分

(取材・構成/ ライター・吉田彩乃)●法改正のポイントーー「マタハラ」をめぐる法改正とは、どのような内容なのでしょうか?近年、職場の上司・同僚から妊婦に投げかけられるハラスメント言動などが「マタハラ」として社会問題化しました。これを受け、2016年3月、均等法・育児介護休業法が改正され、いわゆる「事業主のマタハラ防止措置義務」が新設されました。これは、事業 [全文を読む]

マッキンゼー最年少役員流・情報整理術「日経新聞は読む価値なし! その道のプロ3人に話を聞け」

プレジデントオンライン / 2017年01月02日11時15分

吉田彩乃=文 大崎えりや=撮影) [全文を読む]

ChatWork流・モノ整理術「全社で机に紙、ペン、書類、一切なし! PCとコーヒーだけ」

プレジデントオンライン / 2017年01月01日11時15分

吉田彩乃=文 大崎えりや=撮影) [全文を読む]

毒親からの「分籍手続」で自分の人生を取り戻す…弁護士に聞く「決別方法」

弁護士ドットコムニュース / 2016年12月04日10時40分

(取材・構成/ ライター・吉田彩乃)●離婚・男女問題に関する相談の背景に「毒親」の存在ーー福尾弁護士が、この問題に取り組み始めたきっかけを教えてください。依頼者の方からの相談を受けていると、離婚や男女問題の背景には、「毒親」問題が潜んでいる場合が多いのではないかと思うようになったことです。私自身が、弁護士になる以前から、親との関係、パートナーとの関係に悩ん [全文を読む]

裸の画像と名前がセットで拡散する悪質事例も…「リベンジポルノ」対処法

弁護士ドットコムニュース / 2016年10月16日08時10分

(取材・構成/ ライター・吉田彩乃) ●「性的に興奮させる」なら、下着や水着姿もリベンジポルノに該当−−まず、どのような画像や動画を流出させるとリベンジポルノにあたるのか、法律の定義を教えてください。2014年に成立した「リベンジポルノ防止法」(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)の条文では、広く定義されています。第三者の閲覧が前提とされ [全文を読む]

乃木坂46 3期生最終オーディション12名が合格

dwango.jp news / 2016年09月04日18時55分

合格者は吉田彩乃クリスティー、中村麗乃、伊藤理々杏、山下美月、与田祐希、梅澤美波、佐藤楓、岩本蓮加、向井葉月、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美。発表直後に人生初めての報道陣による囲み取材が行われたが、皆初々しい表情で「合格出来るとは思ってなかった。実感がないです。期待を裏切らないように精一杯頑張ります。乃木坂46に入るのが夢だった」と緊張の面持ちで応える中 [全文を読む]

突然「離婚したい」と言われたら…「修復は難しい」と弁護士が指摘する理由

弁護士ドットコムニュース / 2016年09月01日08時43分

(取材・文/ライター・吉田彩乃) ●基本的に、関係修復は難しいーー配偶者の浮気が発覚しても、離婚する夫婦ばかりではありませんし、中には「ごく普通の生活を送っていた」はずなのに、離婚したいと言われてしまうこともあるようです。相手が「離婚」を口に出してきたような段階でも、修復することは可能なのでしょうか?私は難しいと思っています。「突然、離婚したいと言われてし [全文を読む]

学校に調査請求、刑事告訴できるのはどんな時? 弁護士が教える「いじめ対処法」

弁護士ドットコムニュース / 2016年08月30日09時07分

(ライター・吉田彩乃)● 圧倒的に多いのは悪口、誹謗中傷ーー最近は、どのようないじめが多いのでしょうか。圧倒的に多いのは、本人を前にした悪口や、LINEでの誹謗中傷など、言葉によるいじめです。「死ね」「クズ」「ゴキブリ」「キモい」といったものから、よく思いつくなと驚くようなものまで、百花繚乱です。殴る蹴るの暴力や、物を隠されているなど深刻なケースは、比率と [全文を読む]

「カードローンはサラ金より危険」借金地獄から抜け出すための「債務整理」

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月27日10時00分

(取材・文/ライター・吉田彩乃)●「浪費で使い込む人は多くない」ーーそもそも、借り入れをする人はどのような事情を抱えているのですか?ギャンブルや買い物などの浪費で使い込む方が多いと思うかもしれませんが、実際はそこまで多くありません。家計の足しにしたり、引越し費用にしたりする方が多いですね。あるいは、失業・転職などをして収入が減ったけれど、「子どもを私立から [全文を読む]

ブラックバイト、恋人間DVにどう対応? 大学生向け「生活のなかの法律」出版

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月23日10時54分

(ライター・吉田彩乃[全文を読む]

「お前なんか、ただの主婦」モラハラ夫は無自覚に妻を傷つける…打越弁護士が語る実態

弁護士ドットコムニュース / 2016年06月18日09時31分

(取材・文/ライター・吉田彩乃) ●「お前なんかただの主婦」はモラハラーー「モラハラ」には、明確な定義はあるのでしょうか?タレントの三船美佳さんの離婚で注目を集めた「モラハラ」ですが、この言葉自体が知られるようになったのは、この数年のことです。「モラハラ」とは、モラル・ハラスメントの略。見下す、怒鳴るなど、言葉や態度で相手を傷つけ、相手の尊厳を害することを [全文を読む]

バツ3弁護士、今度は「妊娠と事実婚」…たどり着いた「過剰に求めすぎない」生き方

弁護士ドットコムニュース / 2016年05月02日07時05分

(取材・文/ライター・吉田彩乃)ーーご結婚おめでとうございます。単刀直入にお伺いしますが、なぜ今回は事実婚にされたのですか?3度の結婚がうまくいかなかった理由が、法律婚をしていたことだな、と気づいたことです。「結婚しているんだから」という理由で、相手に勝手に期待をして、過剰に求めすぎてしまう。結果として、相手も苦しめるし、「裏切られた」と、自分も嫌な思いを [全文を読む]

ラブホに入った写真だけでは「不十分?!」…不倫夫に突きつける「証拠の集め方」

弁護士ドットコムニュース / 2016年04月24日11時03分

(取材・文/吉田彩乃)――相談に訪れる方は、どのような理由で離婚を考えているのでしょうか?依頼者の離婚理由で、圧倒的に多いのが「不貞行為」、次が「価値観の違い」でしょうか。不倫をされた側だけでなく、不倫をしてしまった側からの相談もあります。また、不倫をされた側からの相談も、「今すぐ離婚したい」と考えている人だけではありません。どうするべきか迷っている方もい [全文を読む]

フォーカス